タグ:ラバーマンの記事一覧

ロクメガブログ

タグ:ラバーマン
ロックマン11のボスラッシュ戦のBGMの変化はワールド4以来2回目!
ロックマン11のボスラッシュ戦のBGMの変化はワールド4以来2回目!

皆さんこんにちはロクメガです!

今回はワイリーステージ3ですが、驚くべきことにボスラッシュのみだったりします!

これまでロックマンシリーズのナンバリングタイトルでは最低でも3つは普通のステージで、最後にボスラッシュ→ワイリーという順番だったのですが、今回は第三ステージ丸ごとボスラッシュというのは初めての事態です。

やっぱりあれかな? 時間と予算が足りなかったのかな?

因みに今回のボスラッシュでは、ワイリーボスのBGMが使われていますが、この演出はゲームボーイのロックマンワールド4以来、物凄く久しぶりのことです!

というのもロックマンワールド4でも、ワイリーボスのBGMがボスラッシュで使われていたんですね。

ロックマン11はかつてのロックマンシリーズのいいとこどりをしていると何度か言っていますが、ゲームボーイからも取り入れているとは思いませんでしたw

というわけで今回の動画になります!

ロックマン11 ワイリーステージ3(ゆっくり実況)

ロックマン11 ワイリーステージ3(無実況)

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:
こんにちはロクメガです。

マジャポン:
こんにちはマジャポンです。

ロクメガ:
ワイリーステージ三番目!

始めていこう!

マジャポン:
今回のは何が待ち受けているのかな?

ロクメガ:
なんの変哲もないな。

マジャポン:
ただ進むだけって感じだね。

お? もうボスか?

ロクメガ:
ボスっていうより・・・

マジャポン:
ボスラッシュか!

ロクメガ:
今回はずいぶん早いな。まぁいい。

蹴散らして呉れよう!

マジャポン:
いきなりギアで攻めるか。

ロクメガ:
速攻でケリをつけたいところだ。

マジャポン:
スピードギア使うと安定してかわせるね。

ロクメガ:
ブラストマン相手だと回避のためにギア使いたくなる。

マジャポン:
チェインブラストが引っ付いてくる。

ロクメガ:
これの回避の仕方が微妙にわからないんだよな。

マジャポン:
今みたいな感じじゃね?

ロクメガ:
これが正しい解法なのか?

ならばこっちは弱点武器だ!

続けて隣に行こう!

今回のボスラッシュには理由がないんだろうか?

マジャポン:
え? どういうこと?

ロクメガ:
イレギュラーハンターXではボスラッシュのボスは、

オリジナルのデッドコピーという設定があったんだが、

どうにも素で挑んできているようでな。

何となく気になった。

マジャポン:
そういえばそんな設定だったね。

初撃破の時よりは回避できてるね。

ロクメガ:
上達してるってことなんだろうな。

特殊武器で対抗する!

マジャポン:
トーチマンの弱点は?

ロクメガ:
ツンドラストーム

うげっ! 怯みもしない。

マジャポン:
やっぱりトーチマンは強かった!

ロクメガ:
特殊武器使いなれてないのは痛いな・・・。

マジャポン:
ここの歯車は回ってないね。

ロクメガ:
氷ボスだしな。それにしても芸が細かい。

このゲーム細かい部分一つ一つ、

本当にしっかり作られているな。

マジャポン:
それはともかくさ、ライフ結構少なくない?

ロクメガ:
さっきのトーチマン戦が響いてるな。

ダメージを抑えて回復していければいいが。

スクランブルサンダーで一気に削りきる!

マジャポン:
ライフやばいね・・・。

ロクメガ:
一ティウンは覚悟せざるを得んな。

あの時はスピードギアでやられたが、

今回はノーティウンで倒したい!

マジャポン:
上手くいくかな?

ロクメガ:
来たな!

マジャポン:
避けきれるかな?

ロクメガ:
くっそまたかよ!

マジャポン:
ヒューズマン、派手なだけじゃなく強いね。

ロクメガ:
リ・ベ~~ンジ!

マジャポン:
慎重に戦うね。

ロクメガ:
正直コイツ相手だとカッコ悪い気がする。

マジャポン:
トーチマン相手には使いまくってたのに?

ロクメガ:
彼は拳法家であり、最強のボスだから仕方ない。

マジャポン:
スピード使うとやっぱ削れるね。

ロクメガ:
彼の弱点はバウンスボール!

攻撃が止んだら攻める!

マジャポン:
スクランブルサンダーがかき消されとる!

ロクメガ:
ゴムは電気を通さないからな。

そこから弱点として設定されたんだろう。

ワンピースでそのことを学んだ人も多いだろうな。

マジャポン:
折り返し地点!

ロクメガ:
残り4体!

何がホッピングだ!

突きさして破裂させてやるわ!

マジャポン:
そういえば弱点武器当てたときのリアクション、

ラバーマンにしかなかったね。

ロクメガ:
アシッドマンもバリアが破壊された時だけ、

リアクションしていたな。

マジャポン:
この二人だけ謎の優遇を受けているのか?

ロクメガ:
まぁ、製作の裏事情を考えるなら、

時間足りなくてリアクションつけられなかったんだろうな。

だとしたらこのステージの短さも、理解できなくはない

マジャポン:
ネット上でもボリューム不足って声よく聞くしね。

ロクメガ:
職人芸的作り込みの細かさなので、あんまり気にはならないがな。

さぁ次はどいつだ!

マジャポン:
残り3体!

ロクメガ:
どうでもいいがこのBGMを俺は結構気に入っている。

マジャポン:
そういえば、ボスラッシュでもこのBGMなんだね。

ロクメガ:
ここでボスラッシュってことは、

ほかにワイリーマシンはなさそうだし、

聞ける機会がたった2回になってしまうからな。

因みにボスラッシュの時と、通常のボス戦で、

BGMが異なるのはRMW4以来二度目だったりする。

マジャポン:
GBのロックマンから取り入れた演出もあるとは!

ロクメガ:
あと今作のボスの体力が妙に柔らかいのは、

GBRMシリーズのボスの体力が、19メモリしかなかったことを

参考にしたのではないかと思っている。

マジャポン:
マジで参考にしたのかな?

ロクメガ:
チャージショットが存在するロックマンシリーズは、

ボスの無敵時間の長さが顕著だったからな。

バランスのために柔らかめに調整したとしても、不思議ではない。

マジャポン:
パイルマンの弱点、アシッドバリアなんだ。

ロクメガ:
バリアとして使ってはいないがな。

潔い!

マジャポン:
確かに!

ロクメガ:
こんなところで何を研究するというのか?

マジャポン:
突っ込んじゃいけないんじゃね?

ロクメガ:
非常にどうでもいいが、アシッドマンはかつて弁護士だったことがある。

マジャポン:
何を言ってるんだ!?

ロクメガ:
というのもアシッドマンの声優である、鳥海 浩輔さんは、

逆転裁判の主人公、成歩堂龍一を担当したことがあるんだよ。

マジャポン:
へ~~それは知らなかった。

ロクメガ:
もっとも鳥海さんが出演したのは格ゲーでだがな。

マジャポン:
逆転裁判じゃないんかい!

ロクメガ:
さらにどうでもいいがそのゲームでの成歩堂の最強必殺技は、

本当にどのキャラクターよりも強い最強の必殺技だったりする。

マジャポン:
弁護士が格ゲーに出演して必殺技が最強って、

もうわけわかんねーな。

ロクメガ:
その分発動に非常に面倒な条件が課せられているがな。

その格ゲーにはゼロとトロンも出演しているので、

動画作る際は成歩堂も使おうと思うぞ。

今なら、弁護士止めて研究員やってますって、

ネタにできそうだしな。

マジャポン:
すんげ~どうでもいい情報だったね・・・。

ロクメガ:
次で最後だ。

マジャポン:
最後まで残ったねブロックマン。

ロクメガ:
ロックマン11は体験版のブロックマンで始まり、

ボスラッシュのブロックマンで終わる・・・か。

Twitterにアップされている動画で見たんだが、

彼にパワーギアを使わせずに倒すことが、

可能なんだそうだ。

マジャポン:
既にこの動画では使っちゃってるみたいだけど?

ロクメガ:
この動画撮ってる時点ではそんなこと可能だなんて

知らなかったからな。

まぁガチでTAするなら必須スキルかもな。

マジャポン:
やり方わかるのん?

ロクメガ:
チェインブラストでパワーギア発動の合図となるセリフ聞いたら、

パワーギア使ったフルチャージショットで止めを刺すんだ。

見ているだけなら簡単そうに見えるが、

実際のところ簡単ではなさそうだ。

マジャポン:
パワーギア使ったフルチャージショットって?

ロクメガ:
知らない人も多いかもしれないが、

ファイナルチャージだけならパワーギアでも使えるんだ。

パワーギアでオーバーヒートギリギリまでチャージすれば、

パワーギアでファイナルチャージ打てるぞ。

マジャポン:
へ~それは知らなかった。・・・って終わってるし!

・・・って終わっとる!

ロクメガ:
って、ワイリーステージ3、

ボスラッシュだけかい!

マジャポン:
なんか・・・うん、なんか・・・

短かったね。

ロクメガ:
動画の長さや、プレイ時間的には丁度いいが、

もう一つくらい普通に攻略できるワイリーステージが欲しかったな。

マジャポン:
一時間クリア実績のためにこうなったのかな?

ロクメガ:
さぁな。なんにせよ、次回で最後だ!

ご視聴ありがとうございました!

よいロックマンライフを~

ロックマン11 ラバーマンについて思うこと!
ロックマン11 ラバーマンについて思うこと!

皆さんこんにちは! ロクメガです!

今回はロックマン11のラバーマンについて語ります!

スポンサードリンク







顔のデザインがギャラクシーマンそっくり!

パッケ絵で彼の名前を予想した時からずっとギャラクシーマンやアストロマンに似ているなぁと思っていました。

またピンク色であることから、初の食べ物系ではないかと予想していましたw

コットンキャンディ(綿あめ)を略してコンディマンとか、クリームマンとかw

ラバーマンの名前を予想した動画

残念ながらどちらも間違っており、名前はラバーマンに決まりましたw

モチーフはゴムとかスーパーボールだそうでw

まぁ、食べ物は攻撃にできないですもんねぇ~。

因みにパッケ絵では彼の体は隠れているようで、実はうっすらと体の大きさが見えていたりします。

左側に彼の体のラインが少しだけ見えているんですね。

お分かりいただけるでしょうか?

彼の全体像が判明して後でパッケ絵を見返してようやく気付きました。

あの位置にいるってことは、大きなボスなのかな? と漠然と思っていたのですが、その通りでした!

どうしても声優に目が行きがち!

アニメなんてもうほとんど見なくなりましたが、そんな私でも彼の声優である田村ゆかりさんくらいは知っています!

「ひぐらしのく頃に」という作品でアニメ、CS移植版で古出梨花ふるでりかというキャラクターを演じたことで有名です!

このゲームは最近新たなシナリオを加えてニンテンドースイッチ版がでました。

こんなゲームです

私は同人ゲーム版もコンシューマー移植版も遊びつくしており、新たにプレイしなおす気はないのですが、まだプレイしたことがない方にはお勧め・・・できるのかな?

というのも、私はこの作品は同人版こそがある意味一番面白いと思っていて、CSは色々な意味でちょっとおすすめしずらいなぁと考えているためです。

ただ、シナリオのボリュームはそんじょそこらの述べるゲームが裸足で逃げ出す分量なので、大ボリュームの伝奇物を読みたいという方には一応おすすめできるかな?

話を戻しますが、田村さんはほかにも様々なキャラクターをゲーム、アニメを問わず出演されている名優で、今ではプリキュアの役もやっているそうです(私自身は未確認)。

っていうかこのゲームのキャラクターの中ではロールちゃんと並んで二人目の女性声優を使ったキャラクターなんですね。

ロックマンでこういう声優を使うこと自体、目立つのは当然なのかもしれません。

スポンサードリンク







ステージが鬼畜の一言!

11イレブン開始当初からツイッター上で「彼のステージは辛い」という声を聴いていましたが、確かにあのステージは慣れるまでがキツイ!

っていうか辛いです!

この手の跳ね返ったり大きくジャンプしたりっていうアスレチック要素は、ロックマン7のスプリングマンが有名ですが、このステージはゴムなんですねw

なんで上下左右にロックマンが跳ね回るわけですが、こういう空中制御が必要になるステージは正直苦手なんですよねぇ~。

しかも一回落ちたらまた昇りなおすっていう要素もあって、ひじょ~に辛い!

慣れた頃にはそこそこクリアできるようになりましたが、こういうところは苦手ですわ。ほんっと!

ラバーマンは強いほうのボスだと思う・・・!

個人的にこのボスはトーチマンと同じ強さを感じました。

いや、単純になれてないだけなのかもしれませんが、トーチマン以上に動きが読めないんですよね。

パワーギアタイプかと思いきやスピードギアで高速で跳ね回る!

なので思わず、弱点を使って倒しました!

弱点は今は伏せておきます。動画では使ってるので、どうぞご覧ください

ロックマン11 ラバーマンステージ攻略

因みに弱点は何となくそれっぽいので使ってみたら当たってました!

正直なところ、あんまり彼のパターンはちゃんと見切れていないので、今度じっくり戦ってみたいなと思います。

ボスのアクションを楽しむっていう形でも、ニューカマーモードって便利なのかも・・・。

というわけで今回はこの辺で!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク







ロックマン11のラバーマンへの弱点は、止めを刺す時だけにしたほうがいいかも・・・。
ロックマン11のラバーマンへの弱点は、止めを刺す時だけにしたほうがいいかも・・・。

皆さんこんにちは! ロクメガです!

これにてロックマン11の動画も5本目!

今回のボスはラバーマンになります!

正直声のせいで彼が男性であるということを忘れてしまいそうになるのですが、彼はれっきとした男性!

アストロマンくらいの声のほうがその辺忘れられずに済みそうな予感www

ラバーマンの動きは絶妙にわかりづらく作られており、個人的に初見では中々苦戦できるボスだなぁと感じました。

しかしながら、弱点を突いて倒そうとすると、彼の前身のパーツが分裂して襲ってくるため、なおさら倒すのが難しくなるという罠でもあったりします。

個人的にとどめの時のみに使うのがベストかもしれません。

実際今回しょっぱなから弱点(と思っていたあの武器)を使ってみましたが逆に苦戦したような気がしました。

というわけで今回の動画になります!

ロックマン11 ラバーマンステージ(ゆっくり実況・解説)

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:
こんにちはロクメガ(兄者)です。

マジャポン:
こんにちはマジャポン(弟者)です。

ロクメガ:
今日はラバーマンステージに挑戦しようと思う!

マジャポン:
あの極悪ステージで有名なラバーマンか。

ロクメガ:

始めてみよう

マジャポン:
BGMがとてものどかな感じだね。

ロクメガ:
ロックマン7のスプリングマンステージとは、

別の意味で楽しさを感じるステージだな。

しかしそんなのどかなBGMとは、

かけ離れた辛さを持つのがこのステージなんだよな。

マジャポン:
スプリングマンステージが遊園地のアトラクションなら、

このステージは公演のアスレチックって感じだね。

うわっ! 凄い勢いで飛んでった!

ロクメガ:
ロックマンがあのバルーンに触れると、

その瞬間吹っ飛ばされる。

ジャンプボタンを押しっぱなしにすると、

その勢いや距離も増す。

マジャポン:
なんかステージギミックがあった見たいだけど、

それは無視なんだ。

ロクメガ:
あの手の形をしたギミックは、

正直言ってテンポが悪い。

飛ばせるなら飛ばすに限る。

マジャポン:
今倒した敵、わざわざパワーギア使うほどなの?

ロクメガ:
ポヨーンは耐久力はないほうだが、ボヨーンはかなり硬い。

跳ね回っててピンポイントでバスターが当てづらいから、

ダブルチャージで一気に叩くのさ。

マジャポン:
ポヨーンとボヨーンっていうんだ・・・。

どっちがどっちだかわからないね。

ロクメガ:
緑の奴が耐久力の高いボヨーンで、

ピンクの奴が耐久力の低いポヨーンだ。

正直俺自身も、どっちがどっちだかわからなくなる。

マジャポン:
まぁ、覚えとく必要なんてないだろうけどね。

ロクメガ:
何を言う!

ロックマン博士を目指すなら、

雑魚まで覚えておくべきだろう!

マジャポン:
兄者そんなもの目指してるのか・・・?

ロクメガ:
ロックマンフリークとしてはな。

それに公式がギャラリーという形で、

雑魚や中ボスにまで細かい設定を用意してある。

そういうのを見て楽しみながら、

ロックマン知識も増やしていきたいのさ。

マジャポン:
まぁ、別に止めるようなことでもないけどさ。

おっと、ここはラッシュコイルでは突破できないね。

ロクメガ:
正攻法で突破するしかないな。

だがまずは邪魔な雑魚を片す。

マジャポン:
強引に切り抜けたね。

ロクメガ:
強引とは心外だな。

行けそうだから行っただけだ。

マジャポン:
人はそれをごり押しという。

ロクメガ:
人聞きが悪い。

マジャポン:
っていうか何やってんの?

ロクメガ:
ここバスターだけじゃ面倒なんだが、

まだスティックによる特殊武器選択に慣れていなくてな。

色々試してた。

ついでにこれを上る時、凄い速さで登っていくから、

色んな意味でここが辛いところだ。

マジャポン:
た、確かに速い!

ロクメガ:
スピードギアをどこで使うべきか悩むぞ。

マジャポン:
今ブレイジングトーチ使う必要あった?

ロクメガ:
この絶妙に不安定な状況で狙われるのは御免なんだよ。

今の雑魚だってものすごく邪魔だしな。

マジャポン:
あんな所から狙われると確かに辛いね。

ロクメガ:
すまんラッシュ、間違えて呼んでしまった。。

マジャポン:
目の前には、え~・・・っと、どっちだっけ?

ロクメガ:
緑色の耐久力が高いボヨーンだ。

マジャポン:
マジで紛らわしい!

っていうかもうボスなの?

ロクメガ:
いや、あのゲートは中ボスだな。

マジャポン:
で、でかいカエル!?

ロクメガ:
いや、どうやらあれは風船でできているようだな。

あの中で操っている奴がいる。

マジャポン:
中々凝った中ボスだね。

中身が出てきた!

ロクメガ:
スピードギアで至近距離連射!

マジャポン:
スピードギアブースターこういう時便利だね。

ロクメガ:
何せ連射力が大幅に上がることと同じだからな。

そりゃ強いさ。

マジャポン:
ここは落ちたら即死のパターンかな?

ロクメガ:
もしかしなくても落ちたら即死のパターンだな。

落ちたらこの高度から外に落っことされるのかもしれん。

マジャポン:
意外と容赦ないねそれ・・・。

っていうかこの施設の名前なんていうんだろう?

ロクメガ:
ポインポインパークだそうだ。

マジャポン:
また絶妙に誤解を与えそうな名前だね。

ロクメガ:
まぁ、響き的に仕方ないかもなそれは。

マジャポン:
ところでさ、穴の下から出てくる雑魚。

わざわざ押し戻してくれる当たり親切だね。

ロクメガ:
・・・言われてみればそうだな。

それでも落ちるときは落ちるが。

マジャポン:
ポイーンがバスターと壁に挟まれてタヒんだ!

ロクメガ:
ボイーンだ馬鹿野郎!

マジャポン:
覚えられないよ!

うわ! 手の仕掛けがいっぱい!

ロクメガ:
こんなもん正攻法でやってられるか!

ラッシュコイルでさっさと上る

ぼいーんばっかでウゼェ!

マジャポン:
またもダブルチャージで抹殺か。

ロクメガ:
3体もいると流石に速攻ではつぶせんな。

またも面倒くさい場所だ。

マジャポン:
ここ絶妙に嫌らしい配置になってるんだよね。

ロクメガ:
風船の反射を繰り返して上っていくのは、

ちょっと心臓に悪い。

マジャポン:
スプリングマンステージにも似たようなのなかったっけ?

ロクメガ:
スプリングマンステージのスプリングは、

伸び縮みするモーションがあるから、

動きをじっくりみる時間があったんだよ。

マジャポン:
あ~なるほど。

スプリングはボヨンボヨンって感じだけど、

こっちはポンポンポン、って感じだもんね。

ロクメガ:
その表現で上手く伝わるかは微妙なところだが、

確かにそんな感じではあるな。

中ボス・フロッグバルーン2回目。

マジャポン:
ポンポン跳ねる状態で戦うのは大変だね。

ロクメガ:
奴の攻撃はパターンだから、そこまで大変でもないさ。

そのパターンが分かるまでが辛いところではあるが。

マジャポン:
意外とあっさり行った!

ロクメガ:
ちきしょ~! 当たらねぇ~!

マジャポン:
もう一回かな?

ロクメガ:
かかってこいやこら~!

よし、これでケリをつける!

よし、倒せた!

マジャポン:
強制的に跳ね回るのって、イライラするよね。

ここでもラッシュ大活躍!

ロクメガ:
あんな場所のライフ回復(小)なんて取ってられん。

リスクとリターンのバランスが釣り合ってない。

マジャポン:
確かに・・・。

ロクメガ:
邪魔だトーサナイザー!

マジャポン:
哀れトーサナイザー・・・・

ってそういう名前なのん?

ロクメガ:
そういう名前だぞ。

このエリアを突破したらラバーマンと対決だ。

マジャポン:
また面倒くさそうだね。

所でずっと気になってたんだけどさ、

このステージ始まってからずっとチャージしてない?

ロクメガ:
オートチャージのパーツを装備してるからな。

高速連射ボタンとチャージショットの使い分けが、

簡単にできるこのゲームでは非常に使い勝手がいい。

マジャポン:
こうしてみると、パーツ装備一つで、

難易度が簡単に下がっちゃうね。

ロクメガ:
まぁ、最初のうちは使えるものは使っていくさ。

マジャポン:
でもE缶でごり押しはしないよね。なんで?

ロクメガ:
ロックマンは難関を乗り越えるのが楽しいんだ。

E缶を使うのは自分の実力で勝ち目がないと

判断した時だけだ。

マジャポン:
それって例えば7のワイリーカプセルとか?

ロクメガ:
あれは仕方ねぇよ・・・。

落ちるとこ間違えた!

マジャポン:
上ってから落ちなきゃいけないんだね。

ロクメガ:
面倒なアスレチックだ・・・。

ここタイムアタックとかやる気おきん。

マジャポン:
タイムアタック挑戦しないの?

ロクメガ:
スコアを煮詰めるタイプのチャレンジは苦手なんだよ。

一時間で一周するチャレンジくらいならやってみようと思うが。

ガチで一つ一つのステージのタイムを煮詰める気にはなれん。

マジャポン:
兄者が好きなのは、やっぱりボスアタック系みたいだね。

Xチャレンジもハード攻略までしちゃったわけだし。

ロクメガ:
強者を下すチャレンジの方が好きではあるな確かに。

自分との戦いは、張り合う相手がいないからな。

アチーブメントを集めるまでは頑張るが。

さぁ、ラバーマンと勝負だ!

辛かったわボケェーーーーーー!!

マジャポン:
お、落ち着け兄者・・・!

ロクメガ:
ぶっ潰してやる! 覚悟しな!

マジャポン:
ラバーマンのパンチ伸びるね。

ロクメガ:
タイミングさえ合えば、あんなの簡単に交わせる。

厄介なのは動きがたまに読めないことだな。

マジャポン:
割と簡単に交わせてない?

ロクメガ:
いや、厄介なのはこれからだ。

流石に至近距離だと回避しきれんな。

マジャポン:
うわっ! 動き速い!

ロクメガ:
こういう時のためのスピードギアさ!

マジャポン:
負けとるがな!

ロクメガ:
うっさいだまれ!

マジャポン:
今日の兄者は荒れてるなぁ~・・・。

ロクメガ:
所で弟者よ。こいつの弱点は何だと思う?

マジャポン:
え? 弱点突くつもりなのん?

ロクメガ:
今ある中でそれっぽいものがあるからな。試してみよう。

マジャポン:
おお! パイルドライブが弱点だったのか!!

ロクメガ:
しかし、この状況は逆によくないかもな。

攻撃しづらい。

とりあえずもう一発当ててみよう。

分裂中はダメージ減ってるな・・・。

マジャポン:
止めに一発当てる程度に、

使い方をとどめたほうがいいんじゃない?

ロクメガ:
パワーギア使っても、ダメージは変わらんか・・・。

まぁ、なんにせよ。

次のパイルドライブでケリを付けよう。

マジャポン:
弱点突いて避けてるだけなのに、

なんでこんなにダメージ受けてるのか・・・。

ロクメガ:
向こうもスピードギアを使ってきたようだ。

ならばこちらも、スピードギアで対抗だ!

ラバーマン、撃破あ!

マジャポン:
初の弱点での勝利だね!

ロクメガ:
こいつは分かりやすいほうだったな。

特殊武器、バウンスボールゲット!

マジャポン:
なんかどっかで見たことあるような・・・。

ロクメガ:
10のリバウンドストライカーのことか?

マジャポン:
あ~それだ!

ロクメガ:
大きさを犠牲に数を増やした感じだな。

絶妙に使い道に困る気もするが・・・。

マジャポン:
それはありそう・・・

ロクメガ:
さて、残り3体か。いよいよ後半だな。

マジャポン:
残るはブロックマン、アシッドマン、ツンドラマンか。

ロクメガ:
どっちに行くか悩むなぁ・・・。

まぁ、気になったほうに行ってみるか。

というわけでご視聴ありがとうございました。

よいロックマンライフを~!

「ロックマン11 運命の歯車!!」のボス4体について
「ロックマン11 運命の歯車!!」のボス4体について

皆さんこんにちはロクメガです。

速いものでロックマン11発売一週間を切りましたね!

あっという間の一週間でした。

私がXチャレンジやってる間に新たに4体のボスの詳細が明らかになりましたが、今回はそれについて語っている動画になります!

というわけで動画をドぞ~!

スポンサードリンク







また今回もロックマンXのイラストをいただいておりますので、こちらで紹介しておきます!

鉛筆で書かれたイレハン3人!

非常に格好いいイラストです!

提供してくださった、Y.Hammarさんありがとうございました!

以下下書きになります!

ロクメガ:
ロックマン11発売まで一週間を切った!

マジャポン:
ワクワクしてくるね!

ロクメガ:
そして俺が、Xチャレンジやってる間に、
11のボス達の情報が全て明らかになったぞ!

マジャポン:
発売前からそこまでばらしちゃっていいのかな?

ロクメガ:
2体くらいは隠したままにしておくのかと思ったが、
そうでもなかったな。

というわけで今回は今まで全く触れてこなかった、
4体のボスについて語っていくぞ!

マジャポン:
Xチャレンジ始める前までに作ってた動画では、
トーチマンについてまで話してたよね。

ロクメガ:
トーチマンについてはボス名予想をした次の日に、
名前が判明したんだよな。

マジャポン:
ズバリ兄者がぴたりと当てたボスだったね。

ロクメガ:
彼は肩パーツの形が特徴的だったから、
分かりやすかったのが大きいな。

トーチマンといえば東京ゲームショウ2018で、
声優である小西克幸さんが壇上に上がって色々
語っていたな。

ただそれについて話しだしたら今回の話から
脱線してしまうので別の機会にしよう。

マジャポン:
うっす。

ロクメガ:
Xチャレンジ中に明らかになった4体のボスは、

パイルマン、ラバーマン、
アシッドマン、ツンドラマンの4体。

一人一人語っていこう!

因みに今回に限ってはあまり調べずに書いているので、
間違ったことが書いてあってもご了承ください。

マジャポン:
なぜ?

ロクメガ:
この段階に入ると、プレイして確かめたい
気持ちの方が強いんだよ。

元々ゲーム発売前は情報を遮断する性質だし、
発売前に色々情報を集めすぎてしまうと、
実際にプレイした時の楽しみが減ってしまうからな。

マジャポン:
なるほど。

ロクメガ:
というわけでまずはパイルマンについてだ!

マジャポン:
ディーゼルマンじゃなかったね。

ロクメガ:
モチーフについては間違っていなかったようだが、
流石にディーゼルではなかったな。

まぁ、ディーゼル自体が人の名前だから、
ある意味外れて当然だったかもしれん。

マジャポン:
え? ディーゼルって人の名前なの?

ロクメガ:
ディーゼルエンジンを開発した、
ルドルフ・ディーゼルっていうドイツ人の名前だ。

まぁ、結構創作の世界では使われているから、
あんまり気にしてなかったけどな。

サンドウィッチだって、サンドウィッチ伯爵に
ちなんでつけられているし、

ハンバーグだって、ハンブルグっていう地名から
取られている。

マジャポン:
へ~有名な名前も元々人名とかが
由来になっているものあるんだね。

ロクメガ:
話を戻そう。

パイルマンの名前の元ネタは十中八九、
パイルバンカーからきているものだろう。

因みに海外では
インパクトマンという名前のようだ。

マジャポン:
パイルバンカーもインパクトも、
創作ではよく出てくる名前だね。

ロクメガ:
そうだな。どうやら彼はは
黄色、オレンジ、黒の三つのロボットが
一つになってあの姿になるようだ。

マジャポン:
これはまた色んな意味で異色のロボットだね!

ロクメガ:
PVでは「トッカントッカントッカン!」
と叫んでいるが、突貫工事だと言いたいのだろうか?

マジャポン:
彼が工事したところ・・・なんか怖いね・・・。

ロクメガ:
因みに声を担当するのはてらそままさきさん。
俺が知ってるのは、ポケモンのゲーチスくらいだな。

マジャポン:
悪の組織の親玉が、ロックマンに登場!

ロクメガ:
そういうことになるな。
彼の特殊武器は体験版で使えるパイルドライブ。

ぶっちゃけ俺は、Xシリーズに存在している、
エアダッシュの代わり程度にしか使ってなかった。

マジャポン:
扱いひっでぇ!

ロクメガ:
ロックマンでエアダッシュができるとあっては
使いたくなるってもんさ。
間違った使い方なのは認める。

それじゃあ次に行こう。

次はラバーマンだ!

マジャポン:
物凄く大きいボスがやってきたね!

ロクメガ:
パッケ絵の時点であの場所にいたから、
大きいボスなのではないかと予想していたが、
本当にそうだった。

マジャポン:
パッケ絵での位置関係からそんなこと予想しても、
普通は当たらないでしょ。

ロクメガ:
俺も何となくそんな気がしていただけだったよ。

マジャポン:
公式のPVとか見ても、風船がモチーフなのは
明らかだけど、なんでラバーなのかな?
バルーンマンでもいいような気がするけど。

ロクメガ:
バルーンじゃちょっとイメージが
コミカルすぎるからじゃないか?

ラバーなら風船以外の色々なところで
使われている単語だし、
かっこよさげなイメージもある。

マジャポン:
確かにそんな感じするね。

ロクメガ:
このボスのモチーフやPVで確認できる
ステージ構成からは、
7のスプリングマンと似たものを感じるな。

マジャポン:
あ~確かにイメージが近いね。

ロクメガ:
声を担当するのはアイドル声優の田村ゆかりさんだ。

マジャポン:
また有名な人使ったね。

ロクメガ:
まさかこの人がロックマンに
出演するときがくるとは思わなかったな。

マジャポン:
なのはシリーズとか、
結構色んな声担当してるよね。

ロクメガ:
俺が知ってるのはなのはと
ひぐらしくらいだがな。

特殊武器については今のところ何も知らない。
これは本編で確かめることにする。

マジャポン:
うっす。

ロクメガ:
次は最近明らかになったアシッドマンだ。

マジャポン:
おお? これもあたりじゃない?

ロクメガ:
どうかな? ボス名予想では、
アシッドマン、あるいはスライムマンかもしれない。
と予想したから、当たっていたと言えるかは微妙だ。

マジャポン:
体ものすごく細いね。パッケ絵からは
ごつい感じをイメージしてたけど。

ロクメガ:
俺も思ったな。こんなに細いとは。PVでは
「ようこそ私の研究プラントへ」
といってるから、研究者タイプのボスなんだろうな。

PVではバリアのようなものを纏っていることから、
特殊武器はアシッドバリアといったところか?

マジャポン:
フムフム。研究者タイプだから、
バリアで体を守っているのかな?

ロクメガ:
そのイメージであっていると思うぞ。

どうでもいいけど、研究者だから
細い必要はないんじゃないだろうか?
ごつい研究者がいてもいいような気がするんだが。

マジャポン:
その辺はイメージでしょ。

声優さんはどちら様?

ロクメガ:
わからん。というか調べてない。
プレイして確かめるとしよう。

今はなるべく情報をシャットアウトしたいからな。

マジャポン:
ほかのボスでは声優さんの名前知ってるのに?

ロクメガ:
それはすでに耳に入っている情報だったってだけだ。

分かることを分からないようには言わないし、
その逆もしないさ。

マジャポン:
にゃるほど。

ロクメガ:
最後のボスはツンドラマン!

マジャポン:
お? これも予想が当たったんじゃない?

ロクメガ:
確かにな。ちなみに
フローズンマンというのも耳にしたが、
こちらは海外名のようだ。

マジャポン:
今作はやっぱり日本語名と海外名が違うんだね。

ロクメガ:
全部が全部そうなのかはわからないが、
アニコレのように、海外版も遊べるなら、
直接プレイして確かめてみようじゃないか。

マジャポン:
体験版じゃ両方遊べたから、
その辺については問題なさそう。

ロクメガ:
海外のハードやソフトを用意せずとも、
海外版を遊ぶことができる。
良い時代になったものだな。

マジャポン:
声優さんはどちら様が演じてるのん?

ロクメガ:
川田伸司さんという方だ。
カプコン製品で直近で演じたキャラは、
大逆転裁判のホームズだな。

マジャポン:
大逆転裁判はおいらもプレイしたけど、
ホームズさん良いキャラだったよね。

ロクメガ:
分かっていないようでいて、
全て分かっているというキャラだったな。

今作のツンドラマンで、どんな演技を
披露してくれるのか楽しみだな。

さて、これで全てのボスが出そろった。

マジャポン:
発売が楽しみになってきたね!
因みに兄者、今から戦うのが楽しみなボスは?

ロクメガ:
ブラストマンだな。
今から彼と戦うのが楽しみだ。

マジャポン:
爆発系だから?

ロクメガ:
いや、遊馬先生だからな。

マジャポン:
遊戯王補正かよ・・・。

ロクメガ:
というわけでご視聴ありがとうございました。
よいロックマンライフを~。

マジャポン:
よいロックマンライフを~!