皆さんこんにちはロクメガです。

 

ロックマンX6という作品には、ゲイトという黒幕キャラが登場しました。

 

今回はそんな彼がロックマンXDiVEに登場することになったので、今回は彼の原作での活躍について、語っていこうとおもいます。

 

※このブログではロックマンに関する記事を多く投稿しております。

※記事一覧は下記のリンクからどうぞ。

 

 

スポンサードリンク

 

ゲイトはいつか来るとは思ってた。

 

というわけでまずは早速公式のツイートを見てみることにしましょう。

 

 

なぜかラボコートのトロンというロックマンDASHのトロンの派生キャラが登場することになりました。

 

正直なぜこの組み合わせなのかと思いましたが、おそらく博士繋がりなのでしょう。

 

なにげに季節キャラでもない恒常と思しきSキャラがシリーズの枠を超えて同時に登場するってかなり珍しいです。

 

彼女についてはまた別の記事で語ることにしましょう。

 

正直彼がやってくる可能性は考えていないわけではありませんでした。

 

しかしX5のガイアアーマーだってまだ出てきてないので、流石にそちらをすっ飛ばしてX6のキャラが実装される可能性は考えていませんでした。

 

この情報が出てくる以前ではX6の要素はX6のラスボスであるヘルシグマが出てきただけに過ぎず、それ以外の要素は一切出てきておりませんでしたので、なかなか以外と言えるかもしれません。

 

XDiVEのヘルシグマ

XDiVEのヘルシグマ

 

つまりこれからブレードアーマーが出てくる可能性を考えなければならないということですね。

 

この記事を書いている段階での私のエレメタルは15800ほど。

 

あと9000以上足りない!

 

しかしゲイトなら熱いファンもいると思うので、このタイミングで抱き合わせでSキャラを出すというのはファンにとっては辛いのではないかと思います。

 

なので、ゲイトとトロンのどちらかがほしいプレイヤーには辛いガチャになりそうです。

 

イベントの内容はどういうわけかゲイトステージを冒険するもののようです。

 

そしてゲイトの技は・・・まぁその二つですよね~・・・。(後述)

 

 

目次へ戻る

CキャラクターVボイス藤原啓治ふじわらけいじさん

 

X6のプレイ経験のある方には説明するまでもありませんが、ゲイトを演じるのは野原ひろしでも有名な藤原啓治さん。

 

ガンのためかなり早い年齢でこの世をさられてしまった方です。

 

ロックマンではロックマンEXEの名人役で、テレビCMにも出演して活躍されていた方です。

 

名人

EXE5のCMより

 

川上とも子さん(プリンセス・プライド)といい、水谷優子さん(アイリス)といい、ロックマンの関連声優はガンで亡くなられる方がおおいですなぁ~・・・。

 

ロックマンX6未プレイの方はすでにこの世をさられた藤原啓治さんのボイスがあることに首をかしげる方もいると思いますが、このゲームのボイスはごく一部を覗いてライブラリ使いまわし音声なので、X6のボイスから持ってきたボイスとなります。

 

目次へ戻る

スポンサードリンク

 

ロックマンX6のゲイト

 

ここからロックマンX6の本編におけるゲイトについて語ります。

 

彼は元々ロックマンXの世界においてやや過激な発想や思想を持っていたキャラであると同時に、非常に優秀な科学者レプリロイドでもありました。

 

しかし、彼の周囲には優秀すぎる彼の考えについていけないものも多く、彼の研究や能力は社会的な評価を得られることができませんでした。

 

そんな彼はロックマンX6冒頭にて、ゼロのDNAデータが記録されたパーツを拾うことになります。

 

そして荒廃した今の世界情勢と、ゼロのDNA、そして自身の能力を組み合わせることができれば、レプリロイドだけの新たな国家を作ることができるという狂気に飲み込まれていきます。

 

ちなみにロックマンX6の世界は、X5の戦いで荒廃し、人類もレプリロイドもかなりの犠牲者が出たあとという設定のもと進行していきます。

 

レプリロイドだけの世界を作る野望に燃えるゲイト

 

そこからわずか3週間という短い期間で、バスターで傷つけることのできない頑強なボディを持つハイマックスや、レプリロイド達を狂わせるナイトメアウィルスを製作。

 

さらに自分自身をも戦闘できるボディに改造。

 

はてはいつものあの人を復活させたりしました。

 

目次へ戻る

8ボスも彼の製作がほとんど

 

X6の黒幕はゲイトなわけですが、当然のことながら8ボス達も彼の息がかかった者たちばかりです。

 

その多くは自業自得か、不幸な理由でこの世を去ったレプリロイド達ですが、ほぼ全員ゲイトの手によって蘇生されたレプリロイドたちです。

 

責任感があり、蘇らせてくれたゲイトを信じることしか出来ない者、

生前(?)裏切りにあったためゲイト以外を信じることができなくなった者、

自由に暴れられるならゲイト以外はどうだっていい者、

 

8ボスたちの行動理由は様々ですが、共通していることは彼らが戦う理由は、イレギュラーハンター達と激突する理由になるということです。

 

レイニー・タートロイド

与えられた生を全うするもの

 

ブレイズ・ヒートニックス

ただ暴れたいもの

 

まぁX6は1ステージもクリアせずにゲイトと戦えるけどシナリオ展開を考えると8ボス全員倒した方が自然ではありますねw

 

目次へ戻る

戦闘時のゲイト

 

さて当然ながら彼とはX6本編でも戦うことができるわけですが、彼はハイマックス同様少々特殊な戦い方をしなければ倒すことが出来ないボスだったりします。

 

彼のボディは完全無敵で、こちらの攻撃を一切受け付けず、彼自身が発射するナイトメアホールと呼ばれるボールを破壊することで、その破片を当てることでダメージを与えることになります。

 

つまり、彼が攻撃してこなければ攻撃チャンスが無いということになります。

 

このナイトメアホールも色によってその性能が変わる上、足場は6つの小さいブロックがあるのみで落下死の危険までつきまとう。

 

初見のプレイヤーにとってはしんどさばかりが募るキャラだったりします。

 

慣れると以外に楽なんですけどね~。

 

そしてもう一つの技が足場を破壊するもう一つの攻撃、ナイトメアストライク。

 

そしてこの二つは今回の彼のスキル名として採用されています。

 

技名は攻略本に記載されておりますが、よく公式も見つけてくるもんです。

 

ナイトメアホールとナイトメアストライク

左=ナイトメアホール 右=ナイトメアストライク

 

目次へ戻る

ブレードアーマーが来る予兆・・・?

 

エレメタルに余裕があればマジで引きたい彼ですが、残念ながら現在では上で言ったように、ブレードアーマーが来る可能性をヒシヒシと感じているので、今回は引かないかもしれません。

 

ただ単発一回ずつでは何回か引くかもしれません。

 

もし引くことが出来たら、この記事に更に追記していこうと思います。

 

というわけで今回はこの辺で!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク