こんにちは! ロクメガです!

 

今回もガンヴォルトのことについて語っていこうかと思います。

 

今回語るのはテセオさんについてです!

 

能力もやばいですが、その異名も大分やばいや~つです。

 

テセオ

 

※このブログでは蒼き雷霆ガンヴォルトに関する記事を投稿しております。
※ガンヴォルト関連の記事については下記の記事をごらんください。

 

 

 

 

究極の鬱ゲーの異名を持つ男

 

まさかこのゲームでシルアル・エクス・ペリエンスの名を聞こうとは思いませんでした。

 

境界線上の電脳王(シルアル・エクス・ペリエンス)

 

究極の鬱ゲーとラノベの名前を合体させるセンスにはなかなかの脱帽です。

 

厳密に言えばこのシルアルエクスペリエンスとやら、アニメとゲームと書籍で連動してお互いの内容を補完し合うことで内容を理解していく・・・というものだったようです。

 

私自身がこの作品群を究極の鬱ゲーと呼ばれる真髄を、実際のプレイで体験したわけではなく、当時はプレイしても内容が理解できてませんでした。

 

しかし度々耳にする情報を、ある程度を漁ったところ、

 

実生活に多大な影響を本当に与えかねない存在として恐れられていることを知り、恐らくこれ以上の鬱ゲーと呼べるものはないのだろうと判断しました。

 

シルアルエクスペリエンスレイン

 

シルアル・エクス・ペリエンスとはゲームの名前であり、アニメの名前であり、その最終目標は脳内嫁を作ること!

 

何言ってんだ? と思われるかもしれませんが、本当にそんな感じなんですよ。このゲーム(ゲームと呼んでいいかどうかさえ怪しいけど)。

 

私の口から全てを語ろうとすると、本題から外れまくるので、詳しくはここを見て下さい。

 

実際にゲームをプレイしなくても、ニコニコとかで視聴はできますので、探してみてください。

 

ただし、ネタバレ&鬱注意!

 

それがまぁ、なんでこんな愉快な2チャンネラーみたいなやつになったのかw

 

ご安心を、ガンヴォルトの鬱要素は彼の異名ほど強烈ではありませんw

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

テセオさんの性格は嫌いじゃない

 

そんな究極の鬱ゲーを異名として持つ、テセオさんの性格は、ネットスラングを多用する、軽い奴!

 

「wwwwwww」って「ワラー」って読むんですねw

 

勉強んなりました。

 

っていうか2チャンネル(現5チャンネル)の有志のかた、「wwwww」と書いて「ワラー」ってマジであるんですか?

 

テセオ

 

声優は石原朋典(いしはらとものり)さんって方なんですが、テセオを演じた当時まだまだ新人の方だそうで。

 

ガンヴォルトには新人声優の方が割と多いと思いますが、この人もその一人のようです。

 

ぶっちゃけテセオさん役はもうほかの人では考えられないです。

あの、煽っているようで煽っていない感じの絶妙な演技が凄いなぁと思います。

あれが素なんですよねぇ。彼。

 

ちなみにあの声にイラッと来たプレイヤーはどれくらいいるんでしょうか?

 

私はあの演技でイラッとはこなかったんですよねぇ。

 

むしろものすごくフレンドリーな感じがして、友達になったら楽しそうな奴だと思ってました。

 

ただ、それはやっぱりあの声あってのものかと思います。

ぶっちゃけ、文章だけだと本当にムカツクだけな気がしますw

 

ただ、からかってるように、あるいは馴れ馴れしすぎるように感じるものもあるかもしれませんね。

 

そこは彼の欠点かもしれません。

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

ステージが難しい・・・。

 

テセオのステージは個人的に、ガンヴォルト爪のステージの中でもかなり難しいと私は思っております。

 

具体的に言うなら

 

  • 上下左右つながった構成のステージとなっている。
  • 電撃を当てると消失、または出現する足場がある。

 

このニ点が彼のステージの独特な感じと、彼の能力の凄さを物語っているといえます。

 

ガンヴォルト爪

左右がつながっている。

 

攻撃やホバリングのために使う雷撃攻撃をさらに別の使い方にも利用しなくてはならないため、EPエネルギーの管理が結構大変なんですね。

 

慣れないと思ったように進めず苦戦するステージの1つと言えます。

 

トゲと穴と雷撃で消失する足場が同時に襲ってくるのも厄介なポイントと言えるでしょう。

 

良くも悪くも、かなりステージの構成が複雑だと言えるかもしれません。

 

 

目次へ戻る

ワールドハックつおすぎない?

 

アシモフは雷撃の第七波動(セブンス)こそ、現代(ガンヴォルトの世界)における究極の能力と称していました。

 

しかしテセオさんの能力、ワールドハックも十分その域に達しているかと思います。

 

電子制御技術の発達において、電気の持つ力の大きさが計り知れないことは言うまでもないかと思います。

 

ようは、そういったものを間接的に、行ってしまえば手をかざすだけで動かすことができるわけですからそりゃあ、強いに決まってます。

 

しかし、このワールドハックって能力も十二分に恐ろしい性能を秘めた能力かと思います。

 

具体的な能力の詳細については謎が多いのでほとんど推測ですが、この能力は端的に言って、

 

  • ・物を分子データに変換する
    ・その逆を行う

 

という能力なのでしょう。

 

ネットの世界を現実のものにしたり、現実のものをネットの世界のものにしたりという能力ってことですね。

 

雷撃とはまた違った方向で、物質に干渉、支配するということなのでしょう。

 

ある意味雷撃よりずっと強いような気がするのは私だけでしょうか?

 

何せオープニングで彼の能力に捕まったら即死ですからね!

 

ワールドハック

触ったら即死

 

テセオさんは自分の体を電子データに変換してネットを経由していろんなところを行ったり来たりしてるんでしょうね。

 

 

それにしてもこの能力欲しいなぁ・・・。

 

この手のゲームで自分で使ってみたい能力ってのは色々考えられると思いますが、前作のメラクが使っていたワームホールの次にこの能力が欲しいです。

 

もし、この能力を手に入れたら、自分が考えた文章をそのまま打ち出してくれそうなんですよね。

 

  • わざわざ文字を打つ時にカタカタパソコンのキーボードを打ち込んだり、
  • コピペのために繊細なマウスさばきをする必要

 

もなくなると思うんですがいかがでしょうか?

 

考えるだけでこれが可能になるというのは本当に素晴らしいと思います!

 

現在音声認識ソフトによる入力デバイスも発展してきているようですが、日本語は漢字・カタカナ・ひらがなが混じりあっており、声だけで完全に正確な打ち込みを可能にすることはまだまだ難しそうです。

 

そもそもその声を発する人間自体が正確なイントネーションでしゃべれないといけないと思いますからね。

 

ただ、どんなに技術が発達しても、脳みそを人為的にいじくるような技術は勘弁してほしいですが。怖すぎる!

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

マイティガンヴォルトにも登場!

 

ガンヴォルトシリーズのスピンオフ作品にして、マイティナンバー9から先んじて主人公が登場した、マイティガンヴォルト・ギャルガンヴォルトでもテセオさんは登場。

 

なんとラスボスという立ち位置で登場します。

 

キャラクターによってストーリーが大きくことなりますが、どのキャラでもラスボスとしての立ち位置は揺らぐことはありません。

 

マイティガンヴォルトバースト

 

また、シアンを使うとGVと共闘して挑むという、原作再現も可能となります。

 

正直時間がかかるだけで、本体の戦い方自体はパターンなので、時間かければ倒せるタイプのボスのように思いました。

 

目次へ戻る

まとめ:ガンヴォルト鎖環ギブスではどうなる?

 

登場する可能性や気配なんて微塵も感じさせてはくれない彼ですが、本作にはイマージュパルスという、過去作ボスを召喚して戦うシステムがあります。

 

現在公式トレイラーで確認できるボスキャラクターはデイトナ、イオタの2人ですが、過去作のボス全てだそうとなるとやはり彼の存在も気になるところです。

 

 

出てくるとしたら、やはり彼のEXスキル、ワイドサーキットを使うって感じになるでしょうか?

 

その場に現れて広範囲をレーザー攻撃するという感じだとしたら、まんまガンヴォルトやきりんがワイドサーキットを使うという構図になりそうな気がします。

 

となるとロックオンしたときの攻撃がどうなるか気になるところですが、やはり収束して大ダメージを与えるという感じになるのでしょうか?

 

妄想がとまりませんね~。

 

また、こうして振り返ってみると、能力の強大さ、意外な形での外部出演(社内コラボですがw)と言った出番に恵まれていたり、以外と優遇されているキャラクターなのではないかと思っています。

 

白き鋼鉄のXのラスボスのように、意外な登場があるかもしれないキャラ枠として、彼が選ばれる可能性も、なくはないと思いたいです。

 

というわけで、今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

スポンサードリンク

目次へ戻る

ガンヴォルト爪 会話を聞くプレイ 電脳(サイバー)