タグ:ヒューズマンの記事一覧

ロクメガブログ

ロックマン11のボスラッシュ戦のBGMの変化はワールド4以来2回目!
ロックマン11のボスラッシュ戦のBGMの変化はワールド4以来2回目!

皆さんこんにちはロクメガです!

今回はワイリーステージ3ですが、驚くべきことにボスラッシュのみだったりします!

これまでロックマンシリーズのナンバリングタイトルでは最低でも3つは普通のステージで、最後にボスラッシュ→ワイリーという順番だったのですが、今回は第三ステージ丸ごとボスラッシュというのは初めての事態です。

やっぱりあれかな? 時間と予算が足りなかったのかな?

因みに今回のボスラッシュでは、ワイリーボスのBGMが使われていますが、この演出はゲームボーイのロックマンワールド4以来、物凄く久しぶりのことです!

というのもロックマンワールド4でも、ワイリーボスのBGMがボスラッシュで使われていたんですね。

ロックマン11はかつてのロックマンシリーズのいいとこどりをしていると何度か言っていますが、ゲームボーイからも取り入れているとは思いませんでしたw

というわけで今回の動画になります!

ロックマン11 ワイリーステージ3(ゆっくり実況)

ロックマン11 ワイリーステージ3(無実況)

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:
こんにちはロクメガです。

マジャポン:
こんにちはマジャポンです。

ロクメガ:
ワイリーステージ三番目!

始めていこう!

マジャポン:
今回のは何が待ち受けているのかな?

ロクメガ:
なんの変哲もないな。

マジャポン:
ただ進むだけって感じだね。

お? もうボスか?

ロクメガ:
ボスっていうより・・・

マジャポン:
ボスラッシュか!

ロクメガ:
今回はずいぶん早いな。まぁいい。

蹴散らして呉れよう!

マジャポン:
いきなりギアで攻めるか。

ロクメガ:
速攻でケリをつけたいところだ。

マジャポン:
スピードギア使うと安定してかわせるね。

ロクメガ:
ブラストマン相手だと回避のためにギア使いたくなる。

マジャポン:
チェインブラストが引っ付いてくる。

ロクメガ:
これの回避の仕方が微妙にわからないんだよな。

マジャポン:
今みたいな感じじゃね?

ロクメガ:
これが正しい解法なのか?

ならばこっちは弱点武器だ!

続けて隣に行こう!

今回のボスラッシュには理由がないんだろうか?

マジャポン:
え? どういうこと?

ロクメガ:
イレギュラーハンターXではボスラッシュのボスは、

オリジナルのデッドコピーという設定があったんだが、

どうにも素で挑んできているようでな。

何となく気になった。

マジャポン:
そういえばそんな設定だったね。

初撃破の時よりは回避できてるね。

ロクメガ:
上達してるってことなんだろうな。

特殊武器で対抗する!

マジャポン:
トーチマンの弱点は?

ロクメガ:
ツンドラストーム

うげっ! 怯みもしない。

マジャポン:
やっぱりトーチマンは強かった!

ロクメガ:
特殊武器使いなれてないのは痛いな・・・。

マジャポン:
ここの歯車は回ってないね。

ロクメガ:
氷ボスだしな。それにしても芸が細かい。

このゲーム細かい部分一つ一つ、

本当にしっかり作られているな。

マジャポン:
それはともかくさ、ライフ結構少なくない?

ロクメガ:
さっきのトーチマン戦が響いてるな。

ダメージを抑えて回復していければいいが。

スクランブルサンダーで一気に削りきる!

マジャポン:
ライフやばいね・・・。

ロクメガ:
一ティウンは覚悟せざるを得んな。

あの時はスピードギアでやられたが、

今回はノーティウンで倒したい!

マジャポン:
上手くいくかな?

ロクメガ:
来たな!

マジャポン:
避けきれるかな?

ロクメガ:
くっそまたかよ!

マジャポン:
ヒューズマン、派手なだけじゃなく強いね。

ロクメガ:
リ・ベ~~ンジ!

マジャポン:
慎重に戦うね。

ロクメガ:
正直コイツ相手だとカッコ悪い気がする。

マジャポン:
トーチマン相手には使いまくってたのに?

ロクメガ:
彼は拳法家であり、最強のボスだから仕方ない。

マジャポン:
スピード使うとやっぱ削れるね。

ロクメガ:
彼の弱点はバウンスボール!

攻撃が止んだら攻める!

マジャポン:
スクランブルサンダーがかき消されとる!

ロクメガ:
ゴムは電気を通さないからな。

そこから弱点として設定されたんだろう。

ワンピースでそのことを学んだ人も多いだろうな。

マジャポン:
折り返し地点!

ロクメガ:
残り4体!

何がホッピングだ!

突きさして破裂させてやるわ!

マジャポン:
そういえば弱点武器当てたときのリアクション、

ラバーマンにしかなかったね。

ロクメガ:
アシッドマンもバリアが破壊された時だけ、

リアクションしていたな。

マジャポン:
この二人だけ謎の優遇を受けているのか?

ロクメガ:
まぁ、製作の裏事情を考えるなら、

時間足りなくてリアクションつけられなかったんだろうな。

だとしたらこのステージの短さも、理解できなくはない

マジャポン:
ネット上でもボリューム不足って声よく聞くしね。

ロクメガ:
職人芸的作り込みの細かさなので、あんまり気にはならないがな。

さぁ次はどいつだ!

マジャポン:
残り3体!

ロクメガ:
どうでもいいがこのBGMを俺は結構気に入っている。

マジャポン:
そういえば、ボスラッシュでもこのBGMなんだね。

ロクメガ:
ここでボスラッシュってことは、

ほかにワイリーマシンはなさそうだし、

聞ける機会がたった2回になってしまうからな。

因みにボスラッシュの時と、通常のボス戦で、

BGMが異なるのはRMW4以来二度目だったりする。

マジャポン:
GBのロックマンから取り入れた演出もあるとは!

ロクメガ:
あと今作のボスの体力が妙に柔らかいのは、

GBRMシリーズのボスの体力が、19メモリしかなかったことを

参考にしたのではないかと思っている。

マジャポン:
マジで参考にしたのかな?

ロクメガ:
チャージショットが存在するロックマンシリーズは、

ボスの無敵時間の長さが顕著だったからな。

バランスのために柔らかめに調整したとしても、不思議ではない。

マジャポン:
パイルマンの弱点、アシッドバリアなんだ。

ロクメガ:
バリアとして使ってはいないがな。

潔い!

マジャポン:
確かに!

ロクメガ:
こんなところで何を研究するというのか?

マジャポン:
突っ込んじゃいけないんじゃね?

ロクメガ:
非常にどうでもいいが、アシッドマンはかつて弁護士だったことがある。

マジャポン:
何を言ってるんだ!?

ロクメガ:
というのもアシッドマンの声優である、鳥海 浩輔さんは、

逆転裁判の主人公、成歩堂龍一を担当したことがあるんだよ。

マジャポン:
へ~~それは知らなかった。

ロクメガ:
もっとも鳥海さんが出演したのは格ゲーでだがな。

マジャポン:
逆転裁判じゃないんかい!

ロクメガ:
さらにどうでもいいがそのゲームでの成歩堂の最強必殺技は、

本当にどのキャラクターよりも強い最強の必殺技だったりする。

マジャポン:
弁護士が格ゲーに出演して必殺技が最強って、

もうわけわかんねーな。

ロクメガ:
その分発動に非常に面倒な条件が課せられているがな。

その格ゲーにはゼロとトロンも出演しているので、

動画作る際は成歩堂も使おうと思うぞ。

今なら、弁護士止めて研究員やってますって、

ネタにできそうだしな。

マジャポン:
すんげ~どうでもいい情報だったね・・・。

ロクメガ:
次で最後だ。

マジャポン:
最後まで残ったねブロックマン。

ロクメガ:
ロックマン11は体験版のブロックマンで始まり、

ボスラッシュのブロックマンで終わる・・・か。

Twitterにアップされている動画で見たんだが、

彼にパワーギアを使わせずに倒すことが、

可能なんだそうだ。

マジャポン:
既にこの動画では使っちゃってるみたいだけど?

ロクメガ:
この動画撮ってる時点ではそんなこと可能だなんて

知らなかったからな。

まぁガチでTAするなら必須スキルかもな。

マジャポン:
やり方わかるのん?

ロクメガ:
チェインブラストでパワーギア発動の合図となるセリフ聞いたら、

パワーギア使ったフルチャージショットで止めを刺すんだ。

見ているだけなら簡単そうに見えるが、

実際のところ簡単ではなさそうだ。

マジャポン:
パワーギア使ったフルチャージショットって?

ロクメガ:
知らない人も多いかもしれないが、

ファイナルチャージだけならパワーギアでも使えるんだ。

パワーギアでオーバーヒートギリギリまでチャージすれば、

パワーギアでファイナルチャージ打てるぞ。

マジャポン:
へ~それは知らなかった。・・・って終わってるし!

・・・って終わっとる!

ロクメガ:
って、ワイリーステージ3、

ボスラッシュだけかい!

マジャポン:
なんか・・・うん、なんか・・・

短かったね。

ロクメガ:
動画の長さや、プレイ時間的には丁度いいが、

もう一つくらい普通に攻略できるワイリーステージが欲しかったな。

マジャポン:
一時間クリア実績のためにこうなったのかな?

ロクメガ:
さぁな。なんにせよ、次回で最後だ!

ご視聴ありがとうございました!

よいロックマンライフを~

ロックマン11のヒューズマンについて思うこと!
ロックマン11のヒューズマンについて思うこと!

皆さんこんにちはロクメガです!

今日は私が3番目に選んだボス、ヒューズマンについて色々語ろうと思います!

スポンサードリンク







コロコロアニキの読み切りにも選ばれたロボット!

ブロックマンの次に公開された、ロックマンシリーズではそれなりに恒例の電気属性のロボット!

ヒューズと聞くと、バイオハザード2を思い出してしまうのは私だけでしょうかw?

というのもバイオハザード2にはやたらクッソ寒いところでヒューズを使うシーンがあるんですね~。

とまあ、バイオのことは置いといて、ロックマン11プレイヤーの間では恐らくブロックマンともども、目に触れる機会の多かったボスであることは間違いないでしょう。

ブロックマンは体験版で一足早くプレイヤーと交流したボスであるならば、ヒューズマンは最もロックマン11を宣伝したボスといってもいいでしょう!

ブロックマンはそのデザインだけがファミ通で公開されたので、彼が世に出たのは今回のナンバーズの中では2番目ということになります。

PVでも彼とブロックマンが先陣を切って紹介されましたね。

ロックマン11PV 第2弾

今となっては懐かしいPVですが、当時は、

「本当にロックマンがよみがえるんだ・・・」

と心からワクワクしたものです!

既に別の記事で何度も言っていますが、私はロックマンの復活に本当に心が躍りました。

自分がどれほどロックマンが好きだったのか、改めて再認識させられたんですね。

因みにロックマン11が発表された初報PVで流れた曲も彼のステージの曲でした。

ロックマン11 初報PV(3:35秒から)

スポンサードリンク







そして、ロックマン30周年記念ライブで流れたアレンジも彼の曲でした。

おかげで彼のステージBGMばかり耳に残ってます!

さて話を戻しまして、ヒューズマンですが、コロコロアニキにて、ただ一人漫画デビュー!

ロックマンと激闘を繰り広げました!

因みにこの時漫画を描かれたのは、コロコロでロックマンエグゼの漫画を描かれた鷹岬諒 たかみさきりょう先生!

エグゼの漫画は私も読んでいて、作風もよく知っていました(鷹岬って漢字が子供の頃読めなかったのはナイショw)

まぁ、正直初代ロックマンの漫画を描くなら、私個人としてはどうしても有賀先生がいいなぁ~と思ってしまったりもするのですが、それは私の我儘なので、文句はいいますまい。

それ以前に有賀先生のロックマンは中身が濃すぎて子供向けかと言われるとちょっと戸惑ってしまう作風ではあるんですけどね。

当然ながら私はコロコロアニキを買って、熟読いたしました!

いや~少年時代を思い出しますね。

お話の内容はやっぱりコロコロということで、分かりやすくかなり単純化されていました。

しかしながら初代ロックマンの雰囲気っていったらこんな感じだよな~っていう気もしました。

決して有賀先生をディスってるわけじゃあありませんからね!

彼のスピードギアは速さこそ全て!

一一言うまでもなく、このゲームではボスもスピードギアとパワーギアのどちらかを使ってきます(ダブルギア使ってこなくてよかったw)

そんでまぁヒューズマンはイメージ通りスピードギアを使うんですが、個人的に彼のスピードギアは回避自体はそれほど難しくはないと思います。

スライディングで左右に行ったり来たりしていればそれで全部交わせちゃうんですね。

それでもやはり電光石火のごときスピードはロックマンのスピードギアを上回ります。

なのでこちらがスピードギアを使っているからといって油断できないですね。

というわけで彼のステージを攻略してきたので、その時の動画をどぞ!

今回からは無実況の動画もうpりますので、ここではそちらを載せておきます

ロックマン11 ヒューズマン(無実況)

今回はこの辺で! 最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク