Xチャレンジ 第五ステージ解説・実況(ロックマンX アニバーサリーコレクション)

この回はボーナスステージでした。

ある特殊武器を使うともはやヌルゲー化します。

原作のX3では全然使う機会なかったんですけどねぇ~。なぜにここまで使い勝手がよくなってるのか。

普段、辛い戦いをしているXチャレンジのチャレンジャー諸兄らはこれを見て癒されてくださいww

ロックマンX アニバーサリーコレクション Xチャレンジ第五ステージ攻略動画

スポンサードリンク







以下、下書きになります!

ロクメガ:
今日もエックスチャレンジ、第5回目!

マジャポン:
始まります!

ロクメガ:
というわけで最初の対戦相手はこの二人。

マジャポン:
今回もPVで出てきたコンビだね。

ロクメガ:
そしてペガシオン二回目の出陣。

マジャポン:
この人、エックスチャレンジだとマジで厄介だよね。

ロクメガ:
今回の闘いはペガシオンステージでの戦いになる。

つまり、即死要素がある。
ペガシオンに吹っ飛ばされたらお陀仏だ。

マジャポン:
即死要素があるのはこのチャレンジでは辛いよね。

ロクメガ:
とはいえ、今回の即死要素はステージの
広さとトレードオフだ。

マジャポン:
どういうこと?

ロクメガ:
ステージが広い分、タイガードステージで脅威だった、
突進攻撃の回避がしやすい。

油断せずにきちんと
よければ問題ないだろう。

ついでにいうとここは
ボーナスステージでもある。

マジャポン:
ボ、ボーナスステージ?
このチャレンジにそんなのあるの?

ロクメガ:
こことあともう一か所あるな。
ハードでも楽に攻略できるから、
マジでボーナスステージだ。

マジャポン:
どういうことなの?

ロクメガ:
それはこの戦いで使う特殊武器にある。

マジャポン:
ペガシオンの弱点は(一応)ダークホールド。
ネクロバットの弱点はウィルレーザーだよね。

ロクメガ:
その通りなんだが、今回はどっちも使わない。

マジャポン:
え?

ロクメガ:
というのもこのゲームに特別仕様の
特殊武器が存在し、それが今回使えるからだ。

マジャポン:
その特殊武器の名前は?

ロクメガ:
バグホールだ。

マジャポン:
バグホールっていえば、X3に登場した特殊武器で、
エクスプローズ・ホーネックの弱点だよね。

ロクメガ:
その通り。これをつかえば奴らを
同時に攻撃できる。

マジャポン:
マジで通用するの?

ロクメガ:
通用するぞ。
ただ問題なのは、三戦目。
ここでも即死要素がある。

マジャポン:
ここにきて即死増えてきたね。

ロクメガ:
三戦目は自称海の男が即死を
仕掛けてくるんだよな。

マジャポン:
あの人のことか。

ロクメガ:
その人の弱点を突くために、
ちょっと前までクレセントショットを
選択していたのだが、

即死云々以前に、片方が邪魔過ぎて、
戦いにならない。

なので、その片割れである、
ジェットスティングレンの弱点、
フロストタワーを持っていく。

これで良し!

では、スペシャル使用のバグホールの
力をお見せしよう!

マジャポン:
見せて見せてーー!

ロクメガ:
おい! ネクロバット!

マジャポン:
まぁ、みんな突っ込むよねぇ~。

なん・・・だと・・・?

ロクメガ:
まぁこういうことだ。

マジャポン:
いいのかよこれ効いちゃって・・・

ロクメガ:
因みに今回チャージで使ってるが、

見ての通りエックスの硬直時間が長いので、

無チャージの方がいいかもしれない。

ハードだとチャージしてたらエネルギーが足りないから、

やっぱり無チャージ版推奨。

マジャポン:
難しいはずのエックスチャレンジが、

バグホール一つでヌルゲーになってしまった。

ロクメガ:
即死で難易度を相殺しているのかもしれないな。

あるいは今までが難しすぎたから

ここで簡単にしてバランス取ってるとか、

マジャポン:
難易度曲線グチャグチャだね・・・。

ロクメガ:
X6を思い出すな・・・。

まぁ、一つか二つくらいこういうのがあってもいいだろう。

マジャポン:
いいのかなぁ・・・

ここまでくるとペガシオンカワイソス。

ロクメガ:
いや、散々苦しめてくれたから、

これが復讐のチャンスだ!

惜しい!!

マジャポン:
何が!?

ロクメガ:
あと一秒で一分切ってた!

マジャポン:
あ、ほんとだ。惜しかったねぇ。

ロクメガ:
次は何の因果か蛾と狼のコンビだ。

マジャポン:
控えめに言って意味不明!?

ロクメガ:
まぁ、そういうな。彼らにはちゃんと
共通点がある。

マジャポン:
共通点ある~?

ロクメガ:
メタモル・モスミーノスは
スクラップ工場の主。

対してブリザード・ヴォルファングは
廃棄されたレプリロイド。

つまりスクラップ工場に彼らがいた!

という共通点がある。

マジャポン:
それはスクラップ工場にいたというより、

運命の出会いを果たしてしまった・・・的な?

ロクメガ:
復讐という点では動機が一致するから、
手を組むことにしたんだろうな。

マジャポン:
妙に説得力あるのがムカつくね・・・。

ロクメガ:
ヴォルファングの弱点はマグマブレード

ノーマルなら、チャージマグマブレードを
使い切るまで打っていれば勝てる。

ただ、チャージマグマブレードは発射までに
大きな隙があるので、その時にダメージを受けると、

武器エネルギーだけ消費してしまうことになりかねない。
だから発射するタイミングには注意を払う必要がある。

マジャポン:
おいらもチャージマグマブレードつぶされたこと
あるけど、結構イラついたなぁ。

ロクメガ:
まぁ、結局はプレイヤーの腕次第だ。
それでは行ってみよう!

モスミーノスの性質上そんな気はしたけど、

やっぱりここか・・・。

マジャポン:
相変わらずステージ狭いねぇ~。

ロクメガ:
X6特有の全体攻撃チャージ。

マジャポン:
攻撃判定が発生するところに
ランダム性があるのが難点だよね。

ロクメガ:
X6愛好家はこういうの使いこなして、

あの極悪ステージの数々を

ノーダメージで切り抜けてしまうんだよなぁ。

マジャポン:
とんでもない人ってのはどんな世界にもいるもんだね。

ロクメガ:
接触されて一回攻撃を潰された。

マジャポン:
こんな狭いところで接触するなとか、

中々厳しいね。

ロクメガ:
ヴォルファングがパターン変化した上に、

モスミーノスもスクラップばら撒いてる。

非常にやりづらい。

ヴォルファングを撃破!

マジャポン:
同時にモスミーノスも形態変化したね。

ロクメガ:
タイミングが非常に鮮やかだった。

形態変化したモスミーノスは、

飛んでるからバグホールが通用する。

マジャポン:
バグホール万能かよ!

ロクメガ:
羽がついてるやつには問答無用で効くっぽいな

マジャポン:
随分優遇されてるねバグホール。

ロクメガ:
それでもダメージは本来の弱点である、

ホーネックに使った時よりは低いのだろうが、

どこにいても一発撃つだけで

行動不能とダメージが両立できるのは

この武器だけだろうな。

マジャポン:
ほかの特殊武器も

属性で弱点判定つけてくれればよかったのに。

ロクメガ:
そうなってたら、このチャレンジ

相当難易度が下がっていたかもしれんな。

バグホールの大活躍で、

モスミーノスも撃破!
ーーーーーーーーー
自称海の男がお目見えだ。

マジャポン:
タイダル・マッコイーンのことだね。

ロクメガ:
自らの陣地で地形を好きなように作り、

即死攻撃を仕掛けてくる男。

マジャポン:
なんていうかさ、正々堂々とはしてないよね。

ロクメガ:
2体1で正々堂々も何もないけどな。

マジャポン:
確かに。

ロクメガ:
ここでの戦いのポイントは、
即死攻撃をどう回避するかだな。

相方のジェットスティングレンの
おかげで、その危険性が上がっている。

マジャポン:
吸い寄せる攻撃があるもんね。

ロクメガ:
優先して倒すべきは
スティングレンの方だ。
だからフロストタワーを選んだ。

マジャポン:
スティングレンを倒した後も、
即死の脅威は消えないよね。

ロクメガ:
完全に即死の脅威を逃れたければ、
フロストタワーの代わりにクレセントショットを
持ってきて、先にマッコイーンを倒す必要がある。

しかし、スティングレンの猛攻を
回避するか、ダメージ覚悟で
倒れるまで攻撃する必要があるため、

現実的じゃない上に、ハードでは通用しない。

即死の脅威を逃れつつ、安全に倒すというなら、
一戦目のペガシオン・ネクロバットコンビを
バグホール無しで倒し、

バグホールの代わりにクレセントショットと
フロストタワーの両方を
持ってくる必要がある。

マジャポン:
一戦目をバスターで突破する必要があるのか。
どちらを選んでも初心者には優しくないね。

ロクメガ:
とはいえこのステージは
高得点をたたき出すなら、
絶好のチャンスでもあるがな。

今回はスティングレンの弱点である
フロスとタワーしか準備がない。

だから即死の危険と隣り合わせで
戦うことになるな。

マジャポン:
自信のほどは?

ロクメガ:
そこそこだな。
プレイヤーの腕次第では、
対策となる動きもできる。

マジャポン:
なら、恐れることはないね。

ロクメガ:
実際に戦ってみないと何とも言えんがな。
それでは、始めよう。

残念ながら一回負けたので、残機が減ってる。

マジャポン:
油断したの?

ロクメガ:
スティングレン嵌め開始!

マジャポン:
画面にすら出てくることなく、

嵌められるスティングレンさんカワイソス

ロクメガ:
ガハハ! 虐めてくれよう!

こちとら地形のルールを守っているというのに、

都合のいい時だけ地形を無視しやがって、

その報いをこいつらに味わわせてやるうううう!

マジャポン:
ストレス溜まってんだね兄者・・・。

ロクメガ:
負けバトルでも別に楽しんでやってはいるがな。

とはいってもぶっちゃけこいつらは

見ての通り即死が怖いだけで、たいして強くない。

ある意味ストレス発散には丁度いいかもな。

ペガシオン・ネクロバットコンビだって、

特別な技術など必要なく嵌めれるしな。

マジャポン:
スティングレンといい、ペガシオンといい、

レプリフォースには嵌めが成立するボス多いなぁ。

ロクメガ:
どうでもいいけどマッコーンのこのブロックって

何でできているんだろうな。

マジャポン:
え? そりゃ見た目通り氷でしょ。

ロクメガ:
だとしたらなんでスティングレンは、

平気でそれを無視できるんだろうな。

マジャポン:
一一突っ込んでたらキリがなくない?

ロクメガ:
それもそうか・・・。

スティングレン撃破!

マジャポン:
後はあのクジラをやっつけるだけだね!

ロクメガ:
覚悟しろ自称生みの男オオオオオオ!

マジャポン:
拘るね・・・海の男・・・

ロクメガ:
ぶっちゃけその名称はどうでもいいんだがな。

何となく何度もぶっこんでるだけだ。

行動パターンが変化した。

ゴレガラガホンバナダ!

マジャポン:
なぜにX6のシグマに!?

ロクメガ:
ネタが突っ込めそうだったからな。

マジャポン:
ああ、そう・・・

ロクメガ:
このブロック事態にダメージはない。

その代わり即死の壁に押し付けられる。

ここを突破するためのコツとしては、

目の前にブロックがある状態で、

十字キーを前に押さないことだ。

ブロックに対して壁蹴りモーションに入ってしまい、

マッコイーン撃破!

さぁ、スコア集計の時間だ!

マジャポン:
今回残機一個残ってるし、
最初の2ステージは楽に行けたし、
いいとこまで行くんでない?

ロクメガ:
一度マッコイーンの即死に
殺られなければ、

もう少し上に行けたかもな。

マジャポン:
リベンジするのん?

ロクメガ:
気が向いたら。

ご視聴ありがとうございました。

よいロックマンライフを~!

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン: