タグ:ダブルギアシステムの記事一覧

ロクメガブログ

タグ:ダブルギアシステム
「ロックマン11 運命の歯車!!」は期待していいのか?
「ロックマン11 運命の歯車!!」は期待していいのか?

最近はブログのネタが全部動画の制作に行ってしまっているロクメガです。

皆さんは第一、第三水曜日に放送されているカプコンTVをご存知でしょうか?

生放送のやつです。

その生放送でロックマン11の実機プレイが初公開されたので、それを元に今回は動画を作りました。

ロックマン11は期待していいゲームなのか?

ロックマンを知っている人も、知らないけど興味がわいた人。

いずれかの人であるならば、きっと気になっているはずです。

ロクメガなりに、その生放送でのロックマン11について語りました。

では、動画をご視聴ください!

「ロックマン11 運命の歯車!!」は、期待していいのか!?

スポンサードリンク







以下、下書きになります!

ロクメガ:
今回もボス名予想はちょっとお休み。

マジャポン:
またお休みすんのかよ。

ロクメガ:
あんまり再生数が、ゴホン。
じゃなくて、どうしても動画にしたいネタがあってな。

少しでもロックマン11を広めるために、
早い段階で動画を作っておきたい。

マジャポン:
なんか凄いネタを手に入れたの?

ロクメガ:
手に入れたというか、

前回動画を作り終えた直後、
カプコンTVの生放送があってな。

マジャポン:
第一、第三水曜日にやってるやつだよね。

ロクメガ:
うむ。その生放送で、
ロックマン11の実機プレイが
公開されてな。

それを見て革新した。
ロックマン11は期待していいと!

マジャポン:
じゃあ、今回はその理由をレポートするわけね。

ロクメガ:
そういうことだな。

本来ゲームのレビューとか
レポートなんてのは、

実際にプレイした上で述べるべきで、
今回俺がやろうとしていることは、

微妙に邪道ではあるが、
貶すためのものではないので、
その辺ご勘弁願えるとありがたい。

マジャポン:
まぁ。ロックマンの良さを
伝えるためっていうことなら
いいんじゃね?

ロクメガ:
因みにこの生放送で、
絶版になってた
R20+5ロックマンコンプリートワークス
の再販が発表されたぞ!

マジャポン:
それってすごいの?

ロクメガ:
密林じゃ1万5千円とかで、
取引されていて、
そろそろ買おうかな?
と思ってた矢先だった。

マジャポン:
ロックマンの絶版本って
クッソ高いよね。

ロクメガ:
有賀先生のロックマンマニアックスも
刊行当時の分厚い奴は、
一時期1万円とかで取引されていたからな。

30周年というタイミングで、
こういうのが復活してくれると
ファンとしては嬉しい!

マジャポン:
ところでさ、
そろそろ本題に入らね?

ロクメガ:
そうだな。ちょっと出だしが
長すぎたな。

じゃあ、まず本作の難易度から
話していこう。

スポンサードリンク







マジャポン:
ロックマンシリーズって、
8までは難易度調整がなくて、
9から実装されたんだよね。

ロクメガ:
うむ。しかしロックマン11の難易度は、
単純にイージーとかハードには
なっていない。

マジャポン:
ニューカマーモードとかって
あまり聞きなれない単語だよね。

ロクメガ:
ロックマン11には4段階の難易度が
設定されているが、ニューカマーモードは

今まででいうベリーイージー
モードになるな。
初めてプレイする人に向けた難易度だ。

マジャポン:
この難易度の名前が何か特別なの?

ロクメガ:
特別なんだ。
ある程度ゲームに
自信を持ってるユーザーは

いきなり高い難易度で
プレイを初めて。

途中で挫折してしまう場合がある。
しかし、難易度を下げて
プレイしようとなると、

イージーという名前に
引っ掛かりを覚えてしまうんだそうだ。

マジャポン:
海外のゲームとかだと、
イージーモードを選んだ瞬間に、

画面のキャラがおしゃぶりを
加える画像が出てきたりして、
絶妙に煽ってきたりすることあるよね。

ロクメガ:
さすがに日本のゲームメーカーで
そういうことをするのはあり得ないが、

そういうユーザーのプライドを
悪い意味で刺激するような名称は

なるべく使わないようにという
配慮がなされている。

だからニューカマーモード。
初めてロックマンをプレイするユーザーに、

ご新規さんいらっしゃい!
という風に歓迎するための
モードなんだ。

マジャポン:
まさにロックマンを
初めてプレイする人向けの
モードなんだね。

ロクメガ:
ファミコン時代のロックマンは
難易度的にはプレイヤーを突き放していて、

ついてこれる奴だけついてこいって
感じがあったからなぁ。

様々なゲームジャンルが跋扈している
現代において、

間口を広くするために工夫するのは
ある意味当然だと言える。

その工夫が、イージーやハードという
直接的な表現を避けた
モード名になっているんだ。

マジャポン:
因みに兄者はどこから
プレイするつもりなの?

ロクメガ:
ノーマルモードに相当する、
オリジナルスペックモードから
始めるつもりだぞ!

マジャポン:
エキスパートじゃないんだ?

ロクメガ:
ロックマン10のハードには
苦労させられたからな・・・。

特にワイリーステージ2の
おぞましい敵配置は、
思い出すだけで頭痛を起こしかねん。

マジャポン:
そんなレベルなの!?

ロクメガ:
だからまずは、
現役ユーザー向けのモードから
始めることにするさ。

マジャポン:
ちなみに、ニューカマーモードって、
具体的にどう初心者向けなのかな?

ロクメガ:
これについては実際に生放送で
詳細が明らかになったぞ!

まず、落下死という概念がない。

マジャポン:
それぬるすぎじゃね?

ロクメガ:
ご新規さん向けだから
別にいいと思う。

マジャポン:
穴が全部ふさがっているとか?

ロクメガ:
いや、救助用サポートメカである、
ビートが使用回数無制限で助けてくれるんだ。

マジャポン:
何度穴に落ちても無限に
助けてくれると?

ロクメガ:
そういうことだな。

また本作で登場した、
ダブルギアシステムだが、

このシステムは難易度別に、
ゲージの減りやすさ、回復しやすさが
個別に設定されている。

スポンサードリンク







ニューカマーモードだと、
ギアの発動時間が長く、
再び利用するときのゲージの回復も
早いんだ。

マジャポン:
ふむふむ

ロクメガ:
また、PS以降のロックマンには、
高速連射機能があったが、

このゲームでは
ニューカマーモード専用に
なっているようだ。

マジャポン:
まぁ、これまでのロックマンは
何度も再販を重ねているから、

そういう機能は簡単なモード用でも
構わないかもね。

ロクメガ:
これまでニューカマーモードについて
触れたが、一度難しいモードでクリアした
ユーザーでも、

高速連射でサクサク楽しみたいって
ユーザーもプレイする価値があるかもな。

クラコレとかで高速連射が当たり前になっている
ユーザーもいるかもしれないし。

マジャポン:
慣れるとなかなか手放せないんだよね。

マジャポン:
こうしてみると、
難易度設定一つとっても、

初心者から上級者のことまで、
考えて作られていることがわかるね。

ロクメガ:
生放送プレイ中は何度も
スピードギアを使っていたが、

そもそもダブルギアシステムを
使う使わないという自由度もある。

マジャポン:
ということは?

ロクメガ:
4段階の難易度に加えて、
このシステムを使うか使わないかで、

さらに4段階に難易度が
変わるといってもいいだろう。

マジャポン:
事実上8つの難易度が
あるってわけか!

ロクメガ:
実際にダブルギアシステムを
使わなくてもクリアできるように、

調整されているか
どうかまではわからないが、

プレイヤーごとに自由に
難易度調整できるゲーム
といっても過言ではないだろう。

マジャポン:
8段階も難易度調整なんて、
格闘ゲームのCPUくらいの
ものだと思ってたよ。

ロクメガ:
因みに難易度ごとに
エンディングが違うという
ようなこともない。

マジャポン:
そういうところも平等なんだね!

ロクメガ:
俺としては、上級モードクリアの
ご褒美か何かが欲しいなと思うところだが、

そういうのはアクション慣れしている
側の言い分だしな。

一人でも多くの人が、
ロックマンの面白さを
体験できるようにするには、

こういう不平等感をなくすことも
大事なのかもしれないな。

マジャポン:
ここまでずいぶん
難易度の話してるけどさ。
難易度以外で期待できると
思ったことってないの?

ロクメガ:
もちろんあるぞ!
まず、ラッシュコイルは
1ボタンで呼び出せるようになった。

マジャポン:
そういえば見慣れている
ロックマンのライフメーター以外に、
もう一つ赤いメーターがあるね。

ロクメガ:
いうまでもなく特殊武器のメーターだが、
今作ではこれが常に表示されていて、

プレステシリーズでいう△ボタン一つで、
ラッシュを呼び出せるようになっている。

マジャポン:
なるほど細かなところが
進化しているんだね。

ロクメガ:
今まではLRボタンか、
スタートメニューからしか
呼び出せなかったからな。

特にロックマン7は特殊武器は
LRで選択できるのに、

ラッシュ関連のみスタートメニューからしか
呼び出せないのが地味にストレスだった。

マジャポン:
まぁ、コイルにサーチ、ジェットに合体と
4種類もあるわけだから、
仕方なかったのかもね。

スポンサードリンク







ロクメガ:
因みに俺が
ロックマン11に期待できると
思った最大の理由は、
今作でのロックマンの挙動だ。

マジャポン:
重要なところだよね。
キャラの挙動。

ロクメガ:
ロックマンの挙動は1の時点で
完成されすぎていて、

ロックマン8みたいに
書き込みを多くするだけでは、

従来作品よりモタモタしている
ように感じてしまう。

開発陣はロックマンを
どう進化させるべきかについて
かなり悩んでいるようだったが、

元々の完成度が高すぎるせいで
進化させるのが難しいというのは
なんとも皮肉な話だ。

マジャポン:
確かに8のワイリー戦とかで、
挙動のモタモタ感は顕著に
感じたなぁ。

何度も細かくジャンプしなきゃ
ならないのに、

着地とジャンプのタイミングが
合わないんだよね。

ロクメガ:
そういった8ビット時代の
操作性と

最新グラフィックの
完全な融合は
中々難しかったようだ。

しかし、公式が配信している
ゲームの作り方や、
実際のプレイ動画を見ればわかる通り、

ファミコン時代の挙動と、
最新グラフィックは
ほぼ完全に融合しているといえる。

マジャポン:
プレイしていないのに
そこまでわかるものなの?

ロクメガ:
生放送プレイ中に
コンベアと落下ブロックで
構成された場所があったんだが、

そこを突破するのに
何度も落ちては挑戦を繰り返していた
ところがあったんだ。

そこを見ているうちに、
ロックマンの挙動が

ファミコン時代の挙動と
ダブって見えたんだ。

マジャポン:
気のせいじゃね?
とりあえず眼科行こうか?

ロクメガ:
お前言ってること何気にひでぇな!

確かに自分でプレイしたわけではない以上、
どうしても曖昧な感じになるが、

ジャンプを繰り返すところを
見ていたら、

ロックマン8とも7とも
違う、まさにFC時代の挙動の

最新ロックマンであることが
はっきり伝わってきたんだ。

古臭いほうがロックマンらしい
っていう考えもあるようだが、

挙動だけでいえば、
その期待にも十分応えることは、
できていると思う。

ダブルギアシステムを封印プレイなら、
FC時代の挙動のままのロックマンも
楽しめる。

スポンサードリンク







ロックマン11は想像以上に
新旧すべてのユーザーが、
楽しめるように作られていることは
間違いない!

マジャポン:
期待してもよさそうだね!
いつものジンクスはいい意味で
働いているみたいだし。

あ、いつものジンクスというのは、
兄者が期待して買った最新ゲームは
大抵良作で、

逆に何となく買うのを辞めたゲームは
評価が低いというジンクスです。

ゲームの出来を勘だけで察知する
能力が兄者にはあるんだと
弟者は思ってます。

ロクメガ:
正直外れてくれているほうが
嬉しく感じるときもあるんだがな・・・。

ポケモンだって、それが原因で
止めちゃったくらいだし。

とまぁ、俺の口から視聴者様に
伝えられるのはこんなところかな?

マジャポン:
ダブルギアシステム有り無しによる
事実上8段階の難易度。
旧作プレイヤーも納得できる
ロックマンの挙動。

その他細々とした進化。

ロクメガ:
地味にバスターが
壁を貫通するところも
見逃せないな。

マジャポン:
Xシリーズは5以降
そこ変えちゃったから、

プレイ感覚が違うものに
なっちゃったんだよね。

ロクメガ:
変えてはいけない
部分を変えずに残す。

ブラッシュアップできるところは
大胆に進化させる。

細かいところまで
しっかり配慮されているのが
伝わってきたよ。

ロクメガ:
ロックマン初めての人も、
現役のロックマンユーザーも、
手に取ってほしい作品だと思う。

ロックマン11の成功を祈って、
今回の動画はここまでとしたいと
思います。

よいロックマンライフを~!

マジャポン:
よいロックマンライフを~!

スポンサードリンク







我々はすでにダブルギアシステムを使ったことがあるかもしれない説
我々はすでにダブルギアシステムを使ったことがあるかもしれない説

今回は、ネタに突っ走ったネタ動画です。

ロックマンクラコレのあの機能、実はダブルギアシステムの前身だったのでは?

などという思い付きで作りましたw

楽しんでってください!

我々プレイヤーはすでにダブルギアシステムを使ったことがあるかもしれない説(ゆっくり雑談・実況)

スポンサードリンク







以下、いつもの下書きになります!

ロクメガ:スマッシュブラザーズ最新作、スマブラスペシャルにロックマンの続投が決定したぞ!

マジャポン:パチパチパチパチ!

ロクメガ:しかも今回の最後の切り札には、フォルテとブルースも加わっているそうだ。

マジャポン:ブルースはともかくフォルテが加わるってなんか微妙な気分だね。

ロクメガ:フォルテの立ち位置も敵なのか見方なのか、公式も扱いに困ってる感があるからな。

11でどういう扱いになるのか気になるね。

ロクメガ:ガンヴォルト3も現在開発中で、その間にアキュラの物語、白き鋼鉄のXを挟むのだそうだ。

マジャポン:ガンヴォルトシリーズもこれで4作目まで出ることはほぼ確定って感じだね。

ロクメガ:ガンヴォルトのオフィシャルコンプリートワークスも発売が近づいている。

今年はロックマンといいガンヴォルトといい、2Dアクション好きにはたまらない一年になりそうだぜ!

ロクメガ:ついでにバイオハザード2のリメイクも決定だ。

マジャポン:このチャンネルではあんまり関連のないシリーズだけど、

モンハンワールドといい、ロックマン復活といい、カプコンさん風に乗ってるねぇ~!

ロクメガ:ついでにこのチャンネルの登録者が100人になった!

マジャポン:パチパチパチ!

マジャポン:突然一日で50人とか増えだしたりしたからびっくりしたよね。

ロクメガ:ん~軽く「ロックマン ゆっくり雑談」でyoutubeを検索してみたんだけど、

どうやらロックマンネタでゆっくり雑談作ってる人ほかにいないみたいだな。

なんか一つだけ5桁いってる動画とかあるし。

マジャポン:ポケモンや遊戯王ならいろんな人がこのタイプの動画作ってるけど、

ロックマンは雑談より実況の方がたくさん、っていうか実況しかない感じだよね。

そういう意味じゃ、多少は独自性があったってことかもしれないね。

ロクメガ:正直ロックマンでゆっくり雑談とか需要あるんかな? とか思ってたから、

かなり予想外でびっくりしてる。

なんにせよありがたい。今後も継続していくぜ!

マジャポン:んで、近況報告はいいけど、今回はどういう話?

ロクメガ:うむ。最近ふと思ったんだが、我々プレイヤーはすでにダブルギアシステムを使ったことがあるのではないかね?

マジャポン:はぁ?

いやあるわけないじゃん! まだ11発売まで4か月あるんだし、そんなわけないない!

ロクメガ:ロックマン11でスピードギアってあったろ? 全ての挙動が処理落ちしたみたいに遅くなるやつ。

マジャポン:うん。それで?

ロクメガ:この能力と実に似たものを、俺たちプレイヤーは使ったことあるんじゃないかと思ったんだ。

マジャポン:どういう意味なの?

ロクメガ:よし、それじゃあ、証拠を見せようじゃないか

マジャポン:お、おう

「ロックマン11 運命の歯車!!」のダブルギアシステムについていろいろ予想してみよう!
「ロックマン11 運命の歯車!!」のダブルギアシステムについていろいろ予想してみよう!

公式PVで発表されたロックマン11の新システム、ダブルギアシステムについていろいろ語ってみようという動画です。

こういうのは今のうちにしか楽しむことはできないので、いろいろ妄想が捗りますわ!

スポンサードリンク







以下下書き

ロクメガ:ロックマン11の新システム、ダブルギアシステムについて予想してみよう。

マジャポン:いきなりどうしたの兄者?

今回はいきなりだね。

シャンティ1/2ヒーロープレイしなくていいのん?

ロクメガ:すでに、ノーマルモードはプレイし終わっているからな。

動画制作の準備は万全だ。

マジャポン:んで、まだ全然情報出て来てないけど、今からダブルギアシステムの予想とかするの?

ロクメガ:甘いぞ弟者。

名前やPVで判明した部分をいろいろ予想して楽しむのは、

ゲーム発売前の醍醐味だ!

あのFF15だって、発売前が一番楽しい時期だったそうだからな。

マジャポン:それって発売したあとは楽しくなかったように聞こえるけど?

FF15ってぶっちゃけどうだったの?

ロクメガ:俺はFF15をプレイしたわけじゃないから、偉そうにゲーム内容についてはこれといって言えることはない。

一つだけ言えることがあるとすれば、

カップ麺エンドは最高に笑えたということだけだ。

マジャポン:ああ、あれは最高だったねw

ロクメガ:発売から一年ほどして、何となく気になって調べてみたらそんな動画を見つけてしまったから、

俺の中でFF15といえばカップ麺になってしまった。

マジャポン:プレイした人はガッカリ来たかもしれないけどね。

ロクメガ:というわけで、ダブルギアシステムについていろいろ考えてみようと思う。

マジャポン:スイッチ版のクラコレのゆっくり実況とか作らないの?

ロクメガ:それらを今やり始めたら確実にXアニバーサリーや、

ロックマン11発売までに間に合わないからな。

今はやめておく。

マジャポン:ふ~ん。そういえば、ロックマン30周年記念ライブのチケット、

昼の部はもう完売だってさ。

ロクメガ:マジで!? 昼に行きたかったのに・・・。

マジャポン:早く買っておかないからこうなるんだって、

ソフト化の予定とかないんだからさ。

ロクメガ:5月は色々苦しかったんだ・・・

っていい加減、話を戻そうぜ。

マジャポン:うい!

で、今の段階でダブルギアシステムについて

考えてみようって言っても、

狸の頭じゃ大したことが思い浮かばないんだよね。

ロクメガ:何も思いつかないか?

マジャポン:いや、まぁ、思いつかないことはないんだけど、違うかもなぁ、って感じ。

ロクメガ:まぁ、そういわず言ってみろ。

後で、びっくりドンキー奢ってやるから。

マジャポン:う~んっとね、特殊武器が全部チャージショット可能・・・とかかな?

ロックバスターを超える攻撃力、みたいな宣伝されてたから、

そんな感じのものじゃないかなぁって思ってさ。

ロクメガ:それじゃあ、エックスシリーズと何も変わんなくね?

マジャポン:うん、そんな気がする。でも狸の頭じゃそれが限界だよ。

ロクメガ:馬鹿野郎弟者! 限界を自分で設定するな!

お前は狸かもしれないが、自分で考える頭は持っているはずだ!

諦めてはいけない! お前はやればできる子だ!

マジャポン:なんで、いきなり熱血入ってんの!?

兄者そんなキャラじゃなくね?

っていうか、その馬鹿っぽいキャラでそんなこと言われても・・・。

ロクメガ:確かに、そういえなくもない。

マジャポン:ちなみに兄者はどう思ってるん?

ダブルギアシステムがどんなのかってさ。

ロクメガ:俺もちゃんと考えがあるぞ!

ダブルギアシステムは、俺が思うに、

ボスを倒すことで得られる、
特殊武器とは別のものなのだと思う。

マジャポン:どういうこと?

ロクメガ:ダブルギアってその名の通り、二つの歯車ってことだからな。

一つが特殊武器だとしたら、

もう一つが特殊武器とは別の新システムであるといえなくはないか?

マジャポン:んんん? ってことは、武器トレースシステムは、

ワイリーの発案だった可能性があるってこと?

ロクメガ:そういう可能性もあり得そうだな。

武器トレースによる、特殊武器のゲット、

それにプラスされ、体にも負担をかけるもう一つのシステム。

ワイリーもロボットに愛情を注いでいることに間違いはないが、

その可能性を追求しようとしたワイリーと、

その追求をするべきではないとするライト博士という構図になり、

これが原因で二人が袂を分かつというのが

今回のお話において重要な部分になるかと思う。

マジャポン:なかなかに熱い展開だね。

ロクメガ:当然ながらダブルギアシステムに関する設定は後付けだろうが、

ワイリーがライト博士を超えるっていう目標が

このころから存在していたものと考えると、

なかなか深いものを感じる気がする。

話は若干変わるが、ロックマン11の制作において、土屋Pと小田Dは、

引用:キャラデザインは変えてはいけない部分を押さえつつ、現代的なリファインも求められる…。

と結論していることから、この現代的なリファインというのが、この新システムなんだろう。

ロクメガ:まぁ、なんだかんだでいろいろ予想してみたが、

発売が楽しみだな

マジャポン:そうだね。

このシステムの詳細も気になって仕方ないね。

ロクメガ:第三PVが公開されることはあるのだろうか?

マジャポン:あと一回くらいはあると思う。

ロクメガ:とりあえず、今のうちにいろいろ予想して、

楽しんでおこう

マジャポン:そうだね!

「ロックマン11 運命の歯車!!」の特典がなんか凄い件!
「ロックマン11 運命の歯車!!」の特典がなんか凄い件!

皆さんこんにちは、ロクメガです。

ロックマン11の第2PVが発表されていらい、少しずつ書いてきたロックマン11記事にかなりのアクセスが来ております!

それだけロックマン11で検索する人がいて、それだけロックマン11を待ち望んでいる人がいるのだと思うと、大変うれしい気持ちになります。

ファンの期待に答えるかのように、今作には今までのどのロックマンよりも多めの特典がついてます。

しかしこれを特典で釣る気という人も一定数いるのかもしれません。

別に特典がついてない通常版だけを買う選択肢もあるので、あまり気にする必要はないと思いますがね。

どんな特典がついてくるのかは、動画にて。

「ロックマン11 運命の歯車!!」の特典がなんかすごい件!

スポンサードリンク







以下下書きになります。

読み物として読みたい方はどうぞ。

ロクメガ:ついにロックマン11 運命の歯車!! の発売日が判明したぞ!

マジャポン:パチパチパチパチ!!

ロクメガ:去年十二月に11の発表と、ロックマンユニティのインタビュー

「ロックマンが再始動するまで 完全版」を読んで以来のワクワクを感じている!

マジャポン:ロックマンが復活するってだけでワクワクするよね!

ロクメガ:ロックマンの新作が出るたびにワクワクしていた気持ち。

それを今になって感じることができるのは

やっぱりうれしいものがある。

マジャポン:胸が躍るよね。

ロクメガ:さて、Eカプコンでも始まった、ロックマン11だが、

問題はどのロックマン11を買うか!

マジャポン:ロックマン11はロックマン11でしょ!

ロクメガ:その通りだが、俺が言っているのは、

特典のことだ!

マジャポン:あ~なるほど~。

ロクメガ:いや。公式が用意しているロックマン11の特典だけでも二種類ある!

まずコレクターズパッケージだ!

攻略に役立つスターターガイドブックに、
A1の大型布ポスター

ニンテンドースイッチ版では、
今作使用のロックマンのアミーボもついてくる。

マジャポン:なんか一昔前のゲームより特典が凄いような・・・。

3DSのガンヴォルトのストライカーパックだって、

ドラマCDとイラスト集だったよね

A1の布ポスターとか聞いたことないよ!

ロクメガ:ロックマンのアミーボだって、

スマブラ時代の頃のやつは入手困難になっているから、

これを機に欲しいってユーザーもいるかもしれないな。

ちなみにアミーボは後に一般販売も予定している。

マジャポン:例によって箱から出してないよね? 兄者のロックマンアミーボ

スポンサードリンク







ロクメガ:正直、ゲーム的にはそれほど必要性を感じないからなぁ。

50以上のステージが遊べるったって、

新規ボスやステージがあるわけじゃなく、

ガンヴォルトのショベルナイトみたいに、

攻略したら新しい装備がつけれるとかでもない。

普通に何週もステージ攻略するのが、

俺の症にはあってるから、

ミニフィギュアとして、箱ごと飾って眺めて楽しみたい。

マジャポン:いつか高く売れるかもね。

ロクメガ:脱線したが話を戻そう。

さらにカプコンさんが用意しているのは、

これに輪をかけて特典がついてくるバージョン、

コンプリートエディションなるものがついてくる!

マジャポン:さっきのが布ポスターとアミーボとスターターガイドブックだったよね。

まだ特典ついてくるの?

ロクメガ:うむ。

まず64ページにも及ぶ、プロダクションノート!

マジャポン:何それ?

ロクメガ:詳細はわからん。だが気になる。

マジャポン:ほかは?

ロクメガ:アニバーサリーアクリルキーホルダー!

マジャポン:兄者キーホルダーなんて使うのん?

ロクメガ:今家の鍵とバイクの鍵をまとめているキーホルダーを

こっちにしたいなぁ・・・とか思ってるよ。

マジャポン:どんな形?

ロクメガ:ロックマンユニティのマークの形そのまんまだな。

マジャポン:それ・・・ちょっと不気味じゃね?

ロクメガ:言われてみれば。

次の特典だが、

マジャポン:まだあるの!?

ロクメガ:あるぞ!

クリアソフビ貯金箱!

マジャポン:ちょ、貯金箱?

ロクメガ:貯金箱だ。

マジャポン:ゲームの特典で貯金箱って初めて聞いたよ。

ロクメガ:俺もだ。形はもろに、

ロックマンの1アップだ!

マジャポン:不気味だ!

ロクメガ:俺も正直、E缶型貯金箱でもよかったんじゃ・・・とおか思ったが、

この際突っ込むまい。

あとは、セル画風ポストカード4種類!

マジャポン:多いね。特典。

ロクメガ:さらにこれらを全部収める、専用ボックス付きだ。

マジャポン:多すぎじゃね?

ロクメガ:うむ、正直豪華すぎて驚いている。

俺も特典付きゲームをいくつか買ったことがあるが、

今までで一番豪華に感じたのは、組み立て時計がついてくるだったな。

マジャポン:また奇抜な・・・。

スポンサードリンク







ロクメガ:まぁ、フィギュアだのなんだの色んなものが最近は特典としてついてくるのが当たり前になっているから、

それ自体は別に構わんのだがな。

ちなみに実際の買ったことはないが、

特典の内容が豪華すぎて、21万円とかいうのなら知ってる。

マジャポン:何がついてきたんだよ!?

ロクメガ:金属製のしおりだの、作中に登場するものと同じ形のモデルガンだの、実際に使用したゲームの素材だの、コンパニオンが着用していた衣装だの、が入っているようだ。

マジャポン:ゲームの特典にするものじゃないような・・・。

ロクメガ:イベント招待チラシに、その招待券、クリーチャーの残骸模型だの、体液だの・・・

マジャポン:体液!?

ロクメガ:中身が全く想像つかんな。話を戻そう。

マジャポン:ロックマン11の特典、気合入りまくりだね。

ロクメガ:アミーボをDLC商法の亜種だとかいって嫌う人間や、得点で釣る気満々とか言い出しそうな人もいるかもしれないが、

ロックマンブランド復活のためにお布施する機会だと思えば抵抗はない。

今までお布施したくても、ゲーム面ではなかなかお布施する機会なかったからな。

っていうか、お布施がどうのこうのとか考えずとも普通に欲しい!

マジャポン:わかる気がする。

ちなみに早期予約特典として、「ワイリーナンバーズ・ステージ楽曲 アレンジバージョン」がついてくる。

マジャポン:まさに特典の嵐!

ロクメガ:まぁ、ここまではお金を出せば手に入るのだが、問題はショップの限定品だ。

マジャポン:コンプリート難易度が恐ろしく高くなるやつだよね。

ロクメガ:うむ。

ガンヴォルトの時だって、店舗特典別にタペストリーだとか、クリアファイルだとか、アクリルマルチスタンドだとかいっぱいあったけど、

さすがに全部手に入れるためにソフトを手に入れるわけにもいかないから、妥協せざるを得ないんだよな・・・。

特にガンヴォルトの特性オリジナルポーチは欲しかった。

ポーチの存在を知ったのが買った後だったから、激しく後悔したんだよな。

マジャポン:それらもコンプリートエディションとかにしてくれればいいのにね。

ちなみにロックマン11ではどんな店舗特典がついてるの?

ロクメガ:アニメイトじゃ2L判ブロマイド

アマゾンじゃデジタル壁紙にメタルキーホルダー

あみあみでは缶バッヂとパスケース

いまじんWEBショップではスタンドつきデカ缶バッヂ

ジョーシンはデジタル壁紙

楽天ブックスではステッカー

WonderGOOではコインケース

というラインナップだ。

マジャポン:実用性重視のものから、そうでないものまで幅広いね。

ロクメガ:コインケースとパスケースが欲しい俺はどうすれば・・・。

マジャポン:両方買うしかないんじゃね?

ロクメガ:両方買ったらさらに特典が付いてこないかな~?

マジャポン:特典に特典つけてるようなもんじゃんそれ。

ロクメガ:うん、まぁ、そんな感じかもな。

ちなみに今後ロックマン11との連動企画もスタートするそうだ。

マジャポン:今年は本当にロックマン盛りだくさんだね!

ロクメガ:ロックマン復活のために、もっともっと盛り上がってほしい!

マジャポン:今後もロックマンを応援していくぜ!

ロクメガ:おうよ!

スポンサードリンク