タグ:ブロックマンの記事一覧

ロクメガブログ

タグ:ブロックマン
ロックマン11のボスラッシュ戦のBGMの変化はワールド4以来2回目!
ロックマン11のボスラッシュ戦のBGMの変化はワールド4以来2回目!

皆さんこんにちはロクメガです!

今回はワイリーステージ3ですが、驚くべきことにボスラッシュのみだったりします!

これまでロックマンシリーズのナンバリングタイトルでは最低でも3つは普通のステージで、最後にボスラッシュ→ワイリーという順番だったのですが、今回は第三ステージ丸ごとボスラッシュというのは初めての事態です。

やっぱりあれかな? 時間と予算が足りなかったのかな?

因みに今回のボスラッシュでは、ワイリーボスのBGMが使われていますが、この演出はゲームボーイのロックマンワールド4以来、物凄く久しぶりのことです!

というのもロックマンワールド4でも、ワイリーボスのBGMがボスラッシュで使われていたんですね。

ロックマン11はかつてのロックマンシリーズのいいとこどりをしていると何度か言っていますが、ゲームボーイからも取り入れているとは思いませんでしたw

というわけで今回の動画になります!

ロックマン11 ワイリーステージ3(ゆっくり実況)

ロックマン11 ワイリーステージ3(無実況)

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:
こんにちはロクメガです。

マジャポン:
こんにちはマジャポンです。

ロクメガ:
ワイリーステージ三番目!

始めていこう!

マジャポン:
今回のは何が待ち受けているのかな?

ロクメガ:
なんの変哲もないな。

マジャポン:
ただ進むだけって感じだね。

お? もうボスか?

ロクメガ:
ボスっていうより・・・

マジャポン:
ボスラッシュか!

ロクメガ:
今回はずいぶん早いな。まぁいい。

蹴散らして呉れよう!

マジャポン:
いきなりギアで攻めるか。

ロクメガ:
速攻でケリをつけたいところだ。

マジャポン:
スピードギア使うと安定してかわせるね。

ロクメガ:
ブラストマン相手だと回避のためにギア使いたくなる。

マジャポン:
チェインブラストが引っ付いてくる。

ロクメガ:
これの回避の仕方が微妙にわからないんだよな。

マジャポン:
今みたいな感じじゃね?

ロクメガ:
これが正しい解法なのか?

ならばこっちは弱点武器だ!

続けて隣に行こう!

今回のボスラッシュには理由がないんだろうか?

マジャポン:
え? どういうこと?

ロクメガ:
イレギュラーハンターXではボスラッシュのボスは、

オリジナルのデッドコピーという設定があったんだが、

どうにも素で挑んできているようでな。

何となく気になった。

マジャポン:
そういえばそんな設定だったね。

初撃破の時よりは回避できてるね。

ロクメガ:
上達してるってことなんだろうな。

特殊武器で対抗する!

マジャポン:
トーチマンの弱点は?

ロクメガ:
ツンドラストーム

うげっ! 怯みもしない。

マジャポン:
やっぱりトーチマンは強かった!

ロクメガ:
特殊武器使いなれてないのは痛いな・・・。

マジャポン:
ここの歯車は回ってないね。

ロクメガ:
氷ボスだしな。それにしても芸が細かい。

このゲーム細かい部分一つ一つ、

本当にしっかり作られているな。

マジャポン:
それはともかくさ、ライフ結構少なくない?

ロクメガ:
さっきのトーチマン戦が響いてるな。

ダメージを抑えて回復していければいいが。

スクランブルサンダーで一気に削りきる!

マジャポン:
ライフやばいね・・・。

ロクメガ:
一ティウンは覚悟せざるを得んな。

あの時はスピードギアでやられたが、

今回はノーティウンで倒したい!

マジャポン:
上手くいくかな?

ロクメガ:
来たな!

マジャポン:
避けきれるかな?

ロクメガ:
くっそまたかよ!

マジャポン:
ヒューズマン、派手なだけじゃなく強いね。

ロクメガ:
リ・ベ~~ンジ!

マジャポン:
慎重に戦うね。

ロクメガ:
正直コイツ相手だとカッコ悪い気がする。

マジャポン:
トーチマン相手には使いまくってたのに?

ロクメガ:
彼は拳法家であり、最強のボスだから仕方ない。

マジャポン:
スピード使うとやっぱ削れるね。

ロクメガ:
彼の弱点はバウンスボール!

攻撃が止んだら攻める!

マジャポン:
スクランブルサンダーがかき消されとる!

ロクメガ:
ゴムは電気を通さないからな。

そこから弱点として設定されたんだろう。

ワンピースでそのことを学んだ人も多いだろうな。

マジャポン:
折り返し地点!

ロクメガ:
残り4体!

何がホッピングだ!

突きさして破裂させてやるわ!

マジャポン:
そういえば弱点武器当てたときのリアクション、

ラバーマンにしかなかったね。

ロクメガ:
アシッドマンもバリアが破壊された時だけ、

リアクションしていたな。

マジャポン:
この二人だけ謎の優遇を受けているのか?

ロクメガ:
まぁ、製作の裏事情を考えるなら、

時間足りなくてリアクションつけられなかったんだろうな。

だとしたらこのステージの短さも、理解できなくはない

マジャポン:
ネット上でもボリューム不足って声よく聞くしね。

ロクメガ:
職人芸的作り込みの細かさなので、あんまり気にはならないがな。

さぁ次はどいつだ!

マジャポン:
残り3体!

ロクメガ:
どうでもいいがこのBGMを俺は結構気に入っている。

マジャポン:
そういえば、ボスラッシュでもこのBGMなんだね。

ロクメガ:
ここでボスラッシュってことは、

ほかにワイリーマシンはなさそうだし、

聞ける機会がたった2回になってしまうからな。

因みにボスラッシュの時と、通常のボス戦で、

BGMが異なるのはRMW4以来二度目だったりする。

マジャポン:
GBのロックマンから取り入れた演出もあるとは!

ロクメガ:
あと今作のボスの体力が妙に柔らかいのは、

GBRMシリーズのボスの体力が、19メモリしかなかったことを

参考にしたのではないかと思っている。

マジャポン:
マジで参考にしたのかな?

ロクメガ:
チャージショットが存在するロックマンシリーズは、

ボスの無敵時間の長さが顕著だったからな。

バランスのために柔らかめに調整したとしても、不思議ではない。

マジャポン:
パイルマンの弱点、アシッドバリアなんだ。

ロクメガ:
バリアとして使ってはいないがな。

潔い!

マジャポン:
確かに!

ロクメガ:
こんなところで何を研究するというのか?

マジャポン:
突っ込んじゃいけないんじゃね?

ロクメガ:
非常にどうでもいいが、アシッドマンはかつて弁護士だったことがある。

マジャポン:
何を言ってるんだ!?

ロクメガ:
というのもアシッドマンの声優である、鳥海 浩輔さんは、

逆転裁判の主人公、成歩堂龍一を担当したことがあるんだよ。

マジャポン:
へ~~それは知らなかった。

ロクメガ:
もっとも鳥海さんが出演したのは格ゲーでだがな。

マジャポン:
逆転裁判じゃないんかい!

ロクメガ:
さらにどうでもいいがそのゲームでの成歩堂の最強必殺技は、

本当にどのキャラクターよりも強い最強の必殺技だったりする。

マジャポン:
弁護士が格ゲーに出演して必殺技が最強って、

もうわけわかんねーな。

ロクメガ:
その分発動に非常に面倒な条件が課せられているがな。

その格ゲーにはゼロとトロンも出演しているので、

動画作る際は成歩堂も使おうと思うぞ。

今なら、弁護士止めて研究員やってますって、

ネタにできそうだしな。

マジャポン:
すんげ~どうでもいい情報だったね・・・。

ロクメガ:
次で最後だ。

マジャポン:
最後まで残ったねブロックマン。

ロクメガ:
ロックマン11は体験版のブロックマンで始まり、

ボスラッシュのブロックマンで終わる・・・か。

Twitterにアップされている動画で見たんだが、

彼にパワーギアを使わせずに倒すことが、

可能なんだそうだ。

マジャポン:
既にこの動画では使っちゃってるみたいだけど?

ロクメガ:
この動画撮ってる時点ではそんなこと可能だなんて

知らなかったからな。

まぁガチでTAするなら必須スキルかもな。

マジャポン:
やり方わかるのん?

ロクメガ:
チェインブラストでパワーギア発動の合図となるセリフ聞いたら、

パワーギア使ったフルチャージショットで止めを刺すんだ。

見ているだけなら簡単そうに見えるが、

実際のところ簡単ではなさそうだ。

マジャポン:
パワーギア使ったフルチャージショットって?

ロクメガ:
知らない人も多いかもしれないが、

ファイナルチャージだけならパワーギアでも使えるんだ。

パワーギアでオーバーヒートギリギリまでチャージすれば、

パワーギアでファイナルチャージ打てるぞ。

マジャポン:
へ~それは知らなかった。・・・って終わってるし!

・・・って終わっとる!

ロクメガ:
って、ワイリーステージ3、

ボスラッシュだけかい!

マジャポン:
なんか・・・うん、なんか・・・

短かったね。

ロクメガ:
動画の長さや、プレイ時間的には丁度いいが、

もう一つくらい普通に攻略できるワイリーステージが欲しかったな。

マジャポン:
一時間クリア実績のためにこうなったのかな?

ロクメガ:
さぁな。なんにせよ、次回で最後だ!

ご視聴ありがとうございました!

よいロックマンライフを~

ロックマン11のブロックマンについて思うこと。
ロックマン11のブロックマンについて思うこと。

皆さんこんにちはロクメガです!

今日はブロックマンについて色々思うところを語っていこうと思います!

スポンサードリンク







最初に公開され、最初に生み出された11いれぶんナンバーズ

11イレブンナンバーズといえば、情報を負っていた人達なら、最初に公開されたナンバーズという印象を抱くことでしょう。

実際ロックマン11いれぶんのPVが流れ、ファミ通でも情報が公開された時に、「コイツ誰だ?」って思った人も多いと思います。

真っ先に公開された11いれぶんナンバーズのブロックマン。

私もファミ通の雑誌で見て、こいつ新しい雑魚? それともボス?

という風に色々想像を働かせていました。

改めて思うんですけど、好きなゲームの最新作については色々予想したり、想像したりして、気持ちを高めていく段階って、実際にゲームで遊んでいる時間とは違った楽しみがあると思うんですよね~。

これって、発売前にある程度時間があるから色々想像して楽しめるわけでそういう時間って本当、ある意味一生戻ってこない大事な時間なのではないかと思っております。

今となってはボスであることが明らかになって、体験版などで頻繁に倒されるボスとなりましたけどね。

スポンサードリンク







プレイヤーに11イレブンの楽しさを教えてくれたボス

このゲームにはオープニングステージが存在しないので、体験版で戦えるボスとして選ばれたのは彼になりました。

本当、彼には感謝してもしきれません。

我々プレイヤーに、今回のロックマンはこういうものだと教えてくれ、今回のボスはどう戦うボスなのか? という情報を、体を張って教えてくれたわけです。

今作の新システム、ダブルギアシステムのボス戦での仕様もいち早く教えてくれたのが彼ですね。

ひょっとしたらパイルマンの記事でも言ってるかもしれませんが、ロックマンシリーズの8ボスがここまで大きくなろうとはちょっと予想していませんでした。

あれだけのブロックをどうやって体にまとわりつかせているのか? という疑問はとりあえずは考えてはいけないのでしょうw

ただ彼、最弱のボスかと言われるとそうでもないので、体験版で戦えるボスという立ち位置にするには少し強かったような気がしないでもありません。

ブロックドロッパーが便利すぎる!

動画では彼のステージは後回しにしていたのですが、それには二つ理由があります。

一つは彼を倒して手に入るブロックドロッパーがものすごく便利なんですよ。

実際、今あげてる動画のプレイで初めて特殊武器とか手に入れて行ってるわけなんですが、中ボス瞬殺できたり、遠くの雑魚を倒せたりと、PVで見た時から汎用性の高さが目について、これは後に回そうと思ったんですよね。

まぁ、ほかのボスと戦いたいってのもあったんですが。

後に実際に使ってみたら、驚くべき強さで、あとに回して正解だったなと思いました。

もし先に手に入れていたら、使いまくって動画の内容が似たり寄ったりになったでしょうから。

ロックマン11 ブロックマンステージ(無実況)

ありがとうブロックマン! 一緒に遊んでくれて!

もう一つは、体験版で何度もぶっ壊されてるので、ちょっぴり不憫に感じたのが一つ。

「BUST BLOCK MAN Challenge!」の名目で何度もプレイヤーにぶっ壊されたわけですが、製品版では後に回してあげようと思ったわけなんですよねw

本当、ブロックマン、ありがとう。そしてごめんよ。何度もぶっ壊しちゃって・・・。

そんな気持ちだったわけですよ。

ただ、彼が我々と遊んでくれたから、体験版を知ることができたのも事実。

最初に作られたボスであり、残り7体のボスの土台となったボスでもあります。

彼が果たした役割は我々プレイヤーの想像よりはるかに大きいことでしょう!

心から私はブロックマンに、経緯を払い、感謝の意を述べたいと思います!(当然開発スタッフにも)

というわけで今日はこの辺で!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク







ロックマン11の体験版でも戦えたブロックマン。実は最弱では・・・ない?
ロックマン11の体験版でも戦えたブロックマン。実は最弱では・・・ない?

皆さんこんにちは! ロクメガです!

いよいよ最後の8ボスであるブロックマンを倒しました!

それにしても8ステージ全部回って思ったんですけど、ブロックマンって実はかなり強いような気がしています。

正直、ツンドラマンあたりとどっこいどっこい・・・いや下手するとツンドラよりも弱い可能性すら考えられたり・・・。

まぁ、今回のナンバーズの中では中堅どころというところかな?

彼は、雑誌で真っ先に紹介され、体験版でも戦うことができたこともあって、思い入れのあるプレイヤーも多いのではないでしょうか?

実は私もそんな人間の一人です。

ブロックマン、遊んでくれてありがとう!

そんな感謝をしたい気持ちになります。

というわけで今回の動画です!

ロックマン11 ブロックマンステージ(ゆっくり実況)

以下下書きになります!

ロクメガ:
こんにちはロクメガです

マジャポン:
こんにちはマジャポンです。

ロクメガ:
ついに8ボスも最後になった。

マジャポン:
最後がブロックマンなんだね。

ロクメガ:
うむ。色々思うところがあってな。始めよう!

さて、製品版では背後に何かあるかな?

行ってみよう

やっぱり何もなかった。

マジャポン:
残念。

ロクメガ:
このゲーム本当に探索要素ないな。

マジャポン:
ちょっと寂しさを感じちゃうよね。

ロクメガ:
だからと言ってロックマン11の魅力がなくなるわけではないがな。

それにしてもなんだろうな、この・・・。

まるで実家に帰ってきたかのような安心感は。

マジャポン:
ロックマンのゲーム実況で

そんなセリフを利くことになるとは思わなかったよ。

ロクメガ:
冗談だ冗談真に受けんな。

とはいえこのステージ体験版ですでに2回動画にしてるんだよな。

マジャポン:
今回で3回目か。ちょっと多いね。

ロクメガ:
うむ。今後の動画制作のスケジュールも

少し考えながらやらないといけないな。

マジャポン:
どういうこと?

ロクメガ:
今回オリジナルスペックで一通りクリアして、

そのあと、一時間以内で全ステージを攻略するタイムアタック。

そのあとさらに、エキスパートに移行しようと考えているんだが。

多少なりとも間に別の動画を挟まないと、

飽きを誘発してしまいそうでな。

何をやっていくか考えておかなければ。

マジャポン:
チャレンジモード色々あるんだし、そっちとかはどう?

ロクメガ:
それが無難な選択肢かもな。

マジャポン:
中ボスが来たね。

ロクメガ:
こんなやつスピードギアと高速連射でさっさと片すぞ。

マジャポン:
はっや!

ロクメガ:
スピードギアブースターがあれば、なおさら早く終わってしまうな。

マジャポン:
マジであっという間だったね。

ロクメガ:
体験版のおかげで、ここの攻略法も

ほぼ完全にわかりきっている。

今更苦戦する理由はない。

体験会も含めたらかなりの回数ここプレイしてるしな。

マジャポン:
あのクルクル回ってるやつを一撃とは凄いね。

ロクメガ:
マワルシーは出てくるたびにタイミングが合わず、

最初のうちは苦戦していたが、

倒すならギア使えばどうとでもなるからな。

マジャポン:
うっそ~~~~う!?

ロクメガ:
正直破壊できるとは思ってなかったから、

これ見つけたときは俺もびっくりしたぞ。

マジャポン:
恐るべきパワーチェインブラスト!

ロクメガ:
パワーで特殊武器使うと、

ギア解除忘れてしまいそうになるがな。

マジャポン:
いや普通忘れなくない?

ロクメガ:
前回も言ったがこのゲームの特殊武器は燃費が悪くてな。

一回使ったらすぐにロックバスターに戻したくなるんだが、

ロックバスターに戻したらパワーギアのことを

つい忘れてしまうんだよな。

マジャポン:
忘れないようにするしかないね。

ロクメガ:
そうなんだよなぁ。忘れないように慣れるしかないな。

改めてこうしてみてみると、背景の書き込み凄いな。

マジャポン:
遠くの雲や、夕焼けとか、綺麗に書かれてるよね。

ロクメガ:
そして場違いなブロックマン顔の建物もあるな。

マジャポン:
ブロックマン実は自己顕示欲凄いのかな?

ロクメガ:
ワイリーに改造されてそういう性格にされたんだろうな。

トーテ・ムー2回目。

マジャポン:
足場のベルトコンベアが厄介だよね。

ロクメガ:
なぁに、倒し方に変化はない。

これで終わりさ。

マジャポン:
本当に強いね。

ロクメガ:
スピードギアブースター様様だな。

貯金箱ゲット!

マジャポン:
そういえば兄者あの貯金箱どうしてるの?

ロクメガ:
どうしてるの? とはどういうことだ?

マジャポン:
いや、ちゃんと保存してるのかな? って思ってさ。

ロクメガ:
保存どころか、有効活用しているぞ。

マジャポン:
マジで貯金箱として使っているのか?

ロクメガ:
一日千円以上持ち歩いて、

90円の紙コップブラックコーヒーを買って、

家に帰ったら残った金額を全部貯金に回す。

貯金のために浪費しないよう注意を払うようになるし、

あっという間に溜まっていくぞ。

マジャポン:
マジで貯金にはまりだしてるんだね。兄者。

ロクメガ:
ロックマンは俺に教えてくれたのさ。

貯金するって素晴らしいことを!

そういう意味では、このソフビ貯金箱の特典に

感謝しているぞ。

マジャポン:
大抵こういう特典って、大事に取っておくか、

今ならメルカリとかでうっぱらっちゃう人、

多い気がするけど、兄者の場合は使い潰すよね。

ロクメガ:
実用性があるものは使われてなんぼだ。

だったら使ってあげたほうがいい。

使わないならメルカリとかに出品して、

大事にしてくれる人に渡ったほうがいいだろう。

マジャポン:
確かにそのほうがいい考え方かもね。

ブロックマンとの対決が近づいてきたね。

ロクメガ:
何度も何度も体験版で倒されて、

ちょっとかわいそうな気もするが、

せめて苦しまないようにさっさと倒してあげよう。

マジャポン:
やたら余裕だね。

ロクメガ:
何度も何度も戦ったしな。

今更負ける理由などない。

さぁ、勝負だブロックマン!

マジャポン:
おお! 早い! もうデカい形態を引き出した!

ロクメガ:
さらにここでダブルチャージで・・・。

一気に攻める!

マジャポン:
本当にあっけなく倒してしまいそうだね。

ロクメガ:
思ったよりダメージを受けたな。だがあと一発で・・・!

よし! ファイナルチャージで一気にケリを・・・!

マジャポン:
あれ? このタイミングって・・・。

ロクメガ:
き、きかねえええええええええええええええええええええ

マジャポン:
まだ無敵時間中だった!

ロクメガ:
しまった! オーバーヒートだ!

バスターが連射できない!

チャージもできない!

マジャポン:
なんという予想外の展開!

ロクメガ:
やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい

よし! 復活した、これで何とかなる!

あと一発!

マジャポン:
倒しきれるか!

ロクメガ:
なんなんだよあの無敵時間・・・。

マジャポン:
まぁ、今度は落ち着いていこうね。

ロクメガ:
・・・そうする。

マジャポン:
弱点使ったか!

ロクメガ:
バスターでチマチマ打ってらんねぇ!

さっさと弱点で、

ぶっ潰してやる! 覚悟しな!

・・・ッチ

マジャポン:
倒しきれなくてイライラしとる!

ロクメガ:
覚悟しろブロックマン!

マジャポン:
まるでジャイアンのごとき威圧!

ロクメガ:
あと、一撃! チェインブラストで吹き飛ばしてくれる!

当たらねぇええええええええええ!

マジャポン:
そんなこったろうと思ったよ・・・。

ロクメガ:
ブロックマン! 撃破あ!

マジャポン:
変な意味で予想外なボス戦だったね。

ロクメガ:
まさかコイツに一回やられるとは・・・。

特殊武器、ブロックドロッパーゲット!

マジャポン:
これすっごい便利そうな武器だよね。

ロクメガ:
実際中ボス戦では中々重宝するらしい。

タイムアタックの時にでも使ってみるとするさ。

ついにこの時がきたか!

マジャポン:
いよいよワイリーステージだね!

ロクメガ:
正直クリアしてしまうのが惜しい気もするが、

それでクリアを躊躇するわけにもいかんな。

マジャポン:
クリアを躊躇うなんて兄者らしくないね。

ロクメガ:
何も知らない段階でプレイするのが一番楽しくてな。

それが終わってしまうのが名残惜しいんだよ。

マジャポン:
でも、そういうわけにはいかないよね。

ロクメガ:
うむ。次回、ワイリーステージ1を攻略しよう!

ご視聴ありがとうございました!

よいロックマンライフを~!

「ロックマン11 運命の歯車!!」のボス4体について
「ロックマン11 運命の歯車!!」のボス4体について

皆さんこんにちはロクメガです。

速いものでロックマン11発売一週間を切りましたね!

あっという間の一週間でした。

私がXチャレンジやってる間に新たに4体のボスの詳細が明らかになりましたが、今回はそれについて語っている動画になります!

というわけで動画をドぞ~!

スポンサードリンク







また今回もロックマンXのイラストをいただいておりますので、こちらで紹介しておきます!

鉛筆で書かれたイレハン3人!

非常に格好いいイラストです!

提供してくださった、Y.Hammarさんありがとうございました!

以下下書きになります!

ロクメガ:
ロックマン11発売まで一週間を切った!

マジャポン:
ワクワクしてくるね!

ロクメガ:
そして俺が、Xチャレンジやってる間に、
11のボス達の情報が全て明らかになったぞ!

マジャポン:
発売前からそこまでばらしちゃっていいのかな?

ロクメガ:
2体くらいは隠したままにしておくのかと思ったが、
そうでもなかったな。

というわけで今回は今まで全く触れてこなかった、
4体のボスについて語っていくぞ!

マジャポン:
Xチャレンジ始める前までに作ってた動画では、
トーチマンについてまで話してたよね。

ロクメガ:
トーチマンについてはボス名予想をした次の日に、
名前が判明したんだよな。

マジャポン:
ズバリ兄者がぴたりと当てたボスだったね。

ロクメガ:
彼は肩パーツの形が特徴的だったから、
分かりやすかったのが大きいな。

トーチマンといえば東京ゲームショウ2018で、
声優である小西克幸さんが壇上に上がって色々
語っていたな。

ただそれについて話しだしたら今回の話から
脱線してしまうので別の機会にしよう。

マジャポン:
うっす。

ロクメガ:
Xチャレンジ中に明らかになった4体のボスは、

パイルマン、ラバーマン、
アシッドマン、ツンドラマンの4体。

一人一人語っていこう!

因みに今回に限ってはあまり調べずに書いているので、
間違ったことが書いてあってもご了承ください。

マジャポン:
なぜ?

ロクメガ:
この段階に入ると、プレイして確かめたい
気持ちの方が強いんだよ。

元々ゲーム発売前は情報を遮断する性質だし、
発売前に色々情報を集めすぎてしまうと、
実際にプレイした時の楽しみが減ってしまうからな。

マジャポン:
なるほど。

ロクメガ:
というわけでまずはパイルマンについてだ!

マジャポン:
ディーゼルマンじゃなかったね。

ロクメガ:
モチーフについては間違っていなかったようだが、
流石にディーゼルではなかったな。

まぁ、ディーゼル自体が人の名前だから、
ある意味外れて当然だったかもしれん。

マジャポン:
え? ディーゼルって人の名前なの?

ロクメガ:
ディーゼルエンジンを開発した、
ルドルフ・ディーゼルっていうドイツ人の名前だ。

まぁ、結構創作の世界では使われているから、
あんまり気にしてなかったけどな。

サンドウィッチだって、サンドウィッチ伯爵に
ちなんでつけられているし、

ハンバーグだって、ハンブルグっていう地名から
取られている。

マジャポン:
へ~有名な名前も元々人名とかが
由来になっているものあるんだね。

ロクメガ:
話を戻そう。

パイルマンの名前の元ネタは十中八九、
パイルバンカーからきているものだろう。

因みに海外では
インパクトマンという名前のようだ。

マジャポン:
パイルバンカーもインパクトも、
創作ではよく出てくる名前だね。

ロクメガ:
そうだな。どうやら彼はは
黄色、オレンジ、黒の三つのロボットが
一つになってあの姿になるようだ。

マジャポン:
これはまた色んな意味で異色のロボットだね!

ロクメガ:
PVでは「トッカントッカントッカン!」
と叫んでいるが、突貫工事だと言いたいのだろうか?

マジャポン:
彼が工事したところ・・・なんか怖いね・・・。

ロクメガ:
因みに声を担当するのはてらそままさきさん。
俺が知ってるのは、ポケモンのゲーチスくらいだな。

マジャポン:
悪の組織の親玉が、ロックマンに登場!

ロクメガ:
そういうことになるな。
彼の特殊武器は体験版で使えるパイルドライブ。

ぶっちゃけ俺は、Xシリーズに存在している、
エアダッシュの代わり程度にしか使ってなかった。

マジャポン:
扱いひっでぇ!

ロクメガ:
ロックマンでエアダッシュができるとあっては
使いたくなるってもんさ。
間違った使い方なのは認める。

それじゃあ次に行こう。

次はラバーマンだ!

マジャポン:
物凄く大きいボスがやってきたね!

ロクメガ:
パッケ絵の時点であの場所にいたから、
大きいボスなのではないかと予想していたが、
本当にそうだった。

マジャポン:
パッケ絵での位置関係からそんなこと予想しても、
普通は当たらないでしょ。

ロクメガ:
俺も何となくそんな気がしていただけだったよ。

マジャポン:
公式のPVとか見ても、風船がモチーフなのは
明らかだけど、なんでラバーなのかな?
バルーンマンでもいいような気がするけど。

ロクメガ:
バルーンじゃちょっとイメージが
コミカルすぎるからじゃないか?

ラバーなら風船以外の色々なところで
使われている単語だし、
かっこよさげなイメージもある。

マジャポン:
確かにそんな感じするね。

ロクメガ:
このボスのモチーフやPVで確認できる
ステージ構成からは、
7のスプリングマンと似たものを感じるな。

マジャポン:
あ~確かにイメージが近いね。

ロクメガ:
声を担当するのはアイドル声優の田村ゆかりさんだ。

マジャポン:
また有名な人使ったね。

ロクメガ:
まさかこの人がロックマンに
出演するときがくるとは思わなかったな。

マジャポン:
なのはシリーズとか、
結構色んな声担当してるよね。

ロクメガ:
俺が知ってるのはなのはと
ひぐらしくらいだがな。

特殊武器については今のところ何も知らない。
これは本編で確かめることにする。

マジャポン:
うっす。

ロクメガ:
次は最近明らかになったアシッドマンだ。

マジャポン:
おお? これもあたりじゃない?

ロクメガ:
どうかな? ボス名予想では、
アシッドマン、あるいはスライムマンかもしれない。
と予想したから、当たっていたと言えるかは微妙だ。

マジャポン:
体ものすごく細いね。パッケ絵からは
ごつい感じをイメージしてたけど。

ロクメガ:
俺も思ったな。こんなに細いとは。PVでは
「ようこそ私の研究プラントへ」
といってるから、研究者タイプのボスなんだろうな。

PVではバリアのようなものを纏っていることから、
特殊武器はアシッドバリアといったところか?

マジャポン:
フムフム。研究者タイプだから、
バリアで体を守っているのかな?

ロクメガ:
そのイメージであっていると思うぞ。

どうでもいいけど、研究者だから
細い必要はないんじゃないだろうか?
ごつい研究者がいてもいいような気がするんだが。

マジャポン:
その辺はイメージでしょ。

声優さんはどちら様?

ロクメガ:
わからん。というか調べてない。
プレイして確かめるとしよう。

今はなるべく情報をシャットアウトしたいからな。

マジャポン:
ほかのボスでは声優さんの名前知ってるのに?

ロクメガ:
それはすでに耳に入っている情報だったってだけだ。

分かることを分からないようには言わないし、
その逆もしないさ。

マジャポン:
にゃるほど。

ロクメガ:
最後のボスはツンドラマン!

マジャポン:
お? これも予想が当たったんじゃない?

ロクメガ:
確かにな。ちなみに
フローズンマンというのも耳にしたが、
こちらは海外名のようだ。

マジャポン:
今作はやっぱり日本語名と海外名が違うんだね。

ロクメガ:
全部が全部そうなのかはわからないが、
アニコレのように、海外版も遊べるなら、
直接プレイして確かめてみようじゃないか。

マジャポン:
体験版じゃ両方遊べたから、
その辺については問題なさそう。

ロクメガ:
海外のハードやソフトを用意せずとも、
海外版を遊ぶことができる。
良い時代になったものだな。

マジャポン:
声優さんはどちら様が演じてるのん?

ロクメガ:
川田伸司さんという方だ。
カプコン製品で直近で演じたキャラは、
大逆転裁判のホームズだな。

マジャポン:
大逆転裁判はおいらもプレイしたけど、
ホームズさん良いキャラだったよね。

ロクメガ:
分かっていないようでいて、
全て分かっているというキャラだったな。

今作のツンドラマンで、どんな演技を
披露してくれるのか楽しみだな。

さて、これで全てのボスが出そろった。

マジャポン:
発売が楽しみになってきたね!
因みに兄者、今から戦うのが楽しみなボスは?

ロクメガ:
ブラストマンだな。
今から彼と戦うのが楽しみだ。

マジャポン:
爆発系だから?

ロクメガ:
いや、遊馬先生だからな。

マジャポン:
遊戯王補正かよ・・・。

ロクメガ:
というわけでご視聴ありがとうございました。
よいロックマンライフを~。

マジャポン:
よいロックマンライフを~!