Xチャレンジ 第三ステージ解説・実況(ロックマンX アニバーサリーコレクション)

ちょっと動画作るのに時間を集中させてました。

というのもこの動画作ってる時に大きく音ズレが発生したため、直す方法を探して四苦八苦してました。

MP4の動画ってのはそういう意味ではどうにも使いづらいです。

んで、音ズレを治す方法を言付けて以来、動画を作ることに集中してました。

というわけでまだ見てない人はこちらどぞ!

ロックマンX アニバーサリーコレクション Xチャレンジ第三ステージ攻略動画

ぶっちゃけ、ドップラー博士は時間かかり過ぎる・・・!

後は下書きになります~。

スポンサードリンク







ロクメガ:
ロックマンX アニバーサリーコレクションが、
非常に好調に売れているようだ!

マジャポン:
お? そうなの?

ロクメガ:
近所のGEOでは、スイッチ版が、
1のみ、2のみ、1+2、全部売り切れていた!

Amazonの週刊売り上げランキング一位にも入っていて、
そのランキング内でもアニコレ三種類がランクインしてる。

マジャポン:
すげぇ!

ロクメガ:
俺は嬉しくて仕方ない!
涙が出るほど嬉しい!

GEOの売り切れを見て、
思わず号泣しそうになったぞ!

マジャポン:
いや大げさだよ!

ロクメガ:
何を言う!

初代ロックマンもロックマンXも
不遇の時代があまりにも長く続いた。

ロックマンが蘇ることなど諦めていた
それが今になって、不死鳥の如く蘇った。

嬉しくないわけがない!

しかも公式も公式で、
エックスとゼロの声優さんを
読んで力の入った宣伝を行っている。

ゼロ役の置鮎さんなんか
D-Artsのゼロのフィギュアを
赤と黒両方所持していると
豪語していたぞ!

マジャポン:
演じた人にまで愛されてるって
いいことだよね!

ロクメガ:
俺も負けていられないぜ!

マジャポン:
それで兄者、
今日は第三ステージかな?

ロクメガ:
うむ! 早速やっていこう!

マジャポン:
うっす!

ロクメガ:
第三ステージ最初はこの二体。

マジャポン:
サルとカニが手を組んだか。

ロクメガ:
説明欄にも猿蟹合戦を元にした
記述がなされているな。

お分かりいただけただろうか?

マジャポン:
別の番組になっとる!

ロクメガ:
それはまぁいいとして、

中々にしゃれが効いている
組み合わせじゃないか。

マジャポン:
今回で全体の1/3になるせいか、
三番目に凄いのが控えているね。

ロクメガ:
ドップラー博士と
ゴッドカルマシーン・O・イナリーだな。

彼らについては後に述べよう。

今は目の前のサルとカニに集中すべし!

特殊武器はマンドリラーを最優先でつぶすために、
ショットガンアイスを持っていく。

ほかの二つも、片方の弱点を付
つけるものを持っていく。
いつも通りのオーソドックスな選択だな。

X1をプレイしたユーザーなら
ご存知ののことと思うが、

マンドリラーは非常に凶悪な
ボスの一体だが、

ショットガンアイスをつかえば
簡単に無力化できる。

マジャポン:
クラブロスは今回弱点
つけないけどどうするの?

ロクメガ:
クラブロスは

はめ殺す。

マジャポン:
嵌めれるの!?

ロクメガ:
見てればわかる。
・・・っていうかボス使いまわすなよ。

マジャポン:
色々制作の都合があったんだろうねぇ・・・。

ロクメガ:
前置きはこの辺にして、
さっそく始めてみよう!

マジャポン:
超高速でマンドリラーの
ライフが減っていく!

ロクメガ:
これほど弱点使った時と
使わなかったときの落差が
激しいボスも珍しい。

マジャポン:
まずショットガンアイスが
凄く強いよね。

ロクメガ:
完全に動きを止めているからな。

クラブロスが前に出てこなければ、
壁にすらならない。

マジャポン:
しゃべっている間に
終わっちゃったよ!

ロクメガ:
所詮サルとカニは相容れない
運命なのかもな。

マジャポン:
何のためにコンビ組んだんだか・・・

ロクメガ:
因みに今こいつをはめてる。

マジャポン:
え? 普通にプレイしてるようにしか
見えないけど?

ロクメガ:
クラブロスは頭上に
エックスがいると、

バリアを解除してまで
ハサミで攻撃してくる。

つまりこちらの動きで奴の動きを

ある程度コントロールできる

マジャポン:
あわれカニ。

ロクメガ:
本来なら特殊武器の

スピンホイールを使ってやることだが、

バスターで少しでもスコアを極めようと思ったら、

簡単にバリアを解除できる方法として、

この手段を用いてもいいかもしれない。

マジャポン:
でもさ、そもそもクラブロスのバリアって、

プラズマチャージ使えば簡単に剥せるから、

無理に狙う必要もなくない?

ロクメガ:
その辺の判断はプレイヤー次第だな。

後は作業なので、早送りで行くぞ。

マジャポン:
うっす。

撃破だね!

ロクメガ:
サルとカニはコンビを組んでも、

サルとカニでしかなかったな。
ーーーーーーーー
さて、次のコンビだ。

マジャポン:
これは意外な組み合わせ!

ロクメガ:
確かに予想してなかったな。

このモードにおける組み合わせは、
色々理由があって考えられたり、
モチーフが存在するが、

この二人はまるっきり
そんなものがあるように
思えないのだが・・・。

マジャポン:
クジャクとサイに関連性が
あるわけでもないしね。

ロクメガ:
クジャッカーの弱点は
ソウルボディだが、

マサイダーの弱点は
アシッドラッシュ

これは次に戦うDr.ドップラーの
弱点でもある。

マジャポン:
じゃあ、アシッドラッシュを
持ってくれば、弱点付けるボスが増えるね。

ロクメガ:
その代わり、クジャッカーに弱点がつけない。
それにクジャッカーはかなりの強敵だ。

しかもDr.ドップラーと組んでる
O・イナリーもかなり強い。

よほど腕に自信があるのでなければ
止めたほうがいいだろう。

マジャポン:
フムフム。

ロクメガ:
では、二戦目行ってみよう!

マジャポン:
クジャッカーのワープウザいね。

ロクメガ:
対抗しようと思ったら、

こちらも走り回るしかないが、

マサイダーが結構邪魔なんだよなぁ。

ソウルボディーにマサイダーも巻き込みながら

戦うほうがいいかもしれん。

マジャポン:
今のヒット&アウェイ中々いいかも。

ロクメガ:
一発当てて、すぐ離脱する。

ある意味理想的な戦い方ではあるな。

編集してて気づいたんだが、

常にチャージながら戦わないほうがいいかもしれない。

マジャポン:
なして?

ロクメガ:
思ったよりマサイダーとクジャッカーが、

重なってる時が多い。

ソウルボディーを当てるタイミングを

逃しかねない。

マジャポン:
とどめを刺したのはプラズマだったね。

今回はかなり上手くいった。

というかこのコンビ、

かなり簡単なほうかもしれない。

まだ一度も負けたことないし。

マジャポン:
まぁ、そういうこともあるよね。

っていうか前回の組み合わせが鬼畜過ぎるだけじゃない?

ロクメガ:
割とそうっぽいな。

マジャポン:
なんでショットガンアイスまた使ってんの?

ロクメガ:
ドリルが邪魔でダメージ与えられない時間があるから、

ショットガンアイスの反射で、

少しでもダメージを与えられないものかと思ってな。

悪あがき乙なのは分かってるがな。

マジャポン:
意外と悪くない戦いかただったんじゃない?

ロクメガ:
ドリル何とかできる武器とか欲しいと思ったわ。

さて、誰も予想してなかった奴が出たぞ。

マジャポン:
ドップラー博士とお稲荷様か。

ロクメガ:
神を狩る機械 その名もお稲荷

見るたびにあの名前にはセンスを感じるわ。

マジャポン:
おいらもそう思う。

ロクメガ:
ドップラー博士の弱点はアシッドラッシュだが、
用意がないので、バスターで叩くしかない。

O・イナリーはデカい図体で
画面右側に完全に鎮座している。

その癖攻撃が激しい。

ただ練習すればそれなりに
回避できるようにはなる。

イージーモードクリアですでにプラクティスを
出現させているなら。

回避の練習をしてから
挑んでもいいかもしれない。

逆に俺みたいに、練習なんてめんどくせぇ!
というものぐさなプレイヤーは。

弱点のチャージレイスプラッシャー
ごり押しでもいいかもしれない。

ノーマルならそれでも何とかなるしな。

マジャポン:
ドップラー博士はどうするの?

ロクメガ:
彼について語れることはこれ以上はない。

O・イナリーを葬ればあとはただの作業だしな。

マジャポン:
また作業ゲーか・・・

ロクメガ:
ボスの体力がやたら硬く設定されている以上。
戦闘が作業化するのは仕方がない。

ある意味バランスは悪いと思うがな。

マジャポン:
まぁ、仕方ないね。

ロクメガ:
解説はこの辺にして、第三ステージ
最後の闘い。行ってみよう!

マジャポン:
せっま・・・!

ロクメガ:
マジで狭いな・・・

ペガシオンもそうだが、

単調な攻撃方法しかない奴を、

狭い部屋に押し込んでバランスを取るのは

いかがなものか・・・

マジャポン:
なんだかんだで回避できてない?

ロクメガ:
O・イナリーだけなら完全回避も不可能ではない。

やはりどうしても片割れが邪魔だ。

マジャポン:
無敵時間のおかげで掴まれなかったね。

ロクメガ:
あれ一回捕まると結構長いこと

行動不能にされるんだよなぁ。

よし、これでO・イナリーは撃破だ。

マジャポン:
まだ半分体力残ってるね。

ロクメガ:
この戦いでは大分残ったほうだな。

もうお分かりかもしれないが、

後はドップラーのライフが0になるまで、

この繰り返しだ。

早送りで行くぞ。

マジャポン:
仕方ないね。

長かったねぇ・・・

ロクメガ:
長かったなぁ・・・

いつものスコア集計の時間。

マジャポン:
今回のスコアや如何に。

ロクメガ:
ドップラー戦で時間がかかったから、

そんなにはいかないだろうな。

40000の壁は厚いな。

マジャポン:
上には上がいすぎるねぇ。

ロクメガ:
ご視聴ありがとうございました。

よいロックマンライフを~!