皆さんこんにちはロクメガです!

今日はガンヴォルトのカレラ殿について語ろうと思いまする!

はぁ、それにしてもキャラクターを掘り下げて語るってのは難しいものですね。

ここんとこ一記事につき、約2時間くらいは時間かけて記事を書いてますよ。

楽しいからやってんですけどねw

スポンサードリンク







彼のキャラクターとステージについて

ヒジョ~ウに疑問なんですが、なんで王皇スメラギは彼を、警備の任に当たらせているのでしょう?

どう考えてもそういうことできそうなキャラじゃないんですけど?

いや、これがですね、ロックマンZEROのファントムのごとく、ゲーム開始と同時にボス戦が始まるタイプならこんなキャラでも問題ないのかもしれませんけど、よりによってデータバンクの心臓部を守るために配置されているんですもの。

戦闘バカな一面を持つ彼に当たらせていいものじゃないと思うんですよね。

実際、GVとの戦闘中にデータが壊れてしまったみたいですし。

彼の戦闘能力と任務内容と、データの破損のしやすさがどう考えてもかみ合っていないような気がするんですよね。

外で警備に当たらせていた方がよっぽどよかったような気が……。

さて、しょっぱなから少し脱線してしまいましたが、実はこのステージ、ガンヴォルトのステージの中では化学工場と並んで苦手なステージだったりします。

その理由は……。

ずばりこれだったりします。

テンポよくサクサク進んでいくのが楽しいゲームなのに、わざわざスピードを削ぐような仕掛けぶち込まれてもって感じなんですよねぇ。

また雷撃鱗発動で浮き上がったりっていうのも微調整が難しい時があり、厄介に感じる所存です。

それでもランクSSは取れましたけど、あんまりやりたくないなぁってのが正直なところです。

スポンサードリンク







この人は馬鹿なのか? それとも……?

彼が戦闘バカであるのはゲームをプレイすればわかることですし、攻撃パターンの少なさから作中ボスの中では最弱のレッテルを張られがちですが、ロクメガはこの男実はただの戦闘狂ではないなと思っています。

というのも、彼は終盤のボスラッシュで非常に印象深いことを語っていたからです。

その台詞が……


なんだ……貴殿……!? 

何を背負っておる……!?

そう、この台詞です。

この台詞の意味するところはこの男、実は戦う相手の心情や心の機微を感じ取る、優れた直観力を持っているのではないか?

と思ったんですね。

そもそも「女の声」が聞こえたからって「何を背負っておる」なんて台詞は出てこないのではないかと思うのです。

スーパーGVのオーラが作中登場人物の目に見えるものなのかどうかはわかりませんが、彼の背後に電子の謡精サイバーディーヴァの存在とそこから聞こえる声、そしてGVがアメノウキハシにやってきた理由を考えれば、GVの背負ったものをうっすらと感じ取ることができたのではないかと思うのです。

つまり、カレラ殿はただの戦闘バカではなく、文字通り肉体言語で語り、心情を察することができる繊細さをもっているのではないかと思ったんですね。

まぁ、ほとんどロクメガの推測に過ぎませんけど、出会い方さえ違えば、彼はGVのよき友になれたのではないかと思っただけにとても残念でならないなと思うのです。

スポンサードリンク







このゲームの悲劇の元凶、磁 界 拳マグネティックアーツ

さて、彼の第七波動セブンスについても触れましょう。

その能力は磁力を操るというだけならまぁ、ありがちな能力の一つですが、その真価はあらゆる第七波動セブンスを無効化してしまう凶悪性にあると言えるでしょう!

彼の能力因子を埋め込んだアキュラの銃、対能力者用特殊弾頭グリードスナッチャーはGVの雷撃はもちろん、エリーゼの生命輪廻アンリミテッドアニムスすらも無力化してしまうことから対第七波動セブンス能力者同士では最強の能力者と言えることでしょう!

彼の存在があったから対能力者用特殊弾頭グリードスナッチャーが生まれたわけですしね。

とまぁ、ここまではただの説明にすぎないのでロクメガが思うことを書かせてもらいます。

これに限らずなんですが王皇スメラギは本当に第七波動セブンス能力者をなんとかしようと思っているんですかね?

いやもう、作中の七宝剣の能力を考えると王皇スメラギが真面目にやれば第七波動セブンス日本のみならず能力者なんてどうにでもなりそうな気がするんですよね。

エリーゼは作中一戦目時点では王皇スメラギ側もまともにコントロールできてなさげでしたが、二戦目ではコントロールできていたみたいだし、

カレラ殿の能力は前述のとおりだし、

メラクの能力は以前書いた通り、瞬間移動に等しいことができるわけだし、

ぶっちゃけ単体で各々が適当に動き回り、王皇スメラギが管理統制をしっかりしていればそう簡単にGV一人にやられるなんてことはなかったと思うんですよ。

カレラ殿に関していうならば……

王皇スメラギは、カレラ殿を適当な任務に就かせることではなく、第七波動セブンス封じの能力を洗練させる訓練を積んでもらい、同時に対能力者用特殊弾頭グリードスナッチャーのような銃を開発、運用することだったのではないかと強く思うのです。

まぁ、それ以前に、

こんな最強能力をこんなヴァカに

与えてどうする、インティ!?

と全力で突っ込みたいんですけどね。

こういう能力は(シリーズの)ラスボスが使ってこそじゃないのかなぁ……?

あ、いや一応のちに真ラスボスが使っていると言える……のか?

それにしてもいろいろともったいない御仁でござった。

では、今日はこの辺で!

スポンサードリンク