チャレンジ VOL2第五ステージ! 同時撃破攻略!(ロックマンX アニバーサリーコレクション)

皆さんこんにちは! 最近絶好調のロクメガです。

3日連続投稿です! とはいっても今回は、かな~り楽に行けました!

理由はバグホールなんですけどね。バグホール。

X3本家ではパーツ獲得くらいの役割しかなかったのに、本当にXチャレンジでこの武器は大活躍です。

ほかの武器もこれくらい強かったらいいのになぁ~と思ってます。

というわけで今回の動画になります!

ロックマンX アニコレ Xチャレンジ VOL2 ステージ4

スポンサードリンク







以下、 下書きになります!

ロクメガ:
俺先月9本しか動画上げてない!?

マジャポン:
いきなり何の話!?

ロクメガ:
毎月youtubeからメールが届くんだが、
どうやら俺は先月アップした動画の本数は
たった9本らしい。

マジャポン:
youtubeからメールってどゆこと?

ロクメガ:
一応クリエイター登録してるからな。
そういう人向けにはyoutubeから直接
メールが届く。英語でな。

それによると、俺は先月9本しか
動画をアップロードしていないらしい。

マジャポン:
らしいって自分で数えてないの?

ロクメガ:
一本一本の動画を作るのに精いっぱいで、
一一数なんて数えてなかった。

マジャポン:
一月で9本は確かに少ないほうかもね。

ロクメガ:
視聴者の皆様を待たせ過ぎていると思うと
申し訳ない気持ちになる。

流石に少なすぎると思うので、
もう少しこれからは頑張ることにする。

マジャポン:
まぁ、無理のないペースでやったら?
誰も急かさないだろうしさ。

ロクメガ:
まぁ、俺も無理はしない程度に行こうと思うさ。
茶番はここまでにして本題に入ろう
まずはこの二人。

マジャポン:
おっとこの二人は?

ロクメガ:
バグホールに弱いコンビだな。

マジャポン:
酷いコンビ名だ・・・。

ロクメガ:
VOL.1を攻略した時は、こいつらは
ボーナスステージだと称したが、
今回は最後までボーナスステージだぞ。

マジャポン:
どういうこと?

ロクメガ:
2戦目のモスミーノスにもバグホール効くし、
3戦目に控えてるホーネックに至っては、
本家X3の時点で弱点だぞ。

マジャポン:
バグホールが強すぎるのか、
ボスが偏ってるのか・・・。

ロクメガ:
多分両方だと思うぞ。
こいつらまとめて、

超特急であの世に送ってやろう!

マジャポン:
・・・・・・・・・・・・・

やることVOL.1と同じかよ!

ロクメガ:
同じじゃないぞ!

今回は無チャージ版を使ってる!

マジャポン:
変化が小さすぎるううううう!

せっかく同じことをしないようにって、

同時撃破攻略を始めたのに、

ここで同じことしてたら意味ないじゃん!

ロクメガ:
何を言う! だから無チャージ版を使っているではないか!

マジャポン:
だからやってること同じやろ!

ロクメガ:
良いじゃないか

一つくらい同じことするステージがあったって。

それともあれか?

お前はこの二人相手にバスターで挑めとそういうのか?

マジャポン:
それくらいは頑張っても・・・。

ロクメガ:
悪いが手を抜けるところでは手を抜く。

リアルでもyoutubeでも、それが俺のポリシーだ。

無意味にドM行為に走るつもりはない。

マジャポン:
さいですか・・・。

ロクメガ:
なぁに心配することはない。

ペガシオンはこの後も出番がある。

その時嫌というほど苦しめられることになるからな。

マジャポン:
なるほど、あとで可愛がられるから今のうちにってことか。

ロクメガ:
可愛がられるのではない!

俺が可愛がってやるんだ!

大体バスター攻略するなら、

バスター攻略のための動画作るっての。

マジャポン:
真面目な話さ、この段階でバグホールフルに使って、

最後まで事足りるのん?

ロクメガ:
ぜ~んぜん余裕だぞ。

マジャポン:
さいですか・・・。

ロクメガ:
ペガシオン&ネクロバット撃破!

全く弱すぎだぜ! 話にならん!

マジャポン:
偉そうにいうことじゃなくね?

ロクメガ:
うるさい!

さて今回の厄介なコンビだ。

マジャポン:
この2体が厄介なの?

ロクメガ:
厄介というか面倒くさい。
特に狼が。

マジャポン:
VOL.1では真っ先にマグマブレードで
ヴォルファングさん倒してたよね。

ロクメガ:
今回はそういうわけにはいかないのはもちろん、
アイツ終盤になると天井に向かって
スライド移動するんだよ。

マジャポン:
す、スライド移動?

ロクメガ:
上に飛び上がるポーズをして、
そのままスライド移動するんだ。

マジャポン:
それ飛び上がっていってるんじゃね?

ロクメガ:
飛び上がるってのは、フレイム・スタッガー
みたいな動きのことを言うのであって、
コイツの場合はただのスライド移動だ。

マジャポン:
兄者随分ヴォルファングさんに
敵意むき出しにしてるね。

ロクメガ:
その話をしだすと、ヴォルファングへの
恨み言が延々出てくるから、割愛する。

マジャポン:
うっす。

ロクメガ:
真面目な話ヴォルファングの何が厄介なのかって、

モスミーノスは上から落ちてくるのに、
こいつは上にすっ飛んでくんだ。

同時撃破を行う上では、
これほど面倒な奴もいない。

マジャポン:
なるほどそういうことか。

ロクメガ:
マグマブレードとかでまとめて
葬ることができれば楽なんだが、
中々そううまくはいかない。

モスミーノスが羽化したら、
バグホールをうまい事使って
どうにかするしかないな。

マジャポン:
面倒くさいね。

ロクメガ:
まったくだぜ。

蛾と獣風情めが!
地面にへばりついていればいいものを!

地上を離れたことを後悔させてやる!

マジャポン:
・・・・・・・・

このチャレンジ始まって以来の
超余裕ライフだね。

ロクメガ:
今回限りだ。二度とこんな余裕で
2戦目に行けることはないだろう。

マジャポン:
基本的な戦略はVOL.1の頃と同じか。

ロクメガ:
いや、今回は均等にダメージを与える。

マジャポン:
珍しいね。

ロクメガ:
今回に限って言えば、

どちらに偏ってもいいことはない。

最終的には上下に分断するわけだからな。

マジャポン:
ヴォルファングさんがウロウロしだしたよ。

ロクメガ:
壁や天井に氷柱を発生させないでほしいんだがな。

Wボスバトルでどう交わせいうんじゃ!

ここからが正念場!

マジャポン:
モスミーノスが真の姿に!

ロクメガ:
運がいいことに、

ヴォルファングがスライド移動しないぞ!

あとはこれが続けば同時撃破も夢じゃない!

マジャポン:
上手くいくといいけど。

ロクメガ:
あの野郎結局上に行くのかよ!

マジャポン:
あと少しなのに!

ロクメガ:
どう見ても逃げてるようにしか見えないな。

マジャポン:
これはムカつくねぇ~・・・。

ロクメガ:
ちょっと納得いかないが、まぁよしとしよう。

マジャポン:
流石に運が混じるとねぇ・・・。

ロクメガ:
だからX6の狼は嫌いなんだ・・・。

今回の新コンビはこいつら。

マジャポン:
これはあれかな?
ハチミツがシーフォースの
粘液とか?

ロクメガ:
そんなハチミツ嫌だな・・・。

一応説明文はあるが、
そういう旨のものではないようだ。

マジャポン:
どれどれ?

ちょっと何言ってるか
よくわかんない。

ロクメガ:
俺もだ。例によって何らかの
パロディなんだろうが・・・。

マジャポン:
今回の戦略はどうするのん?

ロクメガ:
特殊武器を見ての通り、
両方に弱点を突く。

ホーネックの弱点はバグホール、
シーフォースの弱点は
フロストシールドだからな。

マジャポン:
こんな恵まれた状況で戦えるって、
本当にこのステージはボーナスなんだね。

ロクメガ:
9ステージ中5番目だから、
開発側も意識してる可能性はあるな。

マジャポン:
箸休め的なステージって感じ?

ロクメガ:
そういっても間違いではないかもしれんな。
両方に弱点をつけて、ホーネックと
シーフォースには悪いが、

容赦はしない! いくぞぉ!

マジャポン:
バグホール半分も残ってないね。

ロクメガ:
ハードでこれだけではホーネックを倒せないが、

ノーマルならこれで十分すぎる。

マジャポン:
うわすっごい余裕だね。

ロクメガ:
フロストシールドいらんレベルだな

もはやフロストシールドは保険でしかない。

マジャポン:
シーフォースのアシッドラッシュも、

プラズマ一発で破壊できるしね。

ロクメガ:
多少ごり押しをしても、

ぶっちゃけ全然ライフは余裕だな。

当然ながらハードでは通じないだろうが・・・。

マジャポン:
シーフォースが無敵になった!

ロクメガ:
だからダメージ与えた時以外で、

無敵になるんじゃねぇっつの!

あとはバグホールでライフ調整

ホーネック&シーフォースを撃破!

マジャポン:
とんでもなく余裕だったね。

ロクメガ:
余裕って言葉がゲシュタルト崩壊しそうだ。

マジャポン:
何それ?

ロクメガ:
調べれ!

今回のスコア集計!

マジャポン:
今回は結構行くんじゃね?

ロクメガ:
確かに行きそうだな。

あ、やっべ・・・。

マジャポン:
また忘れてたんだね・・・。

ロクメガ:
スコア更新できると思わなんだ。

マジャポン:
今度から一応忘れずにやったら?

ロクメガ:
どの道こんなスコアを出せるのは
ここくらいなもんだし、
また取り直すさ。

というわけでご視聴
ありがとうございました!
よいロックマンライフを~!