Xチャレンジ VOL2第二ステージ! 同時撃破攻略!(ロックマンX アニバーサリーコレクション)

皆さんこんにちはロクメガです!

ツイッターでも言いましたが、当方里帰りいたします!

8月29日~9月5日ほどまでの間、北海道に帰省です。

その間動画を作れるかどうかは実家のおとんのPCが使えるかどうかによります。

休んでる間も更新できればと思いますが、ちょっと確約はできないので、申し訳ないです。

このブログの更新やツイッターなどではちょいちょいつぶやこうと思ってます。

なので私の動きはそちらをご確認いただければと思います。

せっかくなので地元の写真とか色々とってうpるのも悪くないかなぁと思ってます。

またXチャレンジでは現在、VOL.2。ボス2体同時撃破チャレンジを行っておりますが、すでにステージ6までは終了してます。

あとはラストバトルですが、まだ安定しません。

11発売までに間に合うといいんだけどな~。

というわけで前置きが長くなりましたが今回の動画になります!

ロックマンX アニコレ Xチャレンジ VOL2 ステージ2

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:
同時撃破Xチャレンジ2回目いくぞ!

マジャポン:
いっちゃいますか!
・・・ってマジでこのチャレンジ
ラストまでやるのん?

ロクメガ:
やるけどそれがなにか?

マジャポン:
いや、何かじゃなくてさ・・・。

ロクメガ:
心配はいらない。すでに後半部分まで
キャプチャは終わっている。

マジャポン:
え? そこまで進めてるの?

ロクメガ:
VOL1の頃は、ぶっつけ本番で撮ってたが、
こういうチャレンジをやるとなると
練習が必要になると思ってな。

先んじてキャプチャだけ済ませておいた。

マジャポン:
後半っていうと?

ロクメガ:
ステージ6まではキャプチャを
終えている!

マジャポン:
ゼロナイトメアとサイコシグマを
同時撃破できたわけだね!

ロクメガ:
奴らは地獄だった・・・!

マジャポン:
ここで地獄って言ってたら、
ラストはもっときついんじゃね?

ロクメガ:
そうだな。弱音を吐いている場合じゃないよな。
というわけで今回はこの二人!

マジャポン:
ストームコンビだね

ロクメガ:
VOL1ではエイミングレーザーを
持って行ったが、今回は
カメレオンスティングを持っていく。

マジャポン:
それもVOL1との差別化の一つ?

ロクメガ:
それもあるが、攻略を確実なものとするためでもある。
その次のタイガード・ペガシオンコンビをな!

マジャポン:
その二人を攻略するのに、
カメレオンスティングが必要ってこと?

ロクメガ:
必要というよりあったほうが
いいだけかもしれん。
念には念をだ。

マジャポン:
慎重にいくんだね。

ロクメガ:
まぁな。それでは、始めてみよう。

まずはフクロウルに適当にダメージを与えていく。

マジャポン:
イーグリードさんはいつでも弱点つけるもんね。

ロクメガ:
均等にライフを減らすだけでは上手くいかない。

それがこのチャレンジの難しいところだ。

ボス事に戦略を変えて立ち回らなければ。

マジャポン:
基本となるのはやっぱり、

弱点付けないほうをいつでも倒せるように、

ライフを減らしておくことかな?

ロクメガ:
そういうことになるかもな。

フクロウル氏は紳士だなぁ。

マジャポン:
え? そうなの? なんかそれっぽいことした?

ロクメガ:
フクロウル氏はその気になれば、

エックスを落っことすことができたはずだ。

地面にたたきつけるだけで済ませてくれる当たり、

紳士の鏡ではないか!

マジャポン:
そりゃ操作不能状態で落っことされたら

ゲームにならないもんね。

ロクメガ:
どうにも猛禽類モチーフのボスは、

紳士的なボスが多いようだ。

マジャポン:
偶然だと思うけどなぁ~。

ロクメガ:

マジャポン:
今の狭いとこよく回避したよね。

ロクメガ:
上と下に待ち構えてるのって、

毎回回避に気を遣うんだよな。

まぁ、回避なんてさせてもらえない場合も

普通にあるけどな。

因みに今の多方向ダブルサイクロンが交わせたのは、

ただの偶然だ。

マジャポン:
まぁ、兄者の実力なんて基本運いいだけだろうけどね。

ロクメガ:
それじゃ俺がラッキーマンみたいじゃねぇか!

マジャポン:
そういってるんだけど?

ロクメガ:
流石にリアルラックだけで攻略できるほど、

Xチャレンジ甘くねぇよ!

マジャポン:
多方向ダブルサイクロンは

ジャンプだけで交わせるのかな?

ロクメガ:
正直状況によるとしか言いようがない。

基本エックスを追尾してくるから、

動きが直線状になって、ジャンプで回避できる場合が

あるってくらいに考えたほうがいいかもな。

マジャポン:
因みにこの技はどうかわす?

ロクメガ:
こんなもん交わせるわけねぇだろ!

マジャポン:
そろそろフクロウルさんのライフが

なくなりそうだね。

ロクメガ:
イーグリード氏のライフを調整しなければ!

イーグリード&フクロウル撃破!

マジャポン:
ほぼぴったり!

ロクメガ:
やったぜ!

お馴染み第二ステージの鬼門が登場だ!

マジャポン:
この二人が相手だときつくない?

ロクメガ:
正直初見時のトラウマはまだ忘れてない。

マジャポン:
どんなトラウマ?

ロクメガ:
意気揚々と挑んでいったら、
あんなクッソ狭いところに
ペガシオンとタイガードがいて、

何もさせてもらえずに
なぶり殺しにされたからな。

マジャポン:
因みに最初はどこで戦うと思ってたの?

ロクメガ:
正直何も予想してなかった。
まさかタイガードの部屋にペガシオンとか
想像できないししたくない。

マジャポン:
むしろあれかな?
タイガードの部屋でないことを
祈ってたとか?

ロクメガ:
それに近いかもしれない。
あんなところで戦わせるわけがないと
思ってたよ。

逃げ場のないコロシアムに閉じ込められて
熊と対峙させられている気分だった。

マジャポン:
それテラフォーマーズじゃねぇか!

今回同時撃破ってことだけどさ、
持ってきた武器はスピニングブレードなんだね。

ロクメガ:
ペガシオンの弱点として設定されている
ダークホールドは、ダメージソースとしては
使えないからな。

地味に強化こそされているが、
正直持って行っても何の役にも立たない。

マジャポン:
え? ダークホールドって強化されてたの?

ロクメガ:
されてるぞ。
全てのボスに通用するようになってる。

マジャポン:
確かに強化されてるね・・・。

ロクメガ:
ダメージソースとしては使えないままだから、
正直あまり強化されている感がない。

マジャポン:
時間を止めながらダメージがオートで
与えられる武器なんてやばいもんね。

ロクメガ:
昔そんな武器があったような気がしたが、
なんだったか・・・?
フラッシュストッパーだっけか?

マジャポン:
あれはクイックマンに対してのみ
そういう仕様だったんじゃない?

ロクメガ:
まぁそうだろうな。

マジャポン:
ところでさ、今回はどういう風に倒すの?
前回と同じように、タイガード先に
倒すわけにはいかないよね?

ロクメガ:
やはり優先してペガシオンにダメージを与えて
いくしかないな。

上手くタイガードの攻撃を回避しながら。

マジャポン:
できるの~? それ。

ロクメガ:
流石に初見の頃よりは腕が上がってる・・・
と思いたい。

では、始めてみよう。

何度見ても狭い・・・

マジャポン:
まだトラウマがぶり返してるのん?

一体どこに回避ルートがあるのやら・・・。

ロクメガ:
多分開発側はそんなのちゃんと考えてないと思うぞ。

マジャポン:
それ調整不足ってやつじゃね?

ロクメガ:
勝てないようにはできてないから、

そう呼ぶべきかは微妙だな。

マジャポン:
海外の人はノーダメでクリアしちゃうのかな?

ロクメガ:
流石に海外の猛者でも、

全てのチャレンジでノーダメ達成とは、

いかないようだ。

もし達成してる動画があったら

youtubeに挙がってるだろうからな。

ひょっとしたらそれを達成しようと

躍起になってる人もいるかもしれないが。

マジャポン:
海外パワー恐るべし。

ダメージ差ちょっと大きすぎない?

ロクメガ:
確かにちょっと大きいかもしれないが、

スピニングブレードのダメージの大きさに

期待するしかない。

マジャポン:
なぜここでチャージカメレオンスティングを?

ロクメガ:
言うまでもない。

馬公の突進がしつこいからだ。

安全に回避するならこういうのだって使うさ。

マジャポン:
馬公・・・。

ロクメガ:
馬工船のことじゃねぇぞ?

マジャポン:
し、知ってるし! それくらい!

ロクメガ:
馬工船なんて書物は存在しないがな。

マジャポン:
騙したな兄者アアアアアア!

ロクメガ:
ペガシオン&タイガード撃破!

多少ずれたが、まーこれで十分だ!

マジャポン:
うるせぇよ! 騙してんじゃねぇよこの野郎!

ロクメガ:
シャラップ!

さて今回の新コンビだ!

マジャポン:
トンボと花京院憲明か。

ロクメガ:
いや、ちげぇよ! 似てるけどちげぇよ!

そいつ花京院じゃねぇよ!

マジャポン:
うるせぇよ!

ロクメガ:
お前がうるせぇよ!

ポケモン的に言えばどっちも炎が弱点
ということになるな。

マジャポン:
これポケモンじゃないからね?

ロクメガ:
分かっとる!

マジャポン:
んで、どうすんのさ?

ロクメガ:
お前いい加減矛を収めろや!
カメラ回ってんだぞ!

マジャポン:
そんな設定聞いたことないんだけど!?

ロクメガ:
あんま新人カメラマン君を泣かすんじゃねぇ!

マジャポン:
なんの話なんだよ・・・

ロクメガ:
いい加減話進めるぞ。

マジャポン:
う・・・・・・っす

ロクメガ:
さて今回のコンビについてだが、
正直話すことはあまりない。

マジャポン:
トンボが雑魚いからね。

ロクメガ:
言うようになったなお前。

まぁそういうことだな。
ヤンマークにダメージを与えながら、
グランドファイアでローズレッドのライフを削る。
やることはシンプルにそれだけだ。
では始めよう

超特急で、あの世に行ってやる!

マジャポン:
はぁ!?

ロクメガ:
というわけで一回タヒんできました。

マジャポン:
ビストレオのセリフを真似したかっただけなんだね・・・。

ロクメガ:
あのライフなら少しくらいふざけてもいいと思った。

マジャポン:
二撃だったね。

ロクメガ:
弱いとはいえヤンマークの弾幕は、

このチャレンジでは厄介だな。

マジャポン:
そういえばなんでアローレイじゃなくて、

グランドファイア持ってきたの?

ロクメガ:
そりゃローズレッドが厄介だからだ。

分身するわ、無敵時間が被弾時以外にあるわで、

正直あんまり相手にしたくない。

マジャポン:
このチャレンジで最初に戦った時は、

動きがよくわからないって言ってなかったっけ?

ロクメガ:
このチャレンジでこいつの厄介さがよく分かった。

優先的にすぐ潰せるようにしておかなければ!

マジャポン:
ダブルボスで初めてわかるボスの強さっていったい・・・

ロクメガ:
なんということだ!

これではまるでトリプルボスバトルだ!

マジャポン:
分身による圧迫感凄いね・・・。

ロクメガ:
マジで逃げ場なんてないな・・・。

ローズレッドとフォーメーションウワァー撃破!

マジャポン:
肝心な時にその通称かよ!

ロクメガ:
一回ぐらい言っとかないとな!

マジャポン:
なぜに?

ロクメガ:
形だけのスコア集計の時間。

マジャポン:
もうここ映さなくていいんじゃない?

ロクメガ:
そういうわけにはいかない。
ちゃんとチャレンジを攻略した証だ。

視聴者様にもそれが分かるようにしなければ。

マジャポン:
変なところで律儀だなぁ。兄者は。

ロクメガ:
まぁ、こんなもんだろうな。

マジャポン:
2ティウンじゃこうもなるか。

ロクメガ:
同時撃破やろうとすると
ダメージも抑えられんからな。

というわけで
ご視聴ありがとうございました。
よいロックマンライフを~!

マジャポン:

よいロックマンライフを~!