タグ:モンバーンの記事一覧

ロクメガブログ

ロックマン11 ワイリーステージ2のタイムアタックはかなり難しそう・・・。
ロックマン11 ワイリーステージ2のタイムアタックはかなり難しそう・・・。

皆さんこんにちは! ロクメガです。

ワイリーステージ2の動画をうpりましたですよ!

いや~ワイリーステージ1の時も思いましたが、今回のワイリーステージは複雑な地形が多くて結構大変です。

如何に特殊武器を上手に使うかが攻略のカギとなりそうですわ。

っていうか上手い人は本当に特殊武器の使い方が上手いです!

どの特殊武器をどのタイミングで使い、パワーギアを発動させるかさせないかの判断まで一瞬でやってのける。

相当練習したことは想像に難くないですが、あの動きを身につけるためにどれほど練習したんだろう?

スイッチ版ロックマン11には、アチーブメント(いわゆる実績)ってのがありますが、その一つ、

60分以内攻略でゲットできる、青き閃光獲得のためのプレイしてますが、上位陣のプレイには手が届かないですね。あの人たちはバケモンですわw

というわけで今回の動画になります。

ロックマン11 ワイリーステージ2(ゆっくり実況)

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:
こんにちはロクメガです。

マジャポン:
こんにちはマジャポンです。

ロクメガ:
ワイリーステージ2回目! やっていくぞ!

マジャポン:
今回も難しい予感。

な、なんか不気味なもんがある。

ロクメガ:
今にも動き出しそうだよな。

まぁ、ああいうのは大抵動き出すもんではあるが。

マジャポン:
フラグ立てんなし。

ロクメガ:
シールドアタッカーが二体一緒にいるとか嫌がらせか?

マジャポン:
今のは確かに面倒くさかったね。

ロクメガ:
今回はスムーズに進むために、特殊武器も多用していく。

マジャポン:
今までかたくなにバスターばっかり使ってたのに?

ロクメガ:
この動画撮ってる時点では、

特殊武器の全ての性能をちゃんと理解できていなかったからな。

なのでスムーズに進むために、

必要最低限と思われるものだけ、

使っていくことにする。

マジャポン:
フムフム。

うわっ! なんか来た!

ロクメガ:
やっぱり最初のアレは動くものだったか。

マジャポン:
トンネルを掘る削岩機か何かかな?

ロクメガ:
ドクロ型の削岩機なんて聞いたことないな。

まぁワイリーらしいっちゃらしいが・・・。

マジャポン:
まるで存在していないかのように雑魚をスルーしていくね。

ロクメガ:
そんな風に視聴者様が感じてもらえたら、

俺の腕もそこそこあるってことなのかもしれないな。

まぁ上には上がいるさ。

マジャポン:
うぉっ! また新たなギミック!

ロクメガ:
対処法ならもう把握しているぜ!

マジャポン:
あっという間だ。

ロクメガ:
こんなやつバスターで十分だ。

マジャポン:
特殊武器使ったらもっと早く突破できるのかな?

ロクメガ:
その辺は上手い人のを参考にしてやっていくさ。

自力でここのタイムアタックを制するのは、

このステージの場合難しい。

マジャポン:
確かに割と複雑な形してるよね、ここ。

ロクメガ:
シールドアタッカーしつこいな。

マジャポン:
確かに無駄に耐久力あったね。

ロクメガ:
少し面倒な場所だ。

特殊武器の出番だ!

マジャポン:
まずはパイルドライブ

ロクメガ:
あっぶね。

マジャポン:
唐突に挟み撃ちにされるのは辛いね。

ロクメガ:
ここであの特殊武器の出番だ!

ツンドラストーム!

マジャポン:
すげぇ! スナイパージョー3体がまとめて消えた!

ロクメガ:
この高性能さなら、タイムアタックには心強いかもな。

マジャポン:
あの柱は・・・。

ロクメガ:
また破壊する必要があるな。

秒速でケリをつける!

マジャポン:
シモベーが邪魔にすらなってない。

ロクメガ:
シモベーといえば、

ロックマンユニティーで仮装パーティーイラストが配布されてたな。

マジャポン:
え? 仮想パーティー?

ロクメガ:
・・・世間ではハロウィンと呼ばれているな。

マジャポン:
じゃあそう言いなよ!

ロクメガ:
実際仮装してはしゃいでる人間にとって、

ハロウィンのイメージなんてそんなもんだぞ?

マジャポン:
本来のハロウィンってどんななんだろうね?

ロクメガ:
ハロウィンについては調べ始めると、

ヨーロッパの歴史の一端を知ることができて、

中々面白いぞ。

マジャポン:
へ~・・・。ってまたドクロ削岩機が!

ロクメガ:
だが音速い! はるかに音速いぞ!

追い付けはしないさ!

マジャポン:
またあの仕掛け!

ロクメガ:
邪魔だどけぇええい!

マジャポン:
サクサク進むなぁ!

ロクメガ:
どうにも俺は追うより追われるほうが好きらしい。

マジャポン:
近づいてきてるよ!

ロクメガ:
慌てるこたーない!

マジャポン:
ふ~突破した!

ロクメガ:
リトライポイントか。そろそろ終盤か?

マジャポン:
分かるのん?

ロクメガ:
そんな気がするだけだ。

マジャポン:
まだまだっぽいね。

ロクメガ:
っぽいな。焼き殺してやろう!

マジャポン:
上手く当てられてないね。

ロクメガ:
ブレイジングトーチは軌道を完璧に把握しないと、

扱いが難しい。

マジャポン:
折り返す場所をコントロールできないしね。

ロクメガ:
上手く当たればこうやって一撃必殺なんだがな。

マジャポン:
今度は挟み撃ち!?

ロクメガ:
X2のOPにこんなのあったな。

正直ここはスピードギア無しで突破はかなり難しいと思う。

マジャポン:
確かに随分早く迫ってきてたね。

ロクメガ:
さぁ、ボス戦だ!

マジャポン:
今回のワイリーマシーンはどんなのかな?

ロクメガ:
また硬そうなのがきたな。

マジャポン:
こいつはなんて名前なのかな?

ロクメガ:
モンバーンという名前だ。

マジャポン:
門番から来てるのは間違いないね。

ロクメガ:
微妙にモチーフと見た目がかみ合ってない気もする。

マジャポン:
え? そうかな?

ロクメガ:
何となく俺がそう感じるだけだ。

マジャポン:
攻撃チャンスを稼ぐためのスピードギアか。

ロクメガ:
ダメージが思ったより低いな。

イエローデビルMK-III同様、時間かかりそうだ。

マジャポン:
オーバーヒートしちゃってる!

ロクメガ:
地味にイエローデビルMK-IIIより厄介かもしれん。

マジャポン
このゲームのボスってもっと柔らかかったはずなのにね。

ロクメガ:
くっそほんとに減らねぇな。

マジャポン:
モンバーンって名前。ワイリー基地の門番なんじゃなくて、

自分の身を守る門番ってことかな?

ロクメガ:
それありそうだな。確かに。

なんかくる!

マジャポン:
一瞬の予告線の後にレーザーか!

ロクメガ:
これ地味に交わしづらいんだよなぁ・・・。

マジャポン:
あれ? 今回はE缶使うのん?

ロクメガ:
E缶たくさん余ってるし、一回くらいな。

しっつけぇな~・・・。

マジャポン:
攻撃できないタイミング長いとイライラするよね

ロクメガ:
これで終わりだ!

マジャポン:
使わなくても勝ててたんじゃね?

ロクメガ:
次動画化するときは使わずに戦おう。

次はワイリーステージ3番目!

マジャポン:
もう半分か。あっという間だね。

ロクメガ:
残り2ステージ! 突破していこう!

ご視聴ありがとうございました!

よいロックマンライフを~!

ロックマン11のモンバーンについて思うこと。
ロックマン11のモンバーンについて思うこと。

皆さんこんにちは! ロクメガです。

たまには思いっきりロックマン11をプレイしようと思って、じっくり遊んでましたw

動画作りは好きですが、やっぱり適度に息抜きはしないとねw

さて、今回はワイリーステージ2のボス、モンバーンとステージについて少々語ろうと思います!

スポンサードリンク







特に思い入れとかはないけれど

正直なことを言うと、イエローデビルMK-IIIマークスリーが懐かしいやら、新鮮な攻撃方法やらで、楽しませてくれたのに対し、こいつに対してはあんまり思い入れとかはなかったりします。

まぁ、仕方がないかな~とも思いますがw

今までワイリーマシーン達に対してはそれぞれ個別に思うことは色々ありはしましたが、やっぱりイエローデビルという名の旧友(笑)との再開という大きなイベントの後では、正直なところオリジナルボスが霞んでしまうわけですなw

とはいえ、モンバーンが弱かったかといわれれば、決してそういうわけではないです。

モンバーンは強敵でした!

外郭に覆われた硬いボス

イエローデビルMKマークIIIスリーもたいがい厄介でしたが、やっぱりワイリーボスだけあって、それなりに強かったです。

というのも丸い外郭に覆われており、攻撃して開かせることによってはじめて攻撃可能になるボスなんですよね。

しかもワイリーカプセルでもない癖に、ワープ移動しやがるんですね。

なので、総合すると攻撃チャンスがかなり少ないボスに分類されるとみていいでしょう。

因みに開かせたらこんな風になります。

おっと間違えた! こっちだこっち!

スポンサードリンク







露出したこの弱点に向かって正確に打ち込まなければならないんですね。

普段バスターが太くなる、バスタープラスチップを装備していると、逆に攻撃が当たりにくくなる・・・ように感じるんですね。

実際に当たりにくくなるかどうかまでは、感覚だけではよくわかりませんが、初めて戦った時は中々攻撃が当たりにくく、上手くダメージを与えられませんでした。

そして弱点に当てることができても、このゲームのボスの中では珍しくダメージが少ないので、やっぱりダメージが通りにくい。

つまり、こいつはイエローデビルとは別の方向性で長期戦を強いられるボスというデザインがされたボスなのではないかと思っています。

一度クリアしてそれなりに実力を蓄えた今なら、苦も無く倒せますがね。

終盤にふさわしい強さを持ったボスだと感じました。

因みにダメージが半分以下になると、今度はレーザーをぶっ放してくるのですが、その時はこいつの弱点は常に開きっぱなしになります。

この開きっぱなしって状態は最大の攻撃チャンスなわけで、タイムアタックの時などは攻撃するべきか、回避するべきかの2択が重要なカギになりますね。

ライフに余裕があったらごり押し・・・なんてのも選択肢に入りそうです。

というわけで色々語ってきましたが今回はこの辺で!

スポンサードリンク