マブカプインフィニット DLCキャラ、シグマの性能は微妙?

皆さんこんにちはロクメガです。

ちょこちょこ休んでますね、申し訳ないです。

今日はマブカプインフィニットのDLCキャラ、シグマについて語ろうと思います。

正直そんなに期待はしていなかったのですが。

このゲームについてはいろいろ辛辣なことを書いてきました。

ゲーム部分については割と賛否あるとは思いますが、ロクメガはゼロとエックスの動きにシャープさがないという理由で評価を下げてました。

前作と今作両方プレイした方ならお分かりかと思いますが、ゼロの飛燕脚 /rb>(ひえんきゃく)は前作よりも遅くなり、エックスのバスターを起点とした動きも、そんなに早くなかったんですね。

なのに、このゲーム随一の速さを持っているのがマーベルキャラのガモーラさんだったりするのですから(多分)、まぁ、残念にも感じるってもんです。

ハイスピードアクションが売りのゲームからの出展キャラなのに、ゼロは飛燕脚 /rb>(ひえんきゃく)のスピード、挙動ともに下方修正、エックスもほぼ同じようなスピードで動いてました。

恐らくは石システムの時間石(タイムストーン)が完全無敵の高速移動技なので、それに伴って下方修正されたものと思われます。

つまるところ、システム面のためにキャラクターの挙動が犠牲になったように感じたのですね(実際のところはわかりません)。

なので、弟者ともども前作に戻っていたのですが、シグマが使えるようになったのを機に再びプレイを再開。

んで、動かしてみた結果……。

なかなか面白い動きをするキャラであることがわかりました!

スポンサードリンク







波動拳コマンドでは、大振りでセイバーを振るのですが、かなりリーチが長く、その先端からさらに攻撃判定を出現させるので、とんでもないリーチの攻撃になっているんですね。

その攻撃判定がロックマンX4のプラズマチャージショットのプラズマのごとく多段ヒットするので、一回ヒットしただけで動きを固めることができるんですね。

しかもこれが二回まで連続で振るうことができるので、大振りなセイバーでの攻撃にも関わらず、結構長く多くダメージを与えることができます。

竜巻旋風客コマンドでは、画面に接触すると反射する小さなショットを3つほど同時に発射し、これまた斜めと真っすぐに打ち分けることが可能!

跳んでいようとその場にいようと、どれかがヒットすれば動きを止めることができるので非常に嫌らしい飛び道具です。

さらに非常に強いのが「カウンターテレポート」という技。

↓↓+キックで発動するカウンター技で、構中に攻撃されると、相手の後ろに回り込みダウンを奪う技です。

これの何が強いってまずコマンドの簡単さです。

この手のカウンター、または移動技というのは、KOFでは半回転+ボタン三つのどれかだったり、ストファイでは昇竜拳コマンド+同時押しだったり、と発生させるまでのコマンドが長い、複雑、面倒の三重苦だったのですね。

なので、この手の技を下二回で出せるというのは非常に珍しいと思います。

要約するとシグマの性能は、ほかではよくあるコマンドの技でも一際珍しいタイプの挙動をするキャラクターで動かすのが楽しいキャラクターであるといえるのです。

そういう意味では非常によくできたキャラクターに仕上がっているなと感じます。

動きもどちらかというと鈍重タイプではありますが、あくまでメカだから重いって感じで、特別モッサリしているとは感じなかったりします。

サノス同様の重たいキャラだけど、カウンターテレポートや技性能の高さがそれを十二分に補ってくれている感じがします。

そのため原作再現度も十分! ハイパーコンボにコピーシグマの技が入っているのは密に密に

非常に新鮮な動きのおかげで動かしていて楽しいのですね。

このゲームに対して否定的な意見が多い理由として、この新鮮さが圧倒的に足りなかったのも大きな要因なのではないかと思います。

なんにせよ、しばらくはシグマを使てみようと思います。

んでは、また!

スポンサードリンク