ロックマン11 運命の歯車!!(体験版) オリジナルスペックモードでブロックマンステージをプレイ!

皆さんおはようございます!(これ書いてる時間的な意味で)

ついに「ロックマン11 運命の歯車!!」の体験版が配信開始されました!

どうやら対応機種全てで配信されたようで、ロクメガもさっそくスイッチバージョンをDLしてプレイ!

動画も作りました!

いや~体験会の時から一か月。やっとじっくりプレイすることができるわけですね~。

いや本当一言で言いますが、触ってて楽しい!

開発側が豪語する、触れば面白さが分かる! って言葉にも納得です。

DLして、そしてあわよくば多くの人に買ってもらいたいです!

というわけで動画をどぞ~!

ロックマン11 運命の歯車!!(体験版)ゆっくり実況)

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:
ついにロックマン11の体験版が配信されたぞ!

マジャポン:
待望の体験版だね!

ロクメガ:
体験版なんてプレイするの随分久しぶりだ。

マジャポン:
どれくらい昔なのん?

ロクメガ:
正直覚えてない。
だが、今回はプレイしたくて
しょうがなかった。

同時に今プレイしてしまっては
もったいないのでは?
とも思ったが、誘惑には勝てんかった。

マジャポン:
ロックマンファンなら仕方ないよねぇ。

ロクメガ:
この画面からDL版ロックマン11を
予約購入できるようだな。
凄い時代になったものだ。

マジャポン:
兄者はeカプコンの限定版すでに予約してるから、
ここで買う必要はないよね。

ロクメガ:

お金もう払ってるしな。
前置きはこの辺にして、
そろそろ始めてみよう!

体験会で見たときと同じ画面だ。

マジャポン:
エキスパートモードは最初からは
選べないみたいだね。

ロクメガ:
そこまで選べてしまったら、
体験版としてはボリュームあり過ぎだな。

マジャポン:
どれから始めるのん?

ロクメガ:
当然、普段から俺はロックマンやってるので、

オリジナルスペックから始めるぞ!

マジャポン:
うっす!

ロクメガ:
新しい画面なのに、

妙ななつかしさを感じる。

マジャポン:
ロックマンの目の追従、良い感じだね。

ロクメガ:
不思議な感覚だ。

懐かしいはずなのに、新鮮さも感じる。

マジャポン:
完全新作という感じがちゃんと伝わってるんだよ。

ロクメガ:
そうかもしれないな。

今回遊べるのはブロックマンステージ

体験会では戦うことができなかったので、

今回は倒させてもらおう!

マジャポン:
頑張れ~!

ロクメガ:
左に隠しアイテムとかないかな?

マジャポン:
開始してすぐ思いつくのがそれなのか・・・?

ロクメガ:
明らかになんかありそうな感じがしたんでな。

こういうところに隠し要素があるのはいつものことだ。

マジャポン:
製品版じゃあるかもね。

ロクメガ:
バスターの発射音や、ヒットした時のSE、

効果音はどれも耳に心地よく作られているな。

正直安心した。

マジャポン:
なんで?

ロクメガ:
ロックマンX4以降、リアル路線を追求した結果なのか、

バスターのSEはイレハンがでるまでずっとしょぼいままだった。

マジャポン:
確かにXシリーズのバスターのSEは、

X3のSFC三部作が一番格好いいもんね。

ロクメガ:
今回はその中間を取ってる感じがして、

実に耳に心地いい。

マジャポン:
これがロックマンを本気で作った結果なんだね。

おお!? これが噂のダブルギア!

ロクメガ:
パワーギアでダブルチャージすれば、

メットールでさえメット越しに破壊可能だ。

マジャポン:
メットールのメットがついに、

ロックバスターに敗北するのか。

ロクメガ:
こういうことができるあたり、

かなり大胆なシステムだと言えるかもな。

マジャポン:
お? 中ボスだ!

ロクメガ:
ここでスピードギアでコイツの動きを見切る!

マジャポン:
そうすることで回避を容易にするわけか。

ロクメガ:
防御的な使い方ではあるな。

予め使っておくか、咄嗟の判断で使うかで、

プレイに幅が出そうだ。

中ボスを撃破!

マジャポン:
スムーズに行けたね。

ロクメガ:
次やるときはギア無しで攻略してみようかな?

マジャポン:
あのクルクル回ってるのにパワーギアって必要なの?

ロクメガ:
どちらかというと

保険的な意味合いが強いな。

アイツはちゃんと隙間にバスター通さないと、

倒すことができない。

パワーギアなら2発撃てるから、

どっちかがうまく当たればいいって考えだ。

マジャポン:
にゃるへそ

今タイミング合わせてジャンプした?

ロクメガ:
したぞ。あそこでジャンプしないと、

ロックマンの動きが止まってしまうからな。

これタイムアタックの時重要な。

マジャポン:
おいらはタイムアタックしないけどね。

ロクメガ:
ちょっと危なかった。

マジャポン:
やっぱ巻き込まれたら即死かな?

ロクメガ:
そりゃ、即死だろう。

地味に圧殺とトゲの複合だしな。

トゲや落下は救済策があるが、

圧殺の救済策はいまだにない。

マジャポン:
まぁ、作りようがないよね。

ロクメガ:
ロックマンが魔人ブウ並みに強かったら、

普通に復活できるんだろうが。

マジャポン:
流石に魔人ブウはないっしょ。

ロクメガ:
このステージの第一の難所だ。

マジャポン:
上手く抜けられるかな?

ロクメガ:
邪魔だからメットールをパワーギアで滅殺!

マジャポン:
慎重だね。

ロクメガ:
あの位置にいられると邪魔だからな。

恐らく開発側もパワーギアでの突破を

想定しているんだろう。

マジャポン:
30周年記念だけあって、細かく計算して

作られているみたいだね。

ロクメガ:
初代ロックマンは歴史と技術の蓄積があるから、

新システムもうまく溶け込んでいるな。

このあたりは〇周年記念で作られた最新ロックマン達との

大きな違いと言えるかもしれない。

マジャポン:
DASHといい、流星といい、クロスオーバーといい、

〇周年記念ロックマンってあまり上手くいってないしね。

ロクメガ:
達磨落としボス2回目。

マジャポン:
やっぱこの中ボスのモチーフって、

達磨落としなのかな?

ロクメガ:
どう見ても達磨落としにしか見えんな。

今回は足元がコンベアになってるから、

難易度が少し上がっている。

マジャポン:
端っこだけコンベアになってないね。

ロクメガ:
そこにいると確実に上から来るから、

確実に回避するならスピードギア使ったほうがいいな。

くそ! 倒しきれない!

マジャポン:
連射が効いてるから、

倒しきれないと悔しい気持ち出てくるよね。

ロクメガ:
最後はチャージで決めた!

マジャポン:
チャージ決まると気持ちいいね!

ロクメガ:
偽エディー現る!

マジャポン:
1アップ持ってこうとしてるよ!

ロクメガ:
悪いがその貯金箱は返してもらう!

マジャポン:
特典の貯金箱あんな感じなんだ!

ロクメガ:
まだ実物は公開されていないがな。

塗装前の青透明な奴なら公開されたが。

マジャポン:
それはそれで欲しい気もするね

ロクメガ:
水晶ドクロみたいだな。

ただ貯金箱として考えるなら、

中身は見えないほうがいいな。

マジャポン:
それもそうか。

ロクメガ:
オブジェとしてなら使えそうではあるな。

マジャポン:
兄者自身部屋のオブジェに使うつもりでしょ?

ロクメガ:
里帰り中に買ったUAXの横に置いておくのも、

悪くないかもな。

E缶発見!

マジャポン:
分かりやすいところにあるね。

ロクメガ:
変に隠されてても、

プレイヤーが築かなかったら意味ないしな。

マジャポン:
まぁね。

ロクメガ:
ラッシュを使えと言わんばかりの場所だが、

結構ギリギリの位置に配置されているな。

もう一回使ってみよう。

マジャポン:
今取ったの何?

ロクメガ:
ギアのオーバーヒートを回復するアイテムだ。

今作から登場のアイテムだな。

E缶ゲット!

マジャポン:
これで一回はライフが回復できるのか。

ロクメガ:
そういうことだな。

2回目の落下ブロック地帯。

初心者にはちょっと難しいか?

マジャポン:
兄者だって最初「解法わからん」言うてたやん。

ロクメガ:
ばらすなよお前・・・。

マジャポン:
スムーズに行けたね!

ロクメガ:
ここは上達を感じられる場所だな。

突破できた瞬間が気持ちいい!

難所を突破した時の気持ちよさなんて、

随分長いこと忘れていた気がする。

マジャポン:
これがカプコンの本気か!

ロクメガ:
適度な難しさと、突破した時の気持ちよさ。

ブロックマンステージだけでも、

そのバランスがよくとれているな。

マジャポン:
べた褒めだね兄者。

ロクメガ:
俺は面白いものは素直に面白いというぞ?

救いようがないものには好きなシリーズでも容赦しないが。

マジャポン:
クロスオーバーのことはもう許してあげなよ・・・。

ロクメガ:
上のエネルギー回復(大)の下に、

また偽エディ―がいる。

マジャポン:
間に合わないよね、普通に倒そうとしても。

ロクメガ:
ここで特殊武器のスクランブルサンダーを試してみよう!

地面に潜ってるやつを炙り出す効果はないようだ。

マジャポン:
残念。

ロクメガ:
まぁ、強化アイテムの類じゃないから、

別に逃してもいいんだけど、

どうすればあれ奪い返せるか気になるな・・・

マジャポン:
ついにブロックマンと対決か。

ロクメガ:
体験会から一か月近く。やっと戦えるぜ!

ボスの動きまでファミコン風だな。

マジャポン:
え? そうなの?

ロクメガ:
ジャンプをする前の呼び動作が、

ほとんど存在しない。

見てからジャンプで後ろに回るのは難しそうだ。

マジャポン:
ブロックマンがでかくなった!!

ロクメガ:
8ボスでこのデカさは中々型破りだな。

ライフゲージもこの形態専用のものになってるぞ。

マジャポン:
ってことは、あのゲージを0にしないと、

本体にダメージ与えられないってこと?

ロクメガ:
多分そういうことなんだろうな。

う~む、このままではヤバイな・・・。

今こそファイナルチャージショットを使う時か!?

マジャポン:
ティウンしてんやん!

ロクメガ:
チックショヲヲヲヲヲヲヲヲヲ!

まだだ! まだ終わらんよ!

俺を本当に倒したければ、

あと3ティウンさせるんだな!

ブロックマン!

マジャポン:
偉そうに言うことではないよォな・・・。

ロクメガ:
うおっ!? 形態変化早いな!

マジャポン:
なんかチャージショットで与えられるダメージ、

今までのシリーズより多くない?

ロクメガ:
俺もそう感じるな。

ブロックマン巨体形態を破壊!

マジャポン:
形態名が勝手につけられた!?

ロクメガ:
ライフ何気に減ってるな。

マジャポン:
あの形態破壊しても、

ダメージにはなってたみたいだね。

ロクメガ:
ブロックが大量に投げつけられているが、

どうやらやけになっているようだな。

彼にはカルシウムを取るように勧めたいところだ。

マジャポン:
エグゼのマサさんみたいなこというね兄者・・・。

ロクメガ:
微妙にバスターが当たらない!

マジャポン:
絶妙にブロック飛ばしてくるね。

ロクメガ:
ブロックマン撃破!

このBGMも久しぶりだ。

特殊武器ゲットの画面、中々凝ってるな。

マジャポン:
背景にスタッフのこだわりを感じるね。

ロクメガ:
特殊武器、ブロックドロッパーゲット!

今作では特殊武器の試し打ちができる。

早速やってみよう!

マジャポン:
この画面でロックマン動かせるってのが新鮮だね。

ロクメガ:
よく考えてみれば、

今までなかったのが不思議な要素だな。

マジャポン:
プレイしてみてどうだった兄者?

ロクメガ:
体験会の時にも言ったことだが、

ロックマン11は動かしているだけで面白い!

ダブルギアシステムも、

今まで培ってきた面白さに、

磨きをかける良システムであると言える!

オリジナルロックマンが持つ面白さに磨き込みをかけ、

正当な進化を果たしたと言えるだろう!

土屋Pも小田Dも「触ってみれば面白さが分かる!」

と豪語していた。今回じっくり触ってみて、

改めてそれを再認識することができた。

マジャポン:
製品版が楽しみ過ぎるね!

ロクメガ:
楽しみだな!

この動画で興味を持ってくれた人がいたら、

ぜひともプレイしてみてほしい。

少なくとも体験版の面白さについては、
このロクメガが保証します。

マジャポン:
そんな大口叩いて大丈夫なのん?

ロクメガ:
俺のゲーマーとしての感覚が
狂っていなければ間違いない!
大丈夫だ!

マジャポン:
売れるといいね!

ロクメガ:
心よりロックマン11の成功を願って!
動画を終わりたいと思います。

ご視聴ありがとうございました!
良いロックマンライフを~!