ロクメガブログ

ロクメガブログ

記事一覧

蒼き雷霆 ガンヴォルト鎖環 イマージュパルス収集と各難易度の仕様について

こんにちはロクメガです。

 

すでに発売から2週間ほどの時間が経過しましたが、蒼き雷霆アームドブルーガンヴォルト鎖環ギブス

 

皆様プレイされておりますでしょうか?

 

以前真真エンドとイマージュパルスについて語ったのですが、検証を重ねたところ色々新しいことがわかりましたので、今回新しく記事を作り、情報をまとめようと思います。

 

各種難易度の仕様を理解していると、イマージュパルスの収集が楽になると思いますので、これから真真エンドを目指すという方はご活用いただければと思います。

 

※このブログでは蒼き雷霆ガンヴォルトに関する記事、及びゲームレビュー記事を多数投稿しております。

※ガンヴォルト関連及びレビュー記事については下記のリンクからごらんください。

 

 

 

 

イマージュパルスの仕様

 

真真エンドに到達するために必要なイマージュパルスはすでに到達したフォロワーさんからの情報によると150以上であるとのこと。

 

私はこの記事を書いている段階での収集率は140個。

 

この状態でエンディングを迎えても真真エンドは見れなかったので、おそらくこれで確定と言っても良いかもしれません。

 

150「以上」なので、コンプリートの必要がない=パッシブ型イマージュパルスが封印されるベリーハードのラスボスを倒す必要がないのはせめてものインティの慈悲といえるかもしれません。

 

よって真真エンドを目指すプレイヤーにとって、イマージュパルス収集は重要なものだったのですが、その仕様に関しては謎が多くもありました。

 

ですが、検証を重ねるに連れて色々わかってきました。

 

なので今回はこの情報をまとめたいと思います。

目次へ戻る

基本的に2種類

 

私の確認したところ、イマージュパルスは2種類あると判断できます。

 

一つはハード以上の難易度のステージを初めてクリアした時にゲットできるもの。

 

初回抽選

初回抽選時と書かれているものが該当

 

これに該当するのは全15ステージ×2難易度なので、30個存在することになります。

 

つまり各難易度全てを一度ずつクリアするだけでもこれだけ集まるということです。

 

それ以外は全て運次第でゲットできるイマージュパルスです。

 

2種類のボーナスもありますが、どうやらこれらはレア度(?)の高いイマージュパルスを高確率でゲットできるようになる代物のようです。

 

つまり2つのボーナスを集めてクリアしても、未入手のイマージュパルスが必ず手に入る訳では無いということです。

 

言ってしまえば最終的には完全な運になります。やめてくれよそういう仕様・・・。

 

それでもボーナスをゲットすることは確率を上げることに繋がるのでゲットすることは無駄ではないでしょう。

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

2種類のボーナス

 

本作はステージ攻略時にクリアした時の状況に応じて2種類追加でイマージュパルスをゲットできるボーナスが入ります。

 

一つは、ステージ道中に存在する全てのイマージュジップを集めてクリアしたときにゲットできる、コンプリートボーナス。

 

もう一つは、ボスが電子の踊精サイバージーンで復活した場合のリザレクションボーナスの2つです。

 

 

2つのボーナス

 

電子の踊精サイバージーンの発動条件はクードス4000以上は最低でも必要のようですが、それ以外にも何かしら条件が必要のようです。

 

後半のアテムスナイツ4名はこれだけでは電子の踊精サイバージーンが発動しなかったので、さらに多くのクードスを必要とするか、それ以外の条件が必要のように思います。

 

その細かな条件は不明ですが、ティウンせず(もちろん暴走GVも使わずに)高いクードスを維持した状態で倒せば発動するようです。

 

ただ、暴走GVが発動しても出てきたので、細かい条件はやっぱりわかりません。

 

クードスロックがかかった状態で倒しても発動したので、クードスロックの有無まで気にする必要はないと思います。

 

が、不安ならクードスロック解除に必要なクードスの量を減らす、ミチルのパッシブ型イマージュパルスを利用すると言いでしょう。

 

とりあえずシンプルに、たくさんクードス稼いだ状態でボスを倒すと覚えておけば間違いはないかもしれません。

 

目次へ戻る

ハードとベリーハードの仕様

 

一度真エンドを迎えると、以降2つの新しい難易度が登場するわけですがこれらの難易度には一部縛りが加わります。

 

それぞれボスの攻撃が激化してパターン変化するのがわかりやすい特徴ですが、イマージュパルスの一部が機能しなくなります。

 

流石に全て検証しきれたわけではありませんが、どうにも同じ種類の効果を持つイマージュパルスは、同時に装備しても機能しないと判断して良いかもしれません。

 

例えばHPアップ系のイマージュパルスは全く同じ内容のものを装備していてもこれだけ違いがあります。

 

イマージュパルス

ノーマル

 

ハード

ハード

 

どういう制限のかかり方をしているのかは不明ですが、おそらく同じ系統の効果を持つイマージュパルスを複数装備しても全て効果を発揮しなくなるものではないかと推察されます。

 

また鎖環ギブスゲージの初期状態のたまり具合も変化します。

 

ベリーハードではパッシブ型イマージュパルス自体が機能しなくなるので、実質丸裸状態です。

 

つまり電磁結界カゲロウも機能しません。

 

スキル型イマージュパルスも一回発動したらリスタートしないと回復しないため、事実上使い切りとなります。

 

なので頑張ってクリアすることが必要となるのですが、救いはあります。

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

暴走GVまでは制限されない

 

GVを操作することができないオープニングと、特殊な状況下で戦うことになるラストバトル以外では、例え高難易度で合ったとしても暴走GVを使うことができます。

 

どんなに難しくて勝てそうになくても、諦めずに戦っていれば暴走GVであっさり決着をつけることができてしまうわけです。

 

高難易度としてそれはどうなんだ?

 

と思うかもしれませんが、スコアアタックで高得点を狙うならどのみち封印案件なのでバランスは取れているかもしれません。

 

ベリーハードです

ベリーハードです

 

画像じゃわからないかもしれませんがベリーハードでも暴走GV使えばほぼ全てのステージを簡単に攻略できます。

 

また前述のようにラスボス戦では暴走GVは使えないので、それだけは実力で突破してくださいということなのでしょう。

 

真真エンドはハードでも見れたという報告があがっているので、ベリーハードまでクリアする必要が無いのは救いと言えるかもしれません。

目次へ戻る

あると便利なイマージュパルス

 

イマージュパルスを収集するためには高いクードスゲットと効率よくイマージュジップを集めることは不可欠となります。

 

なので、初回抽選でゲットできる便利なパッシブ型イマージュパルスを紹介します。

 

スキル型イマージュパルスは何が便利なのかはプレイヤーによって変わるので、もっているものを色々試してみると良いかもしれません。

 

目次へ戻る

死と踊る霊翼オージーオブザデッドB.B.ブラックバッジ

 

ベリーハードの「五連弾道飛翔体群(ZEDΩ.ジエドがボスの中間ステージ)」をクリアするとゲットできるイマージュパルスです。

 

BB

 

雷霆煉鎖らいていれんさしたあと無限にジャンプできるようになります(要強化)。

 

若干入力を受け付けないタイミングが存在しますが、これだけで壁蹴りを使わずどこまででも上昇することができます。

 

高いクードスを維持することを考えたら常に浮いている方が都合がいいためあると非常に便利です。

 

またハードラスボスを撃破するならこれを使わないと回避の難しい猛攻を避けきれないので、ハードラスボスに挑むなら合ったほうが良いでしょう。

 

ベリーハードラスボスの攻撃はこれ無しでどう回避するかって? 知らんがな・・・。

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

戦巫女きりん

 

ハードのオープニングをクリアでゲットできるイマージュパルスです。

 

きりん

 

護符を貼り付けた枚数分ん攻撃力が上がるというシンプルにして強力な効果を持ちます。

 

4,5枚貼り付けると一回の雷霆連煉らいていれんさで発生するダメージもばかにならない大きさになるので、ボス戦を有利に進めていくなら合ったほうがいいでしょう。

 

 

目次へ戻る

高天の支配者紫電

 

ハードの太陽宮1でゲットできるスキルです。

 

紫電

 

きりんのスペシャルスキル、「裏九十ニ式・雷霆夜叉砕き」の攻撃力が最大60%あがります。

 

これもボス戦で御世話になることでしょう。

 

 

目次へ戻る

夢想境パンテーラ

 

太陽宮3でゲットできるイマージュパルスです。

 

パンテーラ

 

HPが減少する代わりに、クードス獲得量が60%アップします。

 

どのみちハードまでは電磁結界カゲロウが使えるので、HP減少もそれほど大きな痛手ではないでしょう。

 

目次へ戻る

ロロ(P-ドール形態)

 

ハードラスボス撃破でゲットできるイマージュパルスです。

 

ロロ

 

chainチェインボーナスに必要な撃破数が3体減ります。

 

どういうことかというと、

 

雷霆煉鎖した後、3体敵を撃破することで、クードス上昇倍率が最大になるのですが、これが最初から最大の状態になるということです。

 

ものすごい倍率がかかるので、可能ならゲットしておきましょう!

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

まとめ:最終的には根気と運

 

とまぁ色々語ってきましたが、最終的には根気よく繰り返しステージ攻略をしていくことが必要となります。

 

同しようもないくらい時間がかかりますが、真真エンドを見るためには必要なので頑張りましょう!

 

私の場合残り10個という状況でいつゲットできるかわからない状況ですが、もう根気しかありませんねw

 

真真エンドを見たプレイヤーの中には、色々と物議を醸しているようですが、どのような真真エンドが待っていようと、見届けたいと思います。

 

というわけで、今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

 

グリムガーディアンズ デーモンパージが発表! 主人公はギャルがんダブルピースのヒロイン!

グリムガーディアンズ デーモンパージが発表! 主人公はギャルがんダブルピースのヒロイン!

こんにちはロクメガです。

 

先日インティ・クリエイツさんが、Grim Guardiansグリムガーディアンズ: Demon Purgeデーモンパージなるゲームの開発をスタートさせたという情報がでました。

 

まだ発表された直後ということで、情報はあまりありませんが、今回からこのゲームの情報を追ってみることにします!

 

どうでもいいですが公式の告知動画のコメントはほとんど海外勢ですw

 

好きだからなぁ~向こうの人は色んな意味でこういうのw

 

公式サイトはこちら

 

 

 

 

主人公はギャルがんのヒロイン

 

インティ屈指のおセンシティブバカゲーで有名な作品としてはぎゃるがんが上げられるかと思います。

 

名前とパッケージイラストからおセンシティブバカな雰囲気を感じ取ることができるかと思いますが、実際おセンシティブバカなゲームですw

 

ぎゃるがん

ぎゃるがんのSwitch版

 

 

ゲームの内容を要約すると、

 

  • 天使と悪魔の概念が存在し、
  • 天使の矢で射られるとモテ期に入るが、
  • 主人公は大量に天使の矢で射られてしまい、
  • その日のうちに彼女を作らないと一生モテなくなってしまうので、
  • 意中の女性と恋仲になるために、
  • それ以外の女子生徒を眼力で昇天させて、
  • 意中の女子と恋人になることを目指す。

 

というゲームです。

 

何言ってるかわかんねぇ・・・と思いますが本当にこんな内容としか言いようがありませんw

 

あまりにひどすぎてドイツでは販売禁止になってしまったそうですw

 

ちなみに私ははるか昔に今はなき某ゲームショップで新品の第一作目を発見し、

 

「インティなに作ってんの!?」

 

と思いながらも購入してとりあえずはプレイしましたw

 

残念ながらプレイがだいぶ前すぎるので、登場人物の名前はちょくちょく外部出演している

 

  • ぱたこ
  • えころ
  • くろな

 

の3名くらいしか覚えてませんが、そのおかげでぎゃるがんの存在を忘れずに済んでいました。

 

というか良くも悪くも強烈過ぎて、忘れられなかったといったほうが正しいかもしれません。

 

そして今回制作プロジェクトが決まった作品、グリムガーディアンズは、このぎゃるがんの第二作目、ぎゃるがんダブルピースに登場する、

 

  • 神園かみぞのしのぶ(CV:上間江望うえまえみ)と
  • 神園かみぞの真夜まや(CV:橋本ちなみ)

 

というヒロイン2名となります。

 

 

神園姉妹

左=しのぶ 右=真夜

 

ちなみにぎゃるがん2も存在してますが、用意されているヒロインは違うので、別の作品と見て間違いないようです。

 

つまり本シリーズは、

 

  • ぎゃるがん
  • ぎゃるがん2
  • ぎゃるがんダブルピース

 

の三作品存在することになります。

 

ぎゃるがん

ぎゃるがんシリーズ

 

第一作目しかプレイしたことのない私には、ダブルピースという名称の意味はわかりません。

 

ちなみにダブルピースが一番売れたらしいです。よくこんな作品つづけてるなw

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

魔界と化した学校を探索?

 

PVを見てみるとどうやら学校が魔界みたいになってしまったので、彼女たち二人が学校を探索していくという物語のようです。

 

ちなみに公式サイトにおけるこの二人のプロフィールを見てみると、どちらも悪魔ハンターと呼ばれる家系の一族であるようで、ここから派生させた物語として本作を作ることになったようです。

 

グリム

 

ぎゃるがんダブルピースを見てないとわからない要素があるかどうかが心配になるところです。

 

まぁ、そのうち履修しおこうかと思います。

 

目次へ戻る

ゲームシステムはロックマンX8っぽい?

 

見た限り本作のシステムはロックマンX8から来ているように思います。

 

ロックマンX8は二人のキャラを状況に応じて入れ替えてステージを攻略していく2.5Dアクションなわけですが、本作はこのシステムを踏襲したものとなっているようです。

 

そしてキャラ性能もまたX8に習っているようで、

 

  • 神園しのぶがX8のアクセル
  • 神園真夜がX8のゼロ

 

に近い性能をしているようです。

 

マシンガン

アクセルのようなマシンガン攻撃

 

真夜

ゼロのような三段切り

 

X8では見られなかったシステムとして、

 

  • 片方が片方の頭の上に乗ってより高くジャンプ、
  • ティウンした相方を心肺蘇生で復活。
  • 同じ画面で二人プレイ可能

 

という要素があるようです。

 

上2つは一人用のシステムとして成り立ちますが、驚いたのは一つの画面で二人プレイ可能という点ですね。

 

ネットワーク対戦できるゲームなら本当にいくらでもありますが、リアルの人間二人でプレイすることを想定したアクションゲームなんてそう多くは無いと思います。

 

二人プレイ可能

二人プレイ可

 

なので、今どきのゲームとしてはかなり貴重な一作になるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

まとめ:ぎゃるがんがなぜこの方向に?

 

とPVを見た限り語れる情報はこんなところなので、このあたりでまとめに入ろうかなと思います。

 

ぎゃるがんは他のインティ作品と方向性が大きく異なるため、特にプレイしている層が大きく異なる作品でもありました。

 

今回それがいきなり今まで通りインティが制作してきた2Dアクションの方向性に寄せてきたことになるわけです。

 

今までぎゃるがんシリーズはインティ作品同士でのクロスオーバーは見られましたが、ここまで大胆にゲーム性が変化した例はありませんでした。

 

なぜいきなりこのような方向に舵を切ったのか疑問に思ったプレイヤーもいたかもしれません。

 

その理由として私は、ぎゃるがんとガンヴォルトはインティワールドを広げ、繋げていくことを想定した作品だったからではないかと考えています。

 

というのもガンヴォルトシリーズに登場した主人公、アキュラの姓は神園かみぞのとなっていて、その神園家のメイドとして働いていたノワは、

 

  • 見た目がアキュラの幼少期から変化していない、
  • 真真エンドで傾国の誘惑者と呼ばれている。
  • その他バックグラウンドに不明点が多い。

 

という特徴があります。

 

 

私自身自分の目でギャルがん側を確認したわけではなく、情報を漁っただけで具体的な詳細を知るわけではありません。

 

が、真真エンドで傾国の誘惑者と呼ばれていた事に関する伏線は、元よりぎゃるがんで回収するつもりだったらしく、ガンヴォルトシリーズだけプレイしてても絶対に回収されない伏線になってしまっている・・・らしいです。

 

しかし、仮にこういうことであるならば、プレイヤー層が違いすぎて不親切な伏線回収になってしまったことは想像にかたくありません。

 

それ以外にもノワに関しては謎が多いので、本作で彼女にまつわる謎の回収をしよう・・・という考えがインティ側にあるのではないかと思えるのですが、流石に邪推でしょうか?

 

まぁ正直シナリオにかかわる重要なことくらいは作品の中だけで完結してくれという気持ちはありますが、こう考えると色々インティのやりたいことにも筋が通るような気がしております。

 

こうやって記事を書いていることからもおわかりいただけるかと思いますが、私はこのゲーム、やるつもりでございます。

 

どうやら私は上手いことインティの戦略に乗っかっているようです。

 

楽しませてくれるのなら、喜んで踊ろうじゃありませんか!

 

また新しい情報がきたら書いていこうと思います。

 

というわけで今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

ロックマンさん 第31話(前編・後編)シーサイド・スプラッシュの感想

ロックマンさん 第31話(前編・後編)シーサイド・スプラッシュの感想

こんにちはロクメガです。

 

今までずっと悩んでおりましたが、今回よりロックマンさんロックマンちゃんの個別のお話の感想記事を書いていこうと思います。

 

過去のお話の感想については時間があったらやるということで、現時点で最新話のロックマンさん31話からやっていこうと思います!

 

※この感想記事ではツイッターで公式が宣伝に使用していた画像以外の漫画の画像掲載は基本的に自粛します。

※このブログではロックマン関連の記事を多数投稿しています。

※ロックマン記事及び、ロックマンさんとロックマンちゃんの感想については下記リンクを御覧ください。

 

 

 

 

ライト博士の顔色から気分転換を提案するロールちゃん

 

このお話の少し前当たりで、少しばかりバトル漫画の方向性が顕著に現れ始めていたこの作品ですが、この回から前半の時のような、

 

ゆるい社会派ギャグが復活したようです。

 

ただ色々なことが起こったせいかライト博士の顔色もすぐれない様子。

 

ライト博士がこの時点でいくつかは不明ですが、60代後半くらいに差し掛かっていても全くおかしくはなく、いつ加齢によって体調をくずすかはわからない年齢でもあります。

 

そのことをロールちゃんは顔色から察しているわけですが、このあたりは流石お手伝いロボットというところです。

 

ロボットであるロックマンやロールちゃんのほうが外に出て、人間であるライト博士があまり外にでない生活を送っているので、この二人もライト博士の健康については気になっていたのかもしれません。

 

ロックマンとロールちゃん、ライト博士を含めた日常というのは、人間で言えば親子の日常とも言えるので、こういうところを丁寧に描いてくれたのは素晴らしいと言えるかもしれません。

 

普段戦ってばかりだからなぁ~ロックマン・・・。

 

ただ、ライト博士の護衛として働いていたエンカーがついてきたことで、この日常はロックマンさんのものなんだと認識しやすくなっているかもしれません。

 

まぁ、大人になったロックマンとロールちゃんというだけでも結構無茶な設定しているように思いますがw

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

やってきたのは水族館!

 

そうやって一行がやってきたのはどうやら水族館のようです。

 

エンカーはあまりにも人が多いところに足を運ぶことに懐疑的なようです。

 

護衛としてはいつ誰かに狙われるかもしれないと気を張っているわけで、そういう意味ではたしかに彼の負担は大きいのかもしれません。

 

生真面目すぎるよエンカー・・・。

 

  • ロックマンとメットを脱いだエンカー。
  • ライト博士とロールちゃん

 

奇妙なカルテット四人組ではありますが、色々想像できて面白いのではないでしょうか?

 

ロックマンさん

※画像は公式ツイッターの引用です
https://twitter.com/youngace_up/status/1549589914148282369

 

笑顔のロックマンとロールちゃんというだけでも癒やされますが、その二人と行動をともにしている二人もそれぞれキャラが良く現れていて、色々想像できるのがファンとしては嬉しいところです。

 

それにしても水族館か・・・。

 

以前鎌倉の巨大水族館や、北海道のサーモンパークなんぞに足を運んだことがありましたが、こういうところは心が踊るものですなぁ~。

 

目次へ戻る

スプラッシュウーマン登場!

 

そんでイルカショーなんぞを見て楽しんでいた一行の目の前に、ロボット界の歌姫、スプラッシュウーマンが登場!

 

スプラッシュウーマンといえば「ロックマン9 野望の復活!!」にて登場した、シリーズでも珍しい女性型ロボット。

 

下半身が人魚をモチーフとしているせいか人間のような足がなく、常々どう移動しているのか気になるキャラの一人ですね。

 

どうやら彼女はアイドルの一種として活躍しているようです。

 

※この先はロックマンさん31話後編になります。

 

ウィキペディアとピクシブ大百科によると、

 

「美声の持ち主であり、趣味はカラオケ。芸能界からの誘いもあるが、断っている。」

 

と記述がありますが、公式による資料でこの記述があるものが手元にないので、ご存じの方は情報くださると嬉しく思います。

 

スプラッシュウーマン

スプラッシュウーマン

 

んで、このウィキペディア情報が正しいとするなら、スプラッシュウーマンは芸能界への誘いを承諾したということでしょうか?

 

アイドルで歌を歌うという役回りを演じるならそれなりに明るめのキャラ付が必要だと思います。

 

そういう方向性も含めて、明確にキャラ付けが施された初のスプラッシュウーマンと捉えることができるかと思います。

 

一応有賀先生のロックマン9サウンドトラックブックレットに掲載された漫画にもスプラッシュウーマンはいますが、どこからどこまで本音で喋っているのかわからないキャラ付けだったので、ノーカンということで。

 

謳い始めた曲は、

 

「恋の深海3000メートル!」

 

曲の内容が想像できね~~~~~~~~~~w

 

それにしても水族館でアイドルが歌うっていう光景がもうなかなかすごい光景ですな。

 

スプラッシュウーマンじゃなければできはしないでしょう。

 

一曲めが謳い終わったところでスプラッシュウーマンは観客席にいたロックマンをステージに呼んで色々トークを行ったようです。

 

ロックマン9で一悶着合ってお得意のバスターでやられちゃってという、絶妙に誤解を招きそうな言い回しでしたが、どんなトークが繰り広げられていたのか想像すると面白いですわw

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

タフで単純な(?)なスプラッシュウーマン

 

その後改めてロックマンと会話することになり場所を移動。

 

場所は控室かな?

 

ロボットアイドル(?)特有のやっかみや、非難、アイデンティティを失いそうなパフォーマンスを求められるなど、色々苦労している様子が伺えます。

 

スプラッシュウーマン

※画像は公式ツイッターの引用です。 https://twitter.com/youngace_up/status/1554663596323328000

 

その時のスプラッシュウーマンのセリフ、

 

「でもどんな経験も無駄にしたくないわね」

 

という言葉は、こうして矢面に立って色々活動している私にはジーンと来るものがありました。

 

こう言い切り行動に移せる人って強いだろうなぁと思うのです。

 

味方によっては能天気とか、単純に思えるかもしれませんが、単純な方が人生楽だと思うのですね~。

 

私もいろいろな経験をしてきましたが、様々な経験の蓄積が今を作っているわけで、その経験を無駄にしない行き方を心がけていきたいなと改めて思いました。

 

目次へ戻る

ユニット活動も視野に?

 

その後適当にスプラッシュウーマンはロールちゃん、ロックマンにデュエットの話を持ちかけました。

 

ロールちゃんはそういうの向いてないと言ってましたが、公式はそれ関連のイラスト結構書いてるんだよなぁ~・・・w

 

アイドルユニット

嘘企画ですw

 

もう水橋かおり櫻井メイルさんと植田佳奈白金ルナさんよんで、本格的にそういう活動やってもいいんじゃないかしらw

 

いやまぁ・・・需要ないのはわかってるんですけどね・・・。

 

そんでロックマンとデュエットという提案もしますが、ロックマンはロールちゃん同様コロコロ声優さんが変わっているので、仮に活動するとしたら声優選びが大変かもしれませんなw

 

最後のコマではライト博士とのデュエットを想像したコマなんぞがありましたが、スーツ着たライト博士とスプラッシュウーマンとのコンビが妙に合っていて逆に見てみたいきにさせてくれましたw

 

白ひげ王子様SOSなどという曲名(?)もつけられてて、変に気になってしまうコマだったように思いますw

 

そしていつものように人間化シリーズも最後に書かれておりましたが、スプラッシュウーマンまんま人間過ぎて笑ってしまいましたw

 

全く違和感がない!

 

メット脱いで足を人間型にすれば普通にアイドルやれそう・・・。

 

っていうか今更ですが彼女は元々は海難救助を目的として制作されたロボットだったはずなのですが、アイドルと二足のわらじをちゃんと履けているのかしら?

 

アイドルに専念するなら完全に人形になってもいいような気がしましたw

 

というわけで今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

 

ロックマンちゃん&ロックマンさん感想まとめ一覧

ロックマンちゃん&ロックマンさん感想まとめ一覧

現在ヤングエースアップで連載されている、ロックマンちゃん&ロックマンさんの感想まとめ記事です。

 

連載途中からのスタートになりますが、過去のお話は時間があるときにまたやっていこうかと思います。

 

 

 

ロックマンちゃん感想(単行本)

 

 

目次へ戻る

ロックマンさん感想(単行本)

 

 

目次へ戻る

ロックマンちゃん(連載個別記事)

 

目次へ戻る

ロックマンさん(連載個別記事)

 

目次へ戻る