こんにちはロクメガです。

 

皆さんはRPGは好きでしょうか?

 

私自信があまりRPGをやらない性分のため、私のチャンネルお呼びこのブログの視聴者・読者の中には、あまりプレイしない方もいらっしゃるかもしれません。

 

今回はそんな私でも好きになれた数少ないRPG(?)、ミートピアについて語ります。

 

レビュー動画も投稿しておりますので、動画で見たい方はこちらを御覧くださいませ。

 

※このブログではyoutubeでライブ配信でプレイした作品のレビューを行っております。

※レビューしたゲームの一覧は下記のリンクをご覧ください。

 

 

 

 

 

真のRPGの理由

 

まず私は本作をある意味真のRPGだと思っています。

これは既存のRPGを馬鹿にする意図で言っているわけではありません。

 

 

正しい意味でロールプレイしている作品だからです。

 

詳しくはウィキペディア先生当たりにでも聞いていただくとして、ロールプレイングゲームの意味を紐解けば、それは空想上の何かを演じるゲームであると言えます。

 

喋らない主人公のゲームや、FCファミコン時代のファイナルファンタジーなどもこの傾向が存在します。

 

そこから徐々に主人公は名前や重厚な設定、ストーリー主体のゲーム性に変化していったこともあって、ロールプレイングという単語はある意味では形骸化した作品も増えていったように思います。

 

他に代えの効く言葉がないので、一応ロールプレイングゲームと呼ばれ続けているようなかんじかもしれません。

 

ミートピアはこれとは全く逆で、コンピューターゲームの持つ成約の中で、最大限キャラメイクの自由度を極めた作品であると言えます。

 

このためゲームの世界で他人を演じる、他人を演じさせる、好きなキャラになりきるなど、ロールプレイングゲームとしての本来の意味を強く押し出していると言えます。

 

本作のジャンル名は「見守りシミュレーション」となっているので、

 

見た目、性格、性別、職業、決め台詞、一人称、組み合わせの数は膨大と言えるレベルで、作り込めばまさに、もうひとりの自分に限りなく近いキャラを作ることができます。

 

ここまでキャラメイク機能の自由度が高いRPGと呼ばれる作品が他にあるでしょうか?

まったくないというわけでは無いと思いますが、私の頭では思いつかないです。

 

他にも友達やフォロワーさんなど、他の人の強力があればそのMIIミーをもらうことが出来て、同じデータの垣根を超えて協力しあうなど、なかなか他のゲームでは出来ないことができちゃったりします。

 

私は配信でフォロワーさんのMIIミーとともに冒険をしましたが、本当に楽しい冒険ができました。

 

 

このMIIミー達のうち私が作ったのは左上の私、その横にいるのが弟者ことマジャポンです。

 

それ以外のキャラはそれぞれモチーフがあったり、オリジナルだったり色々です。

 

全部自作することも出来ますが、私とマジャポン以外はすべてフォロワーさんよりいただき、一緒に冒険してくれたMIIミー達です。

 

一部どう見ても・・・なMIIもおりますが、ここではあえて触れないでおきますw

 

公式サイトにかかれている「あなたが作る、あなた専用RPG」という言葉は決して間違ってはいないのですね~。

 

スポンサードリンク

あくまで見守り主体

 

ここまでキャラメイク能力の自由度の高さについて語ってきました。

では主人公は全く喋らないドラクエ型、ポケモン型の主人公なのかというとそうでもなかったりします。

 

主人公含め仲間達は作中思い思いの行動を取り、必要最小限に会話をしてくれます。

 

このため本作で操作するMIIミー達は、作中の登場人物であると同時に、プレイヤーまたは製作者の分身でもあることを実感することが出来ると言えます。

 

この塩梅は本当に見事というほかありません。

 

私自身、自分のパーティーのMIIたちにかなり強く感情移入してプレイしておりましたw

 

プレイヤーの役割はそんなMIIミー達のマネージメント、つまり管理をすることがメインとなるわけですね。

 

ある程度行き先を支持することは出来ても移動はオート。

バトル中も主人公以外はオートで進行。

ほかイベントではほとんどMIIミー同士で何かをやっていることを見ることは出来ても、プレイヤーが介在出来ることはあまりない場合も多いです。

 

 

画像は戦闘中の一幕ですが、主人公であるMII以外は全員自動で、プレイヤーが出来るのは彼らの行動を管理すること。

 

画像の右に表示されている神のふりかけ、安全地帯といった行動でMIIミーたちをサポートしていくわけですね。

 

それじゃあ退屈になるのでは? と思われる方もいると思いますが、そういった退屈さは、MIIミー達のコミカルな行動によって緩和されている・・・どころか、そういったものを見ること自体が楽しいと言えるものになっています。

 

MIIミー達のコミカルな行動は性格や職業によってある程度定められたものではありますが、彼らがある程度好き勝手している様を見守り、導くこともまた本作の楽しさの一つと言えるかもしれません。

 

スポンサードリンク
 

 

拠点となる宿屋でできること。

 

本作は1つのエリア(クエスト?)の最後にかならず宿屋が待ち受けており、そこがゴールとなります。

 

この宿屋は獲得した料理(いわゆるドーピングアイテム的なもの)を食べさせてステータスを管理したり、デート券というアイテムを使ってMIIミー達を二人で出かけさせて好きレベルを上げたり、MIIミー達が新たな装備品を欲しがっている場合はお小遣いを渡すなど、次の冒険に赴くための準備をする場所となります。

 

 

料理をあげた時の反応を楽しんだり、特定の組み合わせで発生する会話イベントやデート券でのデートと言った楽しい要素も多く、本作の宿屋はただ単にHPヒットポイントMPメンタルポイントを回復させるだけの場所ではないわけですね。

 

ここで旅の準備を整えて、また冒険に繰り出す。

 

本作はその繰り返しによって進めていくゲームと言っても間違いはないでしょう。

 

似たようなイベント、前にも見たイベントが発生する場合もありますが、非常に多くのイベントが用意されており、そう簡単に飽きることは無いと言えます。

 

MII達が次にどんなコミカルな行動を見せてくれるのか、イベントが起こるたびに楽しみにしてプレイできることでしょう!

 

スポンサードリンク
 

ストーリーは王道

 

本作のRPGとして見た場合、特に重厚なキャラ設定や細かい世界観設定はなく、よく言えば王道、悪く言えば蛋白でありがちなものに映るかもしれません。

 

MIIミー達の顔が奪われ、その顔を奪う大魔王を倒すというシンプルなものなんですね。

 

 

しかしこのシンプルなシナリオをいろどるのはプレイヤーの分身たるMIIミー

 

そしてこの大魔王もプレイヤーが作ることができるので、MIIミーによるキャラメイクが本作の楽しみ方を広げてくれるとも言えます。

 

この当たりはキャラもシナリオも完全に固定化されているタイプのRPGでは決して味わうことのできない楽しみ方と言えるでしょう。

 

どんな人におすすめ?

 

さてそんなミートピアですが基本的には誰にでもおすすめ出来る作品と言えます。

 

よほどのRPGアレルギーでなければ楽しめると思いますし、テレビゲーム自体が初心者という方も楽しめるかと思います。

 

難易度も低めで、かなりとっつきやすい難易度をしているので、とりあえずで買っても損はないゲームだと思います。

 

MII達のコミカルな仕草に癒やされるもあり、王道の熱い展開で胸を熱くするもよし。

 

一見奇抜な要素が多いけれども、プレイヤーの数だけ遊び方があるゲームですので、誰もが楽しめるゲームと言えるでしょう。

 

ヘビーゲーマーみたいになってくると、難易度の低さが気になるかもしれませんが、本作の面白さをゲームの難易度に求めなければ、やはり誰でも楽しめると思います。

 

個人的に一押しの作品として、今回の記事を締めくくろうと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク