こんにちはロクメガです。

 

この記事を書いている日は月曜日。

 

毎週月曜日はロックマンXDiVEの方で新キャラやら何やらの発表があるわけですが、今回ついにロックマンX6のシャドーアーマーが発表されました!

 

このアーマーに関しては以前動画にしているので、お時間ある方はこちらもご覧になっていただければと思っております。

 

 

 

というわけでDiVEに来た記念というわけではありませんが、いいタイミングなので、シャドーアーマーのことを今回は語ろうかと思います!

 

 

※このブログではロックマンに関する記事を多く投稿しております。

※記事一覧は下記のリンクからどうぞ。

 

 

 

 

初登場はロックマンX6

 

ロックマンX6はもともと理不尽に片足を突っ込んでいる難易度のゲームです。

 

製作期間が1年にも満たない短い時間の中で、様々な新要素を入れましたが、同時にゲームバランスが非常に不安定な作品でもありました。

 

ロックマンX6

 

本作でのみエックスはゼロから継承したZセイバーを使うわけですが、ブレードアーマー同様、シャドーアーマーもその要素を活かしてデザインされたアーマーであるといえます。

 

前作ロックマンX5同様、本作でも4つアーマーがあるわけですが、シャドーアーマーはその中でも、最も入手が難しく、後半にゲットできるアーマーになります。

 

前作のガイアアーマーはX4以前のアーマーの性能に大きくメスを入れる性能でしたが、そのガイアアーマーをさらに強化したような性能をしているのがシャドーアーマーになります。

 

シャドーアーマー

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

X6でのシャドーアーマーの性能

 

では、ここからX6におけるシャドーアーマーの性能について語っていくことにします!

 

このアーマーもまたX5と同様、4つのプログラムを全て集めることでその真価を発揮するアーマーとなっています。

 

大ジャンプと天井張り付き(フットパーツ)

 

本作は忍者がモチーフのアーマーということで前作のガイアアーマーのように、鈍重な動きになるのではなく、逆に機動力を大幅に引き上げる性能を持っています。

 

その一つが、上ボタンを押しながらジャンプボタンを押すことでできる大ジャンプとなります。

 

単純なジャンプ高度だけでいうなら、二段ジャンプよりも優れていますが、二段ジャンプのように細かな位置取りができないので、一長一短と言えるかもしれません。

 

シャドーアーマー

大ジャンプ

 

またこのジャンプで天井に接触すれば、天井に張り付くことが出来、その状態からダッシュまたは地面に撒菱マキビシをばらまくアクションができます。

 

コントローラーによっては暴発の危険のあるジャンプですが、このアクションを使いこなせる人はそんなにいなかったのではないでしょうか?

 

私自身、このアクションは未だに使いこなせていません。

 

シャドーアーマー

天井針付きと撒菱マキビシ

 

また天井からばらまく撒菱マキビシ攻撃は攻撃を当てられるタイミングや位置が限定的すぎるので、非常に扱いが難しいと判断しております。

 

このパーツはブリザード・ヴォルファングステージで入手することが出来ます(要ブレード)

 

フットパーツ

 

 

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

手裏剣攻撃(アームパーツ)

 

今作のアームパーツもガイアと同様、大きな変化があります。

 

無チャージ状態では3方向にランダムで発射される、手裏剣攻撃ができるようになります。

 

手裏剣なのはかろうじて分かるとして、なぜ3方向ランダムなのかは不明でございます。

 

シャドーアーマー

3方向ランダム手裏剣

 

前作X5に登場したクレッセント・グリズリーの特殊武器、クレセントショットと全く同じ挙動をしているので、プログラム的には同じもののように思います。

 

ただ、弾の大きさ、ランダムの射角はぜんぜん違うので、多少は差別化出来ているかもしれません。

 

この通常ショットは正直有効な使い道を見出すのは難しく、本命はチャージ攻撃の円月輪の方になります。

 

目次へ戻る

円月輪(アームパーツ)

 

シャドーアーマーの本命となるチャージショットです。

 

シャドーアーマーの強さの9割はこれが担っています。

 

その性能は目の前に巨大な円形の攻撃エフェクトを発生させて、凄まじい多段ヒットを発生させるもの。

 

その巨大なエフェクトと火力で雑魚はもちろん、中ボスも簡単に倒せてしまう恐るべき破壊力を秘めてます。

 

円月輪

 

カスタムパーツのアルティメットバスターを装備すると、無チャージでこれがバンバン打てるので、難所を火力一点でゴリゴリ突破していける超性能と言っても過言じゃないかもです。

 

その代わり特殊武器は使用不可能になりますが、この超火力の代償であるならば、使えなくても致し方ないところです。

 

このチャージショットによる一点突破能力こそが、本作の最大の魅力と言えるでしょう。

 

ただし、ボス戦ではこの多段ヒットが仇となり、非常に時間がかかってしまいます。

 

なので先端だけを当てることで時短するプレイをする人も多かったかと思われます。

 

このパーツはブレイズ・ヒートニックスステージでゲットすることが出来ます(要ブレードアーマー)

 

アームパーツ

 

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

防御アップとギガアタック(ボディパーツ)

 

今作でもボディパーツは防御力アップの性能を有しています。

 

同時にX2から定番のギガアタックが使用可能になります。

 

このギガアタックは双月輪などと呼ばれてもいますが、ソース不明です。

 

エックスの周囲に二つの円月輪が出現してエックスの周囲をぐるぐる回るというものです。

 

ギガアタック

ぐるぐる回る円月輪?

 

チャージショットの円月輪同様、こちらも非常に火力が高く、ボスのライフの半分以上を削るだけの性能を持っています。

 

おそらくシリーズ最大級の破壊力を持ったギガアタックと言って差し支えないかもしれません。

 

後にX8でさらに上の破壊力を持つギガアタックが登場しましたが、それまではこれが単独トップの攻撃力を有していました。

 

このパーツはレイニー・タートロイドステージでゲットすることが出来ます(要ブレードアーマー(一応なくても取れる))

 

ボディパーツ

 

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

セイバーの振りが速くなる(ヘッドパーツ)

 

ネタ切れなのかどうかは不明ですが、本作においてはセイバーの振りを速くするという性能の技になっています。

 

セイバーの振りを速くしてそれで強くなるのか? と言われたら正直なところ微妙です。

 

ヘッドパーツ

 

一応瞬間火力はあがるので、それを把握してうまく使いこなせば弱くは無いと思いますが、現時点では有効な活用法が思い浮かびません。

 

せいぜいジャンプ中に超スピードで振るうことができることを利用して棒立ちの中ボスのライフを高速で削る・・・くらいの使い方になるでしょうか。

 

実は最近有効な活用法を見出したフォロワーさんの話を聞く機会があったので、自分でも検証してみたく思っております。

 

このパーツはメタルシャーク・プレイヤーステージでゲットすることが出来ます。

 

ヘッドパーツ

 

目次へ戻る

まとめ:X6における使い勝手

 

後にXDiVEでも使用可能になりますが、X6の時点では、

 

  • チャージショットの超火力と、
  • 即死無効
  • ギガアタック

 

この三つが非常に強力であり、このアーマーを使う理由となっています。

 

単に火力の強さだけで爽快な立ち回りができるアーマーであるため、多くのプレイヤーがブレードはシャドーのつなぎと思っていたのではないでしょうか?

 

同じく本作で登場したブレードアーマーが、使いこなすのにそれなりの努力が必要なクセの強いアーマーだったのとは対象的といえます。

 

同時に使い道の乏しい謎機能

 

(ランダム手裏剣

天井からの撒菱マキビシなど)

 

ただ、このアーマーはエアダッシュができないため、本作特有のエアダッシュなしでは突破出来ない地形で理不尽にも詰む要素ともなっています。

 

これは単純にこのゲームの落ち度でしょう。

 

XDiVEでも同様の使い勝手になるかどうかは不明ですが、手に入ったら是非とも使いこなしたいです!

 

というわけで今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

目次へ戻る