皆さんこんにちはロクメガです。

 

現時点ではまだポケモンレジェンズアルセウスをプレイする予定が無い私でも、なんだかんだで新規のポケモンがどんなものがあるのか気になるところ。

 

シンオウ地方もヒスイ地方もモデルは北海道。

 

北海道生まれの北海道育ちとしてはやはり新規のポケモンに興味が湧いてしまう。

 

そんなわけでなんとなくポケモンレジェンズアルセウス登場ポケモンの名前を適当に調べていたのですが、我が目を疑った名前のポケモンがおりました!

 

そうこいつのことである!

 

 

このポケモンの名前はイダイトウと言って、バスラオ(しろすじの姿)が反動ダメージ300受けた戦闘終了後に進化するらしいポケモンです。

 

とはいえこれ以上の情報を私は持っていないのでササッと本題に入りましょう。

 

このイダイトウ、一文字変えるだけで北海道の地名になってしまうんですね!

 

我がふるさと尾岱沼おだいとうという地名に!

 

※このブログではポケモン関連の記事を多数投稿しております。

※記事の一覧は下記リンクより御覧ください。

 

 

 

 

イダイトウは偉大+イトウだろうか?

 

私は北海道の魚といえばしゃけくらいしか思い浮かびませんが、イトウも調べてみたらサーモン科に属するそうで、どうやらシャケの仲間みたいな認識であっているようです。

 

進化前のバスラオは海なんてほとんどないイッシュ地方の川に生息してたのに進化したらシャケになるとはこれいかに・・・?

 

シャケじゃないけど。

 

 

 

 

バスラオ

進化前

 

イダイトウ

進化後

目次へ戻る

尾岱沼おだいとうは偶然?

 

さてイダイトウについて語れることは私にはほぼ無いので尾岱沼おだいとうのことを少し語らせていただきましょう。

 

おそらく尾岱沼おだいとうとイダイトウが一文字違いになってしまったのはおそらく偶然のものと思われます。

 

だって尾岱沼おだいとうって湾ですよ?

 

陸地と海辺が入り組んだ形をしていて、ホタテとシャケが美味しくて、温泉が気持ちいいところです。

 

イダイトウは仲間の無念が取り付いて進化してゴーストタイプが追加されたので、全く関係ないものと思われますw

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

 

尾岱沼ってどんなとこ?

 

ここで尾岱沼おだいとうとはどんなところなのかについて軽く説明しておきましょう。

 

北海道の地図上で言うと、右端に位置する湾で、おそらく観光で栄えている街になります。

 

おそらくという言い方をしているのは主要な産業が海産物の加工、温泉旅館がメインとなっており、私が知りうる範囲ではお店らしいお店がそんなに多くないからです。

 

一番買い物した記憶があるのってセイコーマートくらいなものです。

 

尾岱沼

右端の赤い点の位置

尾岱沼

海に面している。

 

場所や時期にもよりますが、沖縄の海とは違った意味で水の透明度が高く、目視で魚が泳いでいる姿を見ることもできます。

 

沖縄と違って水温は低いですけどね。

 

他には白鳥台と呼ばれる冬に白鳥の群れがやって来る展望台があるくらい。

 

2,30台の若者にはあまりにも刺激がない田舎に移るのではないでしょうか?

 

他にはサーモンパークというシャケ関連専門の水族館があります。

 

子供の頃はよく連れられて言ってたものです。

 

ちなみにイダイトウの元ネタであるイトウがここではたくさん飼育されていますw

 

 

食べ物も総じて海産物メインですが非常に美味しく、シャケのカマ、ホタテ、しまえび、イクラなどが食べられます。

 

特にしまえびは関東ではあまり食べる機会が少ないのではないでしょうか?

 

北海道産シマエビ

こちらで買えます→ttps://hokkaido-marche.com/SHOP/ebi-06.html

 

目次へ戻る

 

田舎暮らしのセカンドライフにはいいかも?

 

都会で暮らすことに疲れたらこういうところに住んでみるのも一興とは言えるかもしれません。

 

静かで刺激の無いところではありますが、静かな暮らしをしたい人にはうってつけかもしれません。

 

ただ、軽くググっても賃貸物件が出てこないので、本当に住むならそこから車で30分の中標津なかしべつの方が私は暮らしやすいと思います。

 

ちなみに私の地元ですw

 

人より牛が多く、ライダーの聖地があります。

 

尾岱沼へのアクセスは中標津空港からバスで行くのが王道かもしれません。

 

ちなみに関東から中標津空港に到着するとお昼の3時半くらいになります。

 

ポケモンとはあまり関係のない話が多めでしたが、今回はこんなところで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク