「ロックマン11 運命の歯車!!」のボスの名前と特殊武器を予想してみる! その5

な、なんかもうすでに海外ではロックマン11のボスの名前が公表されて・・・いる?

いや、コメント欄とかでですね、そういうコメントをいただくんですよね。

ま、まぁ、日本じゃまだ発表されてないからセーフってことでwww

ロックマン11のボス名予想その5!

スポンサードリンク







以下下書きになります!

ロクメガ:
久しぶりにボス名予想やるぞ!

マジャポン:
本当に久しぶりだね。

ロクメガ:
何せアニコレのステージ発表や、
ロックマンライブのレポート
とかもあったからな。

ついでに喉を傷めてしまって、
辛い状況だったから、

ロックマンEXEOSSを
プレイしてた。

マジャポン:
喉・・・大丈夫なの?

ロクメガ:
扁桃腺がはれ上がっているせいか、
唾液すら飲み込むのが辛い・・・。

生の28倍もの抗酸化作用を持つという
黒にんにくを、
食べているんだがな。

氷でキンキンに冷やした、
おーいお茶濃い味を
がぶ飲みしてるのがいけないのか?

暑いからって、
シャツ一枚で寝てるのが
いけないのか?

マジャポン:
どっちもじゃね?

ロクメガ:
寝てる間に汗がドバドバでると、
あまりにも寝苦しいんだよなぁ。

関東の夏は暑くて
寝苦しいから嫌いだ。

マジャポン:
茶番はこの辺にしてさ、
そろそろ始めない?

ロクメガ:
そうだな。

マジャポン:
残ってるボスは2体だね。

ロクメガ:
うむ、というわけで今回は、
彼の名前を予想してみよう。

マジャポン:
見るからに属性は
明らかだね。

ロクメガ:
どう見ても氷の属性だな。

しかし、そう見せかけて
全く別の可能性もなくはない。

マジャポン:
例えば?

ロクメガ:
ロックマンX2に
クリスター・マイマイン
ってやついたろ?

そういうパターンもあるということだ。

マジャポン:
でも彼はどう見ても氷じゃない?

ロクメガ:
確かにな。しかし、単に氷と
決めつけてしまっては、
面白みがないので、

似たような色合いの属性が
ないか考えてみよう。

マジャポン:
フムフム

ロクメガ:
まずさっきも言ったように、
クリスタルである場合だが、
これはおそらくない。

マジャポン:
5にクリスタルマンが
いるもんね。

ロクメガ:
そう、クリスタルマンで
あるはずがない。

しかし、ほかにも似たような
宝石系で考えられるものがある。

マジャポン:
ダイヤモンド?

ロクメガ:
そう。彼は氷ではなく宝石系、
ダイヤモンドマンであると
考えられる。

マジャポン:
確かにダイヤモンドでも
不思議じゃない形や色してるね。

スポンサードリンク







ロクメガ:
このボスが氷系なのか、
氷っぽい別の属性なのかは、
見た目ではほぼ判別がつかない。

マジャポン:
仮にダイヤモンドマンだとしたら、
どんな特殊武器になるかな?

ロクメガ:
バリア系の武器ではないかと思うな。

仮に彼の武器がバリア武器なら、
名称はそのままダイヤモンドバリア
ってところか?

マジャポン:
ふむふむ。

でもさ、これまでのバリア武器と
どう差別化するの?

バリア武器といえば、
9のジュエルサテライトがかなりの
強さを持ってるけどさ。

ロクメガ:
あれと比べると確かに、
どのバリア武器も霞んで
見えてしまうな。

なので、やはり独自性を
持たせたいところ。

これまでのバリア武器は、
自動的にグルグル回るタイプの
武器が多かった。

マジャポン:
そりゃあ、回ってないと
バリアとして機能しないからね。

ロクメガ:
バリア武器となると回転は
かならずといっていいほど
存在するものだから、

この部分を変える必要は
ないだろう。

差別化を図るなら、
回転のさせ方が問題に
なると思う。

ロクメガ:
今までのバリア武器は、
一定方向に回転し続けるタイプ
ばかりだった。

マジャポン:
確かにね。
ってことは?

ロクメガ:
回転の仕方を少し変えてみよう。
45度ずつ一定間隔で回り、

1秒くらいストップする。
そしてその後さら45度くらい
回転する。

マジャポン:
45度回転して止まって、
さらに45度回転を
繰り返すわけだね。

ロクメガ:
そういうことだな。
これなら今までのバリア武器と
十分絵的な差別化ができていると思う。

また、45度ずつ回転させることで、
バリアの飛ばし方でも差別化
することが可能だ。

マジャポン:
どういうこと?

ロクメガ:
タイミングよくボタンを押すことで、
任意のタイミングで任意の方向に
バリアを飛ばすことができる。

7に出てきたジャンクシールドは、
自分で発射する方向を調整することは、
ほぼ不可能だったが、

回転と、回転が止まるタイミングが
一定だから、そうやって飛ばす方向を
任意に変更することができるのだ。

マジャポン:
なるほど! 確かに今までのバリア武器とは、
大分異なる性能を持っている感じがするね!

ダイヤモンドなら硬いから、
結構ダメージも大きいだろうし。

ロクメガ:
そういうことだな。
(ダイヤモンドが衝撃に弱いことは
黙っておこう)

マジャポン:
因みに氷系だった場合はどうなるかな?

ロクメガ:
う~ん、そもそも氷系で
使えそうな単語があんまり
残ってない気がするんだよな。

あるとしたらフローズンマンか?
フリーズマンとかなり近いが・・・。

あとはネットの予想として、
ツンドラマンってのを何度か聞いたな。

マジャポン:
つんどら?

ロクメガ:
ツンドラとは氷が解けない
地域のことだ。

マジャポン:
そんなとこあるんだ!?
っていうか普通にありそう!
ん~でも。

逆にそれくらいしかないんじゃね?
氷で使えそうな単語。

ロクメガ:
遊戯王みたいに、
言語を変えれば、

いくらでも量産できそうな気が
しなくもないな。

だけど俺はこのボスは、
宝石系ではないかと思ってる。

マジャポン:
なぜ?

ロクメガ:
額の片方にしかない装飾は、
オサレ感の演出に一役買っているし、

マジャポン:
オサレ・・・

ロクメガ:
ついでにシャツみたいなものを
着ているように見える。

マジャポン:
確かに見えるね。

ロクメガ:
プライドが高いとか、高貴とか
そんなイメージなんじゃないかと思う。

となると、宝石をファッションとして
身に着けている可能性も十分に考えられる。

マジャポン:
じゃあ、一応ダイヤモンドマンって
ことになるのかな?

ロクメガ:
俺としてはその方向で
考えたいところだ。

マジャポン:
じゃあ決まりかな?
彼の名前は、

ロクメガ:
ダイヤモンドマン(仮)
というこどで!

マジャポン:
特殊武器の名前は
ダイヤモンドバリア!

ロクメガ:
まぁ、公式発表までに
ほかの可能性も色々考えてみよう。

ご視聴ありがとうございました!
よいロックマンライフを~!

マジャポン:
よいロックマンンライフを~!

スポンサードリンク