「ロックマン11 運命の歯車!!」のダブルギアシステムについていろいろ予想してみよう!

公式PVで発表されたロックマン11の新システム、ダブルギアシステムについていろいろ語ってみようという動画です。

こういうのは今のうちにしか楽しむことはできないので、いろいろ妄想が捗りますわ!

スポンサードリンク







以下下書き

ロクメガ:ロックマン11の新システム、ダブルギアシステムについて予想してみよう。

マジャポン:いきなりどうしたの兄者?

今回はいきなりだね。

シャンティ1/2ヒーロープレイしなくていいのん?

ロクメガ:すでに、ノーマルモードはプレイし終わっているからな。

動画制作の準備は万全だ。

マジャポン:んで、まだ全然情報出て来てないけど、今からダブルギアシステムの予想とかするの?

ロクメガ:甘いぞ弟者。

名前やPVで判明した部分をいろいろ予想して楽しむのは、

ゲーム発売前の醍醐味だ!

あのFF15だって、発売前が一番楽しい時期だったそうだからな。

マジャポン:それって発売したあとは楽しくなかったように聞こえるけど?

FF15ってぶっちゃけどうだったの?

ロクメガ:俺はFF15をプレイしたわけじゃないから、偉そうにゲーム内容についてはこれといって言えることはない。

一つだけ言えることがあるとすれば、

カップ麺エンドは最高に笑えたということだけだ。

マジャポン:ああ、あれは最高だったねw

ロクメガ:発売から一年ほどして、何となく気になって調べてみたらそんな動画を見つけてしまったから、

俺の中でFF15といえばカップ麺になってしまった。

マジャポン:プレイした人はガッカリ来たかもしれないけどね。

ロクメガ:というわけで、ダブルギアシステムについていろいろ考えてみようと思う。

マジャポン:スイッチ版のクラコレのゆっくり実況とか作らないの?

ロクメガ:それらを今やり始めたら確実にXアニバーサリーや、

ロックマン11発売までに間に合わないからな。

今はやめておく。

マジャポン:ふ~ん。そういえば、ロックマン30周年記念ライブのチケット、

昼の部はもう完売だってさ。

ロクメガ:マジで!? 昼に行きたかったのに・・・。

マジャポン:早く買っておかないからこうなるんだって、

ソフト化の予定とかないんだからさ。

ロクメガ:5月は色々苦しかったんだ・・・

っていい加減、話を戻そうぜ。

マジャポン:うい!

で、今の段階でダブルギアシステムについて

考えてみようって言っても、

狸の頭じゃ大したことが思い浮かばないんだよね。

ロクメガ:何も思いつかないか?

マジャポン:いや、まぁ、思いつかないことはないんだけど、違うかもなぁ、って感じ。

ロクメガ:まぁ、そういわず言ってみろ。

後で、びっくりドンキー奢ってやるから。

マジャポン:う~んっとね、特殊武器が全部チャージショット可能・・・とかかな?

ロックバスターを超える攻撃力、みたいな宣伝されてたから、

そんな感じのものじゃないかなぁって思ってさ。

ロクメガ:それじゃあ、エックスシリーズと何も変わんなくね?

マジャポン:うん、そんな気がする。でも狸の頭じゃそれが限界だよ。

ロクメガ:馬鹿野郎弟者! 限界を自分で設定するな!

お前は狸かもしれないが、自分で考える頭は持っているはずだ!

諦めてはいけない! お前はやればできる子だ!

マジャポン:なんで、いきなり熱血入ってんの!?

兄者そんなキャラじゃなくね?

っていうか、その馬鹿っぽいキャラでそんなこと言われても・・・。

ロクメガ:確かに、そういえなくもない。

マジャポン:ちなみに兄者はどう思ってるん?

ダブルギアシステムがどんなのかってさ。

ロクメガ:俺もちゃんと考えがあるぞ!

ダブルギアシステムは、俺が思うに、

ボスを倒すことで得られる、
特殊武器とは別のものなのだと思う。

マジャポン:どういうこと?

ロクメガ:ダブルギアってその名の通り、二つの歯車ってことだからな。

一つが特殊武器だとしたら、

もう一つが特殊武器とは別の新システムであるといえなくはないか?

マジャポン:んんん? ってことは、武器トレースシステムは、

ワイリーの発案だった可能性があるってこと?

ロクメガ:そういう可能性もあり得そうだな。

武器トレースによる、特殊武器のゲット、

それにプラスされ、体にも負担をかけるもう一つのシステム。

ワイリーもロボットに愛情を注いでいることに間違いはないが、

その可能性を追求しようとしたワイリーと、

その追求をするべきではないとするライト博士という構図になり、

これが原因で二人が袂を分かつというのが

今回のお話において重要な部分になるかと思う。

マジャポン:なかなかに熱い展開だね。

ロクメガ:当然ながらダブルギアシステムに関する設定は後付けだろうが、

ワイリーがライト博士を超えるっていう目標が

このころから存在していたものと考えると、

なかなか深いものを感じる気がする。

話は若干変わるが、ロックマン11の制作において、土屋Pと小田Dは、

引用:キャラデザインは変えてはいけない部分を押さえつつ、現代的なリファインも求められる…。

と結論していることから、この現代的なリファインというのが、この新システムなんだろう。

ロクメガ:まぁ、なんだかんだでいろいろ予想してみたが、

発売が楽しみだな

マジャポン:そうだね。

このシステムの詳細も気になって仕方ないね。

ロクメガ:第三PVが公開されることはあるのだろうか?

マジャポン:あと一回くらいはあると思う。

ロクメガ:とりあえず、今のうちにいろいろ予想して、

楽しんでおこう

マジャポン:そうだね!