ロックマン11の体験版でも戦えたブロックマン。実は最弱では・・・ない?

皆さんこんにちは! ロクメガです!

いよいよ最後の8ボスであるブロックマンを倒しました!

それにしても8ステージ全部回って思ったんですけど、ブロックマンって実はかなり強いような気がしています。

正直、ツンドラマンあたりとどっこいどっこい・・・いや下手するとツンドラよりも弱い可能性すら考えられたり・・・。

まぁ、今回のナンバーズの中では中堅どころというところかな?

彼は、雑誌で真っ先に紹介され、体験版でも戦うことができたこともあって、思い入れのあるプレイヤーも多いのではないでしょうか?

実は私もそんな人間の一人です。

ブロックマン、遊んでくれてありがとう!

そんな感謝をしたい気持ちになります。

というわけで今回の動画です!

ロックマン11 ブロックマンステージ(ゆっくり実況)

以下下書きになります!

ロクメガ:
こんにちはロクメガです

マジャポン:
こんにちはマジャポンです。

ロクメガ:
ついに8ボスも最後になった。

マジャポン:
最後がブロックマンなんだね。

ロクメガ:
うむ。色々思うところがあってな。始めよう!

さて、製品版では背後に何かあるかな?

行ってみよう

やっぱり何もなかった。

マジャポン:
残念。

ロクメガ:
このゲーム本当に探索要素ないな。

マジャポン:
ちょっと寂しさを感じちゃうよね。

ロクメガ:
だからと言ってロックマン11の魅力がなくなるわけではないがな。

それにしてもなんだろうな、この・・・。

まるで実家に帰ってきたかのような安心感は。

マジャポン:
ロックマンのゲーム実況で

そんなセリフを利くことになるとは思わなかったよ。

ロクメガ:
冗談だ冗談真に受けんな。

とはいえこのステージ体験版ですでに2回動画にしてるんだよな。

マジャポン:
今回で3回目か。ちょっと多いね。

ロクメガ:
うむ。今後の動画制作のスケジュールも

少し考えながらやらないといけないな。

マジャポン:
どういうこと?

ロクメガ:
今回オリジナルスペックで一通りクリアして、

そのあと、一時間以内で全ステージを攻略するタイムアタック。

そのあとさらに、エキスパートに移行しようと考えているんだが。

多少なりとも間に別の動画を挟まないと、

飽きを誘発してしまいそうでな。

何をやっていくか考えておかなければ。

マジャポン:
チャレンジモード色々あるんだし、そっちとかはどう?

ロクメガ:
それが無難な選択肢かもな。

マジャポン:
中ボスが来たね。

ロクメガ:
こんなやつスピードギアと高速連射でさっさと片すぞ。

マジャポン:
はっや!

ロクメガ:
スピードギアブースターがあれば、なおさら早く終わってしまうな。

マジャポン:
マジであっという間だったね。

ロクメガ:
体験版のおかげで、ここの攻略法も

ほぼ完全にわかりきっている。

今更苦戦する理由はない。

体験会も含めたらかなりの回数ここプレイしてるしな。

マジャポン:
あのクルクル回ってるやつを一撃とは凄いね。

ロクメガ:
マワルシーは出てくるたびにタイミングが合わず、

最初のうちは苦戦していたが、

倒すならギア使えばどうとでもなるからな。

マジャポン:
うっそ~~~~う!?

ロクメガ:
正直破壊できるとは思ってなかったから、

これ見つけたときは俺もびっくりしたぞ。

マジャポン:
恐るべきパワーチェインブラスト!

ロクメガ:
パワーで特殊武器使うと、

ギア解除忘れてしまいそうになるがな。

マジャポン:
いや普通忘れなくない?

ロクメガ:
前回も言ったがこのゲームの特殊武器は燃費が悪くてな。

一回使ったらすぐにロックバスターに戻したくなるんだが、

ロックバスターに戻したらパワーギアのことを

つい忘れてしまうんだよな。

マジャポン:
忘れないようにするしかないね。

ロクメガ:
そうなんだよなぁ。忘れないように慣れるしかないな。

改めてこうしてみてみると、背景の書き込み凄いな。

マジャポン:
遠くの雲や、夕焼けとか、綺麗に書かれてるよね。

ロクメガ:
そして場違いなブロックマン顔の建物もあるな。

マジャポン:
ブロックマン実は自己顕示欲凄いのかな?

ロクメガ:
ワイリーに改造されてそういう性格にされたんだろうな。

トーテ・ムー2回目。

マジャポン:
足場のベルトコンベアが厄介だよね。

ロクメガ:
なぁに、倒し方に変化はない。

これで終わりさ。

マジャポン:
本当に強いね。

ロクメガ:
スピードギアブースター様様だな。

貯金箱ゲット!

マジャポン:
そういえば兄者あの貯金箱どうしてるの?

ロクメガ:
どうしてるの? とはどういうことだ?

マジャポン:
いや、ちゃんと保存してるのかな? って思ってさ。

ロクメガ:
保存どころか、有効活用しているぞ。

マジャポン:
マジで貯金箱として使っているのか?

ロクメガ:
一日千円以上持ち歩いて、

90円の紙コップブラックコーヒーを買って、

家に帰ったら残った金額を全部貯金に回す。

貯金のために浪費しないよう注意を払うようになるし、

あっという間に溜まっていくぞ。

マジャポン:
マジで貯金にはまりだしてるんだね。兄者。

ロクメガ:
ロックマンは俺に教えてくれたのさ。

貯金するって素晴らしいことを!

そういう意味では、このソフビ貯金箱の特典に

感謝しているぞ。

マジャポン:
大抵こういう特典って、大事に取っておくか、

今ならメルカリとかでうっぱらっちゃう人、

多い気がするけど、兄者の場合は使い潰すよね。

ロクメガ:
実用性があるものは使われてなんぼだ。

だったら使ってあげたほうがいい。

使わないならメルカリとかに出品して、

大事にしてくれる人に渡ったほうがいいだろう。

マジャポン:
確かにそのほうがいい考え方かもね。

ブロックマンとの対決が近づいてきたね。

ロクメガ:
何度も何度も体験版で倒されて、

ちょっとかわいそうな気もするが、

せめて苦しまないようにさっさと倒してあげよう。

マジャポン:
やたら余裕だね。

ロクメガ:
何度も何度も戦ったしな。

今更負ける理由などない。

さぁ、勝負だブロックマン!

マジャポン:
おお! 早い! もうデカい形態を引き出した!

ロクメガ:
さらにここでダブルチャージで・・・。

一気に攻める!

マジャポン:
本当にあっけなく倒してしまいそうだね。

ロクメガ:
思ったよりダメージを受けたな。だがあと一発で・・・!

よし! ファイナルチャージで一気にケリを・・・!

マジャポン:
あれ? このタイミングって・・・。

ロクメガ:
き、きかねえええええええええええええええええええええ

マジャポン:
まだ無敵時間中だった!

ロクメガ:
しまった! オーバーヒートだ!

バスターが連射できない!

チャージもできない!

マジャポン:
なんという予想外の展開!

ロクメガ:
やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい

よし! 復活した、これで何とかなる!

あと一発!

マジャポン:
倒しきれるか!

ロクメガ:
なんなんだよあの無敵時間・・・。

マジャポン:
まぁ、今度は落ち着いていこうね。

ロクメガ:
・・・そうする。

マジャポン:
弱点使ったか!

ロクメガ:
バスターでチマチマ打ってらんねぇ!

さっさと弱点で、

ぶっ潰してやる! 覚悟しな!

・・・ッチ

マジャポン:
倒しきれなくてイライラしとる!

ロクメガ:
覚悟しろブロックマン!

マジャポン:
まるでジャイアンのごとき威圧!

ロクメガ:
あと、一撃! チェインブラストで吹き飛ばしてくれる!

当たらねぇええええええええええ!

マジャポン:
そんなこったろうと思ったよ・・・。

ロクメガ:
ブロックマン! 撃破あ!

マジャポン:
変な意味で予想外なボス戦だったね。

ロクメガ:
まさかコイツに一回やられるとは・・・。

特殊武器、ブロックドロッパーゲット!

マジャポン:
これすっごい便利そうな武器だよね。

ロクメガ:
実際中ボス戦では中々重宝するらしい。

タイムアタックの時にでも使ってみるとするさ。

ついにこの時がきたか!

マジャポン:
いよいよワイリーステージだね!

ロクメガ:
正直クリアしてしまうのが惜しい気もするが、

それでクリアを躊躇するわけにもいかんな。

マジャポン:
クリアを躊躇うなんて兄者らしくないね。

ロクメガ:
何も知らない段階でプレイするのが一番楽しくてな。

それが終わってしまうのが名残惜しいんだよ。

マジャポン:
でも、そういうわけにはいかないよね。

ロクメガ:
うむ。次回、ワイリーステージ1を攻略しよう!

ご視聴ありがとうございました!

よいロックマンライフを~!