蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環 サーペンタインさんに関する感想とか考察

こんにちはロクメガです。

 

今回はガンヴォルトシリーズと言えば毎回個性的なキャラクターが登場することはこのブログを普段からお読みいただいている方なら、言うまでもないことでしょう。

 

今回はガンヴォルト鎖環のキャラの中でも、かなり個性後半以降に登場するサーペンタインさんについて語っていこうかなと思います。

 

※このブログでは蒼き雷霆ガンヴォルトに関する記事、及びゲームレビュー記事を多数投稿しております。

※ガンヴォルト関連及びレビュー記事については下記の記事をごらんください。

 

 

 

ATEMSアテムスの目的は封建ほうけん

 

ミサイル迎撃ミッションにてZEDΩ.ジエドを迎え撃った直後、彼に仕える4人の刺客、アテムスナイツが各地に出没。

 

というわけで今回からは(某大蛇丸オロチマルの人風に)その4箇所で4人のアテムスナイツを排除しに向かうことになるわけですね。

 

封鍵ほうけんはこの国の龍脈を制御して、霊的守護を高めるために作られたもの。

 

その名の通り封印のための鍵なのでしょう。

 

サーペンタイン

封鍵

 

この封鍵ほうけんを奪うことが、ATEMSアテムスの目的達成に繋がるため、わざわざミサイルでやってきて活動を始めたと、そういうことになるわけですね。

 

それにしてもこのゲームシリーズで龍脈とか霊的とかって単語が出てくるとは思いませんでした。

 

白き鋼鉄のイクス2の時点で霊的要素が微妙に現れていましたが、どんどん何でもありになっていきますね~、このシリーズ。

 

第七波動セブンスとはなんなのか?

 

という根本的な部分についてまだ何も明かされていないわけですが、まさかの霊的ななにかという可能性も出てくるのかしら・・・?

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

Mysticミスティック Mistミスト

 

サーペンタイン

 

霧に彷徨うは人か、化生か、マボロシか

 

暗躍する影と踊る死神――

 

視線の先に、あるはずのない姿

 

上から順番にプレイしていくと本来ならグラツィエから順番になるわけですが、この時の配信プレイでは気まぐれでサーペンタインさんからスタートしておりましたw

 

まぁ、どこから行ってもゲームの進行に影響があるのは、きりんのラーニング技習得の順番くらいのものなので、まっさらなデータから始めてこだわりのある人以外はどこからやってもいいことでしょう。

 

ちなみに今回のスタート前のステージ内容の説明(?)、「暗躍する影と踊る死神」って、B.B.への風評被害っぽい感じがするような気がするんですが私だけでございますでしょうかw

 

この後半ステージからこれまで仲間になったキャラクターのこともここに書かれるようになるわけですね。

 

毎回詩的なこの文章、いつも見るのが楽しみだったりしますw

 

 

目次へ戻る

霧の中を隠密行動

 

今回のステージは霧の中を進んでいくステージ。

 

それ自体がゲーム性になにか変化をもたらすわけではありませんが、今回のステージが隠密行動がメインのステージであることを暗に匂わせているのかもしれません。

 

そして今回はステージ開始前の説明(?)でB.B.のことが書かれていましたが、今回は彼がステージ中で活躍してくれるわけですね。

 

敵の中にもこちらを見つけるとものすごい苛烈な攻撃をしてくる雑魚がいて、あっという間に電磁結界カゲロウが剥がされてしまいます。

 

サーペンタイン

見つかると苛烈な攻撃を受ける。

 

一定の確率か、はたまた決まった敵に対してのみかはわかりませんが、敵に見つかった瞬間B.B.が対象の敵を即座に排除するという形で彼は活躍してくれます。

 

普段おちゃらけていることの多いB.B.ですが、こういう時本当に頼りになりますね~!

 

B.B.

B.B.が助けてくれる!

 

いつものことですがこのステージも職人のワザが光るステージ構成のように思います。

 

ステージは広いところと狭いところのメリハリが効いていて、単純に攻略するのが楽しいです。

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

サーペンタイン信者(?)みたいなのいる・・・?

 

中盤ぐらいまで話を進めていくと、なんか妙にサーペンタインさんを崇拝してるっぽい感じの会話をしている人達が目に入ります。

 

一言で言えばオタクっぽいというかなんというか・・・。

 

ツイッターでよく見かけるような会話が目に入ります。

 

サーペンタイン

我々は何を聞かされている・・・?

 

  • スタイルがどうのこうのとか、
  • うらやまけしからんとか、

 

なんでこの状況でそんな会話してるのか、非常に気になってしまう会話を繰り広げております。

 

趣味嗜好は人それぞれ。

 

誰が何を好きでどんな会話をしていようと、それ自体を馬鹿にしたりすることはありません。

 

ただ、仕事中にする会話では無いのではなかろうか?

 

どうやらサーペンタインさんは前作で女神と言われたニケーさんのポジションのようです。

 

ただ、あちらは占星術師だったけど、こっちはダウナー僧侶・・・。

 

属性が違いすぎじゃね?

 

 

目次へ戻る

告死霧僧ミスティックミスト サーペンタイン(CV:石上静香さん)

 

そうやってたどり着いたボス、サーペンタインさん。

 

告死霧僧ミスティックミスト告死霧僧こくしむそうとも読めますなぁ~

 

どうでもいいけど漢字で読んだほうが光早はやいw

 

 

 

公式サイトZEDΩ.ジエドの親衛隊兼ハーレムメンバーと書かれてますが、このハーレムメンバーはZEDΩ.ジエド自ら意図して作ったのか、それともたまたま女性ばかりが集まったのか・・・?

 

ガンヴォルトソウではG 7グリモワルドセブンを含むメインのボス以外は、能力はあるにはあるものの、そのほとんどが微弱で使い物にならず、戦っているのはもっぱら能力の強いボス敵だけという感じになっていました。

 

たまたまZEDΩ.ジエドの配下に入った者達が、彼のお眼鏡にかなう力をもった能力者達で、たまたま女性だったのでしょうか?

 

このあたりは微妙に気になるところですが、DLCのATEMSアテムス編でそのあたりも描写されるのかな?

 

軽くググったところサーペンタインとは、エンジンの補助機械を一本のベルトにまとめる「サーペンタイン式」という駆動方式を指す言葉のようです。

 

よく見つけてくるなぁ~・・・。

 

スポンサードリンク
 

 

目次へ戻る

サーペンタインの第七波動セブンス ファントムミスト

 

霧から幻を作り出すことができる第七波動セブンスですね。

 

このゲームに登場する第七波動セブンスの中では比較的わかりやすい方ではないでしょうか?

 

この能力で作り出した幻はどうやら物質にふれることができて、攻撃に使うこともできて、声を発させることもできるようです。

 

かなり万能で高性能な幻といえるのではないでしょうか?

 

ほぼ幻の元となった人物をそのままコピーしたかのようなクオリティは本当に凄いものです。

 

実際本物にしか見えないレベルなので、人を欺くことに長けた能力の一つと言えるかもしれません。

 

割りと真面目にGVも驚いてますし。

 

サーペンタイン

 

こうやって彼女は今までいろいろな人を暗殺してきたわけですか。

 

普通の暗殺よりもはるかにイージーな暗殺が出来たのではないでしょうか?

 

幻によって人の心をえぐり、その隙をついて対象者を倒す。

 

いい性格してますなぁ~このチャンネー。

 

ファントムミスト

 

目次へ戻る

SPスキル  MYSTICミスティック MANDALAマンダーラ

ミスティックマンダーラ

 

涅槃ねはんより来たれリ六喩ろくゆの化身

 

我が力、我が現身となり

 

追憶の裁定にて万物を穿うがたん

 

ミスティックマンダーラ

 

中央で6つの分身を作り出したあと本体から出る、光弾を数回撃ってから、6体の分身で画面全域を攻撃するという技、

 

このシリーズの経験者であれば、マンダラと聞くとスーパーGVの「マンダラー!」を思い出してしまう方が多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

分身を一体でも倒せば回避が可能になるので、分身を撃破するまでが勝負と言ったところでしょうか?

 

回避ルートがわかりやすいタイプだと思うので、分身を破壊できることにきづければ、割りとあっさり回避できる方では無いかと思います。

 

それにしても謎ポエムがいつも以上に難解な漢字が二つもw

 

六喩なんて初めて見ましたぞw

 

どうでもいいけど、「ミスティックマンダーラ!」って叫ぶときのサーペンタインさんのボイスかっけぇなぁ~。

 

ギャップで格好良さを感じる人はたしかにいるかもしれない。

 

目次へ戻る

まとめ:女性法師という珍しい属性

 

とにもかくにも非常に珍しい属性を持ったキャラクターだなと思いました。

 

法師やりながら暗殺業も行っているようですが、一体どういう経緯でこのような仕事をすることになったんでしょうねぇ~。

 

彼女に限った話じゃないけどバックボーンが気になりすぎますw

 

DLCに期待というところでしょうか?

 

この記事書いているとDLCへの興味が強くなってきますw

 

というわけで今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

目次へ戻る