ロクメガブログ

ロクメガブログ

記事一覧

ロックマンシリーズのキャラクターを語る記事一覧

ロックマンシリーズのキャラクターを語る記事をまとめた記事です。

 

キャラクター単位で語るので、アーマーを語るシリーズとはまた別の記事となります。

 

 

ロックマンXシリーズ

目次へ戻る

ロックマンX7

 

ロックマンXコマンドミッション

 

 

目次へ戻る

 

ロックマンX7のゼロは、なぜこうも使いづらいキャラになってしまったのか?

こんにちはロクメガです!

 

先日アクセルに続いて、ゼロでも配信でX7を攻略しました!

 

アクセル同様今回もX7ににおけるゼロについて語っていこうと思います!

 

主に作中での活躍、キャラ性能について語っていこうと思います。

 

※このブログではロックマンX7のキャラクターに関する記事を書いております。

※X7キャラクター一覧については下記リンクを御覧ください。

 

 

 

シナリオにおけるゼロの立ち位置

 

ロックマンX7でのゼロの立ち位置についてですが、一言で言うならアクセルの保護者です。

 

本作ではエックスが最初から使用不能の状態からスタートし、弱体化したハンター業務をゼロが請け負っていたわけですね。

 

そして戦いを忌避するようになったエックスはバウンティ・ハンターレッドアラートから抜けてきたアクセルにかなりヒステリックに言葉をぶつけます。

 

エックスのセリフ

 

エックスのセリフ

 

エックス「仕方ないだと!? ふざけるな!?」

(中略)

エックス「知ったような口を聞くな! お前は黙って今までの罪を償うんだ!」

 

病んでますなぁ~・・・エックス。

 

ゼロ自身はこのエックスに対して肯定も否定もしておらず、かなり冷静に状況を把握し、自分のやるべきことに答えを出し、淡々とハンター業務をこなしているようにも思えます。

 

置鮎さんの演技のためか、はたまたX6以前よりも一歩引いたポジションにいえるせいか、これまで以上に感情的に見える部分は鳴りを潜めており、シリーズで最も冷静なゼロとみなすことができるかもしれません。

 

ゼロのセリフ

 

ゼロ「奴らはきっとこいつを連れ戻しに来るな。」

 

ゼロのセリフ

 

ゼロ

「そうだな。奴らはマトモじゃない。

当然話し合いも通じないだろう、こいつが戻ったところでおとなしくなるとは思えない。」

 

本作はダブルヒーローシステムということで二人一組でゲームを進めていくわけですが、必然的にゼロとアクセルでコンビを組む機会が多くなります。

 

話を進めていくごとにアクセルが語る過去についてゼロも少しずつ態度の軟化、感情移入が少しずつ起こっており、ゼロが立派な保護者をしていることがよくわかります。

 

ゼロのセリフ

 

ゼロ「ほとんどが犯罪者だと聞いているが?」

 

実際ステージを一つ攻略した直後だとまだアクセルを詰問きつもんするような口調なのですが、4つ目のステージ攻略直後になると、ある程度信頼関係が生まれているように思えます。

 

アクセルのセリフ

 

アクセル

「バウンティ・ハンターそのものが変わってしまった。

僕の知っている仲間はもういない・・・」

 

ゼロのセリフ

 

ゼロ「・・・アクセル」

 

画像とセリフだけでは伝わらないかもしれませんが、アクセルのことを気遣っていることがよく伝わってくるシーンです。

 

意外と後輩の育成とかで、彼は力を発揮してくれるのではないかと思えましたw

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

X7でのゼロの性能

 

さてそんなゼロのゲーム面での性能についてですが、3D化の悪影響を存分に受けてしまったキャラであると言わざるをえない性能になっています。

 

  • セイバーの振りは従来作に比べて3倍くらい遅くなり、
  • リーチそのものも非常に短く、
  • 3D化の影響で距離感も掴みづらく接触事故はザラ、
  • 空中制御にも難があるためジャンプ中のヒットアンドアウェイが機能しない、
  • ジャンプ斬りは横斬りになっている為上に向けて攻撃できない、

 

と、何を参考にすればこんな性能になるのか理解に苦しむ仕様と言ってもいいでしょう。

 

横斬り

2Dでも横斬り!

 

初見でゼロの性能に絶望し、たまにゼロが有利な場面で使っていたというプレイヤーもそれなりに多いのではないでしょうか?

 

では、本作におけるゼロが弱いのか? というとそれはまた別の話になってきます。

 

 

目次へ戻る

セイバー1段目が高火力

 

セイバーの振りは本作ではデフォルトで4回。

 

さらにレスキューをこなしてパワーアップすると最大7回まで増えるわけですが、本作のゼロの連続攻撃は使い道がほぼありません。

 

7回も斬るような相手はいないし、ボスだって無敵時間に阻まれて連続で切ってもダメージにならないからです。

 

このことを考慮に入れたのか、本作のゼロはなぜかセイバー1段目がやたら高火力になっています。

 

ボス戦でのゲージの減り方を鑑みるに、エックスのチャージショット未満、アクセルバレット以上程度の火力はあるようです。

 

セイバー1段目

強力なセイバー1段目

 

このセイバー1段目で斬って離れてを繰り返す地上戦でのヒットアンドアウェイが、ゼロのメインの戦い方となります。

 

特にボス戦ではこれが顕著になり、棒立ちの時間が長いソルジャー・ストンコングあたりなんかは、斬っては離れるを繰り返す作業感の強い戦いになります。

 

ラーニング技が揃っていない序盤のうちはこんな戦い方しか出来ないわけですね~。

 

スポンサードリンク
 

 

目次へ戻る

ボス戦で大活躍のラーニング技

 

攻撃性能に難のあるゼロですが、その一方ラーニング技は非常に優秀なものがいくつかあります。

 

  • 2Dパートの地上戦で有利な斬光輪ざんこうりん(ヘルライド・イノブスキー)
  • 縦方向への攻撃を可能とする雷神昇らいじんしょう(トルネード・デボニオン)
  • ホーミングミサイルを発射する飛影刃ひえいじん(スナイプ・アリクイック)

 

この3つあたりはボス雑魚を問わず大活躍するラーニング技と言えます。

 

特に斬光輪と飛影刃はシグマ第一形態戦では、上の足場でどちらかを撃っているだけの作業になります。

斬光輪

斬光輪を落とす


爆炎陣ばくえんじん以外のラーニング技はエネルギー消費がないので、弱点が怯むだけで低ダメージだったとしても使い続ける価値はそれなりにあります。

 

ただし爆炎陣、てめぇーはだめだ。

 

ちゃんと弱点として機能しているほどのダメージが発生しているものもあるので、本作のラーニング技は明らかに特殊武器より強いと言えるでしょう。

 

シグマ第二形態は遠距離攻撃のいくつかは獄門剣ごくもんけんとセイバー攻撃で跳ね返すことができ、しかも跳ね返した攻撃には怯み効果もあります。

 

このためシグマ第二形態戦においては飛影刃ともども遠距離攻撃が可能となり、高速パンチで近づいてきたときは、大きく動いて回避するという戦い方がメインとなることでしょう。

 

獄門剣で跳ね返す

獄門剣で跳ね返す

 

セイバーで弾き飛ばす

セイバーで弾き飛ばす

 

レッド戦においてもラーニング技、というより飛影刃が大活躍します

 

アクセルの場合はGランチャーをきちんと当てるために、距離と向きと立ち位置を細かく考えながら逃げる必要があったので非常に難しかったのですが、

 

ゼロの場合は画面内にレッドがいたら飛影刃を撃って着弾を確認したら逃げるだけでいいのです。

 

 

 

前回アクセル編ではレッド戦で苦労させられましたが、ゼロ編ではノーティウンでクリア出来ましたからねw

 

このため本作のゼロのラーニング技は、遠距離攻撃可能な優秀な技が多く、終盤のレッド、シグマ戦において、最も戦いやすいキャラという見方ができます。

 

近接戦闘キャラにそんな技ばかりつけるのはいかがなものかと思わなくもないですが、このゲームの仕様を考えたらそれが最適解になるのだから仕方がありません。

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

ゼロシリーズから逆輸入(?)された専用武器

 

本作のラーニング技の中には特定の武器を所持した状態でなければ撃つことが出来ない技もあります。

 

  • Dグレイブで打てる水烈閃すいれつせん(スプラッシュ・ウォフライ)
  • Vハンガーで打てる双燕舞そうえんぶ(ウィンド・カラスティング)

 

の2つの技がこれに該当します。

 

ゼロシリーズからの逆輸入なのか、

 

  • 二本のナイフのようなVハンガー、
  • 薙刀なぎなた型のDグレイブ、

 

という2つの武器を持った状態で使うわけですね。

 

しかし、セイバー自体が近接戦闘で大変な苦労を強いられるのに、それとは別の近接戦闘用の武器があっても接近戦なんて仕掛けようがありません。

 

セイバー1段目でヒットアンドアウェイの戦い方がメインとなる以上、これらは武器としての使い道はほぼなく、ラーニング技でボスに弱点をつくためだけに使われることでしょう。

 

双燕舞は威力が低すぎて、これを弱点とするバニシング・ガンガルンをひるませるくらいしか役に立ちませんが、その代わり無限に撃てるのでウィンドカッターよりは使い勝手が上です。

 

双燕舞

双燕舞

 

水烈閃は逆に非常に高威力の技となっている上に、当てるのはそんなに難しくないので、このゲームの弱点技の中では珍しくまともに機能していると言えるでしょう。

 

水烈閃

水烈閃

 

Vハンガーは本作のみの武器となり、Dグレイブは続編であるロックマンX8に引き継がれることになりました。

 

目次へ戻る

まとめ:弱いわけじゃない

 

元々もっさりしている本作のアクションですが、ゼロのもっさり感は特にいろいろな意味で酷いものとなっており、まともに動かすこと自体が難しいと評さざるをえないかもしれません。

 

アクセルよりは高威力の技を持っていてゴリ押ししやすいところが多いですがそれを長所と言っていいかは微妙なところ。

 

しかしラーニング技の中には本作の難点となっている接近戦のしにくさを補う技が多数存在しており、公式もゼロの操作のしにくさ、もっさり感を意識して制作した可能性を感じさせます。

 

しかしアクセル同様、仕様を理解した上で丁寧な戦い方を心がければ、多少いびつな形であってもその強さを実感することはできることでしょう。

 

ただ過去作と比較してスタイリッシュさやスピード感のなさは指摘せざるを得ず、いろいろな意味で難のあるキャラであることは否めません。

 

恐らく本作のプレイアブルキャラの中で、最も3D化したことによる弊害が強く出てしまったキャラと言えるでしょう。

 

その一方で、やはり本作独自の戦い方ができることも事実なので、改めて向き合ってみるのも悪くないかもしれません。

 

というわけで今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

良いロックマンライフを~!

 

スポンサードリンク

 

目次へ戻る

 

 

 

ロックマンちゃん第一巻感想! あまりにもぶっ飛んだロックマンギャグ漫画!

こんにちはロクメガです。

 

以前にヤングエースアップで連載している、大人になったロックマンを主人公にしたロックマンさんの感想記事を書きました。

 

今回は同時に連載されている、ロックマンちゃん第一巻のレビュー記事になります。

 

ちなみに本作の表紙はロックマン3のセルフパロディ(?)となっており、往年のファンなら嬉しくなるものではないでしょうか?

 

ロックマン3のパロ

ロックマン3のパロ

 

すでにロックマンさんとロックマンちゃんはそれぞれ第一巻が出ておりますので、よろしければお読みいただけると嬉しく思います。

 

 

 

 

正直最初何したいのかよくわからんかった・・・

 

これは私だけではないのかもしれませんが、正直この漫画の第一話を見たときは、何をしたいのかイマイチ理解できなかったのを覚えてます。

 

ちなみに当時の感想は動画と言う形で出してますので、気になる方はごらんください。

 

 

 

事前にギャグ漫画と告知されてはいましたが、生ラッシュと称してイッヌやヌッコが出てきたり、ブルースはミステリアスを通り越して怪しい人になってるしで、ぶっ飛んでいることだけは伝わってきましたw

 

ちなみにこの後生ラッシュ二号と称してヌッコが出てきますが、どこから突っ込めばいいのやらw

 

生ラッシュ

生ラッシュ

 

ブルースはこの漫画で一番デザインが変化したキャラですが、もう元のブルースの面影がほとんど残ってない感じで、マジでもう意図不明ですw

 

なんのために君出てきたんだ!? と突っ込まざるを得ませんでした。

 

ブルース

ブルース?

 

ライト博士に関してはブルースとは逆に、見た目以外が全く別の方向にぶっ飛んでおり、とにかく胡散臭いキャラとして描かれています。

 

実はライト博士の偽物なのではないか? とすら思えてしまいますが、流石にそれは無いようです。

 

インタビューによると、ストーリー担当の河田さんの分身のようなキャラになったらしいです。

 

おいいいのか!? 原作のあるキャラを作者の分身にしてしまってw

 

とまぁここまで書いたことだけでも、このロックマンちゃんというギャグ漫画が、いかにぶっ飛んだ作品なのか、おわかりいただけることと思います。

 

しかし慣れって恐ろしいですね。

 

もうこういう漫画なんだと受け止めてしまっている自分がいますw

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

ロックマンとロールちゃん

 

多少脇役について多めに語ったところで本作のロックマンとロールちゃんについてお話をしていこうと思います。

 

本作のロックマンはある意味非常に純真なキャラクターとして描かれています。

 

ギャグ漫画であるからこそ強調できたことなのかも知れませんが、いろいろなものを素直に信じてしまい、結果自分が痛い目に合ってしまうというキャラになってます。

 

ロックマン

純真なロックマン

 

胡散臭すぎるライト博士のこともそのままストレートに信じてしまうし、信じた結果自分が痛い目を見てしまうというキャラになってます。

 

もともと純朴な正義の味方として描かれていたキャラではありますが、ある意味それを加速させたキャラクターとして描かれていると言えるでしょう。

 

日常ではメットレスの人間形態として描かれ、純真な小学生という感じのキャラクターが強調されていると言えるでしょう。

 

その純真さを全面に押し出した結果、ほぼボケキャラと化しており、独特の味のあるキャラクターに仕上がっていると言えるでしょう。

 

ロックマン

 

結果としてこれまで漫画で描かれてきたどのロックマンとも違うキャラクターになっているといえます。

 

ロールちゃんは胡散臭いライト博士と純真すぎるボケのロックマンに対してツッコミを入れる感じのキャラになっていますね。

 

服装はファンの間で一番人気のロックマン8のものを採用しております。

 

ロールちゃん

8の服装のロールちゃん

 

 

ギガンティックフィギュアの素材にも選ばれたデザインですね。

 

この服装を選んだのはどうやらロックマン8でロールちゃんが大人びた強気なお姉さん的なキャラ付けが行われたことに起因するようです。

 

つまりロックマンはFC時代、ロールちゃんはPS時代のキャラ付で登場しているという見方ができるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

 

目次へ戻る

MEGAMANも出てきている!

 

さらに連載開始から短い期間で海外の公式が作ったと思しきMEGAMANメガマンも登場!

 

果たして日本の漫画でこのMEGAMANを見れると思ったファンは誰一人としてイなかったのではないでしょうか?

 

MEGAMAN

 

今までこのMEGAMANメガマンのことははるか昔に書籍でアニメ版が一度だけ紹介され、それ以降まともに日本の書籍で紹介されたのはオフィシャルコンプリートワークスくらいしかありませんでした。

 

・・・いや一度だけゲームに登場したことあったっけ・・・。おっさんMEGAMANメガマン・・・。

 

まさか日本のロックマンとMEGAMANメガマンの共闘が見れるだなんて誰も予想していなかったことでしょう。

 

それ以前にこのMEGAMANメガマンが独立したキャラとして描かれること自体想像できなかったことでしょう。

 

っていうか別人かよw

 

ロックマンは一人で全世界に散らばったボスと戦っていたのではなく、それぞれの国の独立した別のロックマンたちと共闘していたと解釈すれば、これはこれで間違いない・・・わけないか・・・。

 

この回はのリンク先はこちらになりますので、気になったら読んでみてください。

 

目次へ戻る

オリキャラ達

 

さらに本作のみの登場となるオリジナルキャラクターも多数登場しています。

 

ロックマンさんのほうではオリキャラはかなり抑えられていますが、こちらはギャグを牽引するためか、原作では考えられないようなボスキャラが多数登場します。

 

ワイリーを含めたヌルい同級生たちメンズ6!

 

MENS6

 

新たな8ボス達!

 

新たな8ボス

 

 

どいつもこいつもやる気があるのかないのかよくわからないメンツで、非常にヌルい戦いをして、退場していきます。

 

ボジョレーマンヌーボーに至ってはマトモに戦っていないw

 

ノストラマンダムスは戦闘描写自体が回想になってしまっているw

 

ゆるい・・・とにかくゆるい!

 

でもそこがいい・・・かは人によると思いますが、単純接触効果なのか、何度も読んでいるうちに面白いと感じるようになってきましたw

 

ちなみにこの内V・Kマンはこの記事を書いている段階で連載されている、ランファント遺跡編でも出てきております。

 

少しずつオリキャラの出番増えてる・・・?

 

ランファント遺跡についてよくわからない人もいると思いますが、スーパーアドベンチャーロックマンという作品の戦いの舞台と思っていただければOKです。

 

 

目次へ戻る

まとめ:人を選ぶ独特の作風

 

ここまで色々書いてきましたが、本作に関して私が言えることと言えば、色々な意味で人を選ぶ独特な作風であるということです。

 

ロックマンファンでも楽しめるかどうかはかなり微妙で、良くも悪くも本作の独自の方向性を楽しめる人向けと言ったところです。

 

ロックマンさんには「あのボスは平和になった世界でこんなことやってるんだ!」

 

ということを想像する楽しさというものがありましたが、こちらは過去のお約束を拾い上げつつ独自のギャグを構成しているので、この独自のノリについていいけるかどうかで楽しめるかどうかが変わってくるといえます。

 

「ロックマンをこんな風にしやがって!」

 

と言いう意見もわかるし、

 

「これはこれで今までなかったタイプで面白い!」

 

と言いたくなる気持ちもわかります。

 

ロールちゃん

こう言いたくなるかも・・・w

 

とうかよくこんな挑戦的で変化球な作品をカプコンさんも許可したもんだ・・・。

 

ネット上で連載されている漫画なので、間違って買ってしまうという人は少ないかも知れませんが、この独自のノリを紙媒体でも楽しみたいという方は買って読んでみてもいいのではないかと思います。

 

というわけで今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

  
スポンサードリンク

 

 

 

 

目次へ戻る

ロックマンX7で登場したアクセルを語る。

こんにちはロクメガです!

 

先日配信でロックマンX7をプレイしたわけでございますが、今回はじっくりロックマンX7という作品という向き合うため、一人一週ずつというプレイの仕方をしております。

 

そして先日の配信では最初から最後までアクセル一人でプレイしたわけですね。

 

今回はそんなアクセルについて色々語っていこうと思います。

 

※このブログではロックマンX7のキャラクターに関する記事を書いております。

※X7キャラクター一覧については下記リンクを御覧ください。

 

 

 

 

3人目の主人公

 

ロックマンXシリーズは長らくエックス、ゼロの二人をプレイアブルキャラとしてシリーズが続いてきましたが、アクセルは本作から初登場したキャラクターになります。

 

アクセル

アクセル

担当声優は高山みなみさん。

 

有名どころを上げるなら

 

  • 名探偵コナン(コナン)
  • らんま1/2(天童なびき)
  • 魔女の宅急便(キキ)
  • スマブラシリーズ(ピット・ブラックピット)

 

あたりはよく知られているキャラではないでしょうか?

 

彼が登場したロックマンX7以降、このシリーズはプレイアブルキャラクターが3人に増えたということになりますね。

 

パッケージイラストでも主人公3名が目立つように書かれていますが、アクセルはその中でも最も目立つように書かれています。

 

新主人公だから当たり前といえば当たり前かもしれません。

 

パッケージイラスト

 

これの影響かどうかはわかりませんが、本作及びX8では、3人中2人をプレイアブルとして選択し、ステージ攻略中に適宜切り替えてゲームを勧めていくことになります。

 

カラーリングの面では

 

  • 青のエックス、
  • 赤のゼロ、
  • そして黒のアクセル

 

という感じのカラーリングになっております。

 

初代ロックマンシリーズでも

 

  • 青いロックマン、
  • 赤いブルース、
  • 黒いフォルテ、

 

という感じだったので、その法則をそのまま踏襲したかのように、アクセルは黒が多めのカラーリングになっているような感じがします。

 

フォルテ・アクセル

フォルテ・アクセル比較

 

目次へ戻る

ロックマンX7での経歴

 

では彼がロックマンX7本編でどのような登場の仕方をしたのか振り返ってみましょう。

 

アクセルは元々はバウンティ・ハンターレッドアラートの一員。

 

オープニングでは彼とバウンティ・ハンターレッドアラート首魁しゅかいであるレッドのコンビで、非合法ながら悪人を懲らしめるシーンがあります。

 

アクセルとレッド

アクセルとレッド

 

しかし、徐々にバウンティ・ハンターレッドアラートは悪人を懲らしめる組織から、自分達が強くなるために、弱者を踏みにじる組織に変貌。

 

その片棒を担がされることに嫌気が指して、バウンティ・ハンターレッドアラートを抜け出し、イレギュラーハンターの元にやってくるというのがX7の物語になります。

 

ハンターベースでの会話

ハンターベースでの会話

 

バウンティ・ハンターレッドアラート以前はどこで何をしていて、誰に制作されたのかも謎で、現在でもこの謎は明かされておらず、明かされる目処も立っていないキャラだったりします。

 

X7のエンディングではエックスにイレギュラーハンターとして認めさせようと、躍起になって職務に励んでいる姿が描かれます。

 

言動はやや子供っぽいところがありながらも、エックスやゼロとは違った方向で正義感あふれるキャラクターとなっていて、キャラクターとしては嫌いになれないものがありますね。

 

目次へ戻る

X7での性能

 

続いてアクション面における彼の性能を見てみましょう。

 

初期状態での性能

 

アクセルの性能はこんな感じとなっています。

 

  • チャージショットができない。
  • ダッシュボタン2回で完全無敵のローリングができる。
  • コピーショットで敵を倒すと特定のザコ敵に変身できる。
  • ジャンプボタンのしっぱなしでホバリングでの移動が可能。

 

ホバリング

ホバリング

 

ローリング

ローリング

 

さらにレスキューをこなしてパワーアップチップで強化をしていくと、

 

  • 確率で攻撃力が上がった弾を発射することができる。
  • ローリング中も攻撃可能になる。

 

というさらなる恩恵にも預かることができます。

 

このゲームではコンフィグでオート連射リピートをオンにすることでボタン押しっぱなしでも連射が可能になります。

 

この連射自体はエックスでもできることではありますが、確率発動の攻撃力アップとローリング中の攻撃力アップを活かそうと思ったらアクセルのほうがオート連射リピートの有用性は高いといえます。

 

アクセルバレット

青白いのはパワーアップ弾

 

というかなぜオート連射リピートをデフォルトにしなかったのか・・・?

 

目次へ戻る

特殊武器とともに得られる専用武器

 

ボスを倒すことで一部のボスからは特殊武器とは別に通常攻撃が変化する専用武器を入手することができます。

 

得られる専用武器は三種類

 

  • トルネード・デボニオン撃破=ボルトルネード+レイガン
  • バニシング・ガンガルン撃破=エクスプロージョン+Gランチャー
  • フレイム・ハイエナード撃破=サークルブレイズ+ダブルバレット

 

本作では特殊武器ボタンと通常攻撃ボタンが独立しており、上記の特殊武器を装備すると通常攻撃が専用武器に変化します。

 

  • レイガンは貫通性能の高い攻撃技。
  • Gランチャーは前後の隙が大きい代わりにチャージ不要のチャージショット。
  • ダブルバレットは同時に二体のザコ敵を攻撃できる2丁拳銃。

 

という感じになっております。

 

レイガン

レイガン

 

Gランチャー

Gランチャー

 

 

ダブルバレット

ダブルバレット

 

個人的には複数のザコ敵を同時に攻撃できるダブルバレットが好みです。

 

二丁拳銃というアクセルの独自ポイントのアピールに繋がり、X7の3D空間でのアクションと相性がいいからです。

 

後続作品にこの二丁拳銃の要素がアクション面で受け継がれなかったのが大変残念でなりません。

 

きちんと再現されていると言えるのがRPG作品のコマンドミッションだけになってしまっているのも辛いところ。

 

一応Z X Aゼクスアドベントでは記号だけ受け継いだ主人公は登場したんですけどね~。

 

目次へ戻る

コピー能力

 

アクセルもとい、X7の売りの一つだったアクセルのコピー能力。

 

これを発動させるためには低威力のチャージショットで該当する敵を倒して変身する必要があるわけですが、残念なことに非常に使いづらいと言わざるを得ません。

 

該当する雑魚の中にはソルジャー・ストンコングステージのルインズマンのように、やたら硬いザコ敵もおり、低威力の専用チャージショットで倒そうと思ったら面倒な調整が必要だったりするのです。

 

ルインズマンに変身

ルインズマンに変身

 

基本的にはアイテム回収やレスキュー救出のために利用することになるでしょう。

 

一応後のX8やコマンドミッションで上手く機能していたので、作り込みの浅さが伺えます。

 

またこのショットでザコ敵を倒すとそのザコ敵を召喚することができるという、説明の存在しない機能があったりするのですが、私自身は有効に活用できたことがありません。

 

試したいところですが、それを活かせるかというと・・・。

目次へ戻る

エックスの下位互換なのか?

 

よくエックスの下位互換と評されがちなアクセルですが、では実際にエックスの下位互換といえてしまうかというと、別にそんなことも無いのではないか?

 

というのが私の意見です。

 

確かにエックスのチャージショットは雑魚・ボス両方において非常に便利といえるのですが、それだけでは下位互換とは言い切れません。。

 

  • コンフィグでのオート連射リピート含めた手数の多さ、
  • ローリングによる攻撃の完全回避、
  • 専用武器による独自性の多さ、
  • 意外と長いホバリング時間

 

これらはエックスにはない優れた要素の一つと言えます。

 

X7の独自仕様と差別化の弱さこそあるものの、最初から最後まで十分使っていけるポテンシャルは間違いなくあります。

 

意外とアクセルバレットでの連射でゴリゴリボスのライフを削るの楽しいですわよ?

 

意外とガンガン削れる

意外とガンガン削れる

 

 

目次へ戻る

まとめ:まだまだ荒削り

 

残念ながらX7のアクセルは、

 

  • X7の独自仕様、
  • エックスとの差別化の弱さ、
  • ブラッシュアップの不足、

 

これらが祟り、X7ではあまり良い評価を得られたとは言えませんでした。

 

しかし、後に作品の参考にしてさらなる改良が施され、独自の性能を確立することもできました。

 

そしてX7では、プレイヤー自身が積極的に使おうとすれば、X7にしかない独自の動かし方を見出すこともできることでしょう。

 

X7自体の評価はそう簡単には覆らないかもしれませんが、X7におけるアクセルも決して弱くはないと言えます。

 

アクセルというキャラに関してはまだまだ多くの謎が残されておりますが、今後公式がその謎に言及してくれるかは不明。

 

今後に期待したいところ。

 

というわけで今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

良いロックマンライフを~!

目次へ戻る