「ロックマン11 運命の歯車!!」のボス名と特殊武器を予想してみる。その2(ゆっくり雑談)

ロックマン11のボス名予想2回目!

パッケ絵を飾る右にいるやつを予想します!

恐らくパッケ絵のボスの中で、彼は一番特徴が多いのではないでしょうか?

以下動画にて!

ロックマン11 ボス名予想 その2

スポンサードリンク







以下、下書きになります!

ロクメガ:突然だが弟者。

メガマンマスタ―ミックスなる
漫画を知ってるか?

マジャポン:え? 何それ? 聞いたことないけど?

ロクメガ:どうやらロックマンメガミックスの
海外版らしい。

マジャポン:海外でしか展開してないロックマン漫画が
あることくらいなら
おいらも知ってるけど、

それたんにセリフが英語になってるだけじゃね?

ロクメガ:恐らくそうだろうが、
それだけじゃなく、フルカラーなんだそうだ

マジャポン:それは読んでみたいね!

ロクメガ:日本じゃフルカラーコミックなんて
考えられんからな。

実際読んでみたいところだが、
どうすればいいのか・・・?

因みに表紙違いにこんなのがある。

マジャポン:こんな情報よく知ってるよね兄者。

ロクメガ:この動画作ってるといろいろ画像が
必要になるから、

ついでに見つけてしまうんだよな。

マジャポン:それにしても可愛いイラストだね!

ロールちゃんと、カリンカちゃんと、
スプラッシュウーマンと・・・。
あとこの人誰だっけ?

ロクメガ:お前までプラムさんを忘れたというのか!?

マジャポン:え? こんな人いたっけ?

ロクメガ:この表紙のバージョンの情報を掲載していた、
ロックマンのレア情報を扱っています。

とかいうサイトがあったんだが、
そこの管理人もプラムさんのことを
「あと誰かさん」などといってた!

レア情報を扱ってる割に
バトチェのキャラも知らんとは!

スポンサードリンク







マジャポン:あ、ああ! バトル&チェイスね!

ロクメガ:別にロックマンファンなら
全ての情報を知っていろなどとは
言わないが、

情報を発信する側が
紹介しようとする商品のことも、
ろくに知らずに紹介するってのは、

情報発信者として失格だぞ!?

そういうことを
するなら普通調べるだろ!?

マジャポン:ま、まぁまぁ、そういうサイトが
あるだけでも良しとしようよ!
ロックマンが盛り上がってる証拠でしょ?

ロクメガ:そのサイト、4か月で更新停止してるんだがな。

マジャポン:うわぁ・・・。

ロクメガ:前置きが長くなったが、

前回同様、
ロックマン11のボス名と
特殊武器を考えてみよう!

マジャポン:うい!

ロクメガ:今回はこのボスの名前と特殊武器を考えてみよう!

マジャポン:コメントしてくれた人の予想見てみると、
頭の角をパイルバンカーに見立てて、
その系統の武器だと予想してる人いるね。

ロクメガ:いかにも武器って感じに
尖がってるからなぁ。

マジャポン:兄者はどう予想するん?

ロクメガ:俺はこの部分に注目したい。

この左肩左肩あたりから出ている
パイプみたいなやつ。

マジャポン:あえて角の方ではなく、そこなの?

ロクメガ:うむ。恐らく誰もが一度は
見たことあるものだと思う。

あれはユンボ用マフラーだな

マジャポン:ユンボ?

ロクメガ:一般的にはショベルカーのイメージだな。

大型の建設機械に使われる油圧マシンでは、
あの形のマフラーが使われる。

人が捕まるための
手すりみたいなものも
ついてるな。

マジャポン:こうしてみてみると
ほかのボスに比べて
特徴が多いね。

ロクメガ:頭の角は工事で使う振動ドリルじゃ
ないかと思う。アスファルトとか砕くやつ。

とんがった水晶みたいに見えなくもないけど、
重機のイメージからちょっと遠い感じだ。

マジャポン:かなり的を得ているんじゃない?

ロクメガ:自分でいうのもなんだが、
モチーフについてはかなり自信がある。

やはりわかりやすいのは
ユンボマンかな?

マジャポン:さすがに響きが安直なんじゃない?
あと微妙に間抜けな感じがするよ?

ロクメガ:うむ、確かに微妙に情けない感じがあるな。
それにユンボじゃモチーフがわかりにくい。

マジャポン:ユンボマンはなしだねじゃあ。
でも、それじゃあほかに考えられるもの、
ないんじゃね?

ロクメガ:いや、あるぞ!
ユンボといえばディーゼルエンジン!
すなわちディーゼルマンだ!

マジャポン:おお~! なんかありそう!

スポンサードリンク







ロクメガ:ロックマンンDASHに
ティーゼル・ボーンというキャラがいたが、

濁点がつくので、
名前被りも微妙に避けられている!

また、ロックマンロックマンの
追加ボスにはオイルマンが
いたので、

ディーゼルエンジンの
燃料である軽油は、
簡単に燃え上がらない。

それとも大きく差別化できそうだ!

マジャポン:じゃあ、彼がディーゼルマンだとして、
どんな特殊武器になるかな?

ロクメガ:まずディーゼルエンジンについて
少し知識があったほうがいいかもしれない。

え~とウィキペディア先生によると、

引用:ディーゼルエンジンは点火方法が圧縮着火である
「圧縮着火機関」に分類され、

ピストンによって圧縮加熱した空気に
液体燃料を噴射することで着火させる。

液体燃料は発火点を超えた
圧縮空気内に噴射されるため自己発火する。

単体の熱機関で最も効率に優れる種類のエンジンであり、
また軽油・重油などの石油系の他にも、

発火点が225℃程度の液体燃料であればスクワレン、
エステル系など広範囲に使用可能である。

汎用性が高く、小型高速機関から
巨大な船舶用低速機関まで
さまざまなバリエーションが存在する。

マジャポン:調べれば調べるほど、
色々バリエーションが考えられるね。

ロクメガ:そうだな。一つ言えることがあるとすれば、

炎系の特殊武器はなさそうってことだな。

マジャポン:なんで?

ロクメガ:パッケ絵の時点で
すでに火吹いてる奴がいるからな。

マジャポン:あ、ほんとだ!

ロクメガ:あるとしたら、物理系の攻撃か、
爆発系の攻撃を仕掛けてきそうだ。

前者なら系統としては
ガッツマンに似てるかもな。

鈍重だけどかなりの
パワーファイターかもしれない。

ガッツマンのスーパーアームや、
ウラノスのディープディガーなんかは、

パワーファイターとしての表現には
成功していたが、

特殊武器の使い勝手としては微妙だったから、
別の形でそれを表現するかもしれない。

マジャポン:爆発系の場合はどうなるかな?

ロクメガ:クラッシュマンとか
グレネードマンとかそんな感じだね。

せっかくだからディーゼルエンジンの
特徴にちなんだものがいい。

ディーゼルエンジンは空気の温度を高め、
そこに液体燃料を噴射することで
発火させるエンジンだ。

だとしたら大量の液体燃料を空気中に
噴射して、それを発火、爆発させるというのも、
十分考えられる可能性だ。

特殊武器の名前は、
ディーゼルボムというのはどうだろう!

マジャポン:おお~~!

ロクメガ:液体燃料だから、
爆発の仕方も飛沫の状態によって
変化するかもしれん。

7のターボマンの特殊武器、
バーニングホイールとは、

炎と爆発で差別化もできている。

想像してみたら、
なかなかの強敵になりそうじゃないか。

スポンサードリンク







戦ってるときは、
液体燃料が投下され、

それを吸収してエネルギーを
補給するって案も
面白いかもしれない。

マジャポン:でも回復はロクフォルの
ダイナモマンだけで
勘弁してほしいっす!

ロクメガ:それは同感だな。
ダイナモマンは強かった。

マジャポン:今回は前回に比べて
大分イメージが近い感じがするね。

ロクメガ:何せパッケ絵の時点で特徴が
いっぱいあったからな。

マジャポン:次はどのボスにするの?

ロクメガ:ディーゼルマン(仮)の下にいる
青いボスにしようと思う。

マジャポン:今度は逆に目立つ特徴がなさげだね。

ロクメガ:確かにこのパッケ絵だけじゃ、
まったくわからないな。

次のやつはスピード枠かもしれない。

マジャポン:というわけで、
視聴者の皆さんも
色々想像してみてね!

ロクメガ:ご視聴ありがとうございました!

スポンサードリンク