ロックマン30周年記念ライブレポート!(ゆっくり雑談)

普段ライブになんか行かない私ですが、ロックマンのライブと聞けばいかないわけにはいきません!

といっても、ギリギリまで行けるかどうか財布と相談して、それから行ったのですがねw

そんなライブ会場の様子やトークなどについて語っております。

今回ライブに行けて、心からよかったと思います!

ロックマン30周年記念ライブレポート

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:
ロックマンライブ
行ってきたど~!!

マジャポン:
お~~~~う!

ロクメガ:
というわけで今日は、
ロックマン30周年記念ライブの
レポートを行っていこうと思う。

マジャポン:
レポートって言ってもさ、
どこから始めるつもりなの?

曲の内容までは、
文字で表現できないよね。

ロクメガ:
うむ。原曲がどうアレンジされたのか、
みたいなことは書きようがないので、

今回この動画で語るのは、
現場の雰囲気やゲストの
トークについてだ。

とはいえそれでも密度の
濃い時間だったので、

どうしても駆け足になってしまうのは
ご了承願いたい!

マジャポン:
スマホとかで録音とか
しなかったの?

そうすればここで
流すことできたじゃん。

ロクメガ:
お前は馬鹿か!?
そしてお前は馬鹿か!?!?

マジャポン:
え? なんで・・・?

ロクメガ:
お前はノーモア映画泥棒!
というのを見たことがないのか!?

そんなことをしたらおめぇ、
チョサッケン侵害で動画が
消されちまうわ!

マジャポン:
あ、そうか。

ロクメガ:
音楽や映像を素材に使うなら、
できるだけ引用の範囲でやるべきだし、
それを否定する気もない、

しかし流石にライブの映像や音を、
無断で垂れ流すのはよくない。

マジャポン:
ご、ごめん。
おいらが間違ってたよ。

ロクメガ:
分かればよし。

さて、今回俺と弟者は当日券での
参加となったわけだが。

マジャポン:
なんであらかじめ
買っておかなかったの?

ロクメガ:
給料日の三日前だったのに加え、
色々とお金が飛んでいく理由があってな。

特にロックマン11のコンプエディションは
1万5千円だから、財布にやさしくない。

マジャポン:
EカプコンでクレカやVISA使って
予約すると先にお金取られちゃうもんね。

5月の末にはシャンティの
アルティメットエディションも
買ってたよね。

ロクメガ:
シャンティの面白さは
暴力的だったからな。
仕方なかった。

当日券の販売は午後5時半。
俺達が到着したのは3時半だった。

マジャポン:
流石に早すぎだよねぇ。

ロクメガ:
まぁ、当日券を買い求める
ユーザーなんて

基本ギリギリになってから
行動起こすもんさ。

マジャポン:
当日券買う人がみんな
兄者みたいに言うのやめようよ。

ロクメガ:
因みに俺は当日券販売
開始までの2時間を、

ロックマンEXE オペレートシューティングスター
をプレイして凌いでいたな。

マジャポン:
なんでそれだったの?

スポンサードリンク







ロクメガ:
このチャンネルを見ている人にとって、
繰り返しになるかもしれないが、

EXEと流星は食わず嫌いで今まで
プレイしてこなかったし、

アニメも放送地域の関係で
見れなかった。

30周年を迎えた今こそ、
全てのロックマンを知るべく、
プレイを始めたんだ。

マジャポン:
ふ~ん。

ロクメガ:
会場の雰囲気についてだが、

やはりロックマンの
イベントなだけあって、

当然ながら会場には、
ロックマンTシャツを着て
やってくる人もいた。

マジャポン:
結構いたよねぇ。
色んな意味で目立ってたよ

ロクメガ:
その中でも巨乳の外国人女性が、
来ていたコブンTシャツが、
一際異彩を放っていたな。

外国人で女性のロックマンファンって
だけでも目立つのに、見事にコブン
Tシャツを着こなしていた。

マジャポン:
あれは確かに目立ったねぇ。

ロクメガ:
かなり目の毒だったので、
なるべく見ないようにしていたがな。
ご本人に失礼だし。

そんで当日券を買って会場入りすると、
ロックマンの等身大ぬいぐるみとか、

生放送で再販が発表された。
ロックマンXとVAVAの

ライドアーマーの展示

ロックマンの
マウンテンバイク

ロックマン11の巨大ポスターや、
30周年記念ポスターなどが
出迎えてくれた。

マジャポン:
オリジナルロックマングッズも
色々売ってたよね。

ロクメガ:
Tシャツに、パンフレットに
クリアファイルに、アクリルキーホルダー、
缶バッジ、あとE缶ドリンクとかな。

俺はパンフレットとクリアファイルと
アクリルキーホルダーを買ったな。

マジャポン:
おいらはクリアファイルと
E缶買ったよ。

ロクメガ:
物販コーナーには
結構な長蛇の列ができていたな。
学生を卒業するころには、

周囲にロックマンのことを
話し合える友達も
いなかったから、

同じ場所にファンが集うことに
胸が熱くなったものだ。

マジャポン:
兄者並ぶのって嫌いじゃ
なかったっけ?

ロクメガ:
時間が消えるだけの
行列ならな。

今回の場合は開園まで
時間があったから、
待つのも苦痛じゃなかった。

ただ、買ったものは
紙袋か何かに入れてほしかったな。

マジャポン:
トートバッグ持ってって
正解だったね!

ロクメガ:
ライブが行われる大ホール内では、
ステージ上部に設置された
スクリーンに、

ロックマン11とアニコレ、
そしてロックマン30周年を振り返る
映像がループで流れていた。

マジャポン:
ループするたびにリズム
刻んで口ずさんでたよね。

ロクメガ:
アニコレのPVで流れてた、
Give it A shotは
中々の名曲だと思う。

そんで6時半から公演はスタートした。
最初の演目は、
ロックマンシリーズ随一の名曲

ロックマン2のワイリーステージ
だった。

マジャポン:
最初からクライマックスって感じだよね。

ロクメガ:
実際非常に気合の入った
アレンジで聞きごたえがあった。

おっくせんまんとかいう
弾幕が飛び交って、
興を削がれることもなかったしな。

マジャポン:
そりゃあ公式のライブなんだから、
勝手に歌詞つけて歌われた億千万が
関わる余地はないよね。

っていうか兄者
億千万嫌いなの?

ロクメガ:
ニコニコ動画のユーザーは
TPOというものを知らないのか、

場所を弁えずに弾幕を張る
マナーの悪さには
うんざりしてたんだよ。

ついでに言うと、
億千万そのものには
思うところは特にないな。

俺が億千万を通じて思うことが
あるとすれば、シンプルに一言。

原曲とそれを作った作曲家
立石孝さんとAKさんの才能。
それらが凄いってことだけだ。

マジャポン:
凄いのはあくまで原曲である
ってことだね。

ロクメガ:
そういうことだ。

まさかリリースしてから
20年もたったゲームのBGMが、

日本発祥の動画投稿サイトで、
大ブームを起こすなんて、

ご本人たちも予想して
いなかっただろう。

スポンサードリンク







適当な曲に適当な歌詞つけて、
それっぽく歌津だけなら誰でも
できるが、

ゲームミュージックに
歌詞をつけさせて、
歌わさせて、
ブームを起こさせるなんて、

意図的にそんなことをさせるなんて、
不可能だ。

それをさせるだけの魅力が
ロックマン2 ワイリーステージに
あった。

それが素直に凄いなと思うんだ。

マジャポン:
確かにね。世に出てから20年後に
そんなブームを起こさせたゲーム
ミュージックはほかにないよね。

今回のプログラムについてだが、
文句のつけようがなかった。

眼を閉じてじっくり聞きたい
衝動も感じたし、

生演奏を少しでも
目に焼き付けたくもあった。

マジャポン:
どれもこれもいい
アレンジだったよねぇ。

ロクメガ:
ロックマンファンとしては、
壇上でのトークも大変
面白いものだった。

マジャポン:
今回初代ロックマンの作曲家である、
松前真奈美さんが壇上でBGMの裏話を
してくれたんだよね。

ロクメガ:
初代ロックマンに携わった、
レジェンドの口からそういう話を
聞けるのは、おそらくまたとない
機会だろうな。

ご本人曰く。

引用:
当時は容量が小さくて、
4音でしか曲が作れませんでした。

にもかかわらず、
それ以上音を使っているように、
聞こえるように作らないといけない。

ロクメガ:
と語っていたっけな。

マジャポン:
どんなマジック作ったんだろうね。

ロクメガ:
きっと今となっては、
失われた技術かもしれないな。

マジャポン:
青木佳乃さんも
一緒に壇上に上がったっけね。

ロクメガ:
ロールちゃんのテーマソング、
風よ伝えてを歌った人だな。

社員食堂で歌を披露したという
エピソードは笑うしかなかったな。

流石に、風よ伝えてをフルコーラスで
歌うことはなかったが、

ア・カペラで少しだけ歌ってくれたのは
嬉しかったぜ!

マジャポン:
ア・カペラって?

ロクメガ:
曲の演奏とか伴奏とか無しで
歌うことだぞ。

マジャポン:
ああ、なるほどねぇ。
バトチェからかなり時間たってるけど、
歌声は全然衰えてなかったね。

ロクメガ:
声ってのは一度定着すると、
そう簡単に変わらないものらしいからな。

御年50超えても
幼女の役やってる声優さん
だっているしな。

マジャポン:
マジかよ・・・。

ロクメガ:
今回のゲストは
この二人だけじゃない。

日本のヒップホップグループである
KICK THE CAN CREW(キック・ザ・カン・クルー)
のメンバーの方も壇上に上がった。

マジャポン:
どちら様なのその人?

ロクメガ:
俺もそのグループについて
詳しくはわからないが、

そのメンバーの一人である、
MCUという人は、
熱烈なロックマンファンで、

ロックマン2 ワイリーステージの
曲をアレンジ、ラップ歌詞を追加し、

I LOVE ROCKMANという曲を作って
カプコンさんに送ったんだそうだ。

マジャポン:
行動力凄いね!

ロクメガ:
この曲はロックマン30周年記念イベントの
時にも流された曲だ。

当然ながらカプコンさんの
公認曲であり、
ロックマンそのものの歌でもある。

マジャポン:
作りたいから作っちゃったとか
言ってたよね。

ロクメガ:
ある意味公式とは
無関係な人ではあるが、

自ら行動を起こして、
関りを持った人物だといえるな。

娘さんからロックマンて
呼んでもらえたことを凄く
喜んでいたようでもあったな。

マジャポン:
家にたくさんロックマングッズを
保持してるみたいだったし、
遊びに行ってみたいよね!

ロクメガ:
うまい酒が飲めそうではあるよな。
俺は下戸だが。

マジャポン:
ダメじゃん!

ロクメガ:
バイク乗りは酒を
飲まないんだぜ!

スポンサードリンク







ロクメガ:
さて、ここまで
色々語ってきたが、

大分長くなってきたので、
最後に土屋Pのお言葉を
伝えようと思う。

マジャポン:
あれ? もう終わるの?

ロクメガ:
正直語ろうと思えば、
いくらでも語れることはあるが、

要点を絞って話さないと、
動画の再生時間が
膨れ上がってしまう。

現時点でも7分以上と
普段より再生時間多いしな。

だから次で最後だ。

マジャポン:
ふむふむ。
それで土屋Pのお言葉って、
何を伝えるの?

当たり障りのないことしか
言ってなかったような気がするけど。

ロクメガ:
いや。とても大事なことを
言っていたぞ!
土屋P曰く、

引用:
どのロックマンがオリジナルとか、
どれが一番とか、このロックマンは
偽物とか、

そういうことする必要ないと
思うんですね。

どの世代にとってもロックマンは、
青い少年のヒーロー。

それでいいと思うんですよ。

マジャポン:
あ、言ってたねそういうこと!

ロクメガ:
ロックマンは形を変えて、
様々な世代の少年たちの前に、
ヒーローとしてやってきた。

それぞれの世代にとって、
ロックマンというヒーローがある。

ただ、同時に世代間同士で
軋轢を生む原因でもあった。

そういう論争でお互いの
主張をぶつけ合って、

無意味に言葉の暴力で傷つけあう。
俺はそういうのが嫌だなと
思ってたんだ。

俺はRPGに苦手意識を持っていたから、
EXEや流星の発売当時には
プレイしなかったが、

だからってそれらが
ロックマン失格だと
思ったことはない。

その当時を生きる子供たちにとって、
EXEや流星も間違いなくロックマンの
一人だ。

それを否定して大人が偉そうに、
初代ロックマンを印籠みたいに
扱って、

引用:
これがオリジナルロックマンだ!
(ドヤァ)

ロクメガ:
なんてやったって、
空しいだけだからな。

マジャポン:
確かにね・・・。
みんな違ってみんないい。
それでいいのかもね。

ロクメガ:
そういう大事な部分を、
一般のファンではなく、

公式の言葉として
口にしてくれたことが、
今回すごくうれしく感じたんだ。

お互いの良さを認めあう。
それだけの簡単なことが
できるだけで、

ロックマンはもっと
多くの人に愛されるシリーズに
なれるはずだ。

マジャポン:
このチャンネルを
見てくれている人だけでも

その思いが伝わるといいね。

ロクメガ:
そう願いたい。

ロックマンが末永く愛される
シリーズとして完全復活することを
祈って!

ご視聴ありがとうございました!
よいロックマンライフを~!

マジャポン:
よいロックマンライフを~!

スポンサードリンク