こんにちはロクメガです。

 

このブログを読んでくださっている方の中にはニンテンドーの携帯ゲーム機が一時期覇権を握っていた時代をご存知の方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

  • ゲームボーイアドバンスではロックマンエグゼを始めとした様々なソフトが発売され、
  • ゲームボーイアドバンスSP・ゲームボーイミクロと後継機種が出ました。
  • ニンテンドーDSでは脳トレブームに火が付き、
  • ニンテンドーDSi、lite、LL、3DSとでました。

 

ゲームボーイアドバンスSP

ゲームボーイアドバンスSP

 

ゲームボーイミクロ

ゲームボーイミクロ

 

DSのハードを活かしたゲームでも、

 

 

といった現代でも日常的に約に立つものが多々登場し、現在でもその需要を確固たるものとしています。

 

ニンテンドーDSlite

ニンテンドーDSlite

 

今回はそんなニンテンドー製携帯ハード全てを4種類まで同時に充電できるケーブルを見つけたので紹介したいと思います。

 

私は上で書いた全てのニンテンドー製携帯ハードをほとんど買いました。

 

買ってないのは多分2DSくらいです。

 

そうなってくると問題になってくるのは、充電ケーブルです。

 

ケーブルの差込口の形状は4種類あって、ハード側も4種類の差込口が分散しています。

 

任天堂

 

 

上から

 

  • ゲームボーイミクロ
  • ゲームボーイアドバンスSP
  • ニンテンドーDSi
  • ニンテンドーDSLL

 

となります。

 

充電ケーブルの差込口が4種類あるのがおわかりいただけることと思います。

 

これらを常に使える状態にしておこうとすると、ケーブル一本と対応ハードでコンセントを1つ専有します。

 

きちんと管理してないとどのケーブルをどこに置いたか簡単にわからなくなってしまいます。

 

私もたまに昔のハードを必要とするときがあるので、いい加減うんざりしていたのですが、探してみたらすでに作られていたわけです。

 

全ての任天堂製携帯ハードを充電できるケーブルを!

 

 

こんな感じになりますね。

 

この画像は箱を開封する前の状態になります。

 

というわけでUSBでパソコンに繋げ、4種類のケーブルを4つのマシンに接続してみました。

 

すると・・・。

 

充電

 

 

 

見事に全てのハードが同時に充電出来たではないですか!

 

この充電ケーブルは1000未満で買えるようですので、必要な方はぜひ買いましょう!

 

ちなみにPSPシリーズのものもあるようです。

 

というわけで、今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!