シャンティとガンヴォルトが出た当時のことを振り返る。

皆さんこんにちはロクメガです。

 

私のチャンネルを昔から見ている方ならご存知可と思いますが、私は現在メインで活動する前から「シャンティ 海賊の呪い」をプレイし、ちょこちょこ紹介しておりました。

 

スポンサードリンク
 

このゲームが出ていた頃といえば、

 

まだXbox360が日本でも元気だった頃で、

ニンテンドー3DSが出たばかりのころで、

DLでゲームソフトを買うというのが珍しかった時代で、

ソーシャルゲームの時代が終わり、スマホゲーの時代に移り変わっていた頃だったと記憶しております。

 

2DアクションなんてDSiウェアくらいでしか息をしていなかったと思います。

 

当時私はDSiウェアやWi-fiワイファイに関する知識がほとんどなく、そもそも電波だけでゲームをダウンロード出来るということ自体が、信じられませんでした。

 

今では大容量のゲームでもノンケーブルでなんでも落とせるわけですから技術革新はすごいものですね~。

 

そんな時代だからもうロックマンの続編なんて出ないんだろうなと、割と憂鬱とした気持ちでございました。

 

3DS・WII:U版のスマブラでロックマンが発表されても、ロックマンは過去のものでしかないのだなという憂鬱な気分を加速させるだけでしかありませんでした。

 

要はロックマンはもちろん、2Dアクションそのものに飢えていたんですね。

 

そんななか颯爽とこのゲームの情報がyoutubeで目に飛び込んできたわけです!


このトレーラーには衝撃を受けました!

 

あの時代にドットの2Dアクションが生み出されるなんて本当に全く予想してなかったんですね。

 

キャラが可愛いとかエチエチとかそういうことはとりあえず置いておいて、このトレーラーには本当に目が釘付けになりました。

 

何十回見たのか自分でも思い出せないくらいです。

 

トレーラーのタイトルやトレーラー内に存在している拙い日本語から、これは日本で制作されたものではないなというのはなんとなく想像が付きました。

 

というかゲームの雰囲気からして日本人が作るタイプのゲームじゃないなとトレーラーの時点で直感しました。

 

だって大手ゲーム企業各社なんて当時からしてドット絵なんか捨ててましたし、どこのゲーム屋にいってアクションゲーム探しても、ドットの2Dアクションなんて当時全くと行っていいほど見かけませんでしたもの!

 

せいぜい任天堂さんが2.5Dのマリオカービィ作ってるくらいだったと記憶しております。

 

 

 

スポンサードリンク
 

後そんなわけでシャンティが2014年にガンヴォルトシリーズの始動とともに、シャンティもたっぷり楽しんだわけですね。

 

当時リアル弟者がガンヴォルトのことを教えてくれましたが、こちらも満足の出来で、今でも続編を追いかけております!

 

ガンヴォルトとシャンティは私にとって1つの希望となりました。

 

ここまで質のいい2Dアクションが、生まれてくれたなら、きっとロックマンも復活できるのではないかと。

 

実際カプコンさんがロックマンで再始動をするのはそこから更に4年後になるわけですが、なんとかロックマン11という形で再始動してくれました!

 

もちろんシャンティやガンヴォルトがなかったとしても、カプコンさんはいずれロックマン11を作っていたかもしれません。

 

ただ、やはり2014年という2Dアクション冬の時代に、シャンティとガンヴォルトという二つの2Dアクションが世に出てくれたのは私にとって大いに励みになりました。

 

現在ではスイッチで雨後の筍の用に2Dアクションが出てきて、私の子供の頃以上に2Dアクション界隈は盛り上がりを見せ始めているように思います。

 

パッケージ販売の需要はダウンロード配信によってなくなり始めているように思いますが、DL配信という形で数はたくさん出てきております。

 

未だに配信や紹介が出来ていない作品はたくさんありますが、いずれ動画やブログで紹介したいと思いますw

 

今後もゲーム業界、引いては2Dアクションが作られ続けていくことを願います。

 

今回はここまで!

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク