こんにちはロクメガです。

 

このブログでは東方についてこれまで触れてきませんでしたが、ついにその時が来たようです。

 

というのも先日まで、同人サークル 黄昏フロンティアさん制作の、メガマリというゲームの配信をしていたわけですね。

 

megamari

パッケージ

 

このゲームは短く言い表すなら、「東方キャラのガワをかぶせたロックマン」です。

 

ロックメンR同様、同人ゲームなわけですが、本作もやはりかなりの難易度でした。

 

というわけで早速レビューしていくことにします!

 

※このブログではyoutubeでライブ配信でプレイした作品のレビューを行っております。

※レビューしたゲームの一覧は下記のリンクをご覧ください。

 

 

 

 

見た目は東方、アクションはロックマン

 

最初に白状しておきますが、私は東方Projectの完全なるニワカです。

 

私が知っている東方についての知識は主に二次創作で仕入れたものがほとんどになりますので、そこだけご了承下さい。

 

では本作について。

 

本作は東方Projectに登場する霧雨きりさめ魔理沙まりさとアリス・マーガトロイドの二人を操作して進めていくアクションシューティングゲーム。

 

アクション面では魔理沙がロックマン2のロックマンほぼそのまま、アリスはレーザーを使って戦っていきます。

 

魔理沙

バスター攻撃(?)

 

アリス

レーザー攻撃

 

システム全体を見てみれば、ロックマン2とロックマンX2 ソウルイレイザー(エクストリーム)を足したものと考えていいかと思います。

 

好きなタイミングでキャラクターをチェンジして、ボスを倒したときの特殊武器をどちらかだけが入手できるというあたりはソウルイレイザーをまんま意識したものと思われます。

 

どちらが強いかは人によって意見が分かれると思いますが、ロックマン経験者ならシンプルに魔理沙の方が使い勝手がよく感じてそちらをメインに使っていたプレイヤーも多いのではないでしょうか?

 

私自身もそうだったりします。

 

ゲームシステム面では本当にロックマン+αといった感じで、そこまで真新しいものはない感じです。

 

魔理沙とアリスを横スクロールアクションゲームで操作できる。

 

それがある意味このゲームの最大の魅力かもしれません。

 

当然ロックマンよろしく特殊武器も存在しており、ほとんどロックマンの特殊武器の名前を当てはめることができたりします。

 

本来の名前は私も正しく把握できておりませんが、とりあえず

 

  • シャドーブレード(レミリア)
  • タップスピン(妖夢)
  • スクランブルサンダー(永琳)
  • ファラオショット(チルノ)
  • エアーシューター(幽々子)

 

このあたりは元ネタを知っていると楽しめる要素と言えるかもしれません。

 

 

エアーシューター

エアーシューター(?)

 

ただ、スクランブルサンダーだけは後発で登場したロックマンの特殊武器なので、スクランブルサンダーが元ネタとは言えないかもですね。

 

あくまで類似している武器という風に考えましょう。

 

8ボスから得られる特殊武器は魔理沙かアリスのどちらか一方なので、本作は全16種類中8種類の武器を手に入れることになります。

 

ライフポイントは別管理ですが、片方がティウンするともう片方のライフがいくら残っていても両者ティウン扱いなので、ライフが0になる事態だけは避けなければなりません。

 

ちなみにストーリーは、盗人(魔理沙)から自分の図書を守るために逃げたパチュリーを探し出し、本を盗みに行くというもので、悪いのは実はコッチだったりしますw

 

ちなみになぜアリスがついてきているのかは会話が一切存在しないので不明です。

 

魔理沙と一緒に泥棒するようなキャラとはちょっと思えないけれど、まぁ私が知らないだけかな?

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

当然ボスも全員東方キャラ

 

そして当然のことながら本作登場のボスも全員東方のキャラとなります。

 

彼女たちがなぜ戦うのかは不明ですが、おそらくその辺の細かいことは突っ込まないほうがいいのでしょう。

 

登場ボス(キャラ)は、

 

  • 博麗はくれい霊夢れいむ
  • 魂魄こんぱく妖夢ようむ
  • 八意やごころ永琳えいりん
  • チルノ
  • 西行寺さいぎょうじ幽々子ゆゆこ
  • 鈴仙れいせん優曇華院うどんげいん・イナバ
  • レミリア・スカーレット
  • 十六夜いざよい咲夜

 

8ボス

8ボス

 

の8名が8ボスとして立ちはだかり、その後パチュリーワイリーステージにて、

 

  • 八雲やくもゆかり
  • 伊吹いぶき萃香すいか(情報ありがとうございます!)
  • デカ魔理沙
  • 四季しき映姫えいき小野塚おのづか小町こまち
  • ボスラッシュ
  • パチュリー戦

 

となります。

 

図書館

図書館ですw

 

誰が誰だかわからないという方もいらっしゃるかもしれませんが、私も顔と名前が一致する程度のキャラが結構いるので、気にしなくてもいいかもしれません。

 

とはいえ、二次創作で見たことのあるキャラは結構いて、人気のあるキャラが選ばれているのはわかります。

 

わかんないのはゆかり様の呼んでる式神とその次の鬼の女の子かな?

 

勉強不足を実感します。

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

高難易度だが完成度は高い!

 

上で東方のガワをかぶせたロックマンと言いましたが、東方側の要素はガワだけではありません。

 

東方Projectが弾幕シューティングであることからか、本作でもその弾幕は猛威をふるいます。

 

ザコ敵、ボスを問わず、とにかく大量の雑魚と弾がステージを埋め尽くしており、ロックマンのクローンゲームでありながら、全く違った方向性でその難しさを垣間見ることになるでしょう。

 

このため本作は、

 

  • 「クリアしてみろ!」

と言わんばかりの突き放した難易度調整がされております。

 

特にパチュリー(ワイリー)ステージ1は特殊武器で突破することがほぼ前提の雑魚と弾幕の嵐となっており、ノー特殊武器での攻略を想定していないのではないかと思わせるレベルとなっています。

 

大量の敵

おびただしい敵の数

 

ちなみに特殊武器を一切持たない状態でパチュリー(ワイリー)ステージを開放しているパスワードがあるそうな・・・誰がクリアできるんだ?

 

しかし、ごく一部を除いて即死の量とバリエーションで構成されているわけではなく、的確にライフポイントを減らしてじわりじわりと削り殺してくる構成になっています。

 

こういうステージ構成による難易度の調整は難しく、よく計算されて作られていることがわかります。

 

ボス戦ではどこに回避場所があるのか本当にわからないことも多く、とにかくギリギリの回避を常に要求されるため緊張感が半端ないです。

 

攻略のためには、こちらも的確な攻略パターンを把握する必要があるため、アドリブがききづらく、結果として初見時の攻略は理不尽なほど難しく感じることでしょう。

 

サウザンドナイフ

当たり判定は甘め

 

逆に特殊武器の使い方やザコ敵の動きなどを見極めれば驚くほどすんなり攻略できる場面もあるので、やはり繰り返しプレイして慣れていくしかないゲームです。

 

意図して突き放した難易度であると同時に、クリアできる最低限の条件は整っているので、クリアできるかできないかはかなりギリギリのところで調整されていると見ていいかもしれません。

 

よって、本作は高い完成度の2Dロックマン風アクションゲームと言えることでしょう。

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

問題点 突出しすぎたステージ

 

ここで少し問題点にも触れます。

 

上でクリアできるギリギリの調整がされていると話しましたが、いくつかクリアさせる気がないと思われても仕方のない調整がされているステージがあります。

 

一つは八意やごころ永琳えいりんのステージ。

 

このステージは足場が暗く、足場と穴の違いが分かりにくい色使いがされており、さらに終盤では、大量のメカうさぎが降ってきて進路を妨害してきます。

 

このメカうさぎはいくら倒しても無限に湧いてでてくる上、ジャンプで渡っていく穴の上からも降ってくるので、恐ろしくタイミングがシビア!

 

妖夢をアリスで倒したときに得られる特殊武器、ローリングスラッシュ(タップスピン)で倒しながら突破しましたが、それでも難しかったです。二度とやりたくない・・・。

 

メカうさぎ

足場も分かりづらい。

 

またパチュリー(ワイリー)ステージ1の八雲やくもゆかりとの戦いもヒドいものです。

 

不安定で大量に上下左右からやってくる足場を乗り継いで、短い攻撃チャンスを見計らって攻撃しなければならないというボスで、ロックマンで言うならイエローデビルとメカドラゴンを組み合わせたかのような戦い方をするボスだったりするんですね~。

 

全3回の配信のうち半分の時間はこの二人のステージ攻略に使ったのではないかと思います。

 

実際配信のときのコメントでもこの二人で苦労したという声を聞きましたし、ニコニコ大百科の記事でもここで苦労したというコメントが見受けられました。

 

ここで2時間かかりました

 

逆にここさえ突破してしまえばあとは難しいけど突破はできる程度の難易度に感じました。

 

視聴者さんからのコメントのお陰で弱点を把握しながらプレイできたのも大きかったです。

 

本来ならそういうのも自分で見つけるべきなのかもしれませんが、配信中の私にそれを試している余裕はありませんでした。

 

目次へ戻る

まとめ アクション上級者向けだぜ!

 

パッケージイラストこそ可愛いし、ゲームシステムもシンプルに纏まっていますが、その難易度はロックマンシリーズが可愛くなるレベルの高さを誇っており、とても気楽に人に進められるゲームではありません。

 

アクションゲームやロックマン好きな人が挑戦するというタイプのゲームなので、近年露出が増えたことによって東方ファンになったプレイヤーであったとしても安易に手を出しては行けない物といってもいいでしょう。

 

しかし、作り自体は高水準であり、完成度も高い。

 

なので、アクションゲームをそれなりに遊んできた経験のあるプレイヤーなら、歯ごたえ抜群のアクションゲームとして楽しめるかと思います。

 

これがクセになるように感じるプレイヤーもいるようで、人によっては長く遊べるゲームになることでしょう。

 

DL版は存在しないのでパッケージ版のみとなりますが、探せば手に入ると思うので、我こそはと思うプレイヤーは是非!

 

一応アマゾンでも売っているみたいです。

 

というわけで今回はここまで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る