ロックアッパーが初登場したロックマン パワーバトルファイターズとは?

皆さんこんにちはロクメガです。

今回スマブラSPのロックマンが使う技、ロックアッパーを解説する動画を作ったわけですが、中々に懐かしい気持ちになったんで、色々語ってみようと思います。

ロックアッパー解説動画

ロックマン パワーバトルファイターズとは?

初代ロックマンのアーケードゲームは二つあります。

一つがロックマン ザ・パワーバトル。

もう一つがロックマン2 ザ・パワーファイターズです。

この二つはほぼ同じシステムを採用したゲームです。

長いこと家庭用で遊べる機会がなかったのですが、

現在はプレステ2用の作品としてカップリング移植がされていて、いつでも遊ぶことができます。

アーケードで遊んでから10年ほど経っての家庭用移植!

厳密にいえば、ネオジオポケットにも移植されていますが、こちらはそんなに知名度が高いとは言えないことでしょう。

パワーバトルではロックマン・ブルース、フォルテの3人から。

続編のパワーファイターズではこれにデューオを加えた4人から一人キャラクターを選んで、ボスと一対一で戦うという格闘ゲーム風のゲームなんですね。

このパワーファイターズというゲームでは、チャージショットを放つときに、上コマンドを入力しておくことで、それぞれ異なった必殺技が出せます。

この時に出せるロックマンの必殺技がロックアッパーと呼ばれるものです。

スポンサードリンク







北海道の田舎にもあったゲーム

私の動画を熱心に見てくださっている方なら、ご存知のことと思いますが私の地元は北海道です。

北海道の東の端っこの方で、人より牛の数の方が多いような所なのですが、そんなところにもこのゲームはやってきていたんですね。

今ではイオンとかの超大型デパートぐらいにしか、ゲームセンターを内包した施設ってありませんが、このゲームが出た当初は、2階建ての大型デパートならゲームセンターのコーナーも普通にあったんですね。

そんなもんだから100円握りしめて遊びに行って遊んでた記憶があったりします。

前述のようにそれから10年もの月日が流れてからPS2に移植されたわけですが、このころは初代ロックマンの新作など長らく出ていない時期で、こういう形でもロックマンの新しいゲームを買えたことが嬉しかったことを覚えています。

勿論今回の動画にも使わせてもらっています!

恐らくそう簡単に手放す人はいないのではないでしょうか?

手軽にロックマンが楽しめる!

とまぁこれじゃ単なる私の思い出話で終わってしまうので、少しばかり簡単に本作をレビューしてみようと思います。

まず本作は、カップリング異色なわけですが、ボスと一対一で戦って勝ち進んでいくだけのシンプルなゲームです。

よって本作の1週のプレイはそんなに長いものではありません。

基本はチャージ攻撃で戦いつつ、クリアしたら特殊武器をゲットし、アクションが増えていくという、ロックマンシリーズの特徴をそのまま踏襲したものです。

また、登場ボスが異なる三つのコースが用意されており、キャラ数(3または4)×3つのコースの組み合わせが楽しめるわけですね。

なので周回する楽しみが十二分にあると言えます。

エンディングもキャラクター別に用意されていますが、一人につき一個だけなので、コース別にあったらよかったという気がしなくもないです。

因みに本作に登場したデューオというキャラクターはロックマン8エイトが登場する直前の作品ということで8エイトでの出来事の後という設定のエンディングになります。

今ならクラコレ28エイトがプレイできます。

こちらがそのパワーバトル。私のプレイ動画になります!

短時間でロックマンを感じたいならおすすめの作品!

ロックマンシリーズはもともと短時間でもプレイできるゲームですが、本作はより短い時間で手軽にロックマンを楽しめる作品です。

そのため、空いた時間でちょっとロックマンを楽しもうっていう遊び方が向いていると言えます!

現在ではPS2でしか遊べないので、今でもPS2を起動できる環境がある方には是非とも遊んでほしいロックマンです!

何気にエンディングにも色々見どころがあるんで!

初代ロックマンシリーズ外伝作品はこの作品を含めほとんど最新機種で遊べないのが難点なので、そろそろスイッチあたりに移植してほしいなと思っております。

ロックマン バトル&チェイスはゲームアーカイブスでも出ているからいいんですが、この作品はそれさえないのが辛いところです。

というわけで今でも動くPS2を持っている方は是非とも「ロックマン パワーバトルファイターズ」をプレイしてみください!

失礼しました。どうやらPS3でアーカイブスでの配信が行われているとツイッターでご指摘を受けました。

なのでPS3をお持ちの方は、ゲームアーカイブスで探してみてもいいかもしれません!

というわけで今回はこの辺で!

スポンサードリンク