こんにちはロクメガです。

 

先日GW企画ということで、3日連続でロックマンX7の配信を行いました。

 

今回はそのロックマンX7で登場した、グライドアーマーについて語ろうと思います。

 

このアーマーについてはすでに動画でも投稿しておりますので、興味のある方はそちらもご視聴いただけると嬉しく思います。

 

ロックマンX7のエックスについてはグライドアーマーの性能を抜きにして語っているので、そちらも合わせてご覧くださいませ。

 

 

 

※このブログではロックマンに関する記事を多く投稿しております。

※記事一覧は下記のリンクからどうぞ。

 

 

 

 

初登場はロックマンX7

 

すでに答えは出ておりますが、グライドアーマーが登場したのはロックマンX7です。

 

昨今ではすっかり説明書というものを見なくなりましたが、当時のゲームのパッケージには必ず説明書というものが付属しており、今回のアーマーもその説明書で紹介されておりました。

 

グライドアーマー

グライドアーマー

 

鋭角的なデザインが非常に魅力的で、男心をくすぐるデザインをしていたと言えるのではないでしょうか?

 

実はデザイン面ではかなりお気に入りのアーマーだったりします。

 

スポンサードリンク

パーツ別性能

 

では、今回もパーツ別にその性能を見ていくことにしましょう!

 

グライド飛行が可能なフットパーツ

 

ファルコンアーマーの飛行能力とも、X4やアクセルのホバリングとも違う独自の飛行能力。

 

上空から少しずつ高度を下げていくグライド飛行が可能になります。

 

グライド飛行

グライド飛行

 

  • 残念ながら上空をかっ飛んでいけるファルコンのような強さや、
  • X4のように攻防一体のホバリングができるわけではなく、

 

その汎用性には疑問が残ります。

 

過去作のフットパーツの下位互換的な立ち位置といえてしまうかもしれません。

 

とはいえゲームバランス的にはファルコンのようなかっ飛び性能だと強すぎますし、X4と同じだと芸がありません。

 

なので恐らくこの性能はゲームバランスと3D化による新たなアクション性を取り入れたものと推察できます。

 

実際3D化による立体的な動きを実現した側面が存在するので、恐らく公式の意図は正しいものと思われます。

 

このパーツはソルジャー・ストンコングステージで入手することができます。

 

ソルジャー・ストンコング

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

微妙な追尾弾が追加されるアームパーツ

 

続いて本作のアームパーツについてです。

 

いつもならライト博士がどんな風にチャージショットが強化されたのかを教えてくれるのですが、本作ではなぜか全く説明してくれません。

 

実際撃ってみてもパッと見そんなに大きな違いは無いのですが、実はかなり小さく追尾弾が追加されていたりします。

 

チャージショット

追尾弾

 

本当に分かりづらいですが、バスターに3つ銃口がついていることから、3つの追尾弾が追加されていると見て間違いはないようです。

 

実際横スクロールの方で確認してみても、3つほどその追尾弾が追加されているのが確認できます。

 

ただ、バスターそのものに変化は感じられないため、実質この追尾弾こそがこのアームパーツで追加されたものとなります。

 

本作のエックスは一応隠しキャラクター扱いであるからか、非常に強力なアタッカーで、ノーマル状態でも弱点武器以上のダメージを叩き出せてしまいます。

 

そのため、バスターそのものの火力を上げる方向でのパワーアップは出来なかったのかもしれません。

 

バスターの形は結構派手で格好いいのに、バスターの弾そのものに変化が無いのはちょっと残念かもです。

 

このパーツはフレイム・ハイエナードステージで入手することが出来ます。

 

アームパーツ

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

ギガクラッシュが使えるボディパーツ

 

続いてはボディパーツです。

 

ロックマンX2以来、久しぶりにギガクラッシュが使えるパーツになります。

 

エフェクトはX2の頃とは全く違ったものになり、画面全域に雷を起こす感じの物となっております。

 

ギガクラッシュ

ギガクラッシュ

 

しかし、X2のギガクラッシュが中ボス程度なら一撃で倒せるほどの超火力を秘めていたのに対し、本作のギガクラッシュはそこまで強くはありません。

 

ちょっと硬めの雑魚であるメガトータスやルインズマンでも倒しきれず、その威力はX2のころと比較すると大幅にダウンしていると見て間違いありません。

 

配信時にチャージショットと同程度の全体攻撃というコメントがありましたので、恐らく間違っていないと思われます。

 

ザコ敵は無敵時間が無いことに加え、本作のエフェクトではダメージが発生しているのかいないのかすら分かりづらいです。

 

大量の雑魚に囲まれたときの雑魚散らしや、ボスへのダメージ増強に使うのが適切かもしれません。

 

また消費したエネルギーはX2同様ダメージの蓄積で回復し、回復状況はステージをまたいでもリセットされません。

 

なので2回目以降の発動には満タンになるまでダメージを受ける必用があります。

 

他にもダメージ軽減とのけぞり無効効果がありますが、のけぞりを無効にできるものと出来ないものがありますが基準は不明です。

 

このパーツはウィンド・カラスティングのステージでゲットできます。

 

ボディパーツ

 

スポンサードリンク

目次へ戻る

近くのアイテムを吸い寄せるヘッドパーツ

 

今までチャージ時間短縮とか特殊武器エネルギー節約とかそういった方向が多かったヘッドパーツですが、本作では近くのアイテムを引き寄せるという効果になっています。

 

武器エネルギー回復、ライフ回復などのアイテムを引き寄せてくれるわけですね。

 

役に立っているのかはプレイしていても正直わかりません。

 

気づかないところで役に立っている可能性はあるかもしれません。

 

このパーツは、スナイプ・アリクイックステージでゲットできます。

 

ヘッドパーツ

 

目次へ戻る

X7における使い勝手

 

正直なところ特別強い感じはしないかな? という印象です。

 

チャージショットは元々攻撃力が高く、追加弾もボス戦では役に立たないことがおおいため、あって無いようなもの。

 

ギガクラッシュは前述の通りザコ敵ですら倒しきれない弱さで、再使用には手間がかかる。

 

のけぞり無効効果があるはずのボディパーツも、なぜか無効化してくれない攻撃が一部存在するので強いんだか強くないんだかよくわからなかったりします。

 

のけぞる

普通にのけぞる・・・。

 

ヘッドパーツは役に立つこともあるかもしれませんが、本当に「かもしれない」程度。

 

唯一使い勝手がいいのはフットパーツで得られるグライド飛行。

 

ハイエナ―ドステージのショートカットや、アクセルのホバリングとは違う意味で使い勝手がいいため、最もエックスのアクション性の向上を実感しやすいといえます。

 

極論すればボディとフットさえあれば倒されにくく、追加アクションの強さを実感できるといえます。

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

まとめ:強さは実感しにくい

 

本シリーズの花であるチャージショットの強化幅が小さすぎることに加え、他のパーツもまぁ3Dを意識したことが分かる程度の内容のため、手に入れても大した強化にならない場合がほとんどと言えます。

 

本作のエックスのチャージショットは、ノーマルの時点で強いことも、アームパーツが目立たない理由と思われます。

 

上述のようにグライド飛行が最もアクションの強化につながっているので腕に自信があるプレイヤーなら、フットだけでも十分かもしれません。

 

とはいえデザインだけは本当にいいので、せっかくなら全部そろえて使いたいところです。

 

XDiVEでの登場はまだ先かもしれませんが、その時どう強化されているかが楽しみなアーマーかもしれません。

 

というわけで、今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

良いロックマンライフを~!

 

スポンサードリンク

目次へ戻る