チャレンジ VOL2第七ステージ! 同時撃破攻略!(ロックマンX アニバーサリーコレクション)

皆さんこんにちはロクメガです。

本日二つ目の動画になります。

またこの回以降、動画の制作速度を大幅に上げるためにコメント返しは少なくなります。

ここでのみ動画をご覧になられている方にとっては大したことではないかもしれませんが、youtubeでコメントをくださる方に対しては少し申し訳ないです。

コメントはしっかり目を通していますので、今まで通りガンガンコメントいただけると嬉しく思います。

というわけで今回の動画になります!

ロックマンX アニコレ Xチャレンジ VOL2 ステージ7

スポンサードリンク







以下下書き!
ロクメガ:
VOL2のXチャレンジも残り3回!

マジャポン
このシリーズも終わりが見えてきたね。

ロクメガ:
言っておくが、VOL2が終わったからって、
Xチャレンジの動画シリーズが終わるわけじゃないぞ?

マジャポン
え? でも一通り終わったら作れないんじゃない?

ロクメガ:
なぁに、切り口を変えればこのチャレンジ、
まだまだ動画にできるぞ!

とりあえず、VOL2が終わったら、
もう一周VOL1のXチャレンジを作ろうと思ってる。

マジャポン
同じ動画をまた作るってこと?

ロクメガ:
そうじゃない。このチャレンジは
3番目だけ別のボスになってる。

現状VOL.2のボス達全員に同時撃破を
行っているが、VOL.1の3番目のボスは
不通に撃破した動画しかない。

VOL.2の9ステージ目まで終わったら、
VOL.1の3番目のコンビを同時撃破する
動画を作るんだ。

ロックマン11までの穴埋めといってしまえば
ちょっと聞こえは悪いかもしれないが、
俺としては色々試してみたいんだよな。

マジャポン
にゃるへそ。

ロクメガ:
というわけで、茶番はここまでにして、
そろそろ本編の話をしよう。

マジャポン
アルマージとタートロイドさんだ。

ロクメガ:
普通に戦えばエレクトリックスパークで
どうにでもなるコンビだが、

やはり同時撃破をしようとすると、
そういうわけにはいかない。

マジャポン:
そりゃそうだよね。

ロクメガ:
どうしても厄介なのが
タートロイド氏の甲羅だ。

ダメージを与えるために、
破壊しなければならないユニットが
あるわけだからな。

マジャポン
普通に戦ってても面倒な仕様だよね。

ロクメガ:
普通に戦ってたらどうしても
アルマージが先にタヒんでしまうので、
バスターをうまく使い分ける必要がある。

まぁ、やってみるしかないさ。

それにしても、この二人はいい人だと
思っていたんだがな。

彼らとは戦う運命にあったようだ・・・。

手始めにアルマージ氏のアーマー破壊。

マジャポン
タートロイドさんの甲羅(?)も破壊できて一石二鳥だね

ロクメガ:
もうその甲羅復活してるがな。

マジャポン
あるえ~(・3・)?

ロクメガ:
アルマージ氏の攻撃をよけながら、

タートロイド氏にダメージを与えるの、

結構むずいぞ!

マジャポン
アルマージさんの動き、

ちゃんと理解できてないとキツイね。

ロクメガ:
ホタルニクスと組んでた時は、

ここまで面倒じゃなかったんだがな。

こういう時ロックマン11のスピードギアが欲しくなる。

マジャポン
ないものねだりしてもしかたないっしょ。

ロクメガ:
その通りではあるんだがな。

よし! 今こそ絶好のチャンス!

マジャポン
アルマージさんにダメージ与えなきゃ!

タートロイドさんこれ以上ダメージ与えるのきついし。

ロクメガ:
アルマージ+タートロイド撃破!

マジャポン
久しぶりに見事同時だね!

ロクメガ:
次もこの調子で行くぞ!

けものフレンズコンビ再登場!

マジャポン
兄者がけものフレンズに目覚めたか!

ロクメガ:
いや、コメントで教えてもらったから
わかっただけだ。

マジャポン
なんだそうか。

ロクメガ:
俺はアニメそんなにたくさん
見ないからな。

大体一つ作るのに時間のかかる動画作りながら、
エグゼも流星も見て、さらにほかのアニメにまで、
目を通す時間なんてないさ。

マジャポン:
そんなんじゃ立派な
アニオタになれないぞ兄者!

ロクメガ:
いやなれんでもええわ!

さて、この画面では普段
色々と解説してるが、

今回は特に語ることはない。

マジャポン
このコンビじゃそうもなるか。

ロクメガ:
やることはシンプルに
タイガードにスピニングブレードで
ダメージを与えつつ、

バスターでペンギーゴの
ライフ調整をするだけだからな。

マジャポン
本当に楽勝そうだね。

ロクメガ:
だからと言って手を抜くつもりはない。

命がけで戦ってこそ意味があるからな。

困ったな、やっぱり語ることがない。

マジャポン
ほんっとうに実況に困る二人だね。

ロクメガ:
何せ一見やってることが、

VOL.1の頃と同じだからな。

それにしてもこのチャレンジを始めた頃は、

ボスの組み合わせを見ただけでも戦いたものなのに、

今ではなんとも思わなくなってる。

マジャポン
単に慣れただけじゃね?

ロクメガ:
その通りではあるが、それだけじゃなく、

そもそもタイガードを相手にこんな風に、

堂々とバスターとかで戦える時がくるとは

思わなくってな。

マジャポン
子供の頃物凄い強敵に見えたボスが今となっては

バスターでいなせるようになってることが

不思議に感じてるってこと?

ロクメガ:
いなせているのかどうかはわからないが、

タイガードから強敵のオーラは感じなくなってるな。

初めてX3で彼と対峙した時は、

あまりにも強く感じて、

弱点無しじゃ勝てる気がしなかったものだ。

タイガード&ペンギーゴ撃破!

マジャポン
スピニングブレードの特性を利用した、

良い勝ち方だったね!

ロクメガ:
一度こうやって同時撃破してみたかったんだ。

さて、今回の新コンビだ。

マジャポン
うわぁ、またシェルダンかよ。

ロクメガ:
できれば二度と戦いたくなかったし、
出てきてほしくなかったんだがな。
またでてしまった。

マジャポン
本当にPS時代のボスばかり
使いまわしてるね。

ロクメガ:
一応スカラビッチが新登場ではあるが、
これはなんの冗談だ?

攻撃機会の少ない二枚貝と、
やたら画面を圧迫するフンコロガシ。
色々な意味で戦いたくないぞ。

っていうかスカラビッチの弱点なんて、
ここで戦うまで忘れていたわ。

マジャポン
普段バスターでどうにでもなる
ボスだもんねぇ・・・。

ロクメガ:
VOL.2の新コンビ勢の中ではこの二人は
非常に厄介な部類に入る。

マジャポン
これは何となく想像できるよ。
戦い方としてはどうするのん?

ロクメガ:
持ってきた特殊武器は、
シェルダンに弱点を付けるメタルアンカー

コイツでシェルダンに大きなダメージを
与えながら、スカラビッチのライフ調整をする。

これが結構難しくてな。

マジャポン
なぜに?

ロクメガ:
なぜ・・・か、

それは奴らがあんなだからだ!

マジャポン
それ言いたいだけやろ?

ロクメガ:
まぁ、口で説明するより、
見てもらったほうが早い。
始めよう。

マジャポン
スカラビッチの岩が、

あの小さいののままならいいのにね。

ロクメガ:
それじゃあ変化がないからな。

大きくなるのは仕方ないさ。

マジャポン
今シェルダンが貝飛ばしてきたけどさ、

あれ、しゃがみじゃ回避できないよね。

ロクメガ:
上に行くか、端でホバリングを使うしかないな。

地上では回避手段がないも同然。

マジャポン
どこまでも嫌らしいねあの人。

ロクメガ:
性格と戦術はイコールではないようだ。

イーグリードさんオナシャス!

マジャポン
オナシャス!

ロクメガ:
よし、いい調子だ!

この調子でゴリゴリ減らしていくぞ!

マジャポン
スカラビッチの動きに気を付けないと。

ロクメガ:
最後まで油断ならないなこの二人は。

マジャポン
うわぁ! でかい岩が来た!

ロクメガ:
これハードじゃ破壊できない岩になるんだろうな・・・。

マジャポン
考えたくないね・・・。

ロクメガ:
このデカい岩に

イーグリード氏が突っ込んでいくのは、

中々爽快感はあるんだがな。

マジャポン
凄いねあんなの蹴り飛ばすなんて。

ロクメガ:
ドラゴンボールなら日常茶飯事だな。

マジャポン
比べる対象がおかしいっしょ!

ロクメガ:
吹っ飛び方が面白い。

マジャポン
どうみてもあんな吹っ飛び方するような、

当たり方してないのにね。

ロクメガ:
見てる分には爽快だがな。

このパターンに移行すると、

メタルアンカーのチャージの手間が省けて、

多少動きやすくなる。

マジャポン
このTじゃ、普段から特殊武器チャージして使ってるけど、

チャージの手間がないってのは結構大きいよね。

ロクメガ:
画面の圧迫を防ぐことは、

ダメージを減らすチャンスでもあるからな。

マジャポン
スレスレだね。

ロクメガ:
こうやって回避できると中々気持ちいい。

思えばこのチャレンジで、

回避の爽快感を味わえたのは、

この時限りな気がする。

スカラビッチ&シェルダン撃破!

ぴったり同時とはいかなかったが、

この二人相手なら十分だろう。

今回のスコア集計。

マジャポン
また忘れてるんじゃないの?

ロクメガ:
今回はぬかりないぞ!

ぬかりなくてもこれじゃ意味ないな。

マジャポン
まぁ、分かってたけどね・・・。

ロクメガ:
ご視聴ありがとうございました!
良いロックマンライフを~!