Xチャレンジ 第四ステージ解説・実況(ロックマンX アニバーサリーコレクション)

四番目のXチャレンジ攻略動画になります。

ドラグーンとタイガード戦は伸び伸び戦えた感じがして個人的に非常に気に入ってます。

難しすぎるわけではなく、簡単すぎるわけでもない。

日本人プレイヤーとしては理想的な感じがしますねぇ。

ロックマンX アニバーサリーコレクション Xチャレンジ第四ステージ攻略動画

スポンサードリンク







後は下書き!

ロクメガ:
ロックマングッズの新情報が公開されたぞ!

マジャポン:
お? 今回は何のグッズ?

ロクメガ:
まず、今年2月に再販された、
カードダスのセレクション関係だ。

マジャポン:
兄者まだあれ開封してないんだっけ。

ロクメガ:
せっかくこういうチャンネルを
やってるわけだし、
開封動画作りたくてな。

いいビデオカメラ購入まで
開封はお預けだ。

マジャポン:
んで、そのカードダスがどうしたのん?

ロクメガ:
この情報はコメントでいただいた情報だが、
これの完全新作が出るそうだ。

マジャポン:
今の時代に完全新作でカードダス作るのん?

ロクメガ:
そういうことらしい。

マジャポン:
それはもうカードダスと言えないのでは?

ロクメガ:
何となく俺もそう思わなくもないが、
この際それはおいておこう。

注目すべきは、このカードダスに
岩本先生が書いたロックマンX5の
漫画がついてくることだ。

マジャポン:
マジで!?

ロクメガ:
岩本先生のロックマンXといえば、
X4まで。しかも打ち切りと言わざるを得ない
終わり方をしてしまった。

マジャポン:
それが今になって復活すると?

ロクメガ:
流石に連載が再開されるという
わけではないが、

岩本先生のエックスがまた見れるのは
やはり胸が熱くなるな。

グッズ情報はもう一つあるぞ!

ロックマンユニティのブログに
掲載された情報だが、

ロックマンシリーズの
4インチネルシリーズ最新作、

ロール・キャスケットがでる!

マジャポン:
ロックマンDASHのロールちゃんか。

ロクメガ:
フィギュアデビュー・・・しそう。

マジャポン:
マジで!?

ロクメガ:
これは迷ってしまうな。
中々の出来だし。

マジャポン:
まぁ、買うなら場所確保しとこうね。

ロクメガ:
今回のグッズ情報のリンクは、
例によって説明欄から
飛べるようにしておきますので、

詳しくはそっち見てください。

マジャポン:
よろしくお願いします。

ロクメガ:
さて、宣伝も終わったし、
4回目始めていくぞ!

マジャポン:
うっす!

ロクメガ:
さて、今日は第4ステージをプレイしていくぞ!

マジャポン:
あれ? 今回は前置きなしなの?

ロクメガ:
毎回あそこからスタートだと
くどい気がするからな。

youtube動画のオープニングなんて、
短いに越したことはない。

ロックマンの新作グッズ情報とかも
語りたいが、動画の趣旨に反するので、
そういうのは別の動画でやる。

マジャポン:
ふうん。

ロクメガ:
というわけで最初はこの二人!

マジャポン:
PVにも出てきたコンビだね。

ロクメガ:
タイガードさん2回目の出陣である。

マジャポン:
4回目にして使いまわしが
目立ってきたね。

ロクメガ:
まぁ、タイガードは
攻撃より動き回ってる時間の方が長いから、
バランス調整しやすかったんだろう。

X2のマグネ・シャクレッガーとか、
X1のスティング・カメリーオあたりは、
誰と組んでも地獄だしな。

マジャポン:
前々回のボルト・クラーケンも
十分地獄だった気が・・・。

ロクメガ:
今暇を見つけてハードに
挑戦してるが、
確かにクラーケンは鬼畜だな。

マジャポン:
ハードの方は進捗どうなの?

ロクメガ:
その貝とイカコンビさえ
倒せれば、ステージ2が攻略できる。

その直前のタイガード・ペガシオンコンビと、
ストームコンビは安定して倒せるようになってきた。

マジャポン:
ってことは、ハードも動画にするのん?

ロクメガ:
不定期連載だな。ノーマルならもう
ほとんど攻略できる程度の腕には
なったが、

ハードは腰を据えて挑まないと
クリアできない。

マジャポン:
時間かかりそうだね。

ロクメガ:
こういう動画を作ってる以上仕方がない。

ただでさえノーマル攻略に手間取って、
動画化が遅れてるんだ。
これ以上遅れることはできない。

ドラグーンとタイガードコンビについてだが、
正直この二人はそんなに強くない。

マジャポン:
なぜ?

ロクメガ:
横に広いドラグーンステージで
戦うからだ。

むしろこのコンビは、
このチャレンジで一番楽しい戦いが
できる組み合わせであると言える。

マジャポン:
「一番」と言い切れるくらいなの?

ロクメガ:
ステージが横に広く、ボス2体も
それほど大きいわけではない。

PVを見たときから感じていたが、
窮屈に感じない分、伸び伸び戦える気がしてた。

実際にやってみたら本当に楽しかった。

マジャポン:
そういう組み合わせがあるってのは
いいことだよね。

ロクメガ:
ドラグーンの弱点はダブルサイクロン。
チャージしてもしなくてもいいが、

チャージしたほうがダメージは大きく
また当てやすい。

動きもドラグーンに合わせていれば
そう難しくはないだろう。

問題なのは、ドラグーンの多彩な
行動パターンを把握しているかどうかだな。

マジャポン:
割と強敵だよねぇ。ドラグーン。

ロクメガ:
因みにタイガードはドラグーンを倒してから、
じっくり料理すればいい。

マジャポン:
その言い方だとタイガードがドラグーンの
オマケみたいな感じだね。

ロクメガ:
実際この戦いにおいて厄介なのは
ドラグーンだしなぁ・・・。

マジャポン:
特殊武器の選択については?

ロクメガ:
第一戦目はドラグーンの弱点をつくため、
ダブルサイクロン。

二戦目はワイヤー・ヘチマールの
弱点を突くためにソニック・スライサー

三戦目はアシッド・シーフォースの
弱点を突くため、フロスト・シールド

この布陣で行けば間違いはない。

というわけで少々前置きが長くなったが、
始めていこう!

マジャポン:
うっす!

ロクメガ:
二人係で倒して嬉しいのかドラグーンよ?

マジャポン:
このチャレンジでのドラグーンは、

武闘派のイメージからはほど遠いなぁ。

ロクメガ:
このモードの性質上仕方なくはあるが,

ドラグーンにとってはイメージダウン待ったなしだな。

マジャポン:
本当に伸び伸び戦ってる感じだね。

ロクメガ:
今まで窮屈なステージでばかり戦ってたからな。

う~む、こう遠距離攻撃ばかりだと、

攻撃を仕掛けづらい。

マジャポン:
楽しんでるクセに~♪

ロクメガ:
バレたか♪

ドラグーンを撃破!

マジャポン:
流石に上半身だけ残るってことはなかったね。

ロクメガ:
そんなエフェクト残されても、

プレイヤーとしては困るだけだがな。

ついでにその演出やると、

ゲームがバイオハザードになってしまう。

マジャポン:
言えてるかも・・・

ロクメガ:
ステージが広いから、

タイガードのレイスプラッシャーも交わしやすい。

その時に大きく動けるのがやっぱり楽しい。

そろそろ語ることもなくなったので、倍速で。

マジャポン:
タイガードは時間かかるもんね。

ロクメガ:
タイガードも撃破!

繰り返すがこの戦いは、

全力で楽しかった!

マジャポン:
乙乙!

ロクメガ:
次のコンビはこの2体。

マジャポン:
植物コンビだね。

ロクメガ:
中々に意外な組み合わせだ。

マジャポン:
ヘチマールとスパイダスは
予め公開されてたよね。

ロクメガ:
ファミ通の雑誌でひっそりとな。

ヘチマールはともかく、ローズレットの動きって
未だによくわからない。

マジャポン:
X5はやってたんでしょ?

ロクメガ:
もちろんその通りだが、
行動パターンが何となくしかわからない。

いつも戦うときは、何となく戦って、
何となく倒した印象しか残ってないんだよな。

マジャポン:
それってさ、ローズレットが地味ってことなんじゃね?

ロクメガ:
見方を変えれば、何度戦っても
よくわからない不気味な奴って解釈できるな。

マジャポン:
逆にヘチマールはものすごくわかりやすいよね。

ロクメガ:
個性という意味では尖がりまくってるからな。

とりあえずやるべきことは、
ソニックスライサーで
ばっさばっさと斬ることだけだ。

マジャポン:
今回コメント適当だね。

ロクメガ:
特に細かく解説することもないからな。

では、行ってみよう!

それにしてもソニックスライサー燃費いいな。

マジャポン:
いきなり何の話?

ロクメガ:
この戦いは一回負けてるんだが、

ヘチマール一回倒してるんだよな。

マジャポン:
ってことはヘチマール一回倒して、

まだあれだけ残ってるってこと?

ロクメガ:
そういうことだな。

まだこの2体とハードで戦ったことはないが、

これだけ燃費いいなら余裕をもって倒せるかもしれん。

実際には戦ってみないと何とも言えないが。

マジャポン:
因みにほかの特殊武器、
ハードではどれくらい残ったの?

ロクメガ:
スピニングブレードは(タイガードの弱点)
結構余裕があったな。

ジェルシェイバー(クラーケンの弱点)
は全然足りなかった。

途中からプラズマで倒さなきゃならないから

倒しきれないことが多い。

マジャポン:
フムフム。

ロクメガ:
ヘチマールを撃破!

マジャポン:
ご丁寧に弱点で負けたときのエフェクトも再現してるね。

ロクメガ:
ソニックスライサーの性質上、

ローズレッドにも結構ダメージを与えることができた。

マジャポン:
チャージソニックスライサー侮れないね。

ロクメガ:
全ての組み合わせのボスに

こういう戦い方が通用すれば楽なんだがな。

いちいち早送りとかしなくて済むし。

マジャポン:
戦闘も楽になるよね。

ロクメガ:
試しにチャージソニックスライサー当ててみたが、

ダメージがプラズマと同じなのかそうでないのか分らんな。

マジャポン:
少し・・・多いくらい?

ロクメガ:
花びらが降ってくるので、スライサーで落としたい!

マジャポン:
上手く落とせるかな?

ロクメガ:
ある程度落とせたが、その代わり捕まった。

マジャポン:
この武器ダメージ以外の部分で、

ローズレッドと相性いいかもね。

ロクメガ:
ローズレッドも撃破!

俺の中でソニックスライサー万能説が生まれた。

マジャポン:
本当に、以外に、万能かもしれない。

ロクメガ:
最後はこの二人!

マジャポン:
これはどういう組み合わせなんだろうね?

ロクメガ:
鷹とタツノオトシゴ・・・関連性が見えん。

マジャポン:
風属性と水属性かもね。

ロクメガ:
遊戯王的に考えるならイメージカラーは逆だな。

手持ちの特殊武器、フロストシールドは
シーフォースの弱点。

イーグリードが出てくるのは優しさなのか?

マジャポン:
どゆこと?

ロクメガ:
それについては戦闘中に話そう。

では、始めよう!

例によって一回負けているので、残機は0だ。

マジャポン:
フロストシールド減ってるからね。

ロクメガ:
実は倒せそうだったが、凡ミスで負けた。

見てもらえばわかる通り、

シーフォースは弱点を当てたときの動きが、

完全にパターンだ。

マジャポン:
シーフォースだけに言えることじゃないんじゃない?

ロクメガ:
シーフォースはその後の動きはジャンプなんだが、

これが弱点を当ててくれと言わんばかりの動きになってる。

タイガード・ペガシオンコンビの時は、

とにかくペガシオンが鬱陶しくて、

連続で弱点武器を当てるのが難しかったが、

今回の相方はイーグリードなので、

攻撃当てるのが凄い楽なんだよな。

マジャポン:
イーグリードさん優しいなぁ・・・。

ロクメガ:
本当に優しいなぁ・・・。

全然攻撃してこないイーグリードさんのおかげで、

シーフォースを撃破!

マジャポン:
即死要素がないと攻撃能力を持たない、

お邪魔虫って感じだね。

ロクメガ:
実際この状態になったら小鳥を生むか、

体当たり攻撃をしてこない限り、ダメージにならない。

マジャポン:
今までも作業化する戦いってあったけどさ、

これは作業を通り越してるよね?

ロクメガ:
イーグリードはあれだ。

漫画版じゃ敵の振りをしてエックスのために動き、

イレハンXでも仕方なく戦ってたキャラだった。

今回こうしてエックスたちと戦っているのは、

エックスへの復讐などではなく、

彼自身がエックスをサポートするためだったんだよ

マジャポン:
な、なんだってー!?

ロクメガ:
そう、彼は敵なんかじゃない!

敵のふりをした味方なんだ!

敵を欺くにはまず味方からというように、

エックスに敵と認識させつつサポートしてくれていたんだ!

マジャポン:
今思い出したかのように体当たり攻撃を!

ロクメガ:
たまには真面目に攻撃しないと、

スパイだと気づかれる可能性があるからな。

こうして回避しやすい攻撃をする必要があるんだろう。

マジャポン:
なんていい人なんだ、イーグリードさん!

ロクメガ:
イーグリードさん! 俺達は君を誤解していたようだ!

第二ステージでの戦いで、

「即死やめてくれヴォケー!」とか

「早く倒れてくれよアホンダラー!」とか

「風ウザいからやめてー!」とか

色々文句言ってすんませんでした。

マジャポン:
すんませんでしたーーーーー!

・・・って

そんなわけないやん・・・

ロクメガ:
イーグリードさん! あなたの犠牲は無駄にしません!

マジャポン:
いや、だからさ・・・ま、いっか別に。

ロクメガ:
いつものスコア集計の時間。

マジャポン:
今回の点数や如何に!

ロクメガ:
50000点とか言ってる人は
どうやって倒してるんだろう・・・?

マジャポン:
人知を超えた何かを感じるね。

ロクメガ:
ご視聴ありがとうございました!
よいロックマンライフを~!

マジャポン:
よいロックマンライフを~!