熱くなってきましたね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

ロクメガは、炭酸水を飲みながらカタカタパソコンのキーボードをいじってたりします。

今日はエリーゼのことを……語ろうと思ったのですが、最近youtubeの方にうpったあるゲームについて語りたくなったので、そちらの方を語ろうと思います。

さてお聞きします。

皆さんはブラックキャットという漫画をご存じでしょうか?

今の思春期真っ盛りの今の中高生には「to loveる」を書いてる人が以前書いてた漫画と言えばわかりやすいかもしれません。

オリジナリティの無さを画力で勝負して過酷なジャンプでの連載を最後まで書ききったその漫画の名をBLACK CATブラックキャットと言います。

スポンサードリンク







ちなみにオリジナリティがないってロクメガが言ったんじゃないっすよ?

当時のジャンプ審査員の方が、BLACK CATブラックキャットの作者である矢吹健太郎さんの漫画を指してそういったんです。

本当です、マジです。

まぁ、実際のところ、BLACK CATブラックキャットは連載中の段階から設定のパクリや、トレース疑惑が持ち上がって、叩かれたこともあったのですがその辺は各自ググっていただきましょう。

今回の記事とは関係がないので。

さて、漫画がアニメやゲームになったりする場合ってのは、基本的に連載中で、それなりにブームが起きている時期に作られるものですが本作の場合は原作漫画が終わってから作られたという経緯があります。

原作終了から数年経ってからアニメ化や今回のゲーム化といった話が持ち上がってきて、当時からファンだったロクメガは

「北海道の田舎じゃアニメ見れねぇじゃん畜生……」

と舌打ちするしかなかったのですが、まぁそれはおいといてですね……。

恐らくはアニメ企画とほとんど同時に進んでいたであろうゲームが作られていたのですね。

それが今回レビュー対象とするBLACK CATブラックキャット-機械仕掛けの天使-というゲームです。

スポンサードリンク







原作読んどいた方がいいの? って聞かれると、読んどいた方がいいですね。

基本情報を知っておくとより楽しめるゲームです。

ま、キャラゲーってのは基本そんなものかもしれませんが。

実はかな~り昔に一回クリアしたことがあるのですが、もう話の内容は細かく覚えていないので、当時何を思ってプレイしていたかを参考に書いていきます。

っとまぁ、今回は基本情報を書いたところで、ゲーム内容についてはまた後日触れていきます。

んでは、今日はこれにて。

実際のプレイ動画

 

スポンサードリンク