皆さんこんにちは。

 

今回はラボコートのトロンという、恒常なのか限定なのかよくわからないトロン様について語ろうと思います。

 

ちなみに一応台湾版では限定の文字が書かれているようですが、どういうことなのかよくわからないので、とりあえずここではそのことについては考えないでいこうと思います。

 

っていうか台湾版だとWHITEホワイト Tronトロンってって書いてるけど、まさかホワイトデーとかけてるわけでは・・・ないよね・・・?

 

ホワイトトロン

 

※このブログではロックマンに関する記事を多く投稿しております。

※記事一覧は下記のリンクからどうぞ。

 

 

スポンサードリンク

 

トロンにコブンとは?

 

 

ゲイトの記事にも載せましたが、今回の公式によるツイートになります。

 

異様にミニなワンピースですが、これで鉄壁を張るのはなかなか無理があるような・・・w

 

寒そうだからせめてタイツ履いてくれw

 

というのは置いておいて、彼女はトロン・ボーンというキャラで、ロックマンDASHシリーズに登場したキャラではありますが、この姿のトロンが出たのはロックマンDASH1・2ではありません。

 

トロンにコブンという彼女を主役にしたゲームでの姿です。

 

トロンにコブンパッケージ

トロンにコブンのパッケージイラスト

 

どうでもいいですが説明書のイラスト(?)も素敵だったりしますw

 

トロンにコブン説明書

トロンにコブン説明書

 

ちなみにこのゲーム含めてロックマンDASHシリーズは3作品ありますが、現在ではPS3での配信も終了、PSPへの移植もされておらず、現在プレイするためには、プレイステーション版のソフトとハードが必要になります。

 

DASHシリーズってやつぁ・・・。

 

ゲームの概要を簡単に述べるとゲゼルシャフト号という拠点となる船を作る借金のカタにさらわれた、長男ティーゼル・ボーンと弟のボン・ボーンの代わりに、借金を返済していくというゲームです。

 

パズルや3Dアクション、その他様々なミニゲームを駆使して資金を稼いでいき、借金返済を目指すゲームです。

 

このシリーズにおける空賊ボーン一家はティーゼル・トロン・ボンの3名以外は41人のコブンで構成されており、主役であるトロンとコブンだけがゲゼルシャフト号に残されることになります。

 

そしてトロンはゲゼルシャフト号の内部でコブンたちの話を聞いたり、様子を見たり、お仕置きしたりと、コブン達の管理もすることになります。

 

そしてそのゲゼルシャフト号内部で見せた姿が、ラボコートのトロンなわけですね。

 

 

これが彼女の原作での姿になります。

 

ちなみにこの姿で出てきたのは本当にここだけ!

 

間違いなく原作に登場した姿の原作のキャラなのに、たった1枚のイラストからキャラクターに昇格したのはこれだけではないでしょうか?

 

ちなみに比較画像を制作してくださった方もおりますので、載せておきます。

 

流石にグリグリメガネは自重した模様。そこがいいのにw

 

 

 

 

目次へ戻る

スポンサードリンク

 

トロンのボイスは飯塚雅弓いいづかまゆみさん

 

そしてトロンのボイスを務めるのは飯塚雅弓いいづかまゆみさん。

 

知らない人の方が珍しいかもしれない、ポケモンのカスミ役で有名な人ですね。

 

確か飯塚さんがアニメでレギュラー出演を果たした最初の作品と聞いたことがあります(真偽は不明)

 

こんないやしボイスの持ち主が主人公のゲーム神ゲー以外の何物でもない!

 

私自身飯塚さんが演じたキャラをそんなにたくさん知っているわけではありませんが、私の記憶ではこの二人が非常に印象に残っております。

 

ロックマンDASHで登場した彼女が初恋だったというアナウンサーの発言は一部界隈で有名ではないでしょうか?

 

飯塚さんの癒やしボイスの影響は絶対あると思いますね~w

 

 

目次へ戻る

スキルもトロンにコブン

 

当然のことながらスキルもトロンにコブンからの拝借。

 

・・・というより彼女は葵陽あおいひのトロン以外は全部トロンにコブンから持ってきていますね。

 

元々トロンにコブンでグスタフというメカに乗って戦うという戦闘スタイルが確立されたことで、外部出演では必ずと行っていいほどグスタフに乗るようになりました。

 

今回はその延長とみなすことができるでしょう。

 

というより、珍しくグスタフ以外のマシンが日の目をみたなぁ~と思いました。

 

水着の方は砂でしたしねw

 

目次へ戻る

スポンサードリンク

 

もうコブンモールじゃなくない?w

 

コブンモールという名前の通り、このスキルもといメカは、コブン乗ることを前提に作られたマシンです。

 

作中ではトロンの指示でコブンを動かし、必要に応じて遺跡を探索するのに使われました。

 

原作のコブンモール

原作のコブンモール

 

DiVEでは随分大型化しておりますが、これもコブンが動かすんでしょうか?

 

まぁ人間が乗るよりコブンが乗ったほうがある意味安全ではありますが、少々鬼畜の所業のような・・・。

 

いや、元々コブンはよく突撃していたかw

 

コブンモール改

巨大コブンモール!

 

目次へ戻る

トロンインパクトはオリジナルか?

 

もう一つの技、トロンインパクトはおそらくオリジナルの可能性が高いと思われます。

 

はっきりオリジナルであると断言できないのは、トロンが登場する作品を全てプレイしきったわけでは無いからです。

 

一つは鬼武者のスマホゲー(だったかな?)で、そちらに和服のトロンが登場したらしいですが、未プレイで現在プレイ不能で、プロジェクトクロスゾーンシリーズはまだ最後までプレイしきっていないからです。

 

それらに登場した技の可能性がある異常、トロンインパクトがDiVEオリジナルであると断言はできません。

 

が、どうやらロックオン対象を専用のロックオンサイトに入れて攻撃する技のようです。

 

いいのかなぁ~? こんな技出して。

 

トロンインパクト

トロンインパクト

 

目次へ戻る

XDiVEエックスダイヴでもロックより目立つw

 

マーベルvsカプコン2でグスタフでバトルするようになったあたりから、主人公であるロックより目立つことが増えたと言われることの多い彼女ですが、このゲームでもどうやら彼女は主人公より目立っているようです。

 

元々ロックの外部出演回数は、私の覚えている限りだとタツノコvsカプコンとナムコクロスカプコンの2作品だけ。

 

DASHのキャラが出演する=彼女が9割登場してます。

 

タツノコvsカプコンではロックだけが出演しましたが、それ以外では必ずと行っていいほど彼女が出演しています。

 

ロールちゃんに至っては同名のヒロインがシリーズをまたいで登場しているにも関わらず、ナムコクロスカプコンくらいでしか登場したことがないという有様。

 

主人公よりシリーズの代名詞になっちゃってる感すらありますw

 

そしてこのゲームでも主人公より数が増えてしまってますね~w

 

次DASHのキャラだすなら、ロールちゃんとロックにも新キャラ枠を増やしてほしいもんです。

 

というわけで今回はこのへんで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク