ロックマン11 ツンドラマンについて思うこと。

皆さんこんにちは! 今日はロックマン11のボス、ツンドラマンについて語ろうと思います!

スポンサードリンク







あの左右非対称の頭は・・・ただの飾りでしたw

パッケ絵の時点でどうしようもなく目を引くのはやっぱりあの左右非対称の額!

・・・なのですが、どうやらこれただの飾りだったようですw

いや~あのパッケ絵の中で一番目を引いたんですよ。凄い目立ってましたよ。

何かしら攻撃に使うものなのかな~とか思ってました。

とはいえ、やはり目を引くデザインというのはそれだけで価値があるわけで、そういう意味では成功しているデザインなのかな? と思います。

しっかし頭にあんなでかい角くっつけて重くないんですかね? 彼?

たまに悪魔美少女的なデザインで頭にでっかい角はやしたキャラとか見ますけど、あれ絶対重いですよ?

頭の重さで首が凝るんじゃないかないか心配になるレベル(なんの話だw)

ありそうでなかったスケートタイプのボス

氷系のボスといえば今まで何度も出てきている、悪く言えばありきたりな属性ですが、今作ではスケートときました!

スキーをモチーフにしたボスは、6シックスにブリザードマンてのがありましたね。

スポンサードリンク







なんていうか氷ボスのパターンって大体出尽くしたように思っていたのですが、スポーツ方面で差別化を図るとは予想していませんでした。

それにしても左右非対称の頭にベンバツにスケート・・・設定が色々盛り込まれまくってますね。

あ、ベンバツというのは、髪の毛の一部をそり上げて、一部だけ伸ばした物をいいます。

ツンドラマンの場合は後頭部を残して後は全部剃っているって感じですね。

しかしあの髪型なんの利点があるんだろう?

氷ボスの特徴・・・弱い?!

ロックマンの氷ボスってのは伝統的に弱いイメージがあります。

これはロックマンファンなら大体の人が感じているイメージではないでしょうか?

アイスマン? いや、彼はライトナンバーズですかrあsdfghjkl

恐らくはX1ワンのアイシー・ペンギーゴ、X4フォーのフロスト・キバトドス、ロクフォルのコールドマン、8エイトのフロストマンあたりのイメージで、氷系は弱いという印象を抱きやすいのかもしれません。

アイスマンとかフリーズマンとか割と強いボスもいるんですけどね。

前述のブリザードマンは強くも弱くもない中堅どころかな?

アイスマンの強さは、攻撃力の高さに依存しているので、パターン自体はそうでもないんですよね。

フリーズマンは逆にしっかりした行動パターンを持ち、初見では中々苦戦させられるものの、動きを見切れば簡単に対処できる良ボスだったりします。

ではツンドラマンはどうなのかというと・・・?

さて、これまで氷ボスの性能について色々語りましたが、ではツンドラマンはどうなのかというと、ぶっちゃけ弱いほうですw

理由は色々ありますが、隙が多いんですよね彼。

ブロックマンともども、最初に戦うべきボスは彼かもしれません。

まぁ、動画を見てみてください。

ツンドラマンステージの無実況動画

ステージの方が凶悪?

しかしそれはボスだけの話で、ステージは思いっきり殺しに来てます!

追い風によってジャンプ中流される中、大きくジャンプすることを求められるので、アシッドマンステージとは違った即死地獄です!

実際私、ここで何回か死にましたw

本作はステージに殺される要素が多いですが、こういうのはちょっと勘弁願いたいですw

では今日は今へんで!

スポンサードリンク