え~皆さんこんにちは。ロクメガです。

ここ最近バイオハザード7をプレイしていたのと、疲れがたまっていたせいか、ブログの更新に手を付けられませんでした。

いや、睡眠時間って大事ですね。動画作りに夢中になってると時間なんていくらあっても足りないんですよねぇ。

とまあ、そんなわけで今回から今年一月に発売されたばかりのバイオハザード7について少しかたろうと思います。

が、今作を語る前にロクメガがバイオハザードというブランドについて思っていたことをまずはお話します。

まぁ、主に前作がらみなんですけどね。

前作、バイオハザード6

スポンサードリンク







前作は……酷い出来でした……。

正直私はもうバイオハザードというブランドはこのままいけば衰退の一途だろうと思ってました。

というのも前作があまりにも酷くて、生みの親が抜けたゲームシリーズは衰退する運命なのかな~なんて思ってたくらいです。

バイオ6がどれくらいヒドイのかはこちらを見ていただくとしてですね、実をいうとロクメガは、

バイオ6発売と聞いた瞬間から嫌な予感がしてました。

なぜならバイオハザードの黒幕は5で死亡、アンブレラの創始者も死亡。

キャラゲーの面から言うと、主人公たちを続投させてシリーズを展開させていくためには、アンブレラとはまた別の……いわゆる「悪の組織」って奴を出さなければお話の続きを作れないだろうと思っていたのです。

さらに言えば、6発売の前後は「体は大人、頭脳は子供」の小林 裕幸(こばやし ひろゆき)なる人物が業界内外で悪評をとどろかせており、カプコンさん自身も監督を放棄しているという無法状態でした。

この二重の理由で嫌な予感がしていた6はものの見事にヒドイ有様であり、ロクメガ自身「こんなんしか作れないならもうバイオはいいや^^」って思ってました。

実際発売から一カ月ほどで「赤い彗星」もびっくりの速度で値段が急降下していき、私が買った時は3400円くらいでした。

それから早4年。7を作ってると聞いて、ため息が出たのは今でも覚えてます。

「すべては恐怖のために」

っていうキャッチコピーもまるで

「前作はすいませんでした」
「ホラーのこと忘れてました」

って言ってるように感じてしまい、なんだかな~って思ってたんですね。

なので、バイオ7もちょっぴり気になってはいましたが、自分の身銭を切ってまでプレイする気にはなりませんでした。

そんななか我が弟者(おとじゃ)からこんな連絡が!

弟者「兄者よ、Amazonで使えるTポイントが6000円分あるんだが……」
ワタチ「なにゃあ!?」
弟者「どうする? バイオ7でも買うか?」
ワタチ「……」

こうしてロクメガは「バイオ7」を手に入れた!(てーれれてってってー デン!)

そんで、バイオ7のプレイを早速始めたロクメガでしたが、その完成度は

非常に高いものでした!

とまあ、ここまでが前置き。

次回から本格的にバイオハザード7について語っていこうと思います!

んでは!

スポンサードリンク