Xチャレンジ VOL2第三ステージ! 同時撃破攻略!(ロックマンX アニバーサリーコレクション)

え~皆さんお久しぶりです。ロクメガです。

一週間ぶりに関東に帰ってきました。

ツイッタ見てる方ならご存知の通り、北海道で羽を伸ばしに伸ばしまくり、がっつり休んできました。

というわけで今回からまた動画投稿を再スタートしていきます!

Xチャレンジ、ボス同時撃破動画3つ目です!

ロックマンX アニコレ Xチャレンジ VOL2 ステージ2

スポンサードリンク







いか、いつもの下書きになります!

ロクメガ:
皆さんお久しぶりです。
里帰りから帰ってきました!

マジャポン:
帰ってきました!

ロクメガ:
残念ながら里帰り中は、
動画を作る状態を作ることが
できませんでした。

マジャポン:
元々はバリバリ作るつもりだったんだよね?

ロクメガ:
aviutlを使うために必要なとあるツールが、
海外からはアクセスできないサイトに
あるんでな。

どうやら田舎過ぎて俺らの地元も、
海外からのアクセス扱いになってしまったらしい。

そのため、必要なものをDLすることができず、
やむなくXチャレンジハード攻略に切り替えた。

マジャポン:
おいらたちの住んでるとこ、
そんなレベルで秘境だったのか・・・。

ロクメガ:
公共交通機関である電車が
存在しない時点で、まぁお察しだな。

マジャポン:
電車があったところで、
行けるところそんな多くないしね。

そもそも隣町でさえ
車で30分の距離だし。

ロクメガ:
今回里帰りして、
ロックマングッズの掘り出し物を
ハードオフで見つけたり、

実家に眠っていたお宝の
発掘とかしたが、

その辺のお話はツイッターで
すでにやっているので、
気になる人はそちらを見てください。

マジャポン:
Dーartsのアルティメットアーマーを3000円で
買ったり、子供の頃200円で買えた塩ビフィギュアとか
発掘したんだっけ。

ロクメガ:
まぁそういうことだな。

さて、前置きが長くなったが、
そろそろ本題に入ろう。

今回の最初の組み合わせはこの2体。

マジャポン:
猿蟹合戦の二人か。

ロクメガ:
楽に倒すなら、ショットガンアイスで
さっさとマンドリラーを鎮めるところだが、

今回は同時撃破が目的なので、
スピンホイールで戦うことにする。

マジャポン:
スピンホイールの方が楽なの?

ロクメガ:
楽というよりチャージスピンホイールが
全体に広がる武器だから、

同時にダメージを与えやすく、
ライフ調整がしやすいんだ。

マジャポン:
なるへそ。

ロクメガ:
2戦目はサイバー・クジャッカーがいるので、
そいつの弱点であるソウルボディーを。

3戦目は・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

マジャポン:
ついにあのコンビだね・・・。

ロクメガ:
彼らについては後で語ろう。
とりあえず、VAVAの弱点である、
レイスプラッシャーを持っていくとだけ。

マジャポン:
うっす。

ロクメガ:
では、さっそく始めよう。

ふむ。適当に打ってもそれなりに当たるもんだな。

マジャポン:
これは中々便利だねぇ~。

8方向に飛んで行ってるし。

ロクメガ:
普通にタイムアタックを狙う場合も、

チャージスピンホイールは使えそうだ。

マジャポン:
マンドリラーのライフ調整面倒くさくない?

ロクメガ:
動きが早いのが厄介なところだな。

マンドリラーだけにバスター当てるのは、

ちょっと難しいかも。

子ガニがめっちゃうぜえ!

マジャポン:
物凄く画面を圧迫してるね。

ロクメガ:
まさに猿蟹合戦の粗筋通りだな。

まだ親はタヒんでないが。

マジャポン:
え? どういうこと?

ロクメガ:
猿蟹合戦は猿に親カニを殺された子供たちが

復讐するという話が元になっているからな。

マジャポン:
それで猿がやられて敵討ちをしたってお話だっけ。

ロクメガ:
しかし、この話にはまだ続きがある。

マジャポン:
続き?

ロクメガ:
後日談の体裁で出された小説だが、

この後敵を討った蟹達は、

逮捕されて裁判にかけられてしまうんだ。

マジャポン:
そんな後日談があるのか!?

ロクメガ:
教訓としては、復讐はよくないよってことなんだろうな。

マジャポン:
復讐ものって大抵最後は因果応報で終わるもんね。

ロクメガ:
一つくらい復讐が報われる話があっても

いいと思うんだがなぁ。

クラブロス&マンドリラー撃破!

マジャポン:
微妙にずれたね。

ロクメガ:
まーこれで十分だ。

感覚はそれほど空いてないしな。

というわけで次はこの2体!

マジャポン:
相変わらずよくわかんない
組み合わせだね。

ロクメガ:
コメントで、美しいボスと
醜いボスの組み合わせではないかと
予想してくれた人がいたな。

マジャポン:
マサイダーは醜いボス扱いなのか・・・。

ロクメガ:
PS版X3のアニメみると、
結構つぶらな瞳をしてるんだがな。

マジャポン:
この巨体でつぶらな瞳って
なんかかわいいねw

ロクメガ:
まぁ、SFC版や公式イラストでは
厳つい目つきでしか描かれてないから、
その部分が美醜を分けているのかもな。

マジャポン:
実際にそうだとしたらなんか世知辛い。

ロクメガ:
この二人の解説だが、
正直言うことはそんなに変わらない。

ソウルボディでクジャッカーに
ダメージを与えながら、
マサイダーを倒していくだけだ。

マジャポン:
でもさ、クジャッカー相手に手加減しながら
戦うのって、結構むずくない?

ロクメガ:
一応クジャッカーはバスター攻略
できる程度の腕はあるから、
なんとかなると思いたい。

っていうかマサイダーが壁に
突進してきて、
壁蹴りの妨害をされるのが一番厄介なんだよな。

マジャポン:
それあるかも。

ロクメガ:
ソウルボディは同時にダメージを与えるのに、
割と便利な武器だから、
この戦いでは結構重宝するかもしれないな。

では、始めてみよう

バスターで挑んでみたが、

やっぱりあのライフでは勝てんかった。

マジャポン:
もうお約束になりつつあるね。その言い分。

すぐにソウルボディ使わないんだ。

ロクメガ:
今はまだな。しかし必要な時は必ず来る。

今はまだライフ調整に徹する。

マジャポン:
フムフム

フィールドは広いはずなのに、

変な圧迫感を感じるね。

ロクメガ:
クジャッカーの行動範囲が広いからな。

地上ではマサイダーが走り回ってるし、

微妙に動きを制限される。

マジャポン:
兄者こういう動きを制限してくるボス

嫌いじゃなかったっけ?

ロクメガ:
焼き鳥とか狼に比べたら、

全然回避できるからこいつらはそうでもないな。

むしろきちんと交わせるように設計されているから、

好ましくすらあるぞ。

マジャポン:
焼き鳥はハードじゃ理不尽だもんねぇ。

ロクメガ:
狼の方も運ゲーに両足突っ込んでる。

同じ狼でもZERO4の、

フェンリー・ルナエッジはその辺しっかりしてるから

そっちは好きなんだがな。

マジャポン:
ルナエッジは確かに戦ってて

楽しいボスだったねぇ・・・。

ロクメガ:

マジャポン:
ここからソウルボディーなんだ。

ロクメガ:
クジャッカーの攻撃で厄介なのは、

ホーミングミサイルを打ってくる時だからな。

回避が非常に面倒な上に、ダメージの蓄積も避けたい。

このチャレンジでソウルボディーを使うなら、

このタイミングからがベストだと思ったんだ。

マジャポン:
いつの間にかマサイダーにも結構ダメージ入ってるね。

ロクメガ:
ソウルボディー無双が始まったら、

どうしたってクジャッカーに与えるダメージ量が増えるからな。

我ながらうまく調整できたと思ってる。

マジャポン:
出来てなくね?

ロクメガ:
こんなはずでは・・・。

よし! 次で決めて見せる!

クジャッカー&マサイダー撃破!

マジャポン:
見事に同時撃破!

ロクメガ:
ミッションコンプリーテッド!

マジャポン:
ついにこの二人と対決か。

ロクメガ:
うむ、来てしまったな。

マジャポン:
それでどう戦うのん?

ロクメガ:
戦い方としては、ハイマックスが
攻撃してこない間にVAVAの攻撃を回避。

ハイマックスにプラズマを当てたら、
レイスプラッシャーでまとめてダメージを与える。

戦略としてはこんなところだな。

マジャポン:
簡単にいうけどさ、
そううまくはいかないんじゃね?

ロクメガ:
コメントとかでもこの二人は地獄ではないか?
というコメントがいくつかあった。

この段階だから言うが、

実はこの二人ハイマックス単体より楽だったりする。

マジャポン:
ハァ?

いやいや兄者。嘘はよくないよ!

ロクメガ:
まぁ、聞いただけだとそう思うよな。
だがこれは本当だ。

マジャポン:
どういうことなの?

ロクメガ:
確かにハイマックスが出てくること自体
地獄に感じるかもしれない。
実際俺も、戦いたくないなと思ってた。

しかし、実際に戦ってみると、
ハイマックスの攻撃の回避に使う集中力が、
VAVAの存在で分散されるんだ。

マジャポン:
それっていいことなのかな?

ロクメガ:
X6に出てきたハイマックスは、
こちらが攻撃できない時間ばかりが
長くて、

退屈な回避行動に集中力を
割かなければならなかった。

しかし、VAVAの存在が、
いい意味で集中力を分散させてくれるから、

ハイマックス単体で戦った時の
しんどさがないんだよ。

マジャポン:
言葉で説明されてもよくわかんないなぁ・・・。

ロクメガ:
こればかりはやってみた
人間でなければわからない。

実はかなりよく計算されて
組み合わせられTらボスなんだと思うぞ。

事実は小説よりも奇なり。
まずは始めてみよう。

マジャポン:
VAVA小さくね?

ロクメガ:
VAVAだけSFC時代のドット絵のままだからな。

マジャポン:
一人だけ仲間外れとはカワイソス。

ロクメガ:
仕方なかろうよ・・・。

マジャポン:
すげぇ。本当に楽そうに見える。

ロクメガ:
実際楽だからな。

挟み撃ちっぽい状況にもなることにはなるが、

完全に挟み撃ちな状況になることもない。

ぶっちゃけただいるだけだ。

厄介な攻撃といえば、

動きを封じるVAVAの拘束弾だな。

これに捕まると少しの間動けないから厄介だ。

マジャポン:
よくこの状況で冷静に回避できるよね。

ロクメガ:
回避行動自体はそんなに難しくない攻撃ばかりで、

立ち回りで何とかなるからな。

面倒なのはこのチャレンジが同時撃破であることくらいだな。

マジャポン:
確かにライフ調整は面倒くさそうだね。

ロクメガ:
何せレイスプラッシャーがVAVAの弱点だからな。

先にタヒなれないようにしなければ。

マジャポン:
VAVAからしてみれば完全に舐められてるよね・・・。

ロクメガ:
悪く思うなVAVA

そろそろライフ調整をしっかりしないと

同時撃破に失敗しそうだな。

マジャポン:
レイスプラッシャーで片方にだけダメージ与えるって、

結構難しくね?

ロクメガ:
とはいえ被ダメージを抑えながら、

ダメージを与えるのに有効な武器が、

レイスプラッシャーくらいしかないのもまた事実。

立ち回りで何とかするしかない。

デスボールのでかさに邪魔された!

マジャポン:
プラズマチャージも結構大きいからねぇ。

ロクメガ:
こういう時ファルコンのスピアチャージって

便利だなぁって思うよ。

むぅ、VAVAへのダメージがちょい深刻。

マジャポン:
調整まじ難しそう・・・。

ロクメガ:
VAVA MK-1&ハイマックス撃破!

マジャポン:
ちょっとずれたね。

ロクメガ:
もう少し練習して挑めば、

ほぼぴったりだったかもな。

さぁ、今回のスコアだ。

マジャポン:
特典や如何に?

ロクメガ:
悪くはない数字だ。

マジャポン:
被ダメージ押さえられたら、
もっといってたかもね。

ロクメガ:
贅沢は言うまいよ。

ご視聴ありがとうございました!
よいロックマンライフを~

マジャポン:
よいロックマンライフを~!

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン:

ロクメガ:

マジャポン: