ロックマン30周年記念ハンドブックの海外のコメントにウルっと来ましたw

現在ロックマン11予約者向けのキャンペーンが行われています!

ずばり! ロックマン11発売記念ミニ色紙プレゼント!

カプコン直営アミューズメント施設に、ロックマン11を予約したことを証明するものを持って行くと、無料でゲット出来ちゃいます!

これを含めて、ロックマン応援店なるお店ではロックマン30周年+ロックマン11発売記念ハンドブックが無料配布されています!

これに書かれている海外からのコメントがですね。かなり熱いので!

動画にて紹介しておりますので、見ていってください!

ロックマン11ミニ色紙と、ハンドブック、そして海外のコメントについて

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:

こんにちはロクメガ(兄者)です。

マジャポン:
こんにちはマジャポン(弟者)です。

ロクメガ:
このチャンネルを見ている方々なら、
恐らくロックマン11を予約している
と思うが、

現在ロックマン11予約者向けの
キャンペーンが行われています!

マジャポン:
ロックマン11の非売品ミニ色紙が
もらえるってやつだよね!

ロクメガ:
そう!ロックマン11を予約した方々に
先着順でこのような色紙が
プレゼントされる。

マジャポン:
こういうの飾っておくと、
少しだけ部屋が華やかになるね!

ロクメガ:
華やかっていうかなんていうか・・・。
ロックマンファンにとって飾るには
最高のものだな。

マジャポン:
おいら予約してないから
もらえないけどさ。

ロクメガ:
予約しろよ・・・。

マジャポン:
お金ないんだもん・・・。

ロクメガ:
狸に金持ってるわけないか。

マジャポン:
シドイ。

ロクメガ:
この色紙は全国のカプコン直営
アミューズメント施設にて
もらうことができる。

マジャポン:
おいらたちは越谷レイクタウンの
カプコンカフェだったね。

ロクメガ:
ロックマンモチーフの食事が
できたところだな。

マジャポン:
思い出すねぇ。ロックマンの食事。

ロクメガ:
青色のロックマンの形をした
シーフードカレーを食べたな。

マジャポン:
凄い色だったよね・・・。

ロクメガ:
凄い色だったな・・・。

マジャポン:
因みに味はどうだったのん?

ロクメガ:
普通においしいシーフードカレーだったぞ。
本当に普通の味だったがな。

同行した青眼嫁くんは、
イエローデビルオムライスを
食べていたな。

ソースの味が物凄く
濃かったようだが。

マジャポン:
因みにおいらは
メットールバーガーでした。

でも値段の割には本当に普通の
味だったよね。

ロクメガ:
味を楽しむための場所じゃないからな。
ああいうのは見て楽しむものさ。

マジャポン:
そういうものなのかな?

ロクメガ:
ロックマンファンとしては
全てのメニューを味わっておきたかったが、
このころの俺の財布はかなり寒くてな。

一回しか食いに行けてないな。
コブンケーキとロールちゃんパフェ
だけでも口にしておきたかった。

マジャポン:
もう終わっちゃったからしかたないよ。
っていうか色紙から話脱線してるんだけど?

ロクメガ:
話を戻すか。

この色紙が予約者に先着順で
配布されることはもう言ったな。

予約している人で、まだこの色紙を
もらっていない人がいたら、

今すぐにカプコン直営の
アミューズメント施設へGOだ!

なくなり次第終了なんで、
当然早い者勝ちだ!

マジャポン:
カプコン直営アミューズメント
施設っていうけど、

それだけじゃどこで手に入るか、
わかりにくくね?

ロクメガ:
そうくると思ったので、
その店舗の一覧表をまとめた、

ロックマン公式サイトへの
リンクを概要欄に張っておくので、
気になる人は行ってみてください。

マジャポン:
あれ? 今回の動画これで終わり?

ロクメガ:
いや、もう一つある。
実は今回の色紙をもらった時に、

ロックマン30周年&
ロックマン11発売記念
オリジナルハンドブック

っていうのがフリーペーパーで
配布されていたので、
これについても語っておこう。

マジャポン:
歴代ロックマンが集合する
素敵なイラストが表紙なんだね!

ロクメガ:
流石にZXAの主人公や、
エールまでは描かれてなかったな。

マジャポン:
ZXのヴァンがいるから、
それはそれでいんじゃね?

ロクメガ:
何気にクロスオーバーの
OVER-1もいるぞ!

マジャポン:
カプコンさん、クロスオーバーを
忘れてたわけではないんだね!

因みにどんなことが書かれているの?

ロクメガ:
ボリュームが多すぎて全ては
紹介しきれないが、

主に初代ロックマンシリーズを
振り返るページや、

日本国内外のロックマンファンの
アンケートやお祝いメッセージが
載せられていた。

後半ではファミ通の雑誌に
掲載されていたロックマンの
記事が再掲載されていた。

さらに日本国内外のロックマンの
パッケージまで掲載されている。

非常にボリューミーな内容で、
30ページ近くにも及ぶものだった。

とてもフリーペーパーとは
思えない内容だ。

近いうちにもう一冊保存用に、
手に入れておきたいと思う。

マジャポン:
凄い力の入ったフリーペーパーだね。

ロクメガ:
俺の家の近くにある、
ロックマン応援店でも配布している。

マジャポン:
ロックマン応援店なんてあるの!?

ロクメガ:
あるぞ! これも概要欄にリンクを
張っておくので、気になる人は
見に行ってみてください。

マジャポン:
ロックマンのアンケートとか
お祝いメッセージとかが、
国外からも届くって素敵だね!

ロクメガ:
そうだな。ページ数が数が多いので
このフリーペーパーの全ては
紹介しきれないが、

アンケートの結果と
お祝いメッセージを二つずつぐらい
この場で紹介しておこう。

まずは、ロックマン11に
期待している要素についての
アンケートだ。

マジャポン:
ふむふむ

ロクメガ:
海外の人はロックマン11に
どのような期待をしているのか。

引用:
新しいロックマンがシリーズ恒例の
楽しい作品になり、

この素晴らしいシリーズを
新しいプレイヤーにも
知ってもらえることを願ってます!
(北アメリカの20代男性)

マジャポン:
お! 兄者みたいなこと
言ってる人いるね!

ロクメガ:
海外でも、自分達だけが喜ぶ
ゲームじゃなく、新たなファンを

掴んでほしいと願っている
ユーザーがいるってことなんだろうな。

海の向こうの同胞の存在に、
胸が打たれる思いだ。

マジャポン:
ほかにはどんな意見があったの?

ロクメガ:
そうだな。こんなのがあったな。

引用:
ロックマンロックマンの
いいところを伸ばした
新作が欲しい。

ロックマン9、10も好きでしたが、
伝統だけにとらわれない、
新たな進化を見たいです。
(北アメリカ20代男性)

マジャポン:
ロックマンの進化を望んでいる人、
海外にもいたんだね。

ロクメガ:
ロックマンていうと、
何かとFC要素・・・特に2の要素
に拘ってたり、

進化した新たなロックマンに
拒否反応を示すユーザーもいた。、

しかし、海外にもロックマンの真かを
望んでいるユーザーがいることが
分かってちょっと安心してる。

マジャポン:
そもそも兄者が言うFCに
拘ってる人達って、

ロックマンファンなんじゃなくて、
ロックマン2だけの信者なんじゃね?

ロックマン2が好きすぎて、
ロックマン2以外のロックマンを
ロックマンと認めたくない人っていうか・・・。

ロクメガ:
悲しいことではあるが、
そういうことなのかもしれないな。

FCシリーズもSFCシリーズも、
それぞれ違った面白さが
あるんだけどな。

ロクメガ:
ロックマンは別にFCだけの
シリーズじゃない。

FCシリーズで終わってほしいという
ファンがいるならそれはそれで
構わないが、

ロックマンのいいところが、
FC時代にしか存在しないなんて
思われるのは正直嫌だったしな。

マジャポン:
FC時代も、SFC時代も、PS・SS時代も、
PSPのロックマンロックマンも、

どのロックマンもいいところ
あるもんね。

ロクメガ:
そういうことだ。それじゃあ次に、
海外の方々のお祝いコメントを
紹介しようじゃないか。

中々感動的なコメントがあって、
思わず目が潤んでしまうものもあったぞ。

マジャポン:
ほうほう!

引用:
おかえりロックマン、
やっと帰ってきたね!

ゆっくりしていってよ、
じっくり遊ぼう。

そして来年もまた来てね。
その翌年も、その次の年も、
そのまた次の年も・・・!
(北アメリカ40台男性)

マジャポン:
物凄いロックマン愛が伝わってくる
コメントだね。

ロクメガ:
このコメントには非常に同感ではあるが、
毎年作ろうと思ったらスタッフが
過労死してしまうので、

少し期間を開けてじっくり
作ってほしいなと思う。

乱造というレベルでたくさん
作られたら、またブランドが
尻すぼみになる恐れもあるしな。

初代ロックマンだけじゃなく、
Xやエグゼシリーズなどの、
別のロックマン達も、

一緒に復活して、シリーズを
重ねられたらいいなと思う。

マジャポン:
色んなロックマンが出てくれたら、
確かにそれぞれのファンも
喜ぶだろうしね。

ロクメガ:
個人的には2年に一回くらいの
ペースで、新作がでるといいなと
思ってるよ。

それじゃあ次に行こう。
これも感動的なコメントだ。

引用:
ロックマン30周年おめでとう!
この30年間、ぼくたちと一緒に
冒険してくれてありがとう!
(南アメリカ30台男性)

マジャポン:
おお・・・本当に良いコメント。

ロクメガ:
俺達もロックマンに感謝しなければな。
一緒に冒険してくれたことを!

そしてそんなロックマンを
生み出してくれたAKさんにも感謝だ!

マジャポン:
またロックマンと冒険できるの、
楽しみになってきたよ。

ロクメガ:
それもあと一週間弱さ。
楽しみに待とうじゃないか。

マジャポン:
ところでさ、これ全部
アメリカの人のコメントだよね?

ロクメガ:
そりゃあ最もアクティブな
海外のロックマンファンといえば、
アメリカの人が多いだろうからな。

マジャポン:
ほかの国のコメントとかないの?

ロクメガ:
そうだな。いくつか紹介しよう。

引用:
昔ながらの手ごたえある難度、
楽しい武器、そして魅力的な
ステージデザインの融合に期待します。

どこでも楽しめるニンテンドー
スイッチ版クラシックスコレクション
が楽しみです!
(ヨーロッパ20代女性)

マジャポン:
この人は、
クラコレが楽しみな人なのかな?

ロクメガ:
この文章だけじゃクラコレの
ことを言っているように
聞こえるが、

多分言い回しがちょっと
おかしいだけだと思うぞ。

スイッチででるロックマン11と、
クラコレの両方が楽しみって
言ってるんだと思う。

マジャポン:
他には?

ロクメガ:
非常にわかりやすくこんなのがあったぞ。

引用:
Otanjoubi omedetou!
(ヨーロッパ20代男性)

マジャポン:
わざわざローマ字でメッセージを
送ってくれたんだ!

ロクメガ:
ヨーロッパの人もロックマンが、
日本発祥のコンテンツであることを、
ちゃんと理解してくれてるってことだな。

マジャポン:
本当に熱いコメントばかりだったね!

ロクメガ:
中にはロールちゃんを是非、
プレイアブルキャラクターに
してほしいというコメントの人もいたな。

マジャポン:
そういえばプレイアブル
キャラクターは今回は
ロックマンだけなのかな?

ロクメガ:
ロックマンロックマンで、
ロールちゃんやブルースを
使えたことから、

複数のプレイアブルがあることを
期待してしまっても、
仕方がないかもな。

ロールちゃんがプレイアブルで
使えるゲームは、格闘ゲームや
ロックマンロックマンではお馴染みだが、

ナンバリングタイトルでは
実現したことがない。

俺もちょっぴりだけ
期待しておくとしよう。

マジャポン:
何気にブルースやフォルテも
全然情報出て来てないしね。

ロクメガ:
まぁ、発売後に期待だな。

ここまで紹介した内容は、
このハンドブックの一部なので、
気になる人は手に取ってみてほしい!

マジャポン:
本当に盛りだくさんな
フリーペーパーだね。

ロクメガ:
ここまでがっつり内容があると、
フリーペーパーと言えど
大切にしたくなるな。

そういえばロックマンシリーズ年表
なるものもあったので、最後に
それを軽く紹介しておこう。

マジャポン:
お? いいね~!

ロクメガ:
年表はこんな感じになってる。

マジャポン:
初代ロックマン、ロックマンX
ロックマンDASH、ロックマンゼロ

ロクメガ:
ロックマンエグゼ、ロックマンゼクス、流星のロックマン。

そしてロックマン11・・・ん?

マジャポン:
どうしたん兄者?

ロクメガ:
気づかないか弟者。

マジャポン:
んーーーーーー?

ハッ!

ロクメガ・マジャポン
やっぱクロスオーバーが
ねえええええええええ!!