蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環 ZEDΩ.一戦目の感想とか考察

こんにちはロクメガです。

 

蒼き雷霆ガンヴォルト鎖環の記事も前半4名を終えて、今回は中間地点のステージに関するお話になります。

 

PVでも姿を表していた謎の好青年が登場するタイミングでもありますね。

 

今回はキャラクターではなく、シナリオに焦点を当てて色々語っていくことにします。

 

※このブログでは蒼き雷霆ガンヴォルトに関する記事、及びゲームレビュー記事を多数投稿しております。

※ガンヴォルト関連及びレビュー記事については下記の記事をごらんください。

 

 

 

 

Anotherアナザー Sunサン

 

 

その名の下に陽を浴びよう

 

その名の下に未来へ歩もう

 

“終わりの王の名の下に”

 

 

ジエド

 

アナザーサンって、ロックマンDASHのCMソング・・・ではありませんが、全く同じ名前なのでどうしても思い出してしまいましたw

 

4人目のボスを倒した直後に桃・・・じゃなくてシスティナさんが初登場。

 

これから名前が判明するZEDΩ.ジエドの秘書で非戦闘員なのかなと思いましたが、後半のボスの一体なのですね。

 

始めてみたときから思ってたけどあの格好は自分のスタイルに自信がある人じゃないとできないだろうなぁ~w

 

この時レイラというキャラも登場するわけですが、彼女が電子の踊精サイバージーンの能力者ですね。

 

ジエド

真ん中=システィナ 右=レイラ

 

残念ながらレイラに関しては一切の掘り下げがないので、それ以上のことはクリアした後もわからないわけですが、彼女に関しては最終決戦の展開のためだけに用意されたキャラなのかなという印象が拭い去れておりません。

 

このゲームの8ボスは条件を満たすと彼女の能力で復活するわけですが、B.B.を初めて倒したときにいきなり出てきたときにはかなり驚きました。

 

いい意味でワクワクしたと言っても良いかもしれません。

 

一連の会話が終わった後、皇神スメラギの国防結界とやらをすり抜けて、ZEDΩ.もとい、ATEMSアテムスが放ったミサイルの接近を治龍局が感知。

 

ジエド

 

どうするどうする?

 

となっていた時、GVが、

 

「テセオさんの能力と同じような感じで転送するからシロンくんに座標を教えてくれ」

 

と口にします。

 

いや~GVの能力も本当になんでもアリになりましたなぁ~w

 

まじでテセオさんの立つ瀬がないんですけどw

 

  • もっとも能力を制御できるきりん、
  • 座標計算ができるシロン、

 

を加えた三人がかりでやるため、テセオさんの立場がなくなるわけでは無いんでしょうけど、それを加味しても凄いことができるようになったもんですなぁ~・・・GV・・・。

 

ところで今回のステージ開始時の文言「終わりの王の名の下に」って、ちょっと紛らわしいですねw

 

ZEDΩ.ジエドが終わりをもたらすみたいな感じに見えてしまってますわよw

 

スポンサードリンク
 

目次へ戻る

ステージが斜めになっている変則ステージ

 

おそらくガンヴォルトシリーズでも今回のように常にステージが斜めになっているステージは初めてではないでしょうか?

 

見た目だけ斜めになっているのかなと最初は思いましたが、きっちりステージだけが傾いて常に坂を登っている感じになってます。

 

ZEDΩ.ステージ

 

今回はこのステージに存在する5つのミサイルの動力炉みたいなものを壊して回るわけですね。

 

ところで、

 

「力場で周囲に被害を出すフィールド弾」

 

ってなに?

 

リアルに例えるならどういう兵器のことを指しているんでしょう?

 

詳しい人いい声で教えてプリィーズ!

 

目次へ戻る

ZEDΩ.ジエド一戦目

 

ステージに関してはそれほど多く語れることもないので今回のボス戦について。

 

ZEDΩ.ジエドは非常に堂々と、

 

  • 自分たちの組織の名前、
  • 自分の名前と能力、
  • ミサイルを撃った理由、

 

を語りました。

 

この正々堂々感・・・見習いたいものですね~。

 

初登場時空を飛んでいるのは、彼の能力には空を飛べる能力があったと見るべきでしょうか?

 

ZEDΩ.とレイラ

 

実際戦闘中でも瞬間移動や飛行の能力を見せつけていましたし、彼に関しては空を飛ぶ能力に一定の説得力を持っていたかなと思います。

 

これまでも空を飛べる能力者は多々いましたが、飛べることに説得力を持っている能力者はそんなに多くはなかった印象です。

 

デイトナみたいに対空しているだけならギリギリ理解できるかな?

 

彼を首魁しゅかいとする組織の名前はATEMSアテムスだそうですが、ゲーム全体を通して見た感じだと別の国における皇神スメラギのような組織って感じでしょうか?

 

  • ZEDΩ.ジエド自身がやや黒めの肌をしていたり、
  • 電子の踊精サイバージーンが踊り子をモチーフにしているっぽかったり、
  • 終盤ステージから漂うアラビアンな雰囲気だったりと、

 

察するにモチーフはエジプト・シリア・イラクあたりの中東がモチーフの国でしょうか?

 

そしておそらくZEDΩ.ジエドはその組織における紫電殿のような立ち位置だと思うのですが、システィナあたりのライブノベルでは一国の王子みたいな立ち位置にいるようです。

 

そんな立場の人間が気楽に自国の外に足を運んで良いのか疑問に思いますが、彼の目的を考えると悠長にはしていられず、自ら行動に移すことを選択したと考えられるかもしれません。

 

ちなみにジエドの元ネタはホンダ・ジェイドだと思われます。

 

担当声優は堀江ほりえ しゅんさん

 

 

目次へ戻る

ZEDΩ.ジエド第七波動セブンス 金色の黎明ゴールドトリリオン

 

どうにも作中の描写を見る限り彼の能力は炎を操る・・・とかではないようです。

 

トリリオンとは100ケイという意味。つまりチョウより一つ上の単位の100倍という意味のようです。

 

とまぁ名称の意味を調べてみるとなんか凄いし、響きもめちゃくちゃ格好いいわけですが、炎を操っているだけのようにしか見えないんだよなぁ~・・・。

 

太陽の如く、無限の熱エネルギーを生み出す能力者というところでしょうか?

 

実際太陽みたいな光球を作り出していますし。

 

 

GVの雷撃能力とは別の方面で強大さを感じさせる第七波動セブンスというところでしょうか?

 

一応核融合エネルギーを扱っているらしいですが、核融合って人間が生み出した技術の一つじゃなかったっけ?

 

自然界に存在するエネルギーではないと思うのですが、だとしたら彼が自然発生した第七波動セブンス能力者とはいえないような気がしますが、どうなんでしょう?

 

あ、ちなみに一回目の戦いではSPスキルは使ってきませんでした。

 

目次へ戻る

まとめ:目的は入国

 

彼を撃破した後、彼自身が自らの目的を口にしましたが、ZEDΩ.ジエド自身は国防結界に護られているこの国に入国するためにミサイルという手段を使っただけだと主張。

 

後ろ暗い理由は無いのだから正々堂々お金払って入国すればいいのでは?

 

と思うのですが、もしかして第七波動セブンス能力者って、普通に出入国できないのかしら?

 

どれほどの時間がソウの頃より経過しているのかはわかりませんが、ちょっと気になるところですね。

 

これ以降、ATEMSの目的が明らかになっていき、きりんたちは新たな敵との戦いに突入していくわけですが、それに関しては今後書いていこうと思います。

 

というわけで、今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

目次へ戻る